BRIDGE

タグ Exiii

開発中のカーデザインに「触れるデバイス」EXOSーーexiiiが日産自動車に提供

SHARE:

触覚ウェアラブルデバイスを開発・販売するexiiiは2月28日、仮想空間でCADデータに触れることのできるデバイス「EXOS」のビジネス向け開発キットEXOS DK1を公開した。また同社は開発キットを活用した日産自動車への導入事例についても公開している。 EXOSは指先に装着することで、仮想空間で視認できるデータを実際に掴んだり触ったりしたような「触覚」を感じさせるためのデバイス。今回導入事…

car_cad

触覚ウェアラブルデバイスを開発・販売するexiiiは2月28日、仮想空間でCADデータに触れることのできるデバイス「EXOS」のビジネス向け開発キットEXOS DK1を公開した。また同社は開発キットを活用した日産自動車への導入事例についても公開している。

EXOSは指先に装着することで、仮想空間で視認できるデータを実際に掴んだり触ったりしたような「触覚」を感じさせるためのデバイス。今回導入事例となった日産自動車では、開発中の車両デザインデータを仮想的に触ることで直感的なレビューを可能にした。例えばインテリアに配置したボタン類を実際に触ってみて、運転席から押しやすい位置にあるかどうかを触って検証することができる。

wrist_main_visual

通常、カーデザインではCADデータでのデザインから先に進んだ場合、モックアップ(粘土による模型等)を作成してデザイン検証をするのが通常だった。EXOSの活用はそこでかかっていたコストや時間の効率化に効果を発揮する。

exiiiでは仮想空間内で手のひらの前後左右に力を与えることで触覚(触った感じ)を再現するデバイス「EXOS Wrist DK1」と、手のひらを握る方向に力を加えて掴む感覚を再現する「EXOS Gripper DK1」の2デバイスを用意している。それぞれに対してUnity用SDKを同梱し、ビジネスの用途に応じた開発が可能で、同社では協力してくれる事業パートナーを幅広く募集するとしている。

via PRTIMES

仮想空間でモノに触れる触覚提示デバイス「EXOS」、電動義手開発の exiii が開発中モデルを公開

SHARE:

3Dプリンタで製造できるオープンソース電動義手「HACKberry」の開発などで知られるデバイスメーカー exiii(イクシー)は1月18日、新たなプロダクトとして開発中の触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表した。 EXOS は内臓するモーターによって装着しているユーザーの手指に直接力を与え、実際に物に触れたような感覚を再現することができる。用途としてバーチャルリアリティ(VR)やロボ…

3Dプリンタで製造できるオープンソース電動義手「HACKberry」の開発などで知られるデバイスメーカー exiii(イクシー)は1月18日、新たなプロダクトとして開発中の触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表した。

EXOS は内臓するモーターによって装着しているユーザーの手指に直接力を与え、実際に物に触れたような感覚を再現することができる。用途としてバーチャルリアリティ(VR)やロボットの遠隔操作、手を動かすリハビリテーションなどへの応用ができるとしている。

VR や AR(拡張現実)などのテクノロジーの盛り上がりと並行して、実際に仮想空間へ没入することのできるデバイス、特に視覚については昨年に Facebook 傘下となった Oculus などの第一世代端末が登場したこともあって製品の話題を目にすることが多くなった。触覚はこの視覚の次を担うもので、国内でも UnlimitedHnad などのプロジェクトが進行している。

exiii 代表取締役の山浦博志氏によれば、EXOS はこれまで登場している方式、例えば振動や UnlimitedHand が採用した電気刺激などと異なり、直接モーターで力を伝える点が特徴だという。この直接力を加えることで振動などでは再現できなかった手触り感を感じることができる。

ただ現時点ではまだ開発中で、今回発表されているデザインはあくまで「実現できる範囲のもの」(山浦氏)という。例えば VR 空間で仮想的に物に触れた場合、その情報をデバイスに伝える必要があるが、その通信レスポンスに発生する微妙な差異などの調整が今後必要になってくる。

そのため、同社では今回のコンセプトを元に、このデバイスを活用したアプリケーションを提供したいという企業を募集することにしている。なお、EXOS の独自性や優位性について尋ねたところ、義手開発で得られた知見や機構に関する同社の特許などがあり、また山浦氏自身が外骨格機能についての専門家であることから他社による模倣や追随についてはそこまで問題視していないということだった。

今回、私は残念ながら開発中のデバイスを装着して試すことができなかった。なので、実際このデバイスがどのような感動を与えてくれるのかはわからないが、これまでの同社の義手開発の経緯やオンラインで確認した試作品の動画から見てコンセプトだけの製品ではないと予想している。

一方で、実際にどのような環境で使われるのかは、アプリケーションを作る会社次第というところだろうか。仮想空間シーンが盛り上がりを見せるであろう向こう2、3年内に製品化した EXOS を拝めることを期待したい。

掃除機の力で、絨毯やマットレスを水洗いできるクリーナーヘッド「switle(スイトル)」がクラウドファンディングを開始

SHARE:

絨毯・カーペット・マットレス・ベッド・ソファなど、洗濯したくても洗濯できない代物は意外と多いもの。このような厚手の敷物や家具を、掃除機だけで水洗い洗濯できてしまう画期的なアイテムが、昨日からクラウドファンディングを開始した。水を噴射して汚れを吸引する、掃除機用の水洗いクリーナーヘッド「switle(スイトル)」だ。 switle はキャニスター型掃除機の吸入口に装着して使うクリーナーヘッドで、sw…

switle_featuredimage

絨毯・カーペット・マットレス・ベッド・ソファなど、洗濯したくても洗濯できない代物は意外と多いもの。このような厚手の敷物や家具を、掃除機だけで水洗い洗濯できてしまう画期的なアイテムが、昨日からクラウドファンディングを開始した。水を噴射して汚れを吸引する、掃除機用の水洗いクリーナーヘッド「switle(スイトル)」だ。

switle はキャニスター型掃除機の吸入口に装着して使うクリーナーヘッドで、switle 自体に動力はなく、掃除機が吸気する力を使って、水の噴射と汚れた水の吸い取りを同時に行う。これを実現しているのは、特許技術を取得しているノズル部分とタンク上部にある逆噴射ターボファンユニットで、ホース部分に備わった安全装置の働きにより、水が掃除機本体に流れていく心配は無い。

switle_gif02

このプロジェクトを企画したのは、三洋電機の OB が東京・上野で経営する家電卸問屋シリウスと、同じく元三洋電機の回転機事業部の協力会社で、現在もパナソニックの掃除機や自動車の部品製造を行うユウキ産業。空気と汚水を完全分離する特殊なファンのしくみには、広島在住の川本栄一氏が発明した特許技術「アクアサイクロン」が採用されている。プロダクトデザインを電動義手スタートアップ Exiii の CCO 小西哲哉氏が手がけ、プロジェクトのプロデュースは、さまざまな新製品のコンセプトデザインを手がけるプロジェクト集団・未来予報研究会が担っている。

オープンイノベーションというワードでは、大企業とスタートアップのコラボレーションをイメージしがちだが、双方のスピード感や社内プロセスの違いなどから苦労することは少なくないだろう。対照的に、中小企業は臨機応変に事を進められるという点でスタートアップの価値観に近く、今後、中小企業に眠る技術や特許が、デザインセンスに秀でたスタートアップの力によって陽の目を見る機会が増えることが期待される。

switle は定価21,000円ほどだが、昨日始まったクラウドファンディング・キャンペーンでは、最大30%オフで予約注文を受け付けている。キャンペーンは12月下旬まで続けられ、来春の出荷開始を目指している。未来予報研究会のコンテンツストラテジスト宮川麻衣子氏は、ダイソンやレイコップのように、switle が世界的に新しい掃除の代名詞になることを期待したいと話している。

PLEN・ADAWARP・Exiiiなど、成都の #ChinaBang 2016を飾ったハードウェア・スタートアップ7選

本稿は、Geektime 英語版に掲載された記事を、Geektime の了解を得て日本語に翻訳し掲載するものである。 The Bridge published the Japanese translation of this original article on Geektime in English under the permission from Geektime. 執筆した Laura …

本稿は、Geektime 英語版に掲載された記事を、Geektime の了解を得て日本語に翻訳し掲載するものである。 The Bridge published the Japanese translation of this original article on Geektime in English under the permission from Geektime.

執筆した Laura Rosbrow-Telem は、テルアビブを拠点とする Geektime のマネージング・エディター。以前は Jerusalem Post でエディターをしていた。


geektime-chinabang-2016_featuredimage

本稿は、中国四川省成都市で、3月30〜31日に TechNode(動点科技)が主催した ChinaBang Awards 2016 の取材の一部である。

中国の四川省成都市で行われた TechNode のカンファレンス ChinaBang Awards の直近の回では、アジア最高のハードウェアスタートアップの一部がお披露目された。どのアイデアも素晴らしかったが、利益を出せそうなのはごくわずかだった。

スケートボードに乗る小型ロボット。遠距離に暮らすパートナーをハグしてくれるテディベア。輸送コンテナでの水耕栽培。いずれも TechNode Asia Hardware Competition で発表されたクールな製品の一部だ。

コンテストの審査員は、Y Combinator のハードウェア専門家 Luke Iseman 氏や、日本で初めて株式公開した大手ソフトウェアスタートアップ、ACCESSの共同設立者である鎌田富久氏などの著名人が務めた。

<関連記事>

ファイナリストは3社、そのうちの2社については後ほど紹介する。TechNode の最終選考授賞式でファンファーレが響くことはなく、観客や企業の多くにとっては誰が勝者なのかわからなかったので、ここでは私たちが面白いと感じた製品に焦点を当てたい。

まずイスラエルからの出品について。この国のスタートアップは通常、アドテクやサイバーセキュリティなど B2B に力を入れており、このようなハードウェアスタートアップは魅力的に感じられる。そしてこういった企業のイノベーションには稀に感動させられる。しかしカンファレンスに参加していた投資家が、多くがまだ初期段階にあるこれらの製品が、市場でのさらなる試練を経るまでに金を出すかというと、ちょっと考えられない。

日本のスタートアップ PLEN のこの小柄なロボットを見てほしい。世界初の 3D プリンタでプリントアウト可能なオープンソースのヒューマノイドとして売りだされている。これには驚いた。可愛らしいし、なんと小さいスケートボードにも乗れる。

3Dプリント技術はこういったおもちゃの創造をより簡単にした。しかし、すでに 3Dプリンタを使っている人以外は、「ヒューマノイド」を作りたいと思う人はあまりいないのではないだろうか。

<関連記事>

もう一つの楽しいテクノロジーは、遠く離れて暮らすカップルや海外に住む家族に、お互いに触れ合ったりする感覚の代わりとなるものを提供している。この感覚は、テレビ電話ではまだ伝えられないものだ。しかし、この問題への取り組みとして使用されるVRデバイスでコントロールされたロボットのテディベアは、癒しとも不気味とも解釈できるものだった。

ひょっとして、と思っているなら…そう、このスタートアップは日本からの参加だ。

このテディベアを作った ADAWARP の設立者が、ステージでデモを行っているところを見てみよう。

障がいを持っている人の大きな助けとなるような発明もいくつかあった。その一つがインドのスタートアップ Live Braille のもので、この会社は杖の補助や代わりとなるような、いくつかのレベルの製品を作っている。製品に対する自信もあり、そのハイエンド技術(価格はおよそ699ドル)を使えば目の見えない人でも走れるようになるという。さらに、製品に満足できなかった場合は誰でも返金を受けられる。なぜそんなに自信があるのか。その理由の一つは、テスト期間の後にゴミになってしまった他の多くのウェアラブル端末とは違い、初期のテスターたちの多くがいまだに製品を使い続けていることにある。

geektime-chinabang-2016_livebraille-1

このレポーターが同社の最もベーシックな製品を試しているところだ。300ドルのリングで、物体に近づくと振動して知らせてくれる。杖の補助としての使用が意図されているためこのテストの信頼性はいまいちだが、この製品は有望と思われる。

geektime-chinabang-2016_livebraille-2

だが、障がい者向けテクノロジーの実際の勝者は日本のスタートアップである Exiii だった。3Dプリント技術により、より低価格の義手を開発した。コンペティションのファイナリスト3社のうちの一つだ。

同社設立者はその開発に向けた願いを見事に言い表した。本当の腕らしく見せるよりも、「無くなった腕を障がいとして隠してしまうのではなく、表現する手段として」この義手を開発したという。

geektime-chinabang-2016_exiii

<関連記事>

レポーターとしてのこの日のお気に入りスタートアップは、同じくファイナリストの一つで北京に拠点がある Alesca Life だった。輸送コンテナを再利用して、野菜の水耕栽培を可能にしている。都市部の農業にとって非常に有益なスペースを生み出した。

<関連記事>

通常の農業と比べて、必要な水の量が20分の1で済むという。そして新鮮な野菜や果物が欲しいレストランやホテルとパートナーシップを結んでいる。写真は、そのコンテナのミニバージョンを既に店内で使用しているカフェを写したものだ。

geektime-chinabang-2016_alesca-life

ビジネス上の市場可能性に懐疑的だったり、消費者が水耕栽培作物を欲しがるか疑問に思ったりする人もいたが、この発明はクールという枠を超えて、資源の有効利用に極めて役に立つものだ。仮に消費者がこういう野菜をあまり買いたがらなくても、野菜をより安く育てられる可能性があるというだけで、企業は利用したがるのではないだろうか。

Startup East の Amos Avner 氏と話をした時のこと。彼は、スタートアップに対しては、B2Bに重点を置く古典的なイスラエル的視点を踏襲している。そして Samsung の分家と言える韓国のテック系企業 Tip Talk を気に入っていた。耳を押したら時計(スマートウォッチ)から電話がかけられるという製品である。それほどセクシーな感じはしない(レポーターの興味も引かない)ものの、携帯電話会社が買いたがるんじゃないか、という話だった。そうかもしれない。

geektime-chinabang-2016_tiptalk

<関連記事>

その他の参加企業としては、イスラエルから参加したARアウトドアグッズのスタートアップ RideOn や、中国の Aurora Brewing Co.、Meditation Master、uSens、インドの Revolution through Pollution、そして香港の Eggplant と Medexo Robotics などがあった。

今回の取材は TechNode がスポンサーとなり、Startup East がコーディネーターを務めた。