THE BRIDGE

タグ Factelier

第5回シーバスブラザーズ・ヤングアントレプレナー基金は、工場と消費者を直結するファッションブランド「Factelier」運営の山田敏夫氏が受賞

SHARE:

スコッチウイスキー「シーバスリーガル」を展開するペルノ・リカール・ジャパンは、幻冬舎発行の雑誌「GOETHE(ゲーテ)」の協力により、優秀な若き起業家やプロフェッショナルを発掘・支援する「シーバスブラザーズ・ヤングアントレプレナー基金 Supported by GOETHE」を運営している。2012年に設立されたこの賞は今年で5回目を迎え、昨年9月から11月にわたり起業家の募集がなされた。 多数の…

スコッチウイスキー「シーバスリーガル」を展開するペルノ・リカール・ジャパンは、幻冬舎発行の雑誌「GOETHE(ゲーテ)」の協力により、優秀な若き起業家やプロフェッショナルを発掘・支援する「シーバスブラザーズ・ヤングアントレプレナー基金 Supported by GOETHE」を運営している。2012年に設立されたこの賞は今年で5回目を迎え、昨年9月から11月にわたり起業家の募集がなされた。

多数の応募者の中から、本年度の受賞者には、縫製工場と消費者をつなぐファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」を運営する、ライフスタイルアクセント代表取締役 CEO の山田敏夫氏が選ばれた。山田氏には、Factelier の事業支援のため、1,000万円の助成金が交付されるほか、シーバスブラザーズ社が主催するアントレプレナー世界大会「THE VENTURE(ザ・ベンチャー)」へ日本代表として挑戦する権利が与えられる。THE VENTURE で、山田氏はイギリス・オックスフォード大学で集中アクセラレーションプログラムに参加、2017年7月にアメリカで開催されるファイナルウィークで100万ドルの助成金を巡り、世界各国代表の起業家としのぎを削ることとなる。

<関連記事>

ヤングアントレプレナー基金の第3回と第4回には、それぞれ SenSprout(センスプラウト)の川原圭博氏と、第4回受賞者の MOLCURE(モルキュア)の小川隆氏が選ばれるなど、これまでにも、社会的に貢献度が高いと評価される起業家が受賞してきた。Factelier は、一般的に大手ブランドが価格決定権を持つことが多いファッション業界において、そのイニシアティブを縫製工場に移し、工場に新たな雇用を生み出し、高付加価値のファッション需要を生み出していることが高く評価された。

<関連記事>

山田氏には、ペルノ・リカール・ジャパン社長 Tim Paech 氏から助成金の目録、GOETHE 発行人/統括編集長の舘野晴彦氏から記念楯、シーバスリーガル名誉マスターブレンダーの Colin Scott 氏から副賞のシーバスリーガル18年スペシャルボトルが授与された。

ヤングアントレプレナー基金の授賞式とあわせて、この日、注目すべきビジネスリーダーに贈られる名誉賞「シーガルリーガル18年 ゴールドシグネチャーアワード 2017 Presented by GOETHE」の授賞式も行われた。受賞者は次の通り。

【コーポレートバリューデベロップメント部門】

スノーピーク(東証:7816) 代表取締役社長 山井 太(とおる)氏

【ビジネスイノベーション ソーシャル部門】

ユーグレナ(東証:2931) 代表取締役社長 出雲 充 氏

【ビジネスイノベーション カルチュラル部門】

JAPAN CRAFT SAKE COMPANY 代表取締役CEO 中田 英寿 氏

----------[AD]----------

ファクトリエが福岡で創業140年のシューズメーカーとオリジナルスニーカーを開発、Makuakeで予約販売

SHARE:

2012年のサービス開始当初から、The Bridgeでも追い続けている「Factelier(ファクトリエ)」。テクノロジーを手段と捉えて、日本に既にある価値や文化に着目し、それを次世代へと繋げる橋渡しをしています。そんなファクトリエが、本日クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」でプロジェクトを開始しました。 福岡県久留米市で140年以上に渡って靴作りを続けるムーンスター社とタッ…

ファクトリエとムーンスター社のコラボスニーカーがMakuakeに登場
ファクトリエとムーンスター社のコラボスニーカーがMakuakeに登場

2012年のサービス開始当初から、The Bridgeでも追い続けている「Factelier(ファクトリエ)」。テクノロジーを手段と捉えて、日本に既にある価値や文化に着目し、それを次世代へと繋げる橋渡しをしています。そんなファクトリエが、本日クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」でプロジェクトを開始しました。

福岡県久留米市で140年以上に渡って靴作りを続けるムーンスター社とタッグを組んで開発するのが、オリジナル商品のスニーカーです。ムーンスター社は、もともと地下足袋の生産が盛んな「ゴム産業の町」久留米市で1873年に創業したシューズ製造業者。「すべての人々の「笑顔」と「しあわせ」のために」という経営理念のもと、真摯なものづくりに取り組んできました。

そんなムーンスター社の技術をファクトリエがアレンジし、素材・デザイン・シルエットなどあらゆる要素にこだわって完成したスニーカーです。幅広いファッションに合わせられるスッキリとしたデザイン。また、長年に渡る足型の研究によって、土踏まずのくぼみに至るまで、足にぴったりフィットするシルエットが特徴です。これらのデザイン性や機能性を実現するために、例えば、焼き物のようにゴムを作る「ヴァルカナイズ製法」などの技術が使われています。

ムーンスターの工場の様子
ムーンスターの工場の様子

このスニーカーが一足届くMakuakeの支援コースは、12,960円(税込)〜。ほかにも、ムーンスターの工場見学やトークイベントへの参加チケットなどが含まれるコースも。欲しいという方は、ぜひMakuakeで予約してみてください。

ファクトリエとムーンスター社が共同開発したスニーカー
ファクトリエとムーンスター社が共同開発したスニーカー
----------[AD]----------

英語対応前から100 か国以上がアクセスーーアパレル工場直結ブランド「Factelier」がグローバル配送

SHARE:

アパレル工場と消費者を直接繋ぐアパレルブランド「Factelier(ファクトリエ)」。これまで日本語で展開してきたオンラインサイトですが、8月1日に英語に対応しました。また同時に、海外への商品配送を開始。発送対象国は、120ヶ国以上。送料は、一律2,800円です。 サイトが英語に対応する以前から、台湾や中国、インドネシアやタイなどのアジア諸国をはじめ、アメリカやイギリス、フランスなど100ヶ国以上…

Factelier-website

アパレル工場と消費者を直接繋ぐアパレルブランド「Factelier(ファクトリエ)」。これまで日本語で展開してきたオンラインサイトですが、8月1日に英語に対応しました。また同時に、海外への商品配送を開始。発送対象国は、120ヶ国以上。送料は、一律2,800円です。

サイトが英語に対応する以前から、台湾や中国、インドネシアやタイなどのアジア諸国をはじめ、アメリカやイギリス、フランスなど100ヶ国以上からアクセスがあったというFactelier。海外からオンラインサイトを閲覧すると、言語表記切り替えのウィジェットが表示され、希望の言語を選ぶことで英語と日本語を切り替えることができます。

日本は世界でも、きめ細やかな接客から商品のクオリティーに至るまで、さまざまな「ハイクオリティ」で知られています。アメリカ(ロサンゼルス)に住んでいると、「メイドインジャパン」や「フロムジャパン」が持つブランディング威力を実感する毎日です。アパレルという分野でも、メイドインジャパン商品への高いニーズは当然あるはず。

今後、Factelierは対応言語を順次拡充していくとのこと。FactelierのMaking動画はこちらをご覧ください。

----------[AD]----------

Factelier(ファクトリエ)が、銀座に試着専門の店舗をオープン、「作り手と使い手がつながる場所」に

SHARE:

  メイドインジャパンのアパレル工場の復活を志し、2012年10月にオープンしたファクトリーブランド専門 ECサイト「Factelier(ファクトリエ)」。工場直販で商品を提供することで、店頭では3万円はする高級アパレル商品を、1万円ほどのリーズナブルな価格帯で提供しています。 ECサイトとして始まったファクトリエが、明日12月13日(土)にオープンするのが、リアル店舗「銀座フィッティン…

 

Factelier-Ginza-fitting-store
Factelier(ファクトリエ)の銀座フィッティングスペース

メイドインジャパンのアパレル工場の復活を志し、2012年10月にオープンしたファクトリーブランド専門 ECサイト「Factelier(ファクトリエ)」。工場直販で商品を提供することで、店頭では3万円はする高級アパレル商品を、1万円ほどのリーズナブルな価格帯で提供しています。

ECサイトとして始まったファクトリエが、明日12月13日(土)にオープンするのが、リアル店舗「銀座フィッティングスペース」。当日16時からは、オープニングイベントを開催予定。銀座フィッティングスペースは、その名の通り、ファクトリエのECサイトで取り扱う全商品のサイズを試着できる「試着専門」の店舗。試着後、商品を購入する場合は、店舗に設置されたタブレットで注文、または自宅で注文する流れです。

もともとECサイトとして始まった後、サイズの問題を解決するためにオフラインに店舗を設ける流れは、海外でも増えているもの。例えば、メガネのECサイト「Warby Parker」や、ニューヨークを拠点とするカスタムメイドコマースの「Bonobos」などなど。つい先日まで、これらのECサイト×店舗を展開などを視察してきたというファクトリエの代表である山田敏夫さん。

「ニューヨークでは、Warby ParkerやBonobosなども見てきました。彼らが目指す本質は、「接客・顧客化」という昔ながらの日本の商習慣に回帰しているという印象をすごく受けました。ファクトリエにも、触ってみたい、着てみたいという要望が多く、今回の銀座フィッティングスペースのオープンに至りました」

銀座フィッティングスペースでは、ファクトリエ商品の試着の他に、工場で使われている機械や生地などを展示。受託生産が一般的な日本のアパレル業界では、どんなに素晴らしい技術や製品を生み出す工場でも、消費者に伝わるのはブランド名に留まるのが現状です。銀座フィッティングスペースで、物づくりの風景を収めたムービーなどを通して、使い手と作り手が触れ合う場所を目指します。また、展示の他に、工場の職人さんを招待したワークショップなどの開催も予定されています。

ファクトリエのユーザーは、平均年齢40歳で、その80%が過去にネット通販を一度も利用したことがない人なのだと言います。それでいて、百貨店やセレクトショップなどで買い物をするファッション上級者という特徴から、今回は銀座という場所を選びました。

「正式オープンに先駆けてプレオープンした11月末から、既に100名以上のお客様にお越しいただいています。ビルの3Fに位置していますので、目的を持っての来客が多く接客効率も良いですね。商品に触れていただいたほとんどの方が購入してくださいます」

安物はさておき、良いものを購入するならサイズが合わないというリスクを回避したい。そのために、ネットで買う場合は、あらかじめ自分にサイズが合うとわかっているものだけを購入する人も多いはず。一度フィッティングスペースで試着することでサイズ感がわかれば、あとは便利にECサイトで買い物を済ませられる。

ECサイトとフィッティングスペースの連携が、今後どう事業に紐づいていくのか、またお話を伺ってお伝えします。

----------[AD]----------

工場と消費者を正しい価値でつなぐことを目指すファッションコマース「Factelier」が大幅リニューアル

SHARE:

日本初のファクトリーブランド専門ECサイト「Factelier(ファクトリエ)」。商社や卸などの中間業者を排除し、アパレル工場と直接提携することで最高品質の商品を低価格で販売しています。店頭で3万円以上する高額商品がFactlierでは3分の1の価格で手に入るため、売り切れも珍しくないほど人気を集めています。 「こだわりを知った上で購入したい」に応えるリニューアル メイド イン ジャパンのアパレル…

Factelier-shirts-off

日本初のファクトリーブランド専門ECサイト「Factelier(ファクトリエ)」。商社や卸などの中間業者を排除し、アパレル工場と直接提携することで最高品質の商品を低価格で販売しています。店頭で3万円以上する高額商品がFactlierでは3分の1の価格で手に入るため、売り切れも珍しくないほど人気を集めています。

「こだわりを知った上で購入したい」に応えるリニューアル

メイド イン ジャパンのアパレル工場復活を願って2012年10月にオープンしたFacetelierが、本日そのウェブサイトを全面リニューアルしました。運営会社であるライフスタイルアクセントの山田敏夫さんは、今回のリニューアルについてこう話します。

「お客様にとってより使いやすく、かつメイド イン ジャパンの一流技術を持つ工場が商品を生み出す様子を視覚的に理解していただくため、今回の大幅なサイトリニューアルに踏み切りました。特に、Factelierの主力商品であるワイシャツのフォーカスを充てています」

サイト全体を通して男女ともに人気の「シャツ」が全面に打ち出された他にも、“こだわりを知った上で購入したい”という利用者のために「日本製シャツ VS 世界有名ブランド」や「ワイシャツ工場 HITOYOSHI のブランドヒストリー」といったコンテンツも用意。日本製のシャツのこだわりや素晴らしさが感じ取れる内容になっています。

日本全国のファクトリーブランドを一目で

また、日本のファクトリーブランドのヒストリーを一覧に収めた「ファクトリーページ」を新設。日本全国に点在するファクトリーを、地図上でわかりやすく確認することができます。

「このファクトリーページで、日本には一流の工場が全国に広がっていることが一目で伝わると思います。気になった工場のファクトリーを簡単に閲覧することもできるようになりました。

工場と消費者を直接結ぶことで、商品づくりに欠かせない技術を持つ工場の利益確保をし、技術の継承にもつなげていきたいと考えています」

Factelierのブランドコンセプトを動画にした「日本のファクトリーブランドを世界へ」も公開しています。

----------[AD]----------

ファッションコマースの「Factelier(ファクトリエ)」が1周年、リピーターは購入経験者の7割にも

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 日本のファッションeコマース「Factelier(ファクトリエ)」が、開設から1周年を迎えた。以前も書いたように、Factelier は日本の定評のあるファッション工場との提携により、日本製の高品質なアパレル製品を開発している。中間業者や小売業者を排除することで、消費者はこのような高品質製品を安価で購入することができ…

Factelier-1stanniversary-620x338

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

日本のファッションeコマース「Factelier(ファクトリエ)」が、開設から1周年を迎えた。以前も書いたように、Factelier は日本の定評のあるファッション工場との提携により、日本製の高品質なアパレル製品を開発している。中間業者や小売業者を排除することで、消費者はこのような高品質製品を安価で購入することができる。

1周年を記念して、同社は興味深い数字を開示してくれた。同社のサービスを使ったことのあるユーザの70%が、リピートしているのだそうだ。Eコマースにおいては、素晴らしい数字である。

これまでに同社は日本で5つの工場と提携しており、Factelier のウェブサイト上では1周年記念のスペシャル・コンテンツが用意されているほか、提携工場からのメッセージも紹介されている。

Factelier は、ファッション産業の新旧を組み合わせて生み出されたスタートアップだ。2012年12月、同社は、京都から3時間ほど離れたところにある工場 KUSKA と提携した。KUSKA 製品の素晴らしさは、すべてが手作りだということだ。作業工程は手間がかかるため数種のパターンしか生産できないものの、結果的に高品質のシルクタイなどが生み出されることになった。Factelier は ZOZOTOWN とも協業で製品を開発しており、品質のよいアパレル製品を展示するショールームも、その一つ目をオープンしている。

Factelier がファッション工場と顧客をつないでいく中で、同社の今後の動向に注目したい。

rising-expo-factelier_2-620x351
Factelier(ファクトリエ)創業者 山田敏夫氏
----------[AD]----------

世界的なブランドを手掛ける工場と提携する、日本初のファクトリーブランド専門オンラインコマース「Factelier(ファクトリエ)」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 「メイドインジャパン」のプロダクトの復活。これがオンラインファッションコマースのスタートアップ、「Factelier(ファクトリエ)」のミッションだ。2012年10月にローンチされ、直接工場と取引をしてファッションの流通における中間業者をなくしている。その結果、プロダクトはデパートで売られているよりも3分の1の価格で…

Factelier

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

「メイドインジャパン」のプロダクトの復活。これがオンラインファッションコマースのスタートアップ、「Factelier(ファクトリエ)」のミッションだ。2012年10月にローンチされ、直接工場と取引をしてファッションの流通における中間業者をなくしている。その結果、プロダクトはデパートで売られているよりも3分の1の価格で購入することができるようになっている。

ローンチされたとき、Factelier(ファクトリエ)は日本のクラウドファンディングサービス、Campfire(キャンプファイヤー)を使って、30万円を資金調達しようとした。しかし、結局は、70名のサポーターから110万円を集めた。同社の最初のパートナーは、世界中で74のブランド取引がある熊本県の「HITOYOSHI」だ。

Factelier(ファクトリエ)は、顧客からのニーズを見て、毎月新しいプロダクトを提供し続けている。最新の商品は、7,350円で売られるポロシャツ。市場の価格で見積もると、13,000円ほどだ(この見積はイニシャルコストが13,000円ほどであることを基にしている)。これらのシャツは、裁縫技術で知られた「精巧」と呼ばれる工場とのコラボレーションによって生産されている。

Factelier-poloshirt

近年、日本製の衣類製品の率は1990年と比較して45%も低下している。この衰退の背景には様々な理由があるが、ファストファッションの台頭と、円高の存在は大きなインパクトを与えている。結果として、産業は高い技術を持った労働者のレイオフを検討し、多くの工場が閉鎖した。しかし、適正な価格で工場と消費者が直接つながれば、彼らの多くは安定した売上と利益を確保することができる。

Factelier(ファクトリエ)を運営する会社は、ライフスタイルアクセントだ。ファウンダーの山田敏夫氏は、女性向けの衣類の販売を行うビジネスを行なっている家族の元に生まれた。彼はメイドインジャパンの質の衣類とともに育ち、フランスで学んだ。彼はラグジュアリーブランド(パリのGucci)で働く経験を得て、オンラインファッションコマースでも働いた。彼はこう語る。

70%の私たちの顧客は、30代と40代の人々です。人々は、クオリティ高い工場とのコラボレーションによって生み出され、贈り物としても素晴らしい、オリジナルの商品を探しています。私たちの顧客のすべての人々は共通して、質の高い、ケアが少なくて済むブランドを探しています。私たちは今のところ、非常にうまくやっており、確たる需要の増加を感じています。

Factelier(ファクトリエ)は、EMSによって国際配送にも対応している。しかし、今のところ、ウェブサイトは日本語だけに対応している。

----------[AD]----------