BRIDGE

タグ Famarry

「出張カメラマンをスタンダードに」ーープロカメラマンのデータベース&予約システム運営のaMiがメルカリなどから資金調達

SHARE:

出張カメラマンのデータベース&予約システム「AMI」を提供するaMiは3月15日、総額数千万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はメルカリ、マネックスベンチャーズおよび個人投資家。株式比率や払込日などの詳細は非公開だ。また、同社の社名をFamarryからaMiに変更したこともあわせて発表している。 同社はフォトグラファーのデータベースと予約システムである「AMI」を軸に、ウェディング…

出張カメラマンのデータベース&予約システム「AMI」を提供するaMiは3月15日、総額数千万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はメルカリ、マネックスベンチャーズおよび個人投資家。株式比率や払込日などの詳細は非公開だ。また、同社の社名をFamarryからaMiに変更したこともあわせて発表している。

同社はフォトグラファーのデータベースと予約システムである「AMI」を軸に、ウェディング撮影予約サービス「Famarry(ファマリー)」、家族撮影予約サービス「emily(エミリィ)」を運営している。2015年初夏にサービスの提供を開始した同社は、ウェディング撮影をきっかけにプロフォトグラファーの空き時間を活用したサービス展開を実施。企業向けの撮影やアジアを中心とした海外でのカップル向けの撮影コーディネート、七五三を中心とした家族撮影などを手がけてきた。

現在は国内外の700名を超えるプロフォトグラファーがAMIへ登録している。また同社のマッチング数は累計1000件を超え、同社提供サービスを経由して月間30万円を超える売上を持つカメラマンも存在する。

同社の調べによれば国内の撮影市場は約1兆円で、そのうち大手のスタジオやエージェント、結婚式場の収益が多くを占めるそうだ。同社代表取締役の藤井悠夏氏は、AMIを使って今後カメラマンのワークスタイルの課題を解決していきたいと話す。

「フォトグラファーがどうやったら活躍していけるか、というプラットフォームのあり方を今後強化していきます。今はスタジオ撮影やパッケージの撮影がまだまだ一般的ですが、ユーザーに出張撮影を提供して、カメラマンがそこで個人として活躍する場所を作れればと考えています」(藤井氏)。

また、仕事が忙しくなってくるカメラマンはデータ管理や顧客とのやりとりのコストの発生が多くなってくる。そういったクリエイティブ以外の部分の補助に関しても積極的に実施していく方向性だ。今までだとスタジオに所属せざるを得なかったカメラマンも、aMiをバーチャルな事務所として活用して欲しいと同氏は語る。

「フォトグラファーの方に向けて日々発生している業務をシステム化してサポートするような、SaaSモデルのサービスも検討中です。データ送付時のデータ管理、納品サービスは特に需要も高いと考えています」(藤井氏)

出張撮影サービスの分野では「ラブグラフ」が注目を集めているが、ラブグラフが「体験を楽しむ日常シーンの撮影」だとすると、AMIでの撮影はむしろスタジオアリスなどの記念撮影のシーンに近いという違いがあるということだった。

今後は調達資金をマーケティングへと充当し、撮影件数の増加とマッチング率の向上などを目指す。また、今回引受先となったメルカリとの取り組みに関しては、暮らしの中の撮影という部分で今後取り組みを検討していく意向だ。

<関連記事>

----------[AD]----------

フォトグラファー予約サービスでウェディング撮影を変える、Famarry代表・藤井悠夏氏に聞く【ゲスト寄稿】

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏、翻訳者の堀まどか氏、日本語訳初出のフジサンケイ ビジネスアイの許可を得て転載したものです。 Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしまし…

tim-romero
Tim Romero 氏

本稿は、Disrupting Japan に投稿された内容を、Disrupting Japan と著者である Tim Romero 氏、翻訳者の堀まどか氏、日本語訳初出のフジサンケイ ビジネスアイの許可を得て転載したものです。

Tim Romero 氏は、東京を拠点とする起業家・ポッドキャスター・執筆者です。これまでに4つの企業を設立し、20年以上前に来日以降、他の企業の日本市場参入をリードしました。彼はポッドキャスト「Disrupting Japan」を主宰し、日本のスタートアップ・コミュニティに投資家・起業家・メンターとして深く関与しています。


yuka-fujii-statup-founder-famarry
ファマリー創業者の藤井悠夏氏

写真撮影の予約サービスを展開する「Famarry(ファマリー)」を、創業者である藤井悠夏氏は世界で最も幸せな企業と呼ぶ。顧客層が結婚を間近に控えたカップルであることを考えれば、本当にそうなのかもしれない。

幸せな企業の裏には、日本のウェディング業界を長年牛耳ってきた結婚式場とフォトスタジオの連合をディスラプトする攻撃的な計画がある。テクノロジーと人口構成の変化が高い壁に小さな割れ目を入れ、ファマリーはそれを足掛かりに写真撮影の業界全体を良い方向へ変革しようと意気込む。

どんなサービスですか。

一言でいえば、ウェディングフォトを撮影するフォトグラファーを検索して仕事を依頼できる、クラウドソーシングサービスです。日本では現在約65万組のカップルが結婚しますが、その約半数が、結婚式当日とは別に写真撮影をするいわゆる前撮りをおこなっています。それが、私たちが目を付けた市場です。

ロマンチックな場所に行って美しい風景を背に、写真を撮るんですね。

そうです。結婚式当日に撮影を担当するフォトグラファーは結婚式場によって手配され、カップルに選択肢はないのが普通です。しかし、前撮りに関しては友達からの紹介や口コミで決めたり、インターネットで検索したりする人が多くなっています。

結婚を控えたカップルに対するマーケティングの方法は。

インスタグラムを活用しています。写真共有専用のSNSアプリなので、私たちの用途に完璧に合っています。プロモーションももちろんおこないますが、ユーザーのほとんどが撮影した写真をみんなに見せたいと思っているので、インスタグラムが現代版口コミとして機能します。ファマリーのサービスを知ってもらいやすいですし、カップルが依頼したいフォトグラファーを見つけるのも簡単です。

ほとんどの人が人生に一度しか結婚しませんから、この事業モデルでは、リピーターになる顧客が極端に少ないことが心配ではありませんか。常に新規顧客を開拓しなければなりません。

それについては、計画があります。結婚式は家族としてのスタートラインですから、何年かすればユーザーは赤ちゃんの写真や家族の記念写真を撮りたいと思うのが自然です。将来的には、ウェディングフォト以外の写真撮影にも対応し、ユーザーの人生と共に育っていくサービスにしようと考えています。

国内の写真撮影業界は変化の時を迎えているとか。

はい。プロの写真撮影へのアクセスはかつてより容易になっています。高品質のカメラ機材は非常に高価なものでしたが、今はそれほどでもありません。機材を一通り揃えた、腕の良いフォトグラファーがこれまでとは比べ物にならないほど増えています。

また、最近まで、ウェディングフォトに関することはすべてフォトスタジオが決めるのが普通でした。標準的な背景のセットがいくつかあって、決められたポーズが何種類かあり、顧客であるカップルはほとんど言われる通りに撮影ポーズをとっていたのです。

しかし、写真を共有する機会が増えた今、人々の写真の捉え方は変わっています。自分たちの性格や好みに合う撮影スタイルや写真の出来上がりを求める人が増えています。

業界では独立傾向が強まっているのでしょうか。

そうなってくるはずです。フォトグラファーが独立して仕事をしやすい環境になってきているので、私たちはそうしたフォトグラファーと顧客がマッチできるようにしています。近い将来、フォトスタジオは今までと同じ事業モデルで存続することは難しくなってくると思います。フリーランスのフォトグラファーが、スタジオ撮影よりも安く、撮られる人の性格やペースに合った撮影体験と仕上がりの良い写真を提供できるようになっているからです。

famarry-porfolio-photos
Image credit: Famarry

ブライダル市場をターゲットにしたのはなぜですか。高齢化の進む日本では特に魅力的な市場ではないと思いますが。

私はリクルートに入社後、結婚情報誌の営業を担当していたので、そこでウェディング業界・ブライダル市場について学ぶことができました。退社後ベトナムで、結婚情報サイトの立ち上げに携わった後、シンガポールで日系ブライダル企業の事業支援やコンサルティングをおこない、日本でのウェディングフォト撮影を希望するシンガポール人に提携企業を紹介するようになりました。私が一番良く知っている市場を最初のターゲットにしました。

高齢化によって全体的な市場規模は年々縮小しているかもしれませんが、それでも巨大な市場です。長年変化の少なかった市場ですので、私たちにはディスラプトのチャンスがあります。市場は成長していませんが、そのため多くの企業が海外に活路を見出そうとしています。国内でイノベーションを起こせば、私たちにとってはまだ大きな市場が残されていると思います。

女性起業家であることで仕事がやりやすく、あるいは難しくなると思いますか。

どちらも少しあると思います。広報の観点から言えば、人と違うことで注目を集めることはできますが、色々な契約締結がやりにくくなる可能性はあります。スタートアップでは、自分たちの持っている強みとも弱みとも付き合っていくしかありません。ですからあまり考えてはいませんね。でも、ファマリーの場合は顧客のほとんどが女性なので、彼女たちの気持ちに寄り添いやすいのは強みかもしれません。

顧客はカップルなのでは。

そうですが、結婚式や前撮りについて決定権を持つのは、一般的に女性です。その後、赤ちゃんや家族写真の撮影についても夫よりは妻が率先して決めることが多いと思います。

起業・経営してみて一番驚いたことは。

自分で事業を運営することがどれほど難しいか、そしてどれほど楽しいかということです。大変だろうとは思っていましたが、実際にやってみなければ本当の大変さは分からないということでしょうか。不平を言っているのではなくて、予想していたよりも大変だったのです。

同時に、スタッフやユーザーとの関わりを私自身がどれほど楽しんでいるかということにも気付き、驚きました。本当に幸せなビジネスです。毎日、幸せそうなユーザーの声が聞けて、私たちのサービスに満足していることを知ると励みになります。

人生で最も幸せな時を過ごしている人たちのための仕事ですから、そんなカップルと毎日関わることでスタッフの皆さんの雰囲気も良くなるのでしょうね。

その通りです。フォトグラファーと一緒に仕事ができるのもとても幸せなことです。彼らは芸術家であり、カップルが自分の写真を気に入って担当フォトグラファーとして選んだことを喜んでいます。才能あふれるフォトグラファーをもっと支援していきたいです。私たちはとても良いものを生み出していると感じています。

 


ファマリーは、破壊的なビジネスが、既存の事業モデルに対して有利なことを示す教科書的な事例だ。ファマリーによって、写真撮影の費用は低下し、典型的なこれまでのフォトスタジオよりも予約から撮影までのプロセスの柔軟性が格段に増した。かといって写真の質が落ちるわけではなく、出来上がりの満足度は高くなると考えられる。既存のビジネスはこれまでのやり方を素早く変えるか、撤退するかの選択を迫られることになるだろう。

藤井氏率いるファマリーには成長を期待するが、同時に幸せな企業であり続けてほしいものだ。

----------[AD]----------

カップルとフォトグラファーを繋ぐことで2人だけの理想のフォト婚を実現する「Famarry」が正式リリース

SHARE:

スマホだけでフォト婚の手配ができる「Famarry(ファマリー)」。フォト婚とは、結婚式とは別にゆっくり時間をかけて写真撮影をすること。専用スタジオから海外のリゾート地に至るまで、2人の思い出を写真に残すカップルが増えています。そんなフォト婚をフレキシブルに依頼できるFamarryが、9月9日に正式リリースされました。 1万枚以上の写真から希望する写真を選ぶことで、自分好みの写真を撮ってくれるフォ…

Famarry-website

スマホだけでフォト婚の手配ができる「Famarry(ファマリー)」。フォト婚とは、結婚式とは別にゆっくり時間をかけて写真撮影をすること。専用スタジオから海外のリゾート地に至るまで、2人の思い出を写真に残すカップルが増えています。そんなフォト婚をフレキシブルに依頼できるFamarryが、9月9日に正式リリースされました。

1万枚以上の写真から希望する写真を選ぶことで、自分好みの写真を撮ってくれるフォトグラファーを見つけることができます。細かい撮影の打ち合わせなどは、フォトグラファーと直接メッセージでやり取り。3月23日のβ版サービスの公開以来、登録フォトグラファー数は2.5倍の約400名に増えています。

また、PCからの検索利用が多いことを受けてスマホに加えてPCでの閲覧も可能に。自分の好みで写真を選ぶだけでなく、人気のフォトグラファーや写真からも探すことができるようになりました。

β版リリース時にお伝えした同社代表の藤井悠夏さんへの取材にもあったように、Famarryは多言語展開し、アジアを中心とした撮影手配のプラットフォームを目指します。またフォト婚のみならず、今後はベビー、旅行などの記念に残すニーズがあるさまざまな分野にサービスを広げて行く予定です。

 

----------[AD]----------

フォト婚をもっと自由にーースマホだけでウェディングフォトの撮影手配が完結する「Famarry」

SHARE:

結婚式とは別に、ウェディングフォトだけを撮影するカップルが増えています。ゼクシィトレンド調査によると、「別撮りのスタジオ・ロケーション撮影をした」人は全体の46%と約半数。また、海外ウェディングにおけるフォトツアー実施率は8割以上と、高まるフォトウェディングへの需要が見て取れます。 ところが、結婚式と同様、式場御用達のカメラマンや写真スタジオに頼んだり、カットもあらかじめパッケージされたものから選…

Famarry

結婚式とは別に、ウェディングフォトだけを撮影するカップルが増えています。ゼクシィトレンド調査によると、「別撮りのスタジオ・ロケーション撮影をした」人は全体の46%と約半数。また、海外ウェディングにおけるフォトツアー実施率は8割以上と、高まるフォトウェディングへの需要が見て取れます。

ところが、結婚式と同様、式場御用達のカメラマンや写真スタジオに頼んだり、カットもあらかじめパッケージされたものから選ぶなど、あまり自由度が高くないのが現状です。そんなウェディングフォト市場に、新たに参入したのが「Famarry(ファマリー)」です。

ウェディングフォト撮影の手配がスマホで完結

Famarryで紹介されたウェディングフォト
Famarryで紹介されたウェディングフォト

Famarryは、クオリティーの高いウェディングフォト撮影をスマートフォンだけで手配できるスマートフォン専用ウェブサービス。希望するロケーションや衣装などのコーディネートを含めて、長く残したいウェディング写真を直接フォトグラファーとやり取りしながら予約することができます。

より、カップルの理想に近いウェディング写真が撮れるよう、アプリではまずサンプル写真からイメージに合ったものをお気に入り。それに対してフォトグラファーから提案が集まり、撮影内容に応じて見積もりが提出されます。あとは、一人を選んで予約するだけ。フォトグラファーとのやり取りもチャット機能で行うため、これら全てがアプリ内で完結します。

現在、厳しい審査を経て50名ほど(スタジオ含む)登録されるフォトグラファーは、10人に1人の倍率です。1ヶ月後には、倍の100名の登録を目指します。今は首都圏と関西を中心とした日本国内のフォトグラファーがほとんどを占めます。海外での撮影に関しては、今はまだ日本のプロデュース会社を通して撮影依頼する形ですが、既にハワイやパリなどのリゾート地も掲載されています。

幼少期にさかのぼる起業の原体験

FamarryのCEO 藤井悠歌さん
FamarryのCEO 藤井悠夏さん

Famarryの代表は、藤井 悠夏さん。2006年にリクルートに入社し、ゼクシィ営業部で2007年に年間MVPを受賞し、2010年に退職しました。 その後ベトナムやシンガポールなどでウェディング関連の事業立ち上げに従事。直近では、日本でウェディングフォトの撮影を希望するシンガポール人に日本の提携企業を紹介する仕事も。 そんな長年のウェディング業界における経験が、Famarryで活きています。

「価値観の幅を広げ、選択できる喜びを増やし、世の中をもっと面白くハッピーにというFamarryが掲げるモットー。起業する前の社会人経験で学んだことはもとより、これは、シリアで生まれ、日本で育ち、中学時代をアラブ首長国連邦ドバイで暮らしたという藤井さんの幼少時代に大きな影響が。

「トラックの荷台に隙間なく詰め込まれたインド人労働者たちを横目に、私は何不自由なくインターナショナルスクールに通っていました。そんな価値観が揺さぶられる衝撃的な毎日を過ごし、様々な価値観に触れる中で、日本人には「自由に選択して生きる」ことが許されていることに気づかされました。その環境を活かし、自分の介在価値を最大限に発揮したいと思い、Famarryを創業しました」

ウェディングを通じて日本と海外の架け橋に

Famarry-japan-photos
Famarryに投稿された「日本」が舞台のウェディングフォト

Famarryは今後、写真だけでなく動画の撮影にも対応し、また英語版も公開する予定です。先日、「Visit Japan Now」というFacebookページで海外のユーザーに向けてFamarryが紹介されたところ、反響がとても大きかったのだとか。海外からの日本でのフォトウェディングを推奨することで、日本の景色や文化、ホスピタリティに触れてもらう。日本の良さを世界中の人に再発見してもらう機会になるはずです。

Famarryのミッションは、ウェディングを迎えるカップルに対して自由な選択肢を与えるだけに留まりません。フォトグラファーやウェディングプランナーなど、個人や小さなチームで働く人たちが、世界中のどこでも活躍できる機会を作ること。そして、新興国の人も先進国の人も、腕が良ければ評価され、どこでも仕事ができる世界にしていくことを目指します。

藤井さんの幼少時代、また社会人になってからのあらゆる経験が線になってつながって誕生したFamarry。業界における豊富な経験や知見にパッションが加わることで、藤井さんにしかできないサービスが期待できそうです。

----------[AD]----------