THE BRIDGE

タグ Famm

子供の写真をカレンダーにして毎月送付、子育て写真共有アプリ「Famm」運営が4.6億円調達

SHARE:

子供の写真を共有・整理できるスマホアプリ「Famm(ファム)」を運営するTIMERSは10月23日、グロービ ス・キャピタル・パートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、DBJキャピタルの3社を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額4億6000万円で、出資比率などの詳細は非公開。同社はこれまでにベンチャーキャピタル11社や個人投資家としてメルカリ創業者の…

famm_002

子供の写真を共有・整理できるスマホアプリ「Famm(ファム)」を運営するTIMERSは10月23日、グロービ ス・キャピタル・パートナーズ、SMBCベンチャーキャピタル、DBJキャピタルの3社を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は総額4億6000万円で、出資比率などの詳細は非公開。同社はこれまでにベンチャーキャピタル11社や個人投資家としてメルカリ創業者の山田進太郎氏から資金調達を実施しており、累計の調達額は14億円になる。

TIMERSの創業は2012年5月。カップルマッチングの「Pairy」をスタートさせ、その後2014年6月から子育て写真共有の 「Famm」をリリースしている。Fammは子供のスマホ写真を撮影することで毎月1冊のフォトカレンダーを作成して無料で家族にプレゼントするサービスを展開しており、2017年10月時点での会員数は100万人。ビジネスモデルはマーケティングで、子供写真で広がる両親や祖父母といった対象にリーチできるソリューションを提供しているほか、子供向け衣料品やプレゼントなどのECも開始する。

また米国やイギリス、オーストラリア、韓国などへの海外展開も進めており、「現在はまだ開始したばかりなので全体売上の1割未満」(同社代表取締役の高橋才将氏)ながら伸び率には手応えを感じているという。今回の調達で成長させる市場のひとつとして注目しているそうだ。

famm_001
祖父母に撮影した写真を送れるIoTデバイス「まごチャンネル」

子育て写真の共有サービスはミクシィが展開する「みてね」や、アプローチは違うがチカクの提供する「まごチャンネル」のような商品もあり、FacebookやLINEといった普段使いのソーシャルメディアも幅広い意味での「競合」となる。高橋氏にそれらサービスに対しての優位性について聞くと、次のように答えてくれた。

「僕らの場合は、祖父母世代含めてデジタルでの共有に注力せず、むしろアナログ含めて体験を提供している点です。『みてね』もフォトブックを提供されていますが、あくまでオプションレベルです。なので、現ユーザーでも『みてね』や『まごチャンネル』と一緒に使っていただいてる方もかなり多く共存すると思っています。

アナログは原価や送料がかかることが課題ですが、そこを超えられる仕組みを作れるかが僕らのチャレンジです。デジタルとアナログに関しては、一種の人間のバグのようなもので、質量があることで理屈で説明できない感動があると僕らは信じています」(高橋氏)。

----------[AD]----------

5ヶ月で約200万枚の写真が集まる子育てアプリ「Famm」、フォトカレンダーが毎月無料で届く新機能をリリース

SHARE:

恋人向けクローズドSNSアプリ「Pairy(ペアリー)」、子育て家族に特化したスマホアプリ「Famm(ファム)」を運営するスタートアップ、Timers(タイマーズ)は、Fammに毎月無料で1冊フォトカレンダーが届く新機能を追加した。 Fammは、今年5月にiOS版をリリースし、同年8月にはAndroid版をリリースした。リリースから約5ヶ月となる現在は、約200万枚の写真がアッ…

famm

恋人向けクローズドSNSアプリ「Pairy(ペアリー)」、子育て家族に特化したスマホアプリ「Famm(ファム)」を運営するスタートアップ、Timers(タイマーズ)は、Fammに毎月無料で1冊フォトカレンダーが届く新機能を追加した

Fammは、今年5月にiOS版をリリースし、同年8月にはAndroid版をリリースした。リリースから約5ヶ月となる現在は、約200万枚の写真がアップロードされている。

Fammは写真の共有を主な機能としている。高速で写真の共有が可能なことを打ち出し、それがユーザに受け入れられた、とTIMERS代表の高橋 才将氏は語る。現在、MAUが70%ほど。ユーザはかなりアクティブにアプリを使用しているという。

写真のアップロード速度にこだわること、そして今回発表されたようなオフラインとの連携についても、サービス開始当初から高橋氏が語っていたことだ。

高橋氏「写真を印刷したいというニーズはあります。ですが、面倒で続かない。自然に写真が溜まっていく場所があり、継続的に印刷できる環境を提供することができれば、ユーザの負担を軽減することができると考えました。写真を印刷するサービスはすでにいくつか存在しています。その中で、私たちの印刷サービスが選ばれるために、Fammを写真がたまっている場所にする必要がありました。」

「写真がためることが一番」だと語る高橋氏。ユーザからもプリントはできないのか、と尋ねられることがあったという。写真をストックしておく場所と、印刷ができる場所を両方セットで提供することに価値がある。

オフィスに置いてあった試作品
オフィスに置いてあった試作品

Fammの印刷サービスは、まずユーザは住所登録を行う。その後、毎月決められたタイミングでプレビュー画面でカレンダーを確認して、写真を選ぶ。選んだ写真でカレンダーが印刷され、送られてくる。印刷は完全無料、送料もかからない。

高橋氏「印刷されたカレンダーは、食卓や玄関に置いていただいたり、職場に持って行ってデスクの横に置くといった使い方をしていただければと考えています。」

Timersは毎月無料でカレンダーを作成できるサービスに、追加で価値を作り出すことでマネタイズを図ることを考えているという。子どもが2人いる場合、2つ目のカレンダーについては有料にしたり、カレンダーの紙質を選べるようにしたり、といった部分での課金を考えているという。

高橋氏「フォトブックなど、他の印刷物も考えています。より安く、より手軽に、よりオシャレに、を目指していきます。また、月額課金も予定しています。そのためにもユーザにとって使いやすいものが作れているかどうか、これが一番重要だと考えています。」

Timersは、Pairyにおいても、Fammにおいても、言葉にできない嬉しさ、ロジックではないエモーショナルなものを対象にしたサービスを提供しようとしている。こうした言葉にできない嬉しさをためていく、「エモーショナルストレージ」と彼らが表現する領域でのチャレンジを引き続きチェックしていきたい。

----------[AD]----------

Timersが子育て家族に特化したスマホアプリ「Famm」のAndroid版をリリース、写真のアップロード枚数は2ヶ月半で約100万枚に

SHARE:

恋人と2人で楽しむクローズドSNSアプリ「Pairy(ペアリー)」を運営するTimersは、子育て家族に特化したスマホアプリ「Famm(ファム)」のAndroid版を本日リリースした。すでに配信しているiOS版アプリと同様に、5カ国語に対応し、全世界に向けて配信する。 「Famm」は、子供の写真を簡単に共有・整理できる子育て家族向けアプリ。子どもの写真をアップロードしていくことで自動で写真が整…

famm android

恋人と2人で楽しむクローズドSNSアプリ「Pairy(ペアリー)」を運営するTimersは、子育て家族に特化したスマホアプリ「Famm(ファム)」のAndroid版を本日リリースした。すでに配信しているiOS版アプリと同様に、5カ国語に対応し、全世界に向けて配信する。

「Famm」は、子供の写真を簡単に共有・整理できる子育て家族向けアプリ。子どもの写真をアップロードしていくことで自動で写真が整理され、毎月の成長記録がコラージュで出来上がる。同アプリのiOS版がリリースされたのは今年の5月。iOS版は、リリースからの2ヶ月半で既に約100万枚の写真がアップロードされており、MAUは80%となっているという。

この数字に関して、Timers COOの田和晃一郎氏は、

田和氏「最もアクティブなユーザの中には、1万枚以上写真をアップロードしている家族も出てきています。サービスリリース前から、Pairyのユーザーであるカップルよりも子育て家族の方がアップロードされる写真の枚数は多いだろうと予測はしていましたが、これほどの枚数の写真を撮影し、かつFammにアップロードしてもらっているのは正直驚いています。」

とコメントしている。こうしたユーザの行動を見ていて、Timersでは家族における写真撮影行動の変化を感じているという。

田和氏「現状、アプリの使われ方を見ていると、スマートフォンが子育て家族の行動・コミュニケーション領域において変化を与えている部分で最も大きいのは子どもの写真データをどこに、どう保存するのか、だと改めて確信しています。スマホの登場により、撮影枚数が増えたにも関わらず、スマホではその膨大な数の写真をどう管理していいかわからない。管理しようにも量が多すぎて面倒だ、といった課題を多くの家族が抱えているという仮説も証明されてきました。」

Timersは、現在アプリが提供している子供の写真を撮影し、共有し、バックアップしておくという機能は、あくまでも子どもの写真に関わる「入り口」にすぎないと考えているという。

田和氏「集まっている写真を活用して、どのような感動的な体験を提供していけるのかが、僕らのような恋愛や子育てといったエモーショナルな領域を攻めるスタートアップが目指すところです。「何もしなくてもコーラジュが自動で出来上がっていく体験」に続く、全く新しい体験を今後のアップデートで提供していきたいと思っています。」

と、新たな機能追加に関しても検討していることを教えてくれた。具体的には、両親や親戚など家族全体をアプリ内に巻き込んでいくデジタルな部分での機能・体験拡張や、写真を印刷・加工できるリアルな領域での体験などだ。

アプリのダウンロード数に関しては公開されていないが、これだけユーザがスティッキーに使っているアプリであれば、成長させていくことは可能だろう。リリースされたAndroid版アプリがユーザにどのように使われるのか、気になるところだ。

----------[AD]----------

負担少なく子どもの成長記録を残す、TIMERSの新サービス「Famm」は写真が自動整理される家族アプリ

SHARE:

恋人たち2人が使うクローズドSNSアプリ「Pairy(ペアリー)」を運営する、Timers(タイマーズ)社は、新たに家族向けアプリ「Famm」のiOS版をリリースした。 TIMERSは、多くのユーザへのヒアリングを重ねることで、子どもが生まれるとコミュニケーションの仕方が変化するということを把握していた。そこで子育て夫婦に向けたアプリを開発し、彼らのニーズに答えることを目的に、「Famm…

Famm

恋人たち2人が使うクローズドSNSアプリ「Pairy(ペアリー)」を運営する、Timers(タイマーズ)社は、新たに家族向けアプリ「Famm」のiOS版をリリースした。

TIMERSは、多くのユーザへのヒアリングを重ねることで、子どもが生まれるとコミュニケーションの仕方が変化するということを把握していた。そこで子育て夫婦に向けたアプリを開発し、彼らのニーズに答えることを目的に、「Famm」を生み出した。

homechat

「Famm」は、子供の写真を簡単に共有・整理できる子育て家族向けアプリ。子どもの写真をアップロードしていくことで自動で写真が整理され、毎月の成長記録がコラージュで出来上がる。その他にも以下のような機能を備えている。

  • 写真を日付・月毎に自動整理する機能
  • 撮影時の子供の年齢を表示するアルバム機能
  • 便利なスタンプが無料で使い放題のチャット(メッセージング)機能
  • チャット時に送った写真が自動でアルバムに登録される機能
  • 誕生日・記念日などのリマインド機能
  • 写真のバックアップ機能
  • 親戚への写真共有

子育て中の夫婦は数え切れないほどの子どもの写真を撮影する。中にはこうした写真をiPhoneのアルバム機能で管理し、ソーシャルメディア上に投稿、必要であれば加工も行うユーザもいるが、TIMERSはこうした行動をするユーザはマス層ではないと考えている。TIMERS代表の高橋才将氏はこう語る。

高橋氏「写真はかなりの枚数があり、それをパートナーには共有する。本当は加工したいし整理したいと考えている夫婦は多い。ですが、膨大な量に昇るため、なかなか十分な対応ができない。そこで写真の自動整理機能など、夫婦の負担を下げてあげるアプリを開発しました。」

album collage detailupload

TIMERSはこうしたユーザのニーズに応えるために、写真のアップロード速度にこだわり、自動で写真の整理、コラージュ作成が行われるようにするなど、ストレスがなく、負担の少ない状態で写真が整理できる環境を提供することにこだわっている。

高橋氏「フォトブックなど、オフラインとの連携についても考えています。フォトブックは写真をユーザが選ぶ作業に負担を感じています。いかに写真を整理してためておくことができるかが、重要になる。Fammではユーザがすぐに使えるように整理して写真をためておくことで、フォトブックの作成等においてもユーザの負担を減らすことができると考えています。」

子どもの成長を記録して残したいというニーズはどの国にもあるものだとTIMERSは考えており、Fammはリリース当初から日本語の他、スペイン、英語、中国、韓国と、計5ヶ国語に対応する。さらに、App Storeも25ヶ国語に対応することで、世界での展開も同時に狙う。

フォトブックなど、オフラインとの連携も図っていくが、TIMERSは有料でもユーザが使いたいと思うアプリにしていくことで、プレミアム会員制度による月額課金をマネタイズの軸にすえようと考えている。これは世界で展開することを考えても相性がよいマネタイズ手段と言える。

FammはまずiOSアプリだけでスタートし、Android版は近日中にリリース予定だ。日本だけでも今年の12月までに20〜30万ほどのユーザ数の獲得を見込んでいる。

----------[AD]----------