BRIDGE

タグ Ferret

ferretがnotariと提携して企業のInstagram運用をサポートする解析ツール「ナビスタ」をリリース

SHARE:

Web マーケティング総合サイト「ferret(フェレット)」を運営するベーシックは、Instagram(インスタグラム)解析ツールの「Aista(アイスタ)」を開発するnotariとの業務提携を発表した。両社は企業のInstagram運用をサポートする「ナビスタ」をリリースする。 Instagramは今月、世界で5億ユーザを突破した。そのうち、3分の2にあたる3億人が同サービスをアクティブに…

13549008_1116173705108390_890527814_o

Web マーケティング総合サイト「ferret(フェレット)」を運営するベーシックは、Instagram(インスタグラム)解析ツールの「Aista(アイスタ)」を開発するnotariとの業務提携を発表した。両社は企業のInstagram運用をサポートする「ナビスタ」をリリースする。

Instagramは今月、世界で5億ユーザを突破した。そのうち、3分の2にあたる3億人が同サービスをアクティブに利用している。国内でもInstagramの利用者数は増加しており、企業アカウントも増加している。一方で、どう運用すればいいか把握できている企業は少ない。

Instagramのユーザーが5億人を突破、デイリーユーザーは3億人、8割が合衆国外に在住

notariは、2015年5月にInstagram解析ツールの「Aista(アイスタ)」をリリース。1年ほどで700の企業がアカウントを開設している。Instagram解析の技術を持つ同社と、32万人のマーケティングに関心のある会員が集まるferretが業務提携することで、より広い人々に対してInstagram解析を提供する。「ferret」の編集長の飯髙悠太氏は、

飯髙氏「Instagram関連の記事は会員からの注目度が高まっていました。ferretとしては会員の方々のために何かできないか、と考えていたんです。既存の解析ツールは、高機能・多機能のものが多く、これがferretの会員にとってフィットするわけではありません。コストが高いですし、使いこなせませんあら。もう少しシンプルな解析ツールがいいと考え、notariと提携することにしました」

と、notariとの提携に至った経緯について語る。両社の提携によって生まれた「ナビスタ」は、全てのInstagramアカウントを分析できるツール。自社だけでなく、競合アカウントのフォロワー・投稿・いいね数、エンゲージメント率をグラフ化で可視化し、ジャンルごとの人気ハッシュタグが簡単に検索可能となっている。自社だけでなく、他社やインフルエンサーのアカウントも同じように分析可能だという。

13509618_1116173685108392_2138933138_o

「ナビスタ」の利用は、初期費用は無料で、10日間はトライアル利用期間となる。トライアル期間が終了すると、自社アカウントのみ解析可能。月額3000円でプロ版が利用でき、トライアル期間以降も自社・競合・著名人アカウントのフォロワー・投稿・いいね数・エンゲージメント率などすべてのデータが閲覧できる他、CSVでデータのダウンロード可能だ。

notari代表取締役の今城博史氏は、「ferretと提携して『ナビスタ』を開発したことで、より多くの人にInstagram解析ツールを使ってもらえたら」とコメント。「ナビスタ」は、年内で3000社の導入数を目指す。この数字が達成できれば、「Aista」で獲得してきたユーザ数を大きく伸ばすことになる。

飯高氏は、「ferretは、ウェブマーケティングの大衆化のために他社と組み、色々なツールを提供していきたいと考えています。使いやすく、ちょっと始めてみたい人向けの価格設定で。」とferretの今後の展望についても語った。

左:ferret編集長 飯髙悠太 氏 右:notari代表取締役 今城博史氏
左:ferret編集長 飯髙悠太 氏
右:notari代表取締役 今城博史氏
----------[AD]----------

記事作成クラウドソーシング「サグーワークス」とwebマーケティング総合サイト「ferret」が業務提携

SHARE:

記事作成特化型クラウドソーシングサービス「サグーワークス」を運営するウィルゲートが、Webマーケティング総合サイト「ferret」を運営するベーシックとの業務提携を発表した。 「ferret」の会員数は31万人にのぼる。会員の多くが、メディア運営や自社サイトのWebマーケティングを担当しており、コンテンツマーケティングへの注目度も高い。今回の業務提携は、こうしたferret会員のマーケティング業務…

sagooo-ferret

記事作成特化型クラウドソーシングサービス「サグーワークス」を運営するウィルゲートが、Webマーケティング総合サイト「ferret」を運営するベーシックとの業務提携を発表した

ferret」の会員数は31万人にのぼる。会員の多くが、メディア運営や自社サイトのWebマーケティングを担当しており、コンテンツマーケティングへの注目度も高い。今回の業務提携は、こうしたferret会員のマーケティング業務効率化の支援を目的としている。

sagooo-ferret2

今回の業務提携により、ferret会員はferretサイト上から簡単な記事作成の依頼を行うだけで、既存のWebコンテンツとの重複チェック、人の目による文章内容のチェックを通過した記事の納品を受けることが可能になる。

ウィルゲートは記事作成のクラウドソーシングやSEOで培ったノウハウを「暮らしニスタ」のようなサービスの運営に活かしており、ferretは会員に多いウェブ担当者向けのサービスや機能の提供を行っている。

そんな両社にとって、今回の業務提携は相性の良いものだと言えそうだ。

企業と主婦を結ぶ場にーー主婦のアイデアが集まるプラットフォームを目指す「暮らしニスタ」

ferretがWeb担当者向けに最適なツールを比較できる新サービス「Marketer’s STORE」β版の提供を開始

----------[AD]----------

ferretがWeb担当者向けに最適なツールを比較できる新サービス「Marketer’s STORE」β版の提供を開始

SHARE:

Webマーケティング総合サイト「ferret(フェレット)」を運営するベーシックは、Web担当者向けに最適なツールを比較できる新サービス「Marketer’s STORE」β版の提供を開始した。 ベーシックは、2014年9月にWeb担当者が求められる知識やスキルアップ向上を目的としたWebマーケティング総合サイト「ferret」を開始。 Webマーケティングに特化したバーティカルメディアながら、1…

marketersstore

Webマーケティング総合サイト「ferret(フェレット)」を運営するベーシックは、Web担当者向けに最適なツールを比較できる新サービス「Marketer’s STORE」β版の提供を開始した。

ベーシックは、2014年9月にWeb担当者が求められる知識やスキルアップ向上を目的としたWebマーケティング総合サイト「ferret」を開始。

Webマーケティングに特化したバーティカルメディアながら、1年3カ月で単月で200万PVのメディアへと成長している。注目すべき点は、メディアが成長した期間で新規に約6万人の会員を獲得したことだ。

飯高氏「ferretはメディアで会員を獲得してきました。今後、メディアをハブにしながら、サービスを展開していく予定です。「Marketer’s STORE」も、ferretをハブにしたサービスのひとつです」

とferret編集長の飯高悠太氏は語る。マーケティングをはじめ、ウェブ担当者のためのツールは無数に存在する。自分の会社が抱えている課題を、どのツールを活用すれば解決できるのかを適切に判断するためには、リテラシーが必要になってくる。

「ferret」の会員には、Webマーケティングに明るくないが必要性や重要さは感じている人が多く、そういった会員向けに簡単にツールが比較できるよう「Marketer’s STORE」はリリースされた。

「Marketer’s STORE」では、リリース段階で113のツール・サービスを掲載。カテゴリ、課題・目的、予算といった様々な条件からツール検索が可能となっている。製品資料のダウンロード、導入事例の閲覧、問い合わせ、見積りといった全てのサービスが無料で利用可能だ。

飯高氏「近日中には、質問に答えていくことで自社に最適なツールを紹介してくれる診断機能のリリースも予定しています。「Marketer’s STORE」の様々な機能を利用するためには、ferretへの会員登録が必要になります」

ferretの資産は、Webマーケティングに関心のある会員を抱えていること。中小企業やWebマーケティングの初心者に向けて、メディアで情報を発信しながら、「Marketer’s STORE」のようにサービスを提供していくことでさらなる会員獲得を目指すという。

----------[AD]----------

「ウェブマーケティングの大衆化」を掲げ、ベーシックがマーケティング総合サイト Ferret(フェレット) をオープン

SHARE:

ベーシックが、Webマーケティング総合サイト「Ferret(フェレット)」の提供を開始した。 ベーシックではこれまで、24万人以上の会員がおり、「キーワードアドバイスツール」「SEOスカウター」などのツールを提供するサイト「Ferret PLUS(フェレットプラス)」を運営してきた。 これをベースにした「Ferret(フェレット)」は、日本国内において99.7%を占める中小企業のWebを担当する人…

Ferret_main

ベーシックが、Webマーケティング総合サイト「Ferret(フェレット)」の提供を開始した

ベーシックではこれまで、24万人以上の会員がおり、「キーワードアドバイスツール」「SEOスカウター」などのツールを提供するサイト「Ferret PLUS(フェレットプラス)」を運営してきた。

これをベースにした「Ferret(フェレット)」は、日本国内において99.7%を占める中小企業のWebを担当する人間が求められる知識の提供やスキルアップ向上を目的としている。

ベーシックは、先日ジャフコから資金調達を実施している。資金調達を行い、注力する事業の柱の1つが「ウェブマーケティングの大衆化」を目的とした事業。今回の「Ferret(フェレット)」はそのための動きだ。

今回、「Ferret(フェレット)」のリリースにあたって、プロダクトマネージャーである飯高悠太氏に話を伺った。

「Ferret」プロダクトマネージャー飯高悠太氏
「Ferret」プロダクトマネージャー飯高悠太氏

飯高氏「Ferret(フェレット)」では、ウェブがわかっていない人向けにプラットフォームを作っています。ウェブマーケティングについて解説しているサイトはこれまでにもありましたが、情報が多すぎてわかりにくいものが多かった。「Ferret(フェレット)」のターゲットは、全国の中小企業。自社の事例をもとに、可能な限りわかりやすく説明しています。」

「Ferret(フェレット)」では、ニュース・まとめ記事の配信、カリキュラム記事・事例記事の掲載、講師を招いてのセミナーの開講といった形で、ウェブマーケティングに関する知識の提供が行われる。

飯高氏「コンテンツのメインは記事です。といっても、ウェブマーケティングがわからない人たちを対象にしているので、自分たちが読んでわかることは参考にはなりません。そのため、ペルソナの設定を入念に行いました。

ウェブマーケティングをどう行えばいいのかわからない中小企業が、ここの記事に出会えば解決される、そんな内容になるようにしています。サイトに先駆けて提供を開始していたセミナー後に、参加者へのヒアリングも実施しています。ヒアリングを行いながら、意見を参考にして改善を重ねました。」

Ferret_main-1

ウェブマーケティングの大衆化というミッションを掲げているベーシック。飯高氏はこのタイミングでそのミッションを掲げた理由をこう説明する。

飯高氏「わかりやすいコンテンツを用意していたとしても、そのコンテンツが必要な人に届くかどうかがこれまでは課題でした。検索がコンテンツと人の出会い方の中心だったことから、ソーシャルネットワークが生まれたことでコンテンツと出会いやすくなりました。これまで以上に求めている人にコンテンツが届きやすくなったのです。」

ベーシックの今回のサイトリリースは、ある程度成長し、規模を持った企業がスタートアップ的にチャレンジすることの価値を示しているようにも感じられる。

飯高氏「ベーシックの代表の秋山を始め、私たちのチームは本気で世の中を変えようとしています。ウェブマーケティングの世界には大きなミスマッチが起きています。消費者が情報をインターネットで調べるときはプラットフォームの影響が強くなります。消費者が求めているものと、企業が発信している情報との間でミスマッチが生じていると私たちは考えています。

地方にはいろんな職人やショップを持った人々が存在します。彼らが知識を付け、自分たちの商品をしっかりと発信してくことで、消費者が情報にアクセスすることが可能になれば、地方の企業が消費者とちゃんと出会えるようになります。」

ベーシックは、これまで誰もとれなかったマーケットを開拓しようという挑戦を始めた。リソースをもった会社が、スタートアップ的にしかけることでどのようなインパクトをもたらすのか気になるところだ。

今回のベーシックの動きは、リソースのある会社によるスタートアップ的チャレンジ。そして、地道な作業が必要になるが開拓できれば大きな市場にチャレンジすることの意義など、大小関係なく成功すれば多くの企業にとって参考事例となるだろう。

----------[AD]----------