THE BRIDGE

タグ Fintech

Softbank Vision FundがOakNorthに4億4000万ドルの出資、注目される「チャレンジャーバンク」とは

SHARE:

ピックアップ:SoftBank’s Vision Fund to invest $440 mln in UK start-up OakNorth ニュースサマリー:英国発のフィンテック・スタートアップの「OakNorth」は9日、4億4000万ドルの資金調達に成功したと公表している。Softbank Vision FundおよびClermont Groupsが出資した。 OakNort…

Capture

ピックアップSoftBank’s Vision Fund to invest $440 mln in UK start-up OakNorth

ニュースサマリー:英国発のフィンテック・スタートアップの「OakNorth」は9日、4億4000万ドルの資金調達に成功したと公表している。Softbank Vision FundおよびClermont Groupsが出資した。

OakNorthはスタートアップや中小企業を対象に、融資サービスを展開しているオンラインバンク。業務を可能な限りクラウド上で取り扱い、低コストにて事業モデルを確立している点が特徴。投資業務やポートフォリオのモニター業務などもビッグデータやマシーンラーニングを取り入れることで効率化に成功している。2017年開催の「Banking Technology Awards」においては、Best Use of Cloud賞を受賞している。

TechCrunchの記事によると、OakNorthはこれまで37億ドル以上の貸し出しを完了し、債務不履行や支払期限の遅れなどの問題を起こしていないという。

話題のポイント:OakNorthはもちろん、テクノロジーを利用したバンキングサービスの効率化という点でフィンテックの範囲なのですが、新たな呼称として「チャレンジャーバンク」と呼ぶことがあるようです。大和証券が2018年に公開した資料では、チャレンジャーバンクの定義として「銀行免許を取得してモバイルアプリを中心に融資、決済等の銀行業関連の商品・サービスを提供する銀行」と説明しています。

先日紹介したRaisinもベルリン拠点ですが、チャレンジャーバンクのような動きは特に欧州で活発みたいです。背景にはEU経済圏における「人の流動性」が大きく、加盟国であれば基本的に自由に動き回れるため、ネットを介してお金の管理を効率化することは大きな利点なのでしょう。OakNorthはビジネスサイド向けサービスですが、カスタマー向けのチャレンジャーバンクもあります。

日本にてチャレンジャーバンクの座を狙っているのは、昨年みずほフィナンシャルグループとLINEのパートナシップにより誕生したLINE Bankです。既にチャットツールのプラットフォームとしてモバイル生活のツールとなっているLINEが銀行になれば、ユーザー自身で大きなアクションを起こすことなく、自然とモバイルバンクの利用ができるようになります。

日本はEU経済圏のように多数の国家をフレキシブルに動き回る機会はそこまで多くないため、今までユーザーが「敢えて」モバイルバンキングを選択する必要性がなかったかもしれません。

また今回取り上げたチャレンジャーバンクのように銀行業登録まではせず、既存金融機関とのパートナシップによりサービスを展開する「ネオバンク」というスタイルがあります。Variant Market Researchによると、ネオバンク市場は2025年に3兆6000億ドル規模に達し、その年平均成長率は45.8%にもなるそうです。

Capture
Credti: Variant Market Reserach
----------[AD]----------

金利で自由にEUの銀行を選べるRaisinに「ワンストップ口座管理」の可能性をみる

SHARE:

ピックアップ:Raisin raises $114M for its pan-European marketplace for savings and investment products ニュースサマリー:ベルリン発のフィンテック・スタートアップ「Raisin(レーズン)」は6日、シリーズDの調達ラウンドにて約1億1400万ドルを調達したと発表している。ラウンドに参加したのは既存投資家のInd…

Capture

ピックアップRaisin raises $114M for its pan-European marketplace for savings and investment products

ニュースサマリー:ベルリン発のフィンテック・スタートアップ「Raisin(レーズン)」は6日、シリーズDの調達ラウンドにて約1億1400万ドルを調達したと発表している。ラウンドに参加したのは既存投資家のIndex Ventures、PayPal、Ribbit Capital、Thrive Capital。TechCrunchなどが報じた。

2013年創業のRaisinは、EU各国に存在する銀行の定期預金金利を比較できるほか、複数銀行の口座管理や預け入れができるプラットフォームを提供。ユーザーは銀行の選択肢の幅を広げられ、銀行側はその規模に関わらずあらゆる国のユーザーにリーチすることが可能になる。

Raisinによると既に30カ国以上、62の銀行とパートナシップを結んでおり、合計110億ドルの預金を仲介しているという。今回の調達で集めた資金は、戦略的買収やサービスの国際化へ向けた費用に充てる予定。

話題のポイント:Raisinは日本的なサービスで言えばマネーフォワードが少し近いかもしれません。口座管理だけでなく、預金の預け入れもここ経由でワンストップ管理が可能っぽいので、提携銀行であれば、金利を見ながら気軽に銀行の変更が可能なのは確かに便利です。

例えば日本では、どの銀行であろうが預金金利に大きな差がないため、個人口座については家族が使っている銀行をそのまま使ったり、近所の銀行でいいやとなるケースが多いかと思います。

それに比べるとEUは加盟国だけでも28カ国(英国含めて)ありますから選択肢は豊富です。小さな国家の銀行であっても、金利などの面で優遇措置を図れば同経済圏に住むユーザーのアテンションを取ることが可能になります。

同じくユーロという通貨を採用している地域で営業する銀行を比較することで、ユーザーの流動性を持たせることに成功しているのがRaisinと言えるでしょう。

国内も金利による比較は難しいかもしれませんが、別のサービスなどで預金先の選択肢が増えることがあればこういった複数銀行を選択できるマーケットプレース的なプラットフォームの可能性も出てくるかもしれません。

----------[AD]----------

キャッシュレス先進国スウェーデンの「マネーフォワード」Tinkが560万ユーロ調達、日本でのPFMはまだ伸びる?

SHARE:

ピックアップ:Tink, the European open banking platform, scores €56M in new funding ニュースサマリー:スウェーデン発のフィンテックスタートアップ「Tink」は6日、約560万ユーロを調達したと発表した。調達元は米国を中心に活動するInsight Vntures Partners、既存投資家のSustone、SEB、Nordea V…

Capture.PNG

ピックアップTink, the European open banking platform, scores €56M in new funding

ニュースサマリー:スウェーデン発のフィンテックスタートアップ「Tink」は6日、約560万ユーロを調達したと発表した。調達元は米国を中心に活動するInsight Vntures Partners、既存投資家のSustone、SEB、Nordea Ventures、ABN AMRO Digital Impact Fundもこの投資ラウンドに参加している。

Tinkは2013年創業の、いわゆるPFM(Personal Financial Management:個人資産マネージメント)アプリを開発する企業。今回調達した資金でイギリス、オーストリア、ドイツ、ベルギー、スペインの計5つのマーケットに参入を計画している。

話題のポイント:オープンバンキングの動きにより、日本でもPFMが一般的になってきました。Tinkと限りなく似たサービスと言えばマネーフォワードやマネーツリーなどの事業者でしょう。キャッシュレスの過程で困ってしまう「カード等だと自分がいくら使っているのか分からない」に応えてくれるサービスというわけです。

さて、Tinkが本社を置くスウェーデンはフィンテック先進国、キャッシュレス化が他国と比べても進んでいる国家です。以下はスウェーデン国立銀行(The Riksbank)が2018年5月に公表した資料「Payment Patterns in Sweden 2018」における、同国での2014〜2018年の支払い手段の変遷です。

Capture.PNG
Source: Payment Patterns in Sweden

キャッシュでの支払いは下降気味にあり、デビットカードまたスウェーデン独自の電子決済システムSwishの割合が増えています。一方、以下は経済産業省が公表している2015年時点でのキャッシュレス比率の状況です。先進各国における日本の出遅れ感がよくわかるグラフになっています。

cashless.png
平成30年 経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」

日本でもPayPayやLinePayによってキャッシュレス化へ向かおうという動きは始まってますし、2020年開催予定の東京オリンピックへ向けて、外国人が決済しやすいための環境づくりをすることを発表しています

キャッシュレス化がまだまだこれからという状況は、逆に言えばPFMサービスの伸び率が高いマーケットであると考えることもできます。2020年へ向けて日本の支払い方法がどのように変わっていくのか、個人的にも注目しています。

----------[AD]----------