BRIDGE

タグ Fore Coffee

インドネシアのオンデマンドコーヒースタートアップFore Coffee、シリーズAのフォローオンで100万米ドルを追加調達——業容を急拡大へ

SHARE:

オンデマンドで注文を受けるインドネシアのスペシャルティコーヒースタートアップ Fore Coffee は、シリーズ A ラウンドで新たに100万米ドルを調達した。1月からの調達金額はこれで950万米ドルとなった。 今回の調達は、もともと East Ventures がリードし、SMDV(Sinar Mas Digital Ventures)のほか Pavilion Capital、Agaeti V…

Fore Coffee
Image credit: Fore Coffee

オンデマンドで注文を受けるインドネシアのスペシャルティコーヒースタートアップ Fore Coffee は、シリーズ A ラウンドで新たに100万米ドルを調達した。1月からの調達金額はこれで950万米ドルとなった。

今回の調達は、もともと East Ventures がリードし、SMDV(Sinar Mas Digital Ventures)のほか Pavilion Capital、Agaeti Venture Capital その他複数のエンジェル投資家の参加を得て1月にクローズした850万米ドルの案件に続くものだ。

同社によると、その資金調達のおかげでここ2か月の間にジャカルタ圏内の店舗数を19軒から35軒へ倍増させたという。Fore Coffee ではアプリのプロモーションも行っており、これまでに50万ダウンロードを記録した。

同社の設立は2018年8月。設立者の Robin Boe 氏と Elisa Suteja 氏は、オンライン・ツー・オフライン型の e コマースを採用した。インドネシアにおける新たな消費トレンドについてベンチャーキャピタル企業 East Ventures が持つ仮説から誕生した企業で、同国ミレニアル世代に特有の便利で動きの早いライフスタイルを取り入れている。

East Ventures のマネージングパートナー Willson Cuaca 氏は次のように話している。

データがカスタマイゼーションをもたらし、今度はそれが消費者向けにつくられた新たな体験をもたらします。インドネシア用に最適化されたデジタルインフラとあいまって、消費者向けの製品提供とタッチポイントは、とても堅固な環境の中で発展していけるのです。

Fore Coffee ではアプリ上で注文プロセスを生成し、それを OVO や Go-Pay といった既存の決済プラットフォームと連携している。同社によると、このサービスを使えばコーヒーを手にする時間を短縮できるほか、費用も抑えられる。それによりコーヒーを低価格、短時間で味わいたいというニーズに応えられる。

共同設立者兼 CEO の Robin Boe 氏は次のように話している。

Fore Coffee があれば不便さは完全に解消され、消費者は別の生産的なことができます。そして、コーヒーを片手に大事な作業を続けることができるのです。」

Fore Coffee では毎月、6.5トンのコーヒーを継続的に購入していることから、コーヒー農家の生計維持に役立っている点も強調している。この数量は毎年、同国において600人の農家により栽培されている137ヘクタールのコーヒープランテーション農地にほぼ相当するという。

プラットフォームでは現在、1日あたり1万杯のコーヒーを提供しており、その85%はアプリからの注文で消費者に届けられている。2018年12月第2週のモバイルアプリローンチ以降、同社が提供する月間のコーヒー量は1.9万杯から今では30万杯へと増加した。

従業員数は90人から200人へと増加した。うち半数がバリスタである。同社が次に目指すのは、2019年6月までに業容を拡大して拠点を100店舗にすることである。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのオンデマンドコーヒースタートアップFore Coffee、East Venturesらから850万米ドルを調達

SHARE:

インドネシアを拠点とする、オンデマンドスペシャルティコーヒースタートアップの Fore Coffee は、East Ventures から新たな資金調達を行なったと発表した。この出資には、SMDV、Pavilion Capital、Agaeti Venture Capital、Insignia Venture Partners と、複数名のエンジェル投資家が参加した。 同社は調達した資金を使って、…

Image credit: Fore Coffee

インドネシアを拠点とする、オンデマンドスペシャルティコーヒースタートアップの Fore Coffee は、East Ventures から新たな資金調達を行なったと発表した。この出資には、SMDV、Pavilion Capital、Agaeti Venture Capital、Insignia Venture Partners と、複数名のエンジェル投資家が参加した。

同社は調達した資金を使って、高品質でシームレスな O2O 顧客体験を提供すべく、イノベーションを加速するという。これにより、検索しやすさ、サービスのスピード向上、求めやすい価格のコーヒーなどを行う。さらに、新製品を開発するため、ハイテクマシンの導入にも投資する。

今日、インドネシアはコーヒーのプランテーション面積で、ブラジルに続き世界2位の規模を誇る。しかし生産性指数で見てみると、インドネシアは1ヘクタールあたり520kg と、ベトナムの1ヘクタールあたり2,445Kg よりも低い値で、インドネシアは「The Bean Belt」と呼ばれるコーヒー輸出国の中で4位にとどまっている。

Fore Coffee は、インドネシアがコーヒー生産でさらに成長できるとの信念のもと生まれた。Robin Boe 氏、Jhoni Kusno 氏、Elisa Suteja 氏らが創業した Fore Coffee は、インドネシアのスペシャルティコーヒー、とりわけ、アラビカ豆に活力を与えることを目指す。

Image credit: Fore Coffee

アラビカ豆だけを使うことに決めたのは、認証を得た有機農場とフェアトレードにより、地元農家により高い収入がもたらされるからだ。新鮮さを保つため地元で焙煎し、消費者が求める時に訓練を受けたバリスタがコーヒーを入れ届ける。決済の追跡、ローヤルティプログラム、配送プラットフォームには自前のアプリと既存技術を組み合わせた。(Fore Coffee CEO Robin Boe 氏)

Fore Coffee は、2年前のインドネシアなら存在しえなかった新種の中小企業だ。しかし「今日のデジタル経済のコンテキストにおいて、インドネシアのコーヒー産業のバリューチェーンを、どうすれば改善できるか」という問いに、今日のインドネシアの成熟したデジタルエコシステムは、答えを出す子ことを可能にしたのだ。(East Ventures のマネージングパートナー Willson Cuaca 氏)

Fore Coffee の O2O 戦略は、モバイルアプリなどのテクノロジーと小売店舗を融合する。Fore Coffee のある店舗は24時間営業しており、同社はドライブスルー設備を備えた最初のコーヒーチェーンだとしている。現在、ジャカルタの主要ショッピングモールで16店舗を展開している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------