タグ Foursquare

日本は2億4000万チェックインーービッグデータが変えるFoursquareの「新展開」とプラットフォーム戦略 #bdash

SHARE:

本稿は、B Dash Camp 2013 in 福岡の取材の一部だ。 2009年にSxSWでデビューしたFoursquare。チェックイン、メイヤー、バッジといった要素は「ゲーミフィケーション」というワードと共に世界的なヒットを生み出した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 一方で、4年…

20130423-151508.jpg

本稿は、B Dash Camp 2013 in 福岡の取材の一部だ。

2009年にSxSWでデビューしたFoursquare。チェックイン、メイヤー、バッジといった要素は「ゲーミフィケーション」というワードと共に世界的なヒットを生み出した。

一方で、4年間というチェックインデータの蓄積を背景に、新たな展開を見せようとしている。「予測検索」の世界だ。

4月22日から開催されているB Dash Camp の壇上でFoursquareのBusinessDevelopmentを統括するHolger Luedorf氏が語ってくれた国内の数字と新展開についてまとめた。

ビッグデータを背景にしたFoursquareの新展開「予測検索」

これは福岡に着いたところのアプリ画面、みんながみえるのでランチに行こう、とか楽しい。時間がお昼に近いということでレストランのレコメンデーションが出てくる。

20130423-151516.jpg

家からの距離が遠いと出張か旅行などと予想して観光スポットなどを提示する。グランドハイアットにチェックインしたので過去のデータから分析してよく行く傾向のあるスターバックスを提案してくれる。

現在のアプリはサーチが一番簡単に使えるようにしている。クエリーで検索ボックスに行きたいところを入れるという以外にも、こんなところに行きたいのでは?という情報を出してくれる。友人がチェックインすればするほど、レコメンドの精度が上がるようになっている。

日本ではこれまでに2億4000万のチェックインが発生

現在は35億チェックイン、ユーザー数としては3000万人、行った場所のスポット情報が5000万になっている。

20130423-151536.jpg

20130423-151529.jpg

日本の数値としては2億4000万チェックイン、スポット情報としては160万カ所という数字になっている。チェックイントップの場所は新宿駅など駅が多い。コンテンツプロバイダはロケーション情報にTipsやイベント情報などのアップデートなどを入れてくれる

世界的に伸びているのはトルコ、ブラジル、ロシアが成長しています。アジアでは日本やタイ、インドネシアなどが好調ですね。

ビッグデータの可視化で分かる人の動き

ニューヨークと東京の一日、24時間のチェックインのデータを通じて街の様子が分かる。昼は食事している色、夜になるとバーなどに行くことで色が変わる。(動画を参照)

 

活用が伸びているジオ・プラットフォームとしてのFoursquare

現在プラットフォームとしての活動を続けており、これらのアプリを使うことで実はFoursquareを使っていることになっている。Instagramなどはジオタグを使っている。1日、7500万のAPIコールが発生している。1億人のアクティブユーザーを抱えている。

20130423-151542.jpg

4万社がこのAPIを使っている。リアルワールドのゲームやメッセージ、ナビゲーション、そういう会社が使っている。こうやって使われている利用状況としてはまだFoursquareのアプリが多いが、今年の終わりにはサードパーティーと1対1の割合になるではないだろうか。

今後は広告への活用も考えている。ターゲティングできるので、小さい子供を持つ親が公園にチェックインした、という情報を広告に使いたいという会社も多いはず。

20130423-151523.jpg

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

位置情報サービス「Yotomo」、インドネシアの現地企業とタイアップしてリアルなチェックイン特典を提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 2011年4月に設立したYotomoは位置情報に基づいたソーシャルネットワークで、Foursquare、Bouncity、Koprolなどと同じようなサービスを提供している。クローンではあるがローカライズされた特徴を備えて、Yotomoチームは「ローカル事情のイノベーション」があると話す。Yotomoの共同設立者兼CEOのWahyudi氏は、インドネシアにお…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

2011年4月に設立したYotomoは位置情報に基づいたソーシャルネットワークで、Foursquare、BouncityKoprolなどと同じようなサービスを提供している。クローンではあるがローカライズされた特徴を備えて、Yotomoチームは「ローカル事情のイノベーション」があると話す。Yotomoの共同設立者兼CEOのWahyudi氏は、インドネシアにおけるFoursquare人気を十分把握している。メイヤーになるため、また特定のバッジを獲得するためにバッジを追い求め、何回もチェックインする人も多い。私自身も数年前にそのバッジを追い求めていた1人だ。だが私にとっては、バッジを集めてもそれを他のFoursquareファンに見せびらかす以外何の得にもならないので少し物足りない。

Wahyudiはチェックイン好きのインドネシア人が恩恵を受ける時がきたと語る。YotomoはFoursquareの位置APIを利用し、ユーザがFoursquareのバッジやポイントを獲得できるようにしている。Yotomoが他の位置情報サービスと違うのは、インドネシアで独自のキャンペーンを行い、さらに特典を提供することである。アメリカの利用者が実際に何かの特典を得ることができるのは、Foursquareが現地の企業とタイアップしているからだ。

Yotomoはインドネシアでも同じことを実現するビジョンを持っている。つまり、インドネシアのチェックインユーザに実際に特典を提供するのだ。今のところ、毎月18,000回チェックインをするアクティブ ユーザが8,500人いる。数字は小さいが、ユーザの活用度は高い。わずかな数字にも関わらず、Yotomoはここ1年でSamsung、XL、Puma、Indosatなどのブランドとタイアップすることに成功した。Wahyudiは、PumaがYotomoを通じて行った最近のキャンペーンで、ツイッターで520万インプレッションを獲得したことを明らかにした。同キャンペーンでは、ユーザはPumaストアですべての商品に対し「1つ買うともう1つ無料でもらえる」というクーポン券を最大50枚まで獲得することができた。Samsung Sea Gamesキャンペーンでも、3人がSamsung Galaxy S2を無料で手にした。

チェックイン事業には競争があるが、Yotomoがユーザのチェックインに対しリアルの特典を与えることで価値を提供している点がいいと思う。ブランドも大満足だ。(ウェブサイトへのアクセスと比べ)チェックインサービスを使えば実際にお店に来る人が増えるからだ。Yotomoはシンガポールの匿名エンジェル投資家3人から資金を受け、現在はブランドや代理店と提携して運営されている。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

将来をeコマースとの連動にかける、中国のLBS(位置情報サービス)

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 昨年3月に、テキサス州オースチンの SXSW (South by Southwest) で Foursquare が華々しいデビューを飾ってから、同様のサービスがアメリカや中国で多数登場した。機能はどれも似たりよったりで、チェックインすることで自分の居場所を知らせるといったものだ。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BR…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

昨年3月に、テキサス州オースチンの SXSW (South by Southwest) で Foursquare が華々しいデビューを飾ってから、同様のサービスがアメリカや中国で多数登場した。機能はどれも似たりよったりで、チェックインすることで自分の居場所を知らせるといったものだ。

Facebookが、自分が「どんな人物か」、Twitterが自分の「おしゃべりの内容」を知らせるものであるとすれば、 FoursquareのようなLBS(位置情報サービス)は、自分の「居場所」を知らせるツールである。

50から15へ

FoursquareがSXSWでデビューしてから2年、一度は盛り上がったLBSのマーケットは、現在アメリカと中国の両方で落ち着きを見せ始めている。Gowalla はFacebookに買収され、来年中(2012年中)でサービス終了を予定している。Whrr はこの4月にGrouponに買収されている。中国でも、Digu(嘀咕)が収益化の道筋を立てることができず、2カ月前に70%の人員を削減している。北京の市場調査会社 Analysys International(易観国際)によれば、 Digu は中国のLBS市場で20.8%のシェアを占めている。昨年中国には50のLBSサービスがあったが、今年度も残っているのはたった15である。

Diguの 共同創設者 Huang Xiaotao(黄曉韜) はかつて、「中国のLBSは、まだマーケットとユーザを開拓しなければならない段階であり、確固たるビジネスモデルを探すのには早すぎる」と述べていた。彼の発言は、中国の主要LBSサービスプロバイダの戦略の変化を表している。

LBS と eコマース

代表的なLBSサービスの一つである Jiepang(街旁) は、地元商店を利用する顧客向けのクーポンや割引を提供するアプリの最新版を発表したばかりだ。LBSに詳しいアーリーアダプター(初期導入者)の関心を引き付けるだけでなく、スマートフォンユーザ全般の興味を惹くことを目的としている。一般ユーザは、LBSそのものへの興味はないだろうが、クーポンと割引となると別は話だ。Shanda(盛大) の Qieke(切客)Kaikai(開 も、ユーザへの特典を提供している。QiekeのCEO、Liang Zhen (宋錚)は、「長期に渡る試行錯誤の結果、LBSとeコマースの組み合わせこそが理想的なビジネスモデルであると確信するに至った。」と語っている。Lianは何千万人民元もの利益が、彼が言うところの LBS+O2Oミックスから得られると予測している。

業界の専門家は、中国には

LBS+ソーシャル
LBS+ゲーム
LBS+eコマース

の3タイプのLBSの組み合わせが見られると述べている。

最初の2タイプは、はっきりとした収益モデルが描けずに苦戦しており、LBS+eコマースを選択すべきだと言える。Qiekeは先日、最初の2タイプへの投資を減らし、O2O(オンライン・トゥー・オフライン)を開拓するための資金を増やすと発表した。

今年度の第3四半期時点で、中国のLBSユーザは1,830万人で、第2四半期から1,050万人増となっている。 AnalysysInternational は第4四半期の終わりには、3,000万人となると予想している。共同購入というアイデアが熱を帯びるにつれ、消費者はオンラインで購入しオフラインで消費するという考え方にも慣れていくだろう。機は熟したということもできる。

大企業の観点

LBSサービスがeコマースに参戦する場合、Dianping(大衆点評)のような国内の大手企業は手強い競争相手となる。中国版 Yelp である Dianping は、自らを“Yelp + Groupon + Foursquare”の理想的なコンビネーションだと主張してきた。

これは、ウォールストリート向けの話に聞こえるかもしれないが、いかなるLBSもDianpingの動向と決意を無視することはできない。2003年の創設以降、Dianpingは中国の2,000以上の都市に広がった100万以上の現地業者と関連を持っている。このサイトの評価額は10億米ドルとなっており、最近1億米ドルを調達した。マーケティングやモバイルビジネス(チェックインなど)への投資を行い、他企業の買収も視野に入れている。

大企業を除いたO2O(特にクーポンサービス)へ参戦する業者には、一定のチャレンジが待ち受けているだろう。

しかし、 ForsquareのCEOであるDennis Crowleyは今年8月のインタビューで、「継続的に利益追求の模索し続けてきたが、地元業者に対して当初無料で提供していたキャンペーンサービスやリアルタイム分析ツールを有料化したことで収支がとんとんになる日も近い」と述べている。中国のLBSサービスも、ユーザと地元業者の双方に価値提供できることを示唆しているのではないだろうか。Facebook PlacesがFoursquareに敗北したことは記憶に新しい。

【via PennOlson】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

Foursquareが東京のユーザー向けに地域限定のサクラバッジを提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Foursquare はアジアの”メイヤー”になるつもりのようだ。シンガポールのユーザー向けに、特別なライオンシティバッジを送り出した後、Foursquare は2012年1月に、東京のユーザー向けにサクラバッジをローンチした。 サクラバッジを手に入れるためには、リストアップされた Foursquare 上での東京の64スポットのうち…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Foursquare はアジアの”メイヤー”になるつもりのようだ。シンガポールのユーザー向けに、特別なライオンシティバッジを送り出した後、Foursquare は2012年1月に、東京のユーザー向けにサクラバッジをローンチした。

サクラバッジを手に入れるためには、リストアップされた Foursquare 上での東京の64スポットのうち、5つにチェックインすれば済む。

Foursquare は東京において驚くほどの進展がいくつかあった。昨年のデータによると、渋谷と新宿は、世界で最もチェックインされた駅としてそれぞれ2位と3位にランクインした。

Foursquare の狙いが、より多くのローカライズされたバッジとともにアジアのユーザーと関係を築くことだとしたら、次の動きは Oliver Woods のデータによると位置情報ベースのネットワークが人気のタイとインドネシアであるだろう。

中国はどうだろうか? Jiepang(街旁)が中国ユーザーを独占し続けているため、今のところFoursquare は中国を考えなくても良い。その競合であるDiguは多くのスタッフの解雇を行い、最近その方向性を変更した。私達がそのニュースを報道したとき、Digu(嘀咕)の共同創業者兼ジェネラルマネージャーのJohn Huang(黄曉韜)は、最も優先する事項はユーザーを集める事であると考えており、位置情報サービスモデルに乗り出すにはまだ早いと説明した。現在Diguは写真共有サービスにシフトしており、これについてはウェブサイトでより詳細な情報を得ることができる。

【via PennOlson】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録