THE BRIDGE

タグ freelance

“自由な働き方”は定着するかーーデジタルハリウッドとランサーズがフリーランス支援のため協業

SHARE:

以前、クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」と日本マイクロソフトによる、登録者のスキルの可視化についての取り組みを紹介した。クラウドソーシングサービスを発展させていくために、自己申告しかできていなかった登録者のスキルを、なんらかの形で評価し、可視化することは重要なことだ。 今回、クラウドソーシングサービスを提供するランサーズは、IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成を行うデジタルハリウッ…

デジタルハリウッド

以前、クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」と日本マイクロソフトによる、登録者のスキルの可視化についての取り組みを紹介した。クラウドソーシングサービスを発展させていくために、自己申告しかできていなかった登録者のスキルを、なんらかの形で評価し、可視化することは重要なことだ。

今回、クラウドソーシングサービスを提供するランサーズは、IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成を行うデジタルハリウッドと、フリーランサー支援を目的とした協業することを7月18日に発表した

今回の協業では、「特定の業務において十分に通用する水準のスキルが習得できる教育コンテンツ」と「登録者のスキルを可視化する認定制度」、「ウェブ製作を発注する担当者向けのノウハウが習得できる教育コンテンツ」「フリーランサーのコミュニティ形成」「学習支援制度の導入」の5つのサービスを提供する。

ランサーズは、今回のリリースに合わせて、2013年10月にフリーランサーの多面的な支援を目的とした「クラウドソーシング・コンソーシアム」を発足する予定であることも発表している。

一方、クラウドワークスも先日、業界初となるフリーランス向け福利厚生サービス「フリーランス ライフサポート」の無料提供を開始したばかり。

フリーランス ライフサポート

筆者も一人のフリーランサーとして働いていて感じることだが、フリーランスで働くといくつか懸念される点が出てくる。教育を受ける機会の減少、仕事について相談できるコミュニティがないこと、福利厚生などだ。こういった課題が、正規雇用で会社に勤めている人々と同程度まで改善されねばならない、とまでは言わないが、現状よりも改善されることは、フリーランスという働き方が、多くの人にとって働き方のひとつの選択肢となっていくことは困難だろう。

クラウドワークス、ランサーズ、両クラウドソーシングサービスの競争により、その利用者であるフリーランスの労働環境が徐々に改善されつつある。より多くの人がこの働き方を選ぶ際のハードルが下がっていくことで、この領域は今後さらに盛り上がっていくのではないだろうか。

「働き方」について、さらに記事を読んでみたい方は、こちらの記事たちもぜひ読んでほしい。

----------[AD]----------

経営者がフリーランスで雇うべき10の職種

SHARE:

Kjetil Olsen氏はElance Europeのバイスプレジデントである。Twitterで彼のフォローは@Kjetil_J_Olsenへ。 ビジネスにおける雇用にかかるコストを上手く管理に興味があるだろうか?あなたの会社でフリーランスとして、雇うことのできる10人をここで紹介しよう。 自分のビジネスを始めることは困難なことだ。やらなければいけないことがたくさんある。しかし、それは全て自分で…

Hire-online-freelancersKjetil Olsen氏はElance Europeのバイスプレジデントである。Twitterで彼のフォローは@Kjetil_J_Olsenへ。


ビジネスにおける雇用にかかるコストを上手く管理に興味があるだろうか?あなたの会社でフリーランスとして、雇うことのできる10人をここで紹介しよう。

自分のビジネスを始めることは困難なことだ。やらなければいけないことがたくさんある。しかし、それは全て自分でやらなければならないとか、やるべきであるということではない。従業員の給料や福利厚生を決めるにはとてもお金がかかる。ろくに働かない従業員を雇う余裕がスタートアップのどこにあるだろう?

現場で人を雇う必要が本当にあるのだろうか、と問いかけてみるのもよいだろう。フリーランサーに数多くの業種を委託することができる。こうした仕事には経理や制作、ウェブサイトデザイン、マーケティングや渉外などが含まれる。

今やオンラインで管理スタッフを「仮想」的に雇用することさえ可能だ。インターネットで仕事を1人あるいは複数の人々に割り振ることができ、そうした場合でもちゃんと専門家たちに仕事を片付けてもらい、多くの費用と時間を節約することができる。

Elanceのようなオンライン求人プラットフォームは雇用者・求職者の双方に対して求人という概念を変革し、雇用に関する意思決定の効率を非常に高めている。以下がElanceで容易に雇用できる人々だ。

1. コンテンツライター

オンラインビジネスを経営している、もしくはする予定があるなら、必要なことすべてを実施するには時間が足りない、と既にわかっているだろう。やるべきことには尽きることのない、これには新鮮なコンテンツへの要求も含まれる。ライティングはどの業界にいようとも多くの場面で登場する。サイトやブログにはコンテンツがあるし、マーケティングやプレスの材料も書く必要がある。

もっと言えば、製品の説明ですら推敲が必要だ。ライティングがあなたの隠れた才能でない限り、時間を節約してプロの品質を保つためにも、オンラインでライターを雇うことを検討してみよう。あなたがライターであったとしても、標準的なコンテンツの一部を外部委託した方がよっぽど時間の節約になるとわかってもらえるだろう。

2. マーケットリサーチャー

ご存知のとおり、情報は重要なものだ。地元や世界市場の情勢、市場動向、製品やサービスに対する地域での顧客満足度、ライバル企業がどのように活動をしているのか――市場調査によって、これらに対する理解が進み、それに基づいて行動できる。

マーケットリサーチャーがいれば、顧客がどこの誰で、彼らのニーズを満たす方法とはどのようなものかといったビジネス環境をより理解できるようになる。

3. モバイルアプリ開発者

昨今はどんな企業にもモバイルアプリがある、というのはもはや昔の話だ。おそらく顧客にモバイルからウェブサイトへアクセスしてほしい、あるいは、モバイルアプリを販売して新たな収入の流れを作りたいと考えているのだろう。

いずれにせよ、携帯電話でインターネット、メール、インスタントメッセージを使用する人の数が年々上昇していることを考慮すれば、賢いやり方といえる。アプリで絶好の機会を手にし、ボトムラインを高めることができる。

4. バーチャルアシスタント

アシスタントを置くのは早いほどいい。助けが必要という時にだけ、委託業務を請け負う人をオンラインで見つけることができる。料金は時間やプロジェクトにより異なるから、予算に合う人を見つけるのもありだろう。

5. ウェブサイト開発者

最近、見た目が良くて機能性の高いウェブサイトがこれまで以上に求められている。ビジネスのニーズに応じて、簡単なWordPressブログや洗練されたeコマースサイトの運営を手伝ってくれる人を雇えばいい。

6. ソーシャルメディアマーケッター

ブランド認知度の向上、顧客獲得・維持、アイデア交換といった、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアネットワークの持つ力を無視できる人はいない。あなたがビジネス経営者であればなおさらだ。

問題は、こうしたネットワークには専用の戦略が必要である、ということだ。友達やフォロワーを追加するだけでは、ビジネスを売り出すのに十分とはいえない。ソーシャルメディアの専門家がいれば、こうしたツールを効率的に活用することができる。これにより会社は自社の意見を広め、顧客は言わんとすることに耳を傾けてくれるだろう。

7. グラフィックデザイナー

ビジネスに必須なものといえば、ロゴ、ウェブサイト、名刺、あるいは印刷広告やWeb広告などの「ブランド」だ。だから、会社のビジョンを現実のものにできるグラフィックデザイナーを見つけないといけない。

8. リードジェネレーションの専門家

ビジネスの世界を回しているのは顧客だ。経験豊かな優れたスキルを持ったリードジェネレーションの専門家は顧客を見つける手助けをしてくれる。リードジェネレーションのテクニックにはアフィリエイトの獲得、ウェブサイトへのトラフィックの誘導、興味を示した見込み客からの情報収集、業界の意思決定のキーパーソンに関する調査などがある。

新たの見込み客にどのようにアプローチすべきか?リードジェネレーションの専門家は販売やマーケティングのプロで業界における最も効果的で費用対効果の高いリードジェネレーション手法を見つけ出してくれる。

9. 弁護士

あなたが初めて起業しようがベテランの経営者であろうが、法的なアドバイスの提供や法的問題を処理する弁護士が必要になる可能性が高い。プロの見る重要な書類(サービス契約、販売契約など)の作成を手伝ってくれる。だから、大企業だろうと中小企業だろうと、良い弁護士との継続的な関係を持つことが大事なのだ。

10. SEO専門家

昔の格言に、「作れば人が来る」というのがあるが、ここでは当てはまらない。検索エンジンにおけるランキングの位置は、ウェブサイトを持つ人全員にとって非常に重要である。作ったところでサイトを見つけてもらえなければ誰も来ないのだから。

検索エンジン最適化(SEO)の専門家によって、自分のサイトをランキングの高位置につけることができる。アルゴリズムは常に変化し、技術も当然に進化する――ウェブフィールドにいる限り、このスキルを身に付ける必要がありそうだ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------