BRIDGE

タグ Frembassy

植物由来食品マーケットプレイス「Vegewel Marché(ベジウェルマルシェ)」運営のフレンバシー、KVPからシード資金を調達

SHARE:

植物由来食品のマーケットプレイス「Vegewel Marché(ベジウェルマルシェ)」を運営するフレンバシーは2日、シードラウンドで KVP から資金調達したことを明らかにした。調達金額は明らかにされていないが、関係者によれば数千万円とみられる。同社では調達した金額を使って、マーケター、エンジニア、デザイナーの採用を強化するほか、インターンの募集を始める。 フレンバシーは2015年2月、三井住友銀…

右から:代表取締役 播太樹氏、Vegewel プロデューサー 千葉芽弓氏、取締役 CTO 高見沢徳明氏
Image credit: Fremassy

植物由来食品のマーケットプレイス「Vegewel Marché(ベジウェルマルシェ)」を運営するフレンバシーは2日、シードラウンドで KVP から資金調達したことを明らかにした。調達金額は明らかにされていないが、関係者によれば数千万円とみられる。同社では調達した金額を使って、マーケター、エンジニア、デザイナーの採用を強化するほか、インターンの募集を始める。

フレンバシーは2015年2月、三井住友銀行出身の播太樹氏(現、代表取締役)らにより創業。食の制限に特化したレストランガイド「Vegewel」とメディア「Vegewel Style」を運営している。昨年9月、植物由来の食材に特化した食品マーケットプレイス Vegewel Marché を開設し、最初の商品として無化調の米粉カップ麺「Vegewel RICE NOODLES」を発売した際の経緯は既報の通りだ

フレンバシーでは今年に入り、Vegewel Marché の中に、複数の植物由来食品の詰め合わせからなる月替わりのサブスクメニューを導入。これが当たり、2020年5月までの4ヶ月間で購入者数および売上共に、以前の3倍にまで成長を見せた。フレンバシーでは、アメリカの Beyond Meat や日本の DAIZ などが牽引する代替肉ブームも植物由来食品に追い風になっているという。

プラントベース月替りBOX
Image credit: Frembassy

食品の D2C サブスクが増える中、今回、KVP が単独出資を決めた理由として、KVP 代表取締役社長でパートナーの長野泰和氏は BRIDGE に寄せた声明の中で次のようにコメントしている。

経営チームの人柄とサービスの観点から出資を決定しました。経営者のヴィーガン業界に対する知見が深く、また性格面では謙虚で愚直に努力できる印象を受けました。今後、業界の変化があったとしてもやり切れると思っていて、誠実なコミュニケーションが取れるのが人柄に惚れた理由です。

サービス面はヴィーガン向けのECサイトをメインで運営していながら、メディアを運用しておりヴィーガンまわりのSEOで1位を取れていて第一想起に成功している点、定期便を4月から開始して、4月、5月と売上を着実に積み上げている点が素晴らしいと考えています。

人気商品の自社開発を行っていて、今後の商品の拡大のさせ方や競合優位性の作り方など今後の戦略面でも大きく期待ができると感じています。

----------[AD]----------

フードテックのフレンバシー、ビーガン米粉カップ麺「Vegewel RICE NOODLES」を発売——無化調、アレルギーフリー食材で健康志向に訴求

SHARE:

フードテックスタートアップのフレンバシーは19日、同社のビーガンブランドの商品ラインアップで初となる、ビーガン米粉カップ麺「Vegewel RICE NOODLES」を発売した。同社のウェブサイトから購入できる。価格は1個590円(税別)。 フレンバシーは、「食のバリアフリー化」をビジョンに掲げ、ベジタリアン・アレルギー・グルテンフリーなど食の制限を持つ人が、食事に困らないような環境づくりを行うス…

「Vegewel RICE NOODLES」
Image credit: Frembassy

フードテックスタートアップのフレンバシーは19日、同社のビーガンブランドの商品ラインアップで初となる、ビーガン米粉カップ麺「Vegewel RICE NOODLES」を発売した。同社のウェブサイトから購入できる。価格は1個590円(税別)。

フレンバシーは、「食のバリアフリー化」をビジョンに掲げ、ベジタリアン・アレルギー・グルテンフリーなど食の制限を持つ人が、食事に困らないような環境づくりを行うスタートアップ。2015年の創業以来、食の制限に特化したレストランガイド「Vegewel」とメディア「Vegewel Style」を運営している。

同社が今回発売した RICE NOODLES は動物性食材が使われておらず、湯を入れるだけで、植物由来の食材だけで作られた麺・スープ・具財が食べられるのが特徴。麺にはあきたこまち由来の米粉、やくみにはヤーコン、ブロッコリー、大根、人参などの国産野菜が使われ、1食で1日必要量の3分の1の野菜が摂取可能。ヤーコンにはフラクトオリゴ糖が多く含まれ、腸内環境の改善にも効果が期待できる。

Vegewel RICE NOODLES のかやく
Image credit: Masaru Ikeda

スープには一部みりん粕が使われているためハラールではないのだが、動物性食材を排除して旨味を出すために、スープ作りには苦労したという。スープには、天正元年(1573年)創業の室次醤油の天然醸造醤油(アルコール無添加)、創業240年を迎える九重美淋のみりん粕、九州さんの原木椎茸、淡路島産の玉ねぎなど、産地と天然由来にこだわった食材がふんだんに使われている。

そのままでも美味しく食べられるが、豆乳やラー油の入ったスープを足した担々麺風などアレンジしたメニュー例も豊富に提案している。フレンバシーでは今後、メニュー例としても、また、商品としてもバリエーションを増やしていく計画だ。現在は自社サイトからのみの販売だが、商品のブランドイメージに合う EC サイト、自然食品系のコンビニやスーパーにも販路拡大を検討。台湾にも進出する計画があるそうだ。

RICE NOODLES は食材にこだわった分、製造原価が高いため価格もやや高いものとなっているが、健康志向の30代を中心に商品の特徴を訴求していきたい考え。フードテック分野で先行する BASEFOOD PASTA や、日清食品の All-in シリーズなどを見るかぎり、この種のカテゴリの商品としては受け入れられそうな価格と言えるだろう。

Vegewel RICE NOODLES のアレンジ調理例
Image credit: Frembassy
----------[AD]----------