BRIDGE

タグ ftuan

ウェブペイを手がけた久保氏、次の挑戦は「無人コンビニ」?決済機能付きスマート冷蔵庫をfacebookに投稿

SHARE:

昨日facbookに投稿された一つの動画が話題になっている。 投稿したのは久保渓氏。2015年2月にモバイル送金・決済のプラットフォーム「WebPay」を展開するウェブペイ・ホールディングスをLINEに売却した連続起業家だ。その後、LINE Payへの事業移行が進み、WebPayそのものの事業は2016年10月に終了を発表。久保氏も2017年5月末の完全なる移行を機会にLINEグループを離れ、新し…

600_001

昨日facbookに投稿された一つの動画が話題になっている。

投稿したのは久保渓氏。2015年2月にモバイル送金・決済のプラットフォーム「WebPay」を展開するウェブペイ・ホールディングスをLINEに売却した連続起業家だ。その後、LINE Payへの事業移行が進み、WebPayそのものの事業は2016年10月に終了を発表。久保氏も2017年5月末の完全なる移行を機会にLINEグループを離れ、新しい活動の準備をしていたようだ。ただ現在は今年6月に設立し、久保氏が代表に就任した600株式会社という情報がfacebookのタイムラインにある以外、表立った活動は特に聞こえてこなかった。

彼が昨日投稿した内容は友人設定されているので、許可をもらった上でスクリーンショットをいくつか掲載させてもらう。

600_002
スマート冷蔵庫についてる端末にクレジットカードをスワイプして解錠
600_007
中から好きな商品を取り出して端末で承認するとクレジットカードに課金される
600_004
食料品や軽食、飲料などコンビニにあるような商品が並ぶ
600_006
冷蔵庫なので意外だったが日用品も揃えるようだ(メーカーは交渉前ということで見なかったことに)

冷蔵庫タイプの据え置き型コンビニは米「Pantry」が思い出される。病院や学校などの施設に設置されたスマート冷蔵庫にクレジットカードをスワイプして解錠。スナックやパンなどの軽食を取り出すと商品についているRFIDタグでなくなったものを認識し、そのクレジットカードに課金する、というタイプのサービスだ。

久保氏もfacebookのタイムライン上でRFIDの活用をコメントしているので、おそらく同様の手法でまずは考えているのだろう。チャットで久保氏にその辺り確認したが、現時点で知り合いのオフィスに数カ所設置するなどテストを進めている状況で、詳細について開示できるようになるのは年明けあたりらしい。

彼のコメントで興味深かったのは商圏メッシュの変化だ。例えば今、私たちのオフィスがある渋谷の特定エリアでは数百メートル範囲でコンビニが乱立している。各社のドミナントが重なって激戦区になっているのは理解できるが、歩いて数歩で何件もコンビニがある状況というのはやはり異様に思われる。

一方で閑散としているかというと決してそうではない。であれば、もっと細かいメッシュに対してこういったスマート冷蔵庫タイプを設置するというのはアリな気がしてくる。もともとオフィスグリコのような簡易形式は浸透しているので理解もしやすいし、なにより決済周りについて久保氏はプロフェッショナルだ。

更にこうなってくるとただ単なるスマート冷蔵庫タイプを仕掛けるだけなのか疑問が湧いてくる。

米Amazonが仕掛けるAmazon GOや中国で加速する無人コンビニ「BingoBox」など無人店舗関連のソリューションは最近話題が多い。どれもスマートフォン普及とそれに併せた決済の自由度が上がったことが拡大の背景にあったりする。QRコードによる決済もBASEやPaymoなどが仕掛けているので、ウォレット方向のチャレンジも想像の範囲に入るだろう。

仮想通貨や決済周辺の話題は本当に面白くなってきた。久保氏は国内でもいち早くこの分野を手がけた一人でもあるので、彼が何を考えているのか、プロダクトとなってリリースされる日が楽しみだ。

----------[AD]----------

中国のグルーポンサービス「Gaopeng(高朋)」と「FTuan(F団)」が統合して新会社のGroupNetを設立

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の共同購入サイトのGaopeng(高朋)とFTuan(F団)がビジネス統合をするという発表を受け、その新しい持ち株会社は新しいロゴ(写真右参照)と名前で新ブランドを立ち上げる。GroupNet(中国語名:北京網羅天下生活科技有限公司)は、本質的に2つのプラットフォームの融合で、FTuanとGaopeng両方のトップマネジメントにより運営される。 Tenc…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の共同購入サイトのGaopeng(高朋)とFTuan(F団)がビジネス統合をするという発表を受け、その新しい持ち株会社は新しいロゴ(写真右参照)と名前で新ブランドを立ち上げる。GroupNet(中国語名:北京網羅天下生活科技有限公司)は、本質的に2つのプラットフォームの融合で、FTuanとGaopeng両方のトップマネジメントにより運営される。

Tencent(騰訊)もこの新会社の株を30%保持し、FTuanのCEOであるLin Ning(林寧)氏も運営を監督することになる。GaopengとFTuan両方のウェブサイトとブランドは現状のまま残す予定だ。

[出典: iFeng.com – 中国語記事より]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

公式発表:Grouponの中国事業のGaopeng(高朋)が中国共同購入サイトのFTuan(F団)と合併へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 最近の噂通りのことが今まさに起ころうとしている。中国のGrouponとTencentとの合弁会社であるGaopeng(高朋)が、より強力な競合相手FTuan(F団)と合併することを正式に発表した。 すべては中国インターネット大手Tencent(騰訊)によって進められた。TencentはGaopengの半分を所有しているだけでなく、FTuanの非公開出資者でも…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

最近の噂通りのことが今まさに起ころうとしている。中国のGrouponとTencentとの合弁会社であるGaopeng(高朋)が、より強力な競合相手FTuan(F団)と合併することを正式に発表した。

すべては中国インターネット大手Tencent(騰訊)によって進められた。TencentはGaopengの半分を所有しているだけでなく、FTuanの非公開出資者でもある。合併の金銭的な契約については明らかにされていない。GrouponはGaopengでの立場と同様、新会社の少数株主になる予定である。ただし、どの程度「少数」になるのかはわかっていない。

この合併により、FTuanのCEOであるLin Ning氏が率いる新しい会社が生まれる。しかし、GaopengとFTuanという2つのブランドおよびウェブサイトは今まで通り存続する予定らしい。

本日(原文掲載6月25日)午後の発表で、新会社のCEOであるLin氏は次のように述べている。

「中国の共同購入市場は投資先行型から経営に焦点を当てる流れにシフトしています。この合併によって事業運営のさらなる拡大と、お客様に革新的な商品提供ができると考えています。今回の合併による複数ブランド戦略は、eコマースやモバイルインターネットのライフスタイルにおける、販売者様やお客様の細分化されたニーズを満たすことができるでしょう」。

これは、細分化されコスト高となっている中国の共同購入市場で初となる巨大案件だ。現在、市場を牽引しているのはスタートアップのMeituanである。以前に確認した時、FTuanは8位だった。その間Gaopengはシェアを失い続け、トップ10から陥落してしまったようだ。

最近eコマース部門から離れたTencentの新CEOは次のように述べた。

「この新たな共同体によって、FTuanとGaopeng双方の強みを活かし、中国の共同購入市場のお客様により良いサービスを提供することができるようになります。私たちのユーザーベースの向上に、共同購入は大いに貢献するものだと思っています」。

一方で、GrouponのJason Harinstein氏は次のようにコメントした。

「Grouponにとって今回の合併は、私たちの中国への投資をより強化するという方針の第一歩となります。Tencentは素晴らしいパートナーであり、今後も彼らとのパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。また、FTuanと協力して中国のお客様や販売者の皆様により魅力的なサービスを提供することも心待ちにしています」。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国共同購入大手FTuan(F団)が6000万ドルを調達、Kaixin(開心)との提携を掴む

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 中国の共同購入サイトFTuan(F団)は、同社の取締役 Lin Ning(林寧)氏を通じて、6000万ドルの第3期資金調達を認めた。2000名の従業員を抱えるFTuanであるが、この先2~3年は持続するだけの資金を確保しているとLin氏は話す。また当企業にはもう一期の資金調達が待ち受けている。 FTuan は、我々が昨今ここで取り上げた新取引サイトのKaixi…

【翻訳 by Conyac】【原文】

E356d9ec6ff6ebdc566080fc60968f02

中国の共同購入サイトFTuan(F団)は、同社の取締役 Lin Ning(林寧)氏を通じて、6000万ドルの第3期資金調達を認めた。2000名の従業員を抱えるFTuanであるが、この先2~3年は持続するだけの資金を確保しているとLin氏は話す。また当企業にはもう一期の資金調達が待ち受けている。

FTuan は、我々が昨今ここで取り上げた新取引サイトのKaixinTuan(開心団購)の原動力にもなっているようだ。KaixinTuan とのパートナーシップ締結により、FTuan は効果的に KaixinTuan のプラットフォーム(以下図参照)を運営することができ、また、KaixinTuan となんらかの取引を締結するその他多数の共同購入サイトのうちの1つとなったのだ。

Bd96ab040c0f9fbdd5ad9a7b402eada1

更に、FtuanとKaixin(開心)のパートナーシップは、近いうちに「ソーシャル・Eコマース”の様なプラットフォームへと変革を遂げる」(QQTechNews談)といわれている。Kaixinはソーシャルネットワーキングサイトでありゲーミングプラットフォームでもある。よってこの計画は、各社の得意分野をそれぞれ興味深い内容で兼ね合わせていくことができるだろう。この件についてその他の詳細は、今のところはまだ確認されていない。

今年の去る7月、FTuanが第2期資金を調達した際、Tencent(騰訊、HKG:0700)は投資した企業のうちの一社であった。この巨大ウェブポータルが、共同購入サイトにどれほどの金額を投資したのかということについては一切明らかになっていない。Tencentは、グルーポンの中国国内での公式巨大事業パートナーであるが、自身のQQTuanとFTuan投資と合わせることでリスクヘッジしようとしている。

中国での激烈な共同購入サイト分野では、わずか数サイトが頂上に登りつめ、それらが重力をもって小さな取引サイトから多数の顧客を引きずり出していくような、”協力するか消滅するか”といった過酷な状況になっている。

我々が前回、当分野における販売/取引と収益の統計を調査した際、FTuanは、競争社ランキングの上位10位につけていた。

[出典:QQ Tech news(騰訊科技) – 中国語]

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------