THE BRIDGE

タグ gacco

日本版MOOCの「gacco」、ユーザ数10万を突破。デジタルファブリケーションやデータサイエンティスト講座も開講

SHARE:

日本版MOOCを提供している「gacco(ガッコ)」のユーザ数が、1月15日に10万人を突破したと発表した。同サービスは、2014年2月から受講者の募集を開始しているため、1年未満での10万人突破となる。 gaccoでは、オンラインの講座だけではなく学習した内容をもとに、より発展的な学習やワークショップなどを行う「反転学習コース」も一部の講座に対して設けており、教授陣と受講生同士によるコミュニケー…

gacco

日本版MOOCを提供している「gacco(ガッコ)」のユーザ数が、1月15日に10万人を突破したと発表した。同サービスは、2014年2月から受講者の募集を開始しているため、1年未満での10万人突破となる。

gaccoでは、オンラインの講座だけではなく学習した内容をもとに、より発展的な学習やワークショップなどを行う「反転学習コース」も一部の講座に対して設けており、教授陣と受講生同士によるコミュニケーションを図る場を提供している。

これまで32講座が開講されており、のべ受講者登録数は22万人。これまでに終了した13講座の平均受講者数は約1万人だという。最近の講座として、大阪大学石黒浩氏による「人とロボットが共生する未来社会」や、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥氏ら監修のもと、iPS細胞について学べる「よくわかる!iPS細胞」が開講されている。2月には「3Dプリンタとデジタルファブリケーション」と題し、慶応義塾大学教授でFab lab Japan代表の田中浩也氏による講座が始まるなど、学生や社会人のみならずスタートアップにとっても学びの多い講座が行われる予定だ。

3月の講座では、「社会人のためのデータサインス入門」と題し、データサイエンスやデータ分析の基礎的な知識が学べる講座が開講される。内容として、統計データの活用や統計学の基礎、公的データの入手など、オープンデータやビックデータと関連した内容を受講することができる。講師には、『統計学が最強の学問である』の著者である西内啓氏など複数名の講師が登壇する。データを取り扱う領域が増えてきた現代において、データサイエンティストの基礎を学ぶ良い機会かもしれない。

gaccoではさまざま講座を受講することができ、新しい学びの形を追求している。ぜひ、受講してみてはいかがだろうか。

----------[AD]----------