THE BRIDGE

タグ GE

GEが作業現場におけるGoogle Glassとドローン活用のテストを開始

SHARE:

スマートグラスとドローンが併用できるようになれば、かなり新しい体験をもたらしてくれそうだと常々考えていたのだが、このテストを始めたところが現れた。 米GE(ゼネラル・エレクトリック)の発電プラント機器の保守サービス部門が、スマートグラスのGoogle Glassと無人航空機、ドローンのテストを開始する。2014年7月16日にシリコンバレーで行われた「CIOイノベータ・サミット」で、同社CIOのトレ…


drone glass

スマートグラスとドローンが併用できるようになれば、かなり新しい体験をもたらしてくれそうだと常々考えていたのだが、このテストを始めたところが現れた。

GE(ゼネラル・エレクトリック)の発電プラント機器の保守サービス部門が、スマートグラスのGoogle Glassと無人航空機、ドローンのテストを開始する。2014年7月16日にシリコンバレーで行われた「CIOイノベータ・サミット」で、同社CIOのトレー・キースラー氏が明かしたと米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた

GEでは、昨年11月にGoogle Glassを現場の従業員が利用するイメージを公開している。



WSJの記事によれば、GE PGS部門のエンジニアは保守メンテナンスのための見取り図を現場に持ち込むことが難しいため、従来は現場エンジニアにタブレット端末やスマートフォンを貸与していたそうだ。

だが、それでもタブレット端末やスマホを持つために手はふさがってしまっていたが、Google Glassのようなスマートグラスを活用することができれば、片手が塞がることもなく、業務効率が改善すると考えられる。

今回、テストを開始すると発表されたドローンは、現場で熱損失が起きている場所を特定する温度分布地図の作成を行うために活用されるという。

----------[AD]----------

GEが米VCと共同でIoT分野のスタートアップを支援するVCを新設

SHARE:

GEがIoT分野のスタートアップを支援するベンチャーキャピタルを設立 – DMM make × THE BRIDGE 米GE(ゼネラル・エレクトリック)が米VCのフロスト・データ・キャピタルと組んで新たにIoT分野のスタートアップを支援するVCを設立しました。 GEはデジタルファブリケーションやIoT方面を始め、新しいモノづくりの技術や手法への動きが早い印象です。今回新設されるVCから…

Some-rights-reserved-by-Chuck-Miller
Some-rights-reserved-by-Chuck-Miller

米GE(ゼネラル・エレクトリック)が米VCのフロスト・データ・キャピタルと組んで新たにIoT分野のスタートアップを支援するVCを設立しました。

GEはデジタルファブリケーションやIoT方面を始め、新しいモノづくりの技術や手法への動きが早い印象です。今回新設されるVCからの支援を受けることになるスタートアップは、資金の提供だけではなく、GEに所属する約5000人の研究者や約8000人のソフトウエア技術者のネットワークを活用できるそうなので、かなりのメリットがありそうです。

GEは産業機器とビッグデータが融合した「インダストリアル・インターネット」を推進していて、今回始めるIoT系スタートアップへの支援もその一手といえます。

GEは「インダストリアル・インターネット」の他、「アドバンスト・マニュファクチャリング」、「グローバル・ブレイン」といった概念も提唱しています。これらについては、GEが製造業の新たな姿を描いた「Future of Work」というレポートに載っているので、よければこちらも参考にどうぞ。

(via DMM make × THE BRIDGE

----------[AD]----------

GEがIoT分野のスタートアップを支援するベンチャーキャピタルを設立

SHARE:

米国時間6月25日、米GE(ゼネラル・エレクトリック)は米ベンチャーキャピタル フロスト・データ・キャピタルと組んで新たなVCを設立、IoT分野のスタートアップを支援すると発表した。 新設されるベンチャーキャピタルではGEが注力するIoT分野に支援先を限定している。支援先に選ばれたスタートアップは資金提供のみではなく、GEに所属する約5000人の研究者や約8000人のソフトウエア技術者のネットワー…


Some rights reserved by Chuck Miller
Some rights reserved by Chuck Miller

米国時間6月25日、米GE(ゼネラル・エレクトリック)は米ベンチャーキャピタル フロスト・データ・キャピタルと組んで新たなVCを設立、IoT分野のスタートアップを支援すると発表した

新設されるベンチャーキャピタルではGEが注力するIoT分野に支援先を限定している。支援先に選ばれたスタートアップは資金提供のみではなく、GEに所属する約5000人の研究者や約8000人のソフトウエア技術者のネットワークを活用できるという。

GEは製品にセンサーを取り付けて稼働データを収集し、運用・保守に生かす、産業機器とビッグデータが融合した「インダストリアル・インターネット」を推進している。

----------[AD]----------

米GE、約200億円で3Dプリントを用いた大規模製造工場をインドに設立

SHARE:

3Dプリンティング技術は、想像以上のスピードで製造業界に導入されている。 世界最大のコングロマリット(複合企業)である米GEが本格的な3Dプリンターを用いた製造工場をインドに設立することを海外メディアが報じている。 約2億ドル(約200億円)をかけてインドのマハーラーシュトラ州の西部のチャカンに設立、航空機のジェットエンジンやガスタービンのパーツの生産を3Dプリンターで行う。 GEでは、ジェットエ…


20140515ge

3Dプリンティング技術は、想像以上のスピードで製造業界に導入されている。

世界最大のコングロマリット(複合企業)である米GEが本格的な3Dプリンターを用いた製造工場をインドに設立することを海外メディアが報じている

約2億ドル(約200億円)をかけてインドのマハーラーシュトラ州の西部のチャカンに設立、航空機のジェットエンジンやガスタービンのパーツの生産を3Dプリンターで行う。

GEでは、ジェットエンジンの燃料ノズルやタービン等を3Dプリント生産に段階的に移行していて、すでに自社生産の10%は3Dプリンターを利用。今後は3Dプリンターによる生産比率を50%まで拡大するそうだ。

主に製造するパーツ類はプラスチック部品と金属部品。約2000名の現地採用を行い、このGEの工場は今年の半ばには正式オープンとのこと。

3Dプリンティング技術を導入することで、金型を製造して部品を加工して制作する従来の方法から、材料費から人件費まで時間とコストを大幅に削減できるだろう。



----------[AD]----------