BRIDGE

タグ Gogoro(睿能)

Go-Jek対Grab、APACモビリティー市場覇権争いに「スクーター版テスラ」Gogoroが参戦

SHARE:

ピックアップ:Gogoro brings its on-demand electric scooter rentals to Taiwan ニュースサマリー:台湾を本拠地に置きスマートスクーターを開発するGogoroは5日、同社電動スクーターを利用したオンデマンド型スクーターシェアリングサービス「GoShare」を開始すると発表した。本格的なサービス開始は今年9月を予定し、数年以内のグローバル展開…

Gogoro GoShare-scooter

ピックアップ:Gogoro brings its on-demand electric scooter rentals to Taiwan

ニュースサマリー:台湾を本拠地に置きスマートスクーターを開発するGogoroは5日、同社電動スクーターを利用したオンデマンド型スクーターシェアリングサービス「GoShare」を開始すると発表した。本格的なサービス開始は今年9月を予定し、数年以内のグローバル展開を進める。

同サービスはIntelligent Communitu Forum (ICF)が主催するカンファレンスにて、Smart21 Communities of the Yearにも選出されている台湾・桃園市(Taoyuan)にてローンチ予定。

Gogoroは2011年創業。ガソリンを全く利用せず、スマホアプリと連動する電動スクータを提供するモビリティーテック企業。スマホで燃料確認ができたり、ライダーの乗り方をAIで学習させることで燃費を効率化させるなどの特徴を持つ。

話題のポイント:スクーター版テスラ、との呼び名もある台湾発のスタートアップがGogoroです。リード投資家にはシンガポール政府ファンドTemasekを抱えるなど、グローバル、特に東南アジアにて大きな期待を集めています。近年では、LimeやBirdなど北米における電動スクーター市場も活気を見せつつありますがその実情はどうなのでしょうか。

Capture.JPG
Statista

上図はStatistaが公開した2016年度における電動スクーターの売上高を表したものです。APACが断トツで突き抜けており、それに次いで西ヨーロッパという勢力図となっています。確かにヨーロッパ諸国へ行くと、街中でシェア型電動スクーターを見かけるケースが多くなってきましたが、それはあくまで「ドックレス型」で自転車の延長線上にあるものです。

東南アジア諸国では車より安価な点や移動の楽さなどの観点から、スクーターを「所有」するカルチャーが根付いているため、同地域におけるスクーターは車の延長線上にあります。

<参考記事>

東南アジアでは既にGo-JekやGrabがバイクタクシー分野で台頭していますが、GogoroもGoShareを通して同市場に入り込む余地は大いにありそうです。以前、Lyftの電動自動車オーナーに対する戦略を分析した記事が参考になるかと思われます。

特にGogoroは自社のハードウェア、そしてスマホとの連携で電動スクーター自体がユーザープラットフォームとなっており、ユーザーにパーソナライズされた体験を容易に提供できる位置にいます。Gogoroのシェアリング市場参入によって、東南アジア・APACの勢力図に変化が起こるのか注目です。

----------[AD]----------

台湾発スマートスクーター開発のGogoro(睿能)、住友商事と組んで日本市場に参入——年内にも石垣島でシェアバイク事業の実証実験を開始

先ごろ、台湾発のスマートスクーター開発スタートアップ Gogoro(睿能)が3億米ドルを調達したことをお伝えしたが、同社はその出資者の一つである住友商事と戦略的提携を締結し、年内にも石垣島でシェアバイク事業の実証実験を開始すると発表した。Gogoro にとっては、ベルリン、パリに続く海外進出となる。 Gogoro はこれまでに世界で3万5,000台のスクーターを出荷している。ユーザは Smarts…

先ごろ、台湾発のスマートスクーター開発スタートアップ Gogoro(睿能)が3億米ドルを調達したことをお伝えしたが、同社はその出資者の一つである住友商事と戦略的提携を締結し、年内にも石垣島でシェアバイク事業の実証実験を開始すると発表した。Gogoro にとっては、ベルリン、パリに続く海外進出となる。

Gogoro はこれまでに世界で3万5,000台のスクーターを出荷している。ユーザは Smartscooter を購入し(Gogoro 1 で3,800米ドル、Gogoro 2 で価格は2,200米ドル)、月額およそ25米ドルの使用料をバッテリー交換ステーションを利用するために支払う。日本における詳細な料金体系は未定。

石垣島での事業では、石垣シティホール・きびら湾・伊原間・石垣空港などキースポット数カ所に Gogoro のバッテリーボックス兼充電所『GoStation』が設置され、ユーザは使用済バッテリと充電済バッテリを交換できるようになる予定だ。

----------[AD]----------

台湾発スマートスクーター開発のGogoro(睿能)、シリーズCラウンドでパナソニックや住友商事などから3億米ドルを調達

本日(原文掲載日:9月19日)、都市部の移動手段をより持続可能なものとして再定義したいと考えている Gogoro(睿能)が、事業加速に向け3億米ドルもの資金を調達したと発表した。唐奨の創設者で Ruentex Group(潤泰)の会長である Samuel Yin(尹衍樑)氏や Panasonic などの既存の投資家に加え、Temasek、アル・ゴア氏の Generation Investment …

本日(原文掲載日:9月19日)、都市部の移動手段をより持続可能なものとして再定義したいと考えている Gogoro(睿能)が、事業加速に向け3億米ドルもの資金を調達したと発表した。唐奨の創設者で Ruentex Group(潤泰)の会長である Samuel Yin(尹衍樑)氏や Panasonic などの既存の投資家に加え、Temasek、アル・ゴア氏の Generation Investment Management、住友商事、ENGIE が新たに投資家として加わった。

台湾の台北に本拠地を置く Gogoro は、Gogoro Energy Network と呼ばれるクラウドにより強化されたバッテリー交換ネットワークを開発した。共同設立者で CEO の Horace Luke 氏によると、電動の移動手段に電力を供給するインフラモデルを作ることが狙いだという。

VentureBeat のインタビューに対して Luke 氏は次のように述べている。

このスマートに接続されたインフラは、ユーザの皆様が常に充電済みのバッテリーを入手できるよう Gogoro Energy Network を最適化することに注力しています。

このモデルを検証しその効率性を証明するために、Luke 氏と彼のチームは独自の電動スクーター、Smartscooter を設計、製造し、2015年に台湾でローンチした。Gogoro はその後3万5,000台のスクーターを出荷している。ユーザは Smartscooter を購入し、月額およそ25米ドルの使用料をバッテリー交換ステーションを利用するために支払う。バッテリーの充電が必要になれば、近くのステーションでバッテリーをスクーターから取り出し、充電済みのバッテリーに取り換えるというシステムだ。

同社のソフトウェアは機械学習を用いて各バッテリーの交換から集められたデータを分析し、それぞれのバッテリーの充電量を測定する。通常バッテリーは68マイルもち、Gogoro の記録ではおよそ1万7,000台のバッテリーが毎日交換されているという。

現在は2つのモデルのスクーターがある。1つ目は2015年にローンチされた Gogoro 1 で価格は3,800米ドル、より上質でパワフルなモデルである。そして2つ目は最近ローンチされた Gogoro 2 で価格は2,200米ドル、ファミリー向けのモデルである。

Gogoro のサービスは Bosch の目に留まり、Bosch は子会社の1つ Coup を通じてベルリンとパリで Smartscooter のスクーターシェアリングサービスをローンチした。自転車シェアリングサービスのようにユーザはスクーターをレンタルし、利用後は乗り捨てる。そしてその場所で Coup がバッテリーを交換する。

Luke 氏は自身のビジネスモデルについては非常にはっきりしていた。

Gogoro はスクーター企業ではなく、都市部のエネルギー管理と分配に焦点を置いたテクノロジーインフラ企業であると考えています。当社の技術は他の車やバイク、そして他の業界にも力を与えていくことでしょう。

もし Gogoro が電気自動車を扱うようになれば面白くなるだろう。というのも、もしそうなれば Tesla と Tesla の充電ステーションと競合することになるからだ。Luke 氏によると、バッテリー交換ステーションのコストは  Tesla  のスーパーチャージャーと比べてほんのわずかに過ぎないという。

Gogoro は2011年の設立以来、合計4億8,000万米ドルを調達している。今回獲得した資金は同社事業の地理的拡大、新たな分野の追加、さらなる研究開発に利用される予定。従業員数は現在1,000名である。

<関連記事>

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

スマートスクーター「Gogoro」が台湾の路上でベータテスト開始

SHARE:

Gogoro’s First Scooters Hitting the Road in Taiwan Beta Test | Re/code 今年の6月にプレオーダーを開始していたスマートスクーター「Gogoro」が、台湾の都市台北で出荷が開始されたそうです。βテスト段階ですが、400以上の注文が寄せられたとか。 「Gogoro」は、台北内の65箇所の充電ステーションと共に、提供が開始されています…

Gogoro-Smartscooter-Front-View-Night

<ピックアップ>Gogoro’s First Scooters Hitting the Road in Taiwan Beta Test | Re/code

今年の6月にプレオーダーを開始していたスマートスクーター「Gogoro」が、台湾の都市台北で出荷が開始されたそうです。βテスト段階ですが、400以上の注文が寄せられたとか。

「Gogoro」は、台北内の65箇所の充電ステーションと共に、提供が開始されています。世界中での展開を視野に入れている台湾のスタートアップの動きがどうなるか、楽しみですね。



関連記事

via Re/code

----------[AD]----------