タグ Gong

営業トークをAI音声解析するCRM「Gong.io」、シリーズEで2.5億米ドルを調達——時価総額は72.5億米ドルに

SHARE:

エンタープライズ向けセールスイネーブルメントプラットフォーム「Gong.io」運営は3日、シリーズ E ラウンドで2億5,000万米ドルを調達し、同社の時価総額は前回の時価総額(22億ドル)の3倍以上となる72億5,000万米ドルに達した。CEO 兼共同創業者 Amit Bendov 氏によると、今回の資金調達により Gong の累積調達額は5億8,400万米ドルとなり、調達した資金は製品開発、雇…

Image credit: Gong

エンタープライズ向けセールスイネーブルメントプラットフォーム「Gong.io」運営は3日、シリーズ E ラウンドで2億5,000万米ドルを調達し、同社の時価総額は前回の時価総額(22億ドル)の3倍以上となる72億5,000万米ドルに達した。CEO 兼共同創業者 Amit Bendov 氏によると、今回の資金調達により Gong の累積調達額は5億8,400万米ドルとなり、調達した資金は製品開発、雇用、顧客獲得などに充てられるとのことだ。

企業間取引(B2B)の営業担当者の46%が、リードの量と質を最重要課題として挙げている。そのため、ガートナーは、2025年までに B2B の営業組織の60%が、経験や直感に基づく販売からデータドリブンの販売へと移行し、販売プロセス、販売アプリケーション、販売データ、販売分析を単一の業務慣行に統合すると予測している。最適でないリードや遅れたリードは、壊滅的な影響を及ぼす可能性があることを考えると、賭けは大きい。Harvard Business Review 誌の調査によると、担当者が対応するまでの時間が5分を超えると、リードの質が10倍に低下し、10分以内に対応した場合と5分以内に対応した場合では、400%の低下が見られる。

Gong のソリューションは、販売データのパターンを明らかにして、売上の増加、解約の減少、市場シェアの拡大につながる洞察を得ることを目的としている。このソリューションは、電話、ビデオ、電子メール、対面での顧客とのやりとりを記録し、これを顧客関係管理データと統合して、潜在的に関連性のある会話の話題や競争相手の情報をメッセージングする。Gong を使えば、担当者やマネージャーは、データ分析のパイプラインを監査し、部門ごとにダッシュボードをカスタマイズして、他のチームの生産性を支える予測の信頼性を高めることができる。

Image credit: Gong

Gong は、営業担当者がどのような質問をしているか、どのように価格について話しているか、「話を聞く」割合など、営業担当者が個々にどのようなパフォーマンスをしているかを明らかにする。また、会話の中のすべての単語を収集し、インデックス化することで、会話の内容を見つけやすくしている。ユーザーは、プラットフォームが自動的に適切なデータ権限を設定することで、特定のキーワードが取引で出てきたときにアラートをプログラムすることができる。

Gong は、すべてのオフィススイートやビデオ通話システム、ほとんどのクラウドテレフォニーシステムとすぐに統合できるほか、拡張可能なAPIを備えているため、オンプレミスやレガシーのあらゆるシステムと併用することができる。このプロセスは、G Suite または Outlook 365 のカレンダーを連携し、営業担当者のカレンダーに予定されている営業会議、電話、デモをスキャンすることから始まる。ボットは、予定されている各通話にバーチャルミーティングの参加者として参加し、セッションの音声と映像を録音し、暗号化して Amazon Web Services のサーバにアップロードする。各通話は自動的に音声からテキストに変換され(85%~90%の精度)、通話が終了すると、機械学習を用いて個人レベルおよび全体レベルの分析が行われる。

Bendov 氏は、VentureBeat にメールで次のように述べた。

Gong では、音声認識、自然言語理解、予測、成功分析など、20種類以上のモデルを使用している。データは、電子メールや電話など5億件の顧客とのやり取りの中で学習されている。Gong の最も一般的な使用例は、オンボーディング、コーチング、取引の実行、戦略的イニシアチブの測定などだ。当社のお客様は非常に革新的で、Gong の新しい使い方を頻繁に発見しており、それが私たちを日々刺激し、モチベーションを高めてくれている。

継続的な成長

VB Summit 2018 に登壇した Gong CMO の Udi Ledergor 氏
Image credit: VentureBeat

パンデミックの影響で、Gongのテクノロジーに対する需要は高まっている。世界中の組織でリモートワークやハイブリッドワークが増え続ける中、Gong のプラットフォームは、分散したチーム間でも、意見ではなくデータに基づいて収益チームが共同で意思決定を行うのに役立つ。

パンデミックは終わりつつあるが、リモートワークはこれからも続く。多くの企業がハイブリッドワークモデルを導入し、多くの人々がサンフランシスコやニューヨークなどの大規模なビジネス拠点を離れて、より手頃な価格の地域に移っている。(Bendov 氏)

Bendov 氏によると、Gong は84,000人以上の有料ユーザを抱え、2020年8月の1,300人から2,000人以上の顧客を獲得している。年間の経常収益は2020年第1四半期から2021年第1四半期の間に2.3倍に増加し、同社のグローバルな従業員は550人以上に増加した。

今回の資金調達により、当社のレベニュー・インテリジェンス・プラットフォームへの需要が高まる中、Gong は製品開発とイノベーションを加速することができる。(Bendov 氏)

カリフォルニア州パロアルトを拠点とする Gong の最新の資金調達は、Franklin Templeton がリードインベスターを務め、既存の投資家である Coatue、Salesforce Ventures、Sequoia、Thrive Capital、Tiger Global が参加した。前回ラウンド以降、Gong は、イスラエルを拠点とする営業チーム向けデータ分析専門スタートアップ Vayo を買収し、リモートワーク向けの営業コーチングソリューションや、Microsoft 365 Dynamics、Zoom、Slack との連携を開始した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】