タグ GoPro

アクションカメラ「GoPro」が上場、最大436億円調達へ

SHARE:

BRIDGE Members BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。 BRIDGE Canvasの購読 メンバー向けDiscordご招待 BRIDGE Tokyoなどイベントご招待 無料メンバー登録 アクションカメラを製造する米「GoP…

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



Some rights reserved by Chris Zielecki

アクションカメラを製造する米「GoPro」は6月11日に、新規株式公開(IPO)する予定だと明らかにした。最大で4億2720万ドル(約436億円)を調達する見通しだと明らかにした。

WSJによれば、GoProは同日付の米証券取引委員会(SEC)への届け出で、クラスA株1780万株を1株21〜24ドルで公開する計画だと述べている。

GoProカメラの販売台数には2011年に114.5万台、2012年に231.6万台、2013年が384.9万台だった。GoProはまず11年にベンチャーキャピタルから8800万ドルを調達。12年には台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループから23億ドルとの評価を得て2億ドルの資金注入を受けている。

毎日、同社のGoPro Studioには2万本、YouTubeには6000本のGoProビデオがアップロードされているという。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


アクティビティ・ログカメラのGoProが上場へ、2013年の売上は9億8573万ドル

SHARE:

<ピックアップ> GoPro Files For IPO アクティビティ・ログカメラのGoProがNASDAQへの上場申請をしました。ティッカーシンボルはGPRO。調達予定金額は1億ドル。GoProの創業は2003年。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up S-1の内容によると同…

GoPro_公式ウエブサイト。世界一多才なカメラ

<ピックアップ> GoPro Files For IPO

アクティビティ・ログカメラのGoProがNASDAQへの上場申請をしました。ティッカーシンボルはGPRO。調達予定金額は1億ドル。GoProの創業は2003年

S-1の内容によると同社の売上は2011年が2億3423万ドル(100円換算で約234億円)、2012年が5億2601万ドル、2013年には売上で9億8573万ドル、利益は約3億6200万ドルに到達。ちなみに出荷台数は2011年の114万5000台から翌年231万6000台、さらに2013年には384万9000台とこちらも順調に推移しております。

【訂正:初出時に出荷台数の単位を見落として1000分の1で表記してしまいました。本文は修正してあります】

via Business Insider 【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


カディンチェが、GoPro6台でパノラマビデオが作れる「Panomovie」を提供開始

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Panoplaza の開発元、東京を拠点とするカディンチェを前回訪問したとき、6つの GoPro カメラがマウントされた360度録画ツールを見せてくれた(下写真の左)。最近、同社はこのビデオソリューションを正式に「Panomovie」として発表した。現在、同社の顧客に Panoplaza で提供されている静止画のソリ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Panoplaza の開発元、東京を拠点とするカディンチェを前回訪問したとき、6つの GoPro カメラがマウントされた360度録画ツールを見せてくれた(下写真の左)。最近、同社はこのビデオソリューションを正式に「Panomovie」として発表した。現在、同社の顧客に Panoplaza で提供されている静止画のソリューションに加え、追加オプションとして提供される。

このソリューションを使って、固定視点または移動視点(後者の方がもちろん面白い)から6方向のビデオを撮影できる。さらに同社のつなぎ合わせソフト(または市販ソフトでも構わない)を使って、6つのカメラの映像からパノラマビデオを作れるのだ。上記のビデオで、いくつかの事例が確認できるだろう。

このビデオは PC、スマートフォン、それに Oculus Rift などのヘッドマウンド・ディスプレイなど、さまざまなデバイスで見ることができ、簡単に見る方向を制御することが可能だ。

さて、このような技術を使って、実現しうるアプリケーションは何だろうか。想定顧客として、カディンチェはアミューズメント施設、観光スポット、不動産、小売業、コンサート、スポーツなどを挙げている。

カディンチェの CEO 青木崇行氏に、パノラマビデオを制御するコントローラとして、Leap Motion と連携する計画があるかどうかを尋ねた。彼は Leap Motion は既にテストしており、その種のジェスチャー・インタフェースでメリットを享受できる顧客を探しているところだと述べた。

panoplaza-01-620x360

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録