THE BRIDGE

タグ GrabBike

フィリピン政府、GrabBike操業停止を指示——〝オートバイ版Uber〟の将来に暗雲

SHARE:

フィリピン政府は、アプリで移動手段を提供する GrabTaxi に対して、オートバイを利用する同社のサービス GrabBike の停止を命じた。期限は、サービスのガイドラインが公表されるまでとのことである。 フィリピンの陸上交通許認可規制委員会(LTFRB、Land Transportation Franchising and Regulatory Board)は1月21日にこの命令を発行し、現地…

grabbike

フィリピン政府は、アプリで移動手段を提供する GrabTaxi に対して、オートバイを利用する同社のサービス GrabBike の停止を命じた。期限は、サービスのガイドラインが公表されるまでとのことである。

フィリピンの陸上交通許認可規制委員会(LTFRB、Land Transportation Franchising and Regulatory Board)は1月21日にこの命令を発行し、現地のレポートによれば、GrabTaxi は命令から5日以内にこれを遵守する必要がある。

LTFRB は、命令を遵守しない場合、同社に移動ネットワーク企業(TNC、The Transport Network Company)としての認可取り消しの可能性もあると警告している。

LTFRB は、GrabTaxi に次のように伝えたとされている。

安全上の懸念だけでなく、自転車およびオートバイは、そもそもLTFRBにも運輸通信省(DOTC、Department of Transportation and Communications)にも、公共交通機関の手段として提供されることが認められていないことを再認識していただきたい。

GrabTaxi はフィリピンにおいて、タクシー、自家用車(GrabCar)、ヘリコプター(GrabHeli)の予約サービスを行っており、11月に主要都市で GrabBike の先行テストを開始したところである。

この問題が起きるまでは同社は政府と密接に連携を取っており、政府の各種規制も遵守してきた。そもそも同社はフィリピンで TNC の認可を最初に受けた会社である。

LTFRB の指示に従う方針であるかを問われた GrabBike の国内マーケティング統括、Khriz Lim 氏は Tech in Asia に対しこう語っている。

GrabBike チームは、我々のビジネスについて呈された疑義についてLTFRBと協議中です。政府および運輸業界の出資者との調整がうまくいくと信じています。

GrabBike は乗客に便利で安全な移動手段を提供することを重視しており、LTFRBとともに共通の目的であるマニラでの移動手段の問題の解消に向けて活動を続けていく所存です。

しかし、本稿の更新時点で、GrabTaxi アプリ内で GrabBike はいまだ利用可能になっている。

(1月28日更新、GrabBike の声明を追加)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Sequoia Capitalが、インドネシアの〝オートバイ版Uber〟Go-Jekに出資

SHARE:

インドネシアの「オートバイ版Uber」サービス Go-Jek は、国内で最も話題のスタートアップの一つだ。しかし同時に非常に秘密主義でもある。同スタートアップは、さかのぼること2011年に設立して以後、資金調達のニュースは全く発表されていない。これまでのところ、我々が唯一お伝えできるのが、Go-Jek は NSI Ventures に支援されているということだけだ。 この数ヶ月、Go-Jek がさ…

go-jek_featuredimage

インドネシアの「オートバイ版Uber」サービス Go-Jek は、国内で最も話題のスタートアップの一つだ。しかし同時に非常に秘密主義でもある。同スタートアップは、さかのぼること2011年に設立して以後、資金調達のニュースは全く発表されていない。これまでのところ、我々が唯一お伝えできるのが、Go-Jek は NSI Ventures に支援されているということだけだ。

この数ヶ月、Go-Jek がさらに資金を調達しているという憶測がたくさん飛び交っていたーその噂によると、Sequoia Capital が Go-Jek に資金調達をしたというのだ。ところが Sequoia はここにきて、 オンラインポートフォリオに Go-Jek のロゴと説明を含めており(下の写真)Go-Jek への投資を正式にしたように見受けられる。

sequoia-go-jek-620x229

Go-Jek の CEO、Nadiem Makarim 氏と CFO の Kevin Aluwi 氏は投資について極秘にしており、Tech in Asia にインタビューされた時も陰に身をひそめて資金調達の情報は非公開にすることを選んだ。

地元の技術マニアならきっと退屈顔で、「そうですよ、資金調達のことならもうとっくに知ってます。私たちは街の人たちと話をしますからね」 と言うだろう。しかしよそ者から見ると、投資者―被投資者の関係はそれほどはっきりしてはいないのだろう。Makarim 氏が Tech in Asiaに 公言して語ったのは、Go-Jek はジャカルタに5つ以上の事務所を構えているということだった。同社が十分な資金を持っていることは、Go-Jek の絶え間ない展開からもわかる。フードデリバリーサービスの Go-Food、小荷物配達サービスの Go-Box、食料雑貨配達サービスの Go-Mart とさらにそれらは続く。

Go-Jek-sequoia-620x318

過去に、Makarim氏は、インドネシアの起業家は多額のお金を受け取り、素早く使い、いちかばちかやってみる勇気を持つべきだと言っていた。もし彼が自身のアドバイスを心に留めているというのなら、彼と Aluwi 氏がSequoiaの資金で行っていることがまさにそれだ。すなわち、いちかばちかやるということだ。

バイクタクシーとくれば、ジャカルタにおいてはほぼ間違いなくGo-Jek が真っ先に浮かぶのだが、Makarim 氏はGrabBike の Anthony Tan 氏とインドネシアのバイクチャンピオンのタイトルをかけて競い合うことになるだろう。GrabBike の親会社 GrabTaxi はユニコーンステータスに達し、最近の資金調達ラウンド後、15億米ドルの評価額となった。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

東南アジアのタクシー配車アプリ「GrabTaxi」が4億ドルを資金調達

SHARE:

<ピックアップ>GrabTaxi raises $400M round led by China’s sovereign wealth fund e27が今年の7月に、東南アジアのタクシー配車アプリ「GrabTaxi」が資金調達に向けて動いていることを報じていました。 その際は、次のラウンドで2億ドルの新たな資金を獲得すると見られていましたが、Wall Street Journalが報…

GrabTaxi

<ピックアップ>GrabTaxi raises $400M round led by China’s sovereign wealth fund

e27が今年の7月に、東南アジアのタクシー配車アプリ「GrabTaxi」が資金調達に向けて動いていることを報じていました

その際は、次のラウンドで2億ドルの新たな資金を獲得すると見られていましたが、Wall Street Journalが報じたところによると、どうやら同社は4億ドルの資金調達を実施したようです。このラウンドをリードしたのは、中国のsovereign wealth fund。

GrabTaxiは、タクシー配車のアプリに加えて、オートバイを使ったタクシーサービス「GrabBike」を、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタでローンチしています。東南アジアではバイクタクシーも多いので、このあたりへの対応がUber等競合サービスとの差別化になりそうです。

via Tech in Asia

----------[AD]----------

インドネシアのGrabTaxi、バイクタクシーをジャカルタでローンチ

SHARE:

本日、GrabTaxiはオートバイを使ったタクシーサービスGrabBikeをジャカルタでローンチした(編集部注:原文掲載5月20日)。無料乗車サービスも今月いっぱい提供する。GrabTaxiのオートバイサービスは昨年ベトナムのホーチミンとハノイで最初に登場した。インドネシアの首都ジャカルタは3番目となる。ジャカルタの悪名高い交通事情を踏まえると適切な選択だと言える。「オジェック」として知られる非公…

Indonesia-GrabBike-Launch-720x480

本日、GrabTaxiはオートバイを使ったタクシーサービスGrabBikeをジャカルタでローンチした(編集部注:原文掲載5月20日)。無料乗車サービスも今月いっぱい提供する。GrabTaxiのオートバイサービスは昨年ベトナムのホーチミンとハノイで最初に登場した。インドネシアの首都ジャカルタは3番目となる。ジャカルタの悪名高い交通事情を踏まえると適切な選択だと言える。「オジェック」として知られる非公認のオートバイタクシーはインドネシアのどこの街角にも見られる。

オートバイの運転手に命を預けるのは恐いことだ。特にオジェックは安全とは言えない。しかしGrabTaxiのマーケティング部門VPのCheryl Goh氏は、乗客の安全が会社にとって「最重要事項」であると明言する。具体的施策としてGrabTaxiはGrabBikeの乗客と運転手に医療保険を提供すると公約しており、タクシー会社としては初めてのことである。運転手にはヘルメット、フェイスマスク、ヘアネットとレインコートの支給もある。

同時に、GrabTaxiの安全基準(安全、信頼、スピード)がGrabBikeにも適応される。「お客様がサービス利用時にいつも安心して信頼して頂くことは非常に重要です」とGoh氏は補足する。

予約確認後、GrabTaxiアプリの「Share My Ride」機能を使うと、乗客は家族や恋人に予約内容の詳細をリアルタイムで共有できる。すべての賃走は追跡可能であり、不測の事態が起こった場合、「簡単かつ速やかにオートバイであろうとタクシーであろうと追跡が可能です」とGoh氏はTech in Asiaに話す。

現在のところ、GrabBikeの乗車場所はクニンガンとセティアブディに限られるが、目的地はジャカルタ内であればどこでも大丈夫である。2週間後まで提供予定の無料乗車サービスを利用するには、GrabTaxiのアプリで配車タイプにGrabBikeを選択するだけ良い。

GrabBikeはインドネシア初のオートバイタクシーというわけではない。例えばGo-Jekは2011年頃から営業しているが、AndroidやiOSのアプリをリリースしたのは今年初め頃のことだった。GrabBikeのインドネシア参入までは、Go-Jekのみが自社スマートフォーンアプリを提供する唯一のバイクタクシースタートアップだった。Go-Jekは800台のオートバイと運転手を抱え、モバイルアプリを通じて乗客をリアルタイムで追跡している。

「インドネシアの人々のこれまでの考え方を変え、通りでタクシーを拾うのではなく、GrabBikeを使い安全かつ簡単にネットでタクシーを呼んでもらうようにするのは大きな挑戦です」とGoh氏は述べる。しかし、一度使えば良さがわかると、彼女は確信している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

----------[AD]----------