BRIDGE

タグ Groupon

アジアでまたグルーポン問題。今回は韓国で不正レビュー発覚

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 今回は韓国で、グルーポンフロントにさらなる問題が発生した。FTC(韓国公正取引委員会)の声明(韓国語)を伝える韓国ヘラルドによると、FTC はグルーポンの韓国事務所に罰金を命じたとのこと。理由は従業員の一人が147のやらせの商品レビューをグルーポンのウェブサイトに投稿したためである。 委員会は170万ウォン(およそ1万4773米ドル)の罰金を科し、ウェブサイ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

今回は韓国で、グルーポンフロントにさらなる問題が発生した。FTC(韓国公正取引委員会)の声明(韓国語)を伝える韓国ヘラルドによると、FTC はグルーポンの韓国事務所に罰金を命じたとのこと。理由は従業員の一人が147のやらせの商品レビューをグルーポンのウェブサイトに投稿したためである。

委員会は170万ウォン(およそ1万4773米ドル)の罰金を科し、ウェブサイト上に処罰について詳しく掲示するよう命じた。グルーポン韓国でこの記事を見つけようとしたが、残念ながら見つけることはできなかった。ただ、それには私が韓国語に精通していないということが関係しているかもしれないことは述べておかなくてはいけない。

アジアでの好機をつかみそこねたことは、会社にとって残念なことである。このような活動は許されるものではないと、国際的な共通認識が明確になることを願うが、今回の件は一人の従業員がメモを受け取っていなかっただけである。このレポートはさらに、グルーポンは販売した商品の数を誇張していたことも発見したが、ほかの3つのグループ購入サイトも同様な違反のため罰金を科せられていることも明記しておく。

我々のサイトの読者は、もちろん他の地域でのグルーポンの問題についてもよく知っているだろう。中国でのスタッフ削減をはじめとし、インドでのオンラインでの顧客情報流出、そして日本でのおせち事件 - アジアへの進出を目指している途中であるというのに。

2011年11月初旬に上場した直後であり、よりたくさん儲けようとしてたくさん問題が起きたという単純な問題との見方もできるだろう。

【via Penn Olson】 @pennolson

Grouponの上場から中国の共同購入サイトLashou(拉手)が学んだ教訓

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 (この記事はAhn SeungheaとJason Linによって共同執筆された。Ahn は中国初の共同購入検索プロバイダー「LetYo.com(来優団購)」の創業者兼CEO。Jasonはシンガポール国立大学政治学科の学生で、現在は北京で「LetYo.com」の事業開発をしている。) 6億5400万ドルという巨額の損失を計上したにもかかわらず、Grouponは…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

(この記事はAhn SeungheaとJason Linによって共同執筆された。Ahn は中国初の共同購入検索プロバイダー「LetYo.com(来優団購)」の創業者兼CEO。Jasonはシンガポール国立大学政治学科の学生で、現在は北京で「LetYo.com」の事業開発をしている。)

6億5400万ドルという巨額の損失を計上したにもかかわらず、Grouponは2011年11月4日にIPOを果たした。Groupon は共同購入業界でIPOを果たした最初の企業だが、「将来の共同購入ビジネスにとって、これは何を意味するのか」という激しい議論を引き起こした。

Groupon の株式上場後の評価について、その見解は二極化している。しかし、建設的な評価をするには、まだ時が早すぎるかもしれない。Groupon が巨額の損失を出した時には特に。共同購入業界は失敗するだろうとの主張を粉砕してみようとするのに加え、Groupon の株式上場は、同業他社に同じことを促すドミノ効果の引き金となるかもしれない。

Lashou(拉手)—最も純損失の多い中国の共同購入会社は、最初のIPOとなるか?

Lashou(拉手)は、2010年3月に共同購入が始まった時、中国でローンチした最初の共同購入会社の一つである。今までに合計1億6500万ドルの資金を獲得した。同社は、常に国内のマーケットシェアで共同購入サイトのトップ10に入っている。2011年10月28日に証券取引所へのF-1申請書を公表しており、Lashou(最大の純損失を計上している共同購入企業の1社)はIPOへの道を歩みだしたようだ。我々がこれを受け入れて評価する前に、ま ず中国の共同購入業界の実情とGrouponとLashouがIPOを行なう前に発表した数字をいくつか見てみよう。

Lashouの損失はGrouponの15%だが、Grouponの売上はLashouの77倍!

Lashou は2010年3月に開設されたが、それはGrouponが2008年11月に開業した16か月後のことだ。なので、両社を比較する最も適切な方法は、この2社の違いをよりよく証明するために、両社の平均的な財務データを並記して、いくつかの業績指標を比較検討することだ。財務データのいくつかは下記の通りだ。

一つ明らかなのは、両社ともに開業以来、巨額の損失を計上していることだ。上表では、Lashouの月平均の収益は76万9542ドルで、Grouponの月平均収益4130万7200ドルのわずか1.9%である。同じように比較すると、Lashouの経費の月平均はGrouponの 8%、そしてLashouの収益に対する経費の割合はGrouponの4倍にものぼることが分かる。

これは、Lashouは1ドルを稼ぐのに、経費として6.19ドルを使い、Grouponは1ドル稼ぐに1.44米ドルの経費を使っているを意味する。さらに、Lashouの純損失と純収入の割合はGrouponの12倍だ。Lashou の収入は今のところ経費をまかなうための適正なレベルからかけ離れており、Lashou の経費はGrouponよりもはるかに多い。なぜそうなるのだろうか?

Lashou の巨額の損失は、中国の共同購入業界の熾烈な競争を示唆している

Lashou は中国でもトップクラスの共同購入サイトで、中国の同業界から上場する最初の企業となりうる大きな可能性をもっている。では、既に巨額の損失をあげているGrouponと比べて、Lashou の業績がそんなに悪く見えるのはどうしてなのか?

両社とも異なった規模および時間軸で業務を行なっている。そして、これは中国における市場競争がいかに激しいかを示している。Lashouは、Groupon から遅れること16か月後に市場参入しているが(Lashouはサイトを2010年3月にスタート)、16か月の間に改善や拡大などの余地がたくさんあったと主張する人もいるだろう。Groupon が先に開業して国際市場へも参入したことから、Grouponの純益、経費、そして損失がLashouよりも多いのは自然なことだ。さらに、業務経費が高いのは事業開始時の経費にも原因はあるかもしれない。事業開始時には回収不能なコストもあり、それは時間をかけて償却されるものだ。

GrouponのライバルはLiving Socialのみ、Lashouには20社の競合

Grouponは世界40か国に業務を拡大しているが、各国の市場での競合他社は通常大手企業2〜3社である。だが、中国市場はそれよりもはるかに競争が激しい。2010年3月に最初の共同購入サイトの数社がサービスを始めてから(Lahsouもそのうちの1社)、共同購入サイトの業界は急激な成長を遂げ、同年の末には2000以上の共同購入サイトが出現した。

その後、2011年中頃までに中国では5,000を超える共同購入サイトができ、その数は2011年末には10,000以上になると見られている。

アメリカでは、GrouponとLiving Socialが業界の2大プレーヤーで、両社を合わせたシェア率は2011年9月時点で70%以上だった。これと比較して、中国では、 Taobao.com(淘宝)(共同購入サイト以外にもeコマースで様々な役割をになっている)を除くと、主だったプレーヤーがおらず、トップ20サイトがそれぞれ比較的同じようなシェアを確保している。中国市場の競争がいかに激しいかが分かる。だから、ブランドの認知度を築き存在感を保つためには、共同購入のサービス会社は莫大な広告予算を確保し、すばやく事業拡大をする必要がある。

さらに、中国の共同購入市場も発展している。共同購入のビジネスモデルは、今や純然たる共同購入企業だけのものに限ったものではない。大手eコマース企業が共同購入ビジネスを自社のサービスに取り入れるという興味深いトレンドもある。360buy.com(京東商城、エレクトロニクス)、Vancel(広州買衣、ファッションとアパレル)、 Ctrip(携程旅行、ツーリズム)などの大手プレーヤーが、自社の販売モデルの1つとして共同購入ビジネスを取り入れている。このことは共同購入業界全体の状況を物語っており、競争をさらに激化させている。

購買力の高い顧客を獲得すれば、Lashou の将来はよくなるのか?

GrouponとLashouの業務状況を比較した結果、最も明確な違いはアクティブカスタマー1人あたりの平均収益に見られる。Lashouの数字はGrouponの6%だった。これは、Lashou とGrouponの顧客基盤の購買力が異なることに原因があるかもしれない。Grouponは40か国で事業を行なっており、平均収入が比較的高い多くのヨーロッパ市場で大きな力を持っている。中国の消費者物価指数は、欧米諸国に比べると低い。

Grouponの1日に236万4,000人という世界的な独走は、Lashouの103万8,000人という数字のおよそ二倍の結果を示している。月間平均の登録ユーザ数や積極的購買ユーザ数を比較すると、Lashou は Groupon の数字の10%強であり、月間平均契約成約数をみても、Grouponの41%である。Groupon が世界的な影響力を持っているのと対照的なのに、Lashou はなぜよい販売実績を期待されるのだろうか?

Lashouは、ユーザ一人あたりの取引数で、Grouponの倍の数字を記録

Groupon の市場範囲は世界的に広まった。ロケーション、企業構成、社員、そしてローカライズなどによる基準の多様化、これらを全て獲得するには時間と労力を要するものである。Lashou は一つの地域のリソースに的を絞ることができるが、Groupon は様々な市場を同時に対処していく必要があり、リソースを異なった国々に向けて拡散していかなければならない。これは、時に業績不振につながる。例として、Grouponの 中国市場(Grouponの中国での企業名はGaopeng(高朋))への参入が挙げられる。この理由についての詳細を述べるためには、もう一つ新たな記事が必要となるだろう。

アクティブユーザ1人あたりの月間平均取引数をとってみても、Lashouは倍の売上数を計上している。これは、Lashouの各アクティブ ユーザは、月平均6件の共同購入を行っていることを意味する。これに対し、Grouponの各アクティブユーザーは、毎月平均3件の共同購入のみだ。中国では、顧客が多数の共同購入企業から選択できるという事実があるにもかかわらず、Lashou の顧客存続率は比較的高いものとなっている。

中国の共同購入サイトの未来は、サービスよりも製品の売上高にかかっている

Lashou の共同購入の高い数値は、中国の消費者の習性が変わってきていることに原因がある。

共同購入市場の安定化にみる傾向は、中国の消費者がサービスよりも製品に対しての消費を増やしていることを示す。上の表を参照してみると、消費者はより高い確率で製品の購入を好んで行っており、これはEコマース市場と中国の配送サービスの急速な発達と発展によるものである。 商品の購入は、すべての完了した取引のうち67%を占めており、Lashouが事業を開始してから一番高い数値となっている。中国において、共同購入市場が徐々にEコマース市場に統合されていくにつれ、さらに多くの企業がサービスの販売を避けるようになっており、これにより共同購入の取扱件数をより早く高めることになっている。

GrouponのIPOが中国の共同購入企業Lashouの道筋を先導する

中国の市場競争がアメリカより激しいために、中国の主要な共同購入企業の損失はアメリカ企業よりも大きい。
そう考えざるを得ない。業績比較では、Lashouの業績数字は純収入がはるかに低いにもかかわらず、Grouponほどよくはない。業務経費は、広告や中 国でのブランド認知度を構築するという点では重要である。このことは、外国企業が中国に参入する際の障壁が高いことを証明しており、Grouponも中国でGoogleやEbayがたどった道筋を歩んでいるように見える。

中国人の購買力は依然として着実に伸びている
中国市場は、共同購入業界の急速な発展に証明されている通り、驚くべき早さで成長している。さらに、中国人の平均購買力は今のところはるかに低いかもしれないが、中国が数年後に世界最大の経済大国になることを考えれば、この成長は現実には爆発的なものになる可能性もある。

中国の消費者にとって、最も人気のあるEコマースチャンネルになるための共同購入モデル
かつては、純然たる共同購入サイトのみのサービスを提供する企業が多かったが、Eコマースはさらに多様化しており、数多くのサービスを提供するようになってきた。中国には世界最大のインタ—ネットのユーザベースがあり、適切な展開をすれば、共同購入やeコマース事業が発展するのは確実である。

Groupon とLashouの比較は、Lashouの将来の財政が厳しいように結論づけているようだ。だが、Grouponは共同購入市場で16か月も先に参入していたし、もしLashouが次の16か月間現状を維持することができれば、世界の共同購入業界に新たな巨大企業を見い出すことも可能かもしれない。さらに、 Lashouのビジネスモデルは徐々に製品を提供することに変わりつつあり、また共同購入をEコマース分野にも取り入れているようだ。全く異なる市場であることや、とりわけ中国のEコマース市場の可能性を考慮すると、前出した共同購入サイトの多くは、近い将来株式上場を試みるだろう。

【via Technode】 @technodechina

グルーポンの中国進出失敗の背景にある4つの過ち

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 今回ゲスト執筆者 Julia Q. Zhuは、中国・アジア太平洋地域の国際Eコマースの第一人者である。彼女は中国最大手のEコマース会社 Alibaba(阿里巴巴)グループで、多くの管理職を歴任した。Alibaba以前は、米国の ComScore(訳注:インターネット視聴率会社)に相当する、中国の iResearch社に勤務。ツイッターで彼女をフォローするには…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

今回ゲスト執筆者 Julia Q. Zhuは、中国・アジア太平洋地域の国際Eコマースの第一人者である。彼女は中国最大手のEコマース会社 Alibaba(阿里巴巴)グループで、多くの管理職を歴任した。Alibaba以前は、米国の ComScore(訳注:インターネット視聴率会社)に相当する、中国の iResearch社に勤務。ツイッターで彼女をフォローするには@juliaqzhuへ。


グルーポンはその株式公開に向けて多くの困難にあえいでいる。Yipitのデータによれば、2011年の上半期に同企業はマーケティングに 4億3200万ドルという巨額の資金を費やしており、負債6億8100万ドルのうち、現時点で3億9200万ドルをそのマーケティングベンダーに負っている。

同社の3桁の成長率は減速し、企業価値が半分になるかもしれない。しかし我々はまだ、グルーポンのまもなく失敗に終わるであろう、グルーポンと中国の巨大インターネット会社 Tencent(騰訊)が共同出資している Gaopeng.com(高朋)について話を始めていない。

今からちょうど2ヶ月前の8月終わり、グルーポンは13のオフィスを閉め、400名の正社員を解雇した。グルーポンは、中国で失敗に終わる欧米インターネット企業の直近のにすぎない。Baidu(百度)によるグーグルの敗北や、Taobao(淘宝)と実質的に争えずに敗北したeBayの例を考慮するかは別として、グルーポンのケースには、欧米のインターネット企業がミドル・キングダム(=中国)に進出する際に犯す、4つの典型的な過ちを見ることができる。

1.高慢さ

グルーポンはその高慢さゆえ、きわめて初期の段階から困難な戦いに直面していた。グルーポンが中国に進出する前、米国発のその会社は「中国最大のショッピングサイトになる」と宣言していたのだ。ヨーロッパにおいてグルーポンは、ライバルのトップクラスの従業員を高給をえさに引き抜くという戦略をとった。そして中国でも同じような戦略が通用すると踏んでいたのである。

さらに同社は、中国市場に参入するには中国最大の Lashou(拉手)グループを買収するために巨額の金を支払いさえすればよいと考えていたが、Lashou はその申し出を断り、グルーポンはショックを受けた。

中国のクーポン共同購入サイトは申し合わせを行い、将来、グルーポンの社員がグルーポンから退社することを決めたとき、その社員は類似のいかなる企業にも雇用されないという声明を発表するまでに至ったのだ。

2.地域性に対する理解の不足

中国グルーポンのトップは、世界の市場はどれも似たようなものだと考えていたようだ。ドイツでうまくいったものは、中国でもうまくいく、と。中国のグルーポン販売チームの例を1つ挙げよう。当初グルーポンは、中国のクーポン共同購入をとりまく環境の現状を考慮することなく、提携するベンダー同士が利益を50 パーセントずつ分け合うことを強く主張していた。

しかし、中国市場には多くのプレイヤー(共同購入サイト)がいるため、販売者は共同購入サイトとの交渉の際に優位な立場にあり、一般的に共同購入サイト側には50%ではなく10%の利益しか残らない。販売者はグルーポンの積極的なセールス戦術に肝をつぶして、しばしば同社のセールスマンに、「落ち着いて、もっと現実的な見込みがあったときに来てください」と言い放つ。

グルーポンは、メールを使ったマーケティングを利用していると主張する。中国の人々はそういった種のメールはほとんど読まないと言われているにもかかわらずだ。こうしたアプローチはドイツでは成功したが、中国ではうまくいかないということを、ようやくグルーポンは理解したようだ。

3.経営者陣の組織ミス

グルーポンは地域の人材を、少しも経営陣に採用しなかったので、中国が持つ他の地域との微妙な違いによって、サイトの適応性や中国市場での成功は限られたものとなった。中国のグルーポンの最高経営陣のなかで、中国人はたったの2人、うち1人は中国本土、もう1人は香港出身である。

中国の都市から離れた地域の運営ですら、中国市場と他国との微妙な差異を部分的にしか理解していない外国人が着任した。時として、かえって効率が悪いのに、外国人経営者が中国人社員を欧米方式で管理する中で、問題は起こっていた。なぜなら、全ての社員が自分の上司に敬意や忠誠心を感じていたわけではないからだ。

結果として、グルーポンは社員の大量離職をみることとなった。

4.ローカルパートナーの選択ミス

グルーポンは賢明な決断をし、Alibaba グループに次ぐ中国のインターネット界の真のリーダーであるTencent(騰訊)と提携した。

グルーポンが誤ったのは、Tencentとの提携がもたらした、数多くのメリットを利用しなかったことにある。例えば前述のように、グルーポンはTencentの中国市場での経験を信頼するよりも、中国全土を統括できるように専門家を雇った。そしてTencentにとって、共同事業である Gaopeng(高朋)は、一番優先順位の低い事業となってしまった。Tencentは、提携する前から、既に多くの共同購入サイトを中国で運営していたのだ。Gaopengは、そのうちの一つに過ぎない。

中国グルーポンは、失敗に終わるだろう。もはや時間の問題である。グルーポンが中国に進出した日から、それは困難道のりだった 。そして今、瀕死に近づいているように見える。現在の状態は、グルーポンがあまりにもビジネスモデルを過信した結果だと述べるアナリストもいるし、中国の共同購入サイトの特異性に端を発するというアナリストもいる。市場がすでにあまりにも多くの企業によって細分化されていたため、グルーポンのような至る場所で成功を収めてきた企業ですら、わずかな影響力しか行使できなかったのだ。

最終的に読者がどの見解に賛成していようとも、ますます明らかになってきていることは、グルーポンは中国の共同購入サイト業界において、なんとかニッチな居場所を見いだしているということである。

関連記事:中国版Groupon(高朋)はどのような問題を抱えているのか

【via Penn Olson】 @pennolson

インドの共同購入Deals and Youが1700万ドルの資金調達に成功

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 Business Standard の報道によると、グループ購入サイトであるDeals and Youは、Nokia Growth PartnersとIntel Capital が参加する形で、Mayfield Fund と Norwest Ventures Partners が率いる投資家グループより、1700万ドルの資金調達に成功した。 この報道によると、…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Deals and You

Business Standard の報道によると、グループ購入サイトであるDeals and Youは、Nokia Growth PartnersとIntel Capital が参加する形で、Mayfield Fund と Norwest Ventures Partners が率いる投資家グループより、1700万ドルの資金調達に成功した。 この報道によると、設立から14ヶ月のこのスタートアップが、どうやら18~20%もの自社株を投資家向けに放出したことを示しており、現在の評価額は8500米ドルとなっている。

Deals and Youはこの資本増強をもって、テクノロジー、インフラストラクチャー、人材雇用、そしてブランディングに投資していくものとみられる。また彼らは、ウェブサイトのリニューアルをおこなっている模様で、顧客に対してより良いユーザーインターフェイスを提供していくものとみられている。

新たな投資ラウンドの詳細について、Deals and YouのCEOであるGaurav Kachru氏はこのように述べた。

我々の投資家が我々を信じてくれたことを非常に嬉しく思い、また大きく励まされている。今回の資本増強により、テクノロジーとインフラストラクチャー面により多く投資を行い、顧客に焦点を置いた確固たる事業体制を築いていくことができ、その結果、顧客に向けてより良いサービスを提供することができるであろう。

前身はWanamo.comと呼ばれていた日替わりお買得サイトで、2010年6月にGroup Buying GlobalA.G.とSmile Interactive Technologies GroupのHarishBehlによって買収された。2カ月後にサイトは新たにブランド付けされ、Deals and Youとして事業を開始。Group Buying GlobalA.G.より150万米ドルの資金調達を得ている。

現在20都市でのローカル日替わりお買い得サービスを提供しており、商品、旅、そして小売販売業などに係る商品の国内お買い得サービスをインド国内250もの都市で展開している。

【via Penn Olson】 @pennolson

中国版ニセグルーポンが8割の社員を解雇

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 中国で厚かましくもグルーポンを真似ていた会社が、市場で最も醜い犠牲者となった。Groupon.cn (呼称としての「中国グルーポン」)として知られていた会社は、今やTuanBao(団宝)と呼ばれているが、URLはグルーポンのままである。数ある支店の売上が伸び悩み、今週さらに多くの解雇者を出した。 ニセのグルーポン、いや TuanBao は創業以来70〜75%の…

【翻訳 by Conyac】【原文】

F17917ab2b5130ced53579c53b51871a

中国で厚かましくもグルーポンを真似ていた会社が、市場で最も醜い犠牲者となった。Groupon.cn (呼称としての「中国グルーポン」)として知られていた会社は、今やTuanBao(団宝)と呼ばれているが、URLはグルーポンのままである。数ある支店の売上が伸び悩み、今週さらに多くの解雇者を出した。

ニセのグルーポン、いや TuanBao は創業以来70〜75%の従業員を解雇したようである。今年の始め、中国のメディアは TuanBao は4000人の従業員を国中に抱えていると報じている。しかしその数は今や700である。82.5%の従業員数が減ったこととなる。 例えば、地域ごとに見てみれば、TuanBao の北京事務所では、編集部門にいた120人の社員が36人に削減されている。はるか南の蘇州では、もともと40人の社員が今では10人に減っている。

D3bffecc900349345dfdc1c66daf8d20

TuanBao の悩みの種は、購入部門の極端に少ないマージンであり、賃金が低く必死になっている社員を多くその状況下に置いたとしても、全ての取引を成り立たせるわけではない。業界の内部に通じる者によれば、中国には5000もの共同購入サイトが存在し、どれも収益を上げているわけではないのだ。

Gaopeng(高朋団購)はグルーポンの正式な中国版であるが、同様に厳しい夏を迎えた。経営再構築のため、400人が解雇となった。しかし同社によると、解雇は業績の悪い社員のみにとどまったとこのとである。 今年の4月、本物のグルーポンが中国のGroupon.cnを買収したという偽りの噂が業界内で広まった。しかし、このニュースは確実にその考えを永遠に葬った。

今、元祖グルーポンはより成功している競争相手— Meituan(美団)やLashou(拉手)などのことをもっともっと心配しなくてはならない。実際、拉手はアメリカのIPOでGroupon.comを打ち負かすかもしれず、そうなれば、本当に面白いことになりそうだ。

[出典:DoNews(互連網) – (中国語)]

【via Penn Olson 】 @pennolson


著者紹介:スティーヴン・ミルワード
上海を拠点に、アジアのガジェット、ソーシャルメディア、文化の輝きを伝える。フィードバックなど伝えたいことがあれば、メールか彼の Posterous のページからコンタクトしてほしい。

中国版Groupon(高朋)はどのような問題を抱えているのか

SHARE:

【原文】 GrouponとTencent(騰訊)のジョイントベンチャーであるGaopeng.com(高朋)は厳しい状況にある。同社は立ち上げ以前から問題があり、ほとんどの人を不覚にも怒らせてしまった、チベットで撮影されたスーパーボウルで放送したCMのせいで、事態は悪い方へと傾いていた。以前述べたように Gaopengの経営はスムーズなものではなく、7月に数百人規模の人員削減を実施し、今週も同じよう…

【原文】

GrouponとTencent(騰訊)のジョイントベンチャーであるGaopeng.com(高朋)は厳しい状況にある。同社は立ち上げ以前から問題があり、ほとんどの人を不覚にも怒らせてしまった、チベットで撮影されたスーパーボウルで放送したCMのせいで、事態は悪い方へと傾いていた。以前述べたように Gaopengの経営はスムーズなものではなく、7月に数百人規模の人員削減を実施し、今週も同じように人員削減を行った。その上、厄介なのは、キャッシュ・フローに問題があると噂されていることと、中国のプレスに、従業員が突然、理由も告げられずに解雇されたと主張されていることである。

我々はこの話を公表する前に、イギリスとアメリカのGrouponとコンタクトを取ることができ、本件に関するなんらかのコメントをもらえるかどうか確認した(中国サイドの発表によると、Gaopeng.com の広報チームは中国のメディアに対して、コメントは差し控えると伝えている)。この数日間で、私は数名のGroupon関係者からのEメールを受け取ったが、実際に記録に残せるようなコメントはなく、本日までにこのような内容の返事を受け取ったのみだ。

Grouponの国際戦略はまず競争の激しい最前線で存在感を高め、ローカル市場にあわせて戦略を調整するというものだ。市場で成功するための長期的な基盤を確立するために、ビジネスをそれにあわせるのは当然のことだ。中国でのジョイントベンチャーでの出来事は、新しい市場にあわせてとった例の一つにすぎない。

興味深いことに、GrouponのCEOがGaopeng.comに関する問題について、漏洩した内部メモのことを知った直後、我々はこのコメントは受け取った。Mason氏の発言内容は以下の通りだ。

中国のTencentとの合併会社がどうしたというのか。GaopengのCEOが我々の従業員の長男長女を誘拐して、月を半分に切るレーザービームを作るために働かせていると言う記事を読んだのか。それも真実ではなかったわけだ。中国は確かに違う市場だ。しかし、毎月収益確保に近づいている。

ドイツやフランス、イギリスを含む他の国で会社を設立する時の戦略がそうであるように、中国の成長戦略は、迅速に従業員を雇用し、結果を出すことだ。これまで、この戦略で中国における競争力が3000番から8番に上昇したのだ。

他のほとんどの国々(スイスは例外だが、頑張って欲しい)で優勢な地位を築いているように、中国でもにいつしかその地位に到達できるだろうか。今の段階では図りかねる。しかし、私の中では、長期におけるビジネスを築いているということは間違いない。

どうやらGrouponのCEOは、中国の批判をあまり真摯に受け止めていないようだ。この事だけでも心配といえるだろう。しかし、彼と我々が連絡を取った広報担当者の説明から考えると、彼らの戦略とは、とにかく迅速に従業員を雇用し、そこから後で能力の無い従業員を取り除くものというやり方だ。CEOも広報担当者もどちらも指摘しなかったことは、―もしこれが本当の戦略であるならだが―この戦略がどれだけ中国で逆効果になっているかということだ。

それはなぜか。実のところ少し信じがたいことであるが、全支店が閉業となった時に、能力の劣る従業員を取り除き、彼らは理由もなく解雇されたと言っているのである。解雇された従業員は話の一面しか話さないが、Grouponはこのことについて繰り返しコメントを避けている。この件について具体的な回答を求めたが、ほとんどの人はこれは事実上のレイオフであると結論付けている。

もしこれが Groupon の戦略だとしても、この戦略は中国に適していない。この解雇の結果、中国の産業界において、Grouponは不安定な職場というレッテルを貼られることになる。西洋諸国ではそれだけでも十分に悪材料だが、鉄飯碗の国(「鉄飯碗」とは、中国で職業の安定志向を表す言葉。古典的に、中国の軍人や国営企業の従業員は「鉄飯碗」を持っている、と言われたことに由来する)中国では、さらに状況は悪い。もしGaopeng.com が会社規模を拡大したいと思うときには、従業員を探すのに重大な問題を抱える事になるだろう。

結局、中国で他にもっと成功収めている共同購入サイトで働けるとしたら、なぜレイオフされるリスクを負いながら Gaopeng.com に勤めるだろうか。CEOであるMason氏のメールは、中国において Gaopeng はあたかも希望の星のごとくかかれているが、我々の調査によるとそういった訳でもなさそうだ。実際、8番目の地位にいると言うのもどこから来た話なのか定かではない。我々が確認した統計によると、Gaopeng.comはトップ10にも食い込んでいないからだ。

例えば、数ヶ月前のiResearchのデータがある。(groupon.cn(団宝)はGroupon中国ではない。このドメインは、Grouponが手に入れる前にライバル会社によって登録されたのであるのを忘れてはいけない。訳注:詳しくはこちら。)

あるいは、共同購入のまとめをしているDaTaoTuan(団購)の2011年6月の統計を見てみよう。Gaopeng.comは、ディールの提供回数を示す欄には、たったの一度しか掲載されていない。そして、これはマーケットシェアや販売数を示すものではない。

より最近のデータとして、8月の第一週(7月31日から8月6日)のHitwiseの報告書から見てみよう。またしても、Gaopeng.comは上位10位には入っていないのである。

Mason氏は、数週間前でなく、もっと新しい数字を見ているという可能性もある。しかし、いっせいに数百人もの従業員を解雇し、13もの支店を閉鎖している中、Groupon がマーケットシェアにおいて数段階飛び上がってきたとは、かなり想像しがたい。

というわけで、中国のGrouponに関しては不安を感じている。少なくとも、そのPR戦略は少々労力を伴うようだが、我々が聞いていない内部での問題が他にないとは信じがたいものである。率直に言って、私はMason氏が書いた長ったらしいメモについても少し心配している。あのメモは新規の株式公開の前に、出資してくれそうな人々の不安を和らげようとして、彼らに対して書かれたように読める。もしあのメモを意図的にリークしたのがGrouponであると証券取引委員会に嗅ぎつけられれば、同社がIPO前の沈黙しているべき期間にあったことを考えると、ちょっとめんどうなことになる。

どちらにせよ、中国版Grouponの最新情報が入り次第伝えるつもりだ。これらの問題が取り越し苦労だといいが、今、かなり懐疑的に感じているのは私一人ではないだろう。

(画像は、それぞれ言及した情報源から引用)

【via Penn Olson 】 @pennolson

[翻訳News] Groupon 本家が、クローンの Groupon.cn(団宝網)を買収

SHARE:

【更新】グルーポンのスポークスマンから、PennOlson へのコメント:「これはただの噂に過ぎません。我々は買収しておらず、もし変更が生じれば、確認したいと思います。」 今のところ、中国グルーポンとしては、Gaopeng.com(高朋団購)のまま存続するようだ。 【翻訳 by 池田 将】 中国市場に活気があるかぎり、人々の注意を引く重要な要素である .cn ドメインを持っていれば(持っていなけれ…

【更新】グルーポンのスポークスマンから、PennOlson へのコメント:「これはただの噂に過ぎません。我々は買収しておらず、もし変更が生じれば、確認したいと思います。」 今のところ、中国グルーポンとしては、Gaopeng.com(高朋団購)のまま存続するようだ。

【翻訳 by 池田 将】

中国市場に活気があるかぎり、人々の注意を引く重要な要素である .cn ドメインを持っていれば(持っていなければ、人々を混乱させるだけだ)、中国で模倣サービスを立ち上げ、成功させるには好都合だろう。Technode  は、Groupon.cn(団宝網)が グループ購入サイト大手 Groupon.com に買収されることで、本日合意に至ったとの情報を得た。

Groupon.cn(団宝網) は、2010年3月に創業し、同年4月には第1ラウンドで220万ドルを調達、第2ラウンドは同年12月に完了している。(2億人民元〜3億人民元、日本円換算で約30億円を調達したと報道されている)

これまで、Groupon.com の中国法人である、Gaopeng.com(高朋団購)について寄せられた読者からのコメントは、決して先行きの明るいものではなかった。Gaopeng(高朋団購) と Groupon.cn(団宝網) が一緒になったら、さぁ、どう考える?

【via Technode】(@technodechina)

 


 

我々の友人である、Gang Lu(盧剛)から、Technode を通じてニュースが飛び込んで来た。本日、グループ購入大手Groupon.com が Groupon.cn の買収に合意したというのだ。

後者、すなわち、Groupon.cn(団宝網) は、中国に多く存在する Grouponクローンの一つで、最近、中国市場に Gaopeng.com (高朋団購)の名前で参入した、Groupon 本家の競争相手になってしまっている。今月上旬、iResearch 社から発表された報告によれば、Groupon.cn(団宝網)には月に1877万人ものユーザが訪れているとのことだ。

今回の買収劇で気になるのは、Groupon が新しい中国サイトドメインをどうするかという点だ。Gaopeng.com(高朋団購)はやめてしまうのだろうか? このジレンマを見届けるには、もう少し待つ必要がありそうだ。

アジアで活発化する Groupon の動き

今年、Groupon はアジア地域でのビジネス拡大のため、動きを活発化している。3月中頃には、groupon.kr ドメインで、韓国Groupon を立ち上げた。今月は、インドネシアの Disdus を買収した。インドネシアでも、彼らは中国同様の「クローン問題」に直面している。

1月には、インドの SoSasta に加え、マレーシアの Groupmore を買収した。さらに昨年 12月には、シンガポールの Beeconomic、台湾の Atlaspost、香港の uBuyiBuy を買収している。

【via PennOlson】(@pennolson)