THE BRIDGE

タグ GrowthPush

シロクが「Growth Push」にウェブ版のプッシュ通知解析機能を追加

SHARE:

先日、Android 版 Chrome でプッシュ通知が可能になったことが話題となった。この機能によって、ブラウザのページが閉じられた後でもユーザへプッシュで通知をすることが可能になる。もちろん、ユーザが許可した場合のみだが。 メール、メッセージ、ソーシャルメディア、ネイティブアプリ、どれもユーザに通知することでサイトに繰り返し訪問してもらうことを目指している。ブラウザでもプッシュでユーザに通知が…

growthpush

先日、Android 版 Chrome でプッシュ通知が可能になったことが話題となった。この機能によって、ブラウザのページが閉じられた後でもユーザへプッシュで通知をすることが可能になる。もちろん、ユーザが許可した場合のみだが。

メール、メッセージ、ソーシャルメディア、ネイティブアプリ、どれもユーザに通知することでサイトに繰り返し訪問してもらうことを目指している。ブラウザでもプッシュでユーザに通知ができるようになるとなれば、サイト運営者にとっての衝撃はかなりのもの。

このウェブ版プッシュ通知にシロクが対応した。同社が開発するアプリ開発会社向けのプッシュ通知配信・解析サービス「Growth Push」に新たにウェブ版のプッシュ通知解析機能を追加した

「Growth Push」は、A/Bテスト配信、セグメント配信、配信時間予約といったプッシュ通知配信機能に加え、解析ツールとしても活用可能。国内を中心に約5000のアプリが同ツールを利用しており、プッシュ通知の効果を検証し最適化することで、ユーザの継続率や課金率の向上に取り組んでいる。今回のウェブ版プッシュ通知解析機能についてシロク代表取締役社長の飯塚 勇太氏は、

「PCブラウザ時代は、メールを利用してリテンションを図るケースが多かったですが、今後スマホブラウザにおいてアプリ同様にプッシュ通知を使って、リテンションを図る事が一般的になると思います。今まで、スマホブラウザサービスはアプリと比較しても継続率が低い傾向がありましたが、今回の機能によって、ブラウザでもアプリと同じようにリテンション向上を図れると思います」

とコメントしている。「Growth Push」は、先日位置情報連動機能が追加され、O2Oにも対応するなど、解析可能な範囲を広げている。

----------[AD]----------

アプリのプッシュ通知配信・解析サービス「Growth Push」に位置情報連動機能が追加、O2Oにも対応

SHARE:

シロクが運営する、アプリのプッシュ通知配信・解析サービス「Growth Push(グロースプッシュ)」に新たな機能として位置情報連動機能が追加された。 「Growth Push」は、A/Bテスト配信、セグメント配信、配信時間予約といったプッシュ通知配信機能に加え、解析ツールとしても活用することができる。同ツールは、ゲームなどのアプリに導入されることが多かったが、店舗を持っている事業者が提供するアプ…

light_growthpush2.0_oneM_ppt

シロクが運営する、アプリのプッシュ通知配信・解析サービス「Growth Push(グロースプッシュ)」に新たな機能として位置情報連動機能が追加された

「Growth Push」は、A/Bテスト配信、セグメント配信、配信時間予約といったプッシュ通知配信機能に加え、解析ツールとしても活用することができる。同ツールは、ゲームなどのアプリに導入されることが多かったが、店舗を持っている事業者が提供するアプリにも導入されていた。

店舗を持つ事業者がアプリでプッシュ通知をしていたところ、ユーザの反応が良かったことから、シロクはO2Oのソリューションとしても「Growth Push」を活用できるように、今回位置情報連動機能を追加した。これにより、ユーザの位置情報に合わせてプッシュ通知を配信することが可能になる。

現在、「Growth Push」を利用しているアプリの数は、5000になっており、配信されているデバイスの数は、累計で1億を突破しているという。

----------[AD]----------

シロクのプッシュ通知解析サービス「GrowthPush」が海外進出へ、総合グロースハックサービスも準備中

SHARE:

シロクは2013年からいくつものグロースハックツールをリリースしている。スマホアプリのユーザ行動を映像で記録するサービス「Growth Replay」、アプリの継続率向上と集客支援サービス「Growth Point」、そしてプッシュ通知解析サービス「GrowthPush(グロースプッシュ)」だ。 本日、シロクは「GrowthPush」の新たな展開を発表した。同社が「GrowthPush」をリリース…

growthpush

シロクは2013年からいくつものグロースハックツールをリリースしている。スマホアプリのユーザ行動を映像で記録するサービス「Growth Replay」、アプリの継続率向上と集客支援サービス「Growth Point」、そしてプッシュ通知解析サービス「GrowthPush(グロースプッシュ)」だ。

本日、シロクは「GrowthPush」の新たな展開を発表した。同社が「GrowthPush」をリリースしたのは、約1年前の2013年8月。SDKタイプでアプリ開発者に提供され、プッシュ通知を基軸に文言によるA/Bテストや取得データの解析などが実施できるというツールだ。

約1年の運営を経て、「GrowthPush」を導入しているアプリは約1700個、配信したプッシュ通知数は累計で約5000万に上っており、国内ナンバーワンのプッシュ通知解析サービスとなっている。ゲームを中心に導入されており、ブレイブフロンティアやガールフレンド(仮)といったビッグタイトルにも導入されている。

growthpush growth

「GrowthPush」の新たな展開

本日発表された「GrowthPush」の新たな展開は大きく2つだ。

  • 無料枠の拡大
  • 海外進出への注力

new growthpush price

これまでの無料枠を大幅に拡大し、無料で利用できる範囲を5万リクエストから100万リクエストへと変更した。これまでの5万リクエストから、20倍までのリクエストに対応できるようになる。

これにより、20万ダウンロードほどのレベルまで対応可能になるため、無料ではGrowthPushを使うのが最適になる、とシロクは考えている。人気のアプリを開発している個人のデベロッパーにも使ってもらうなど、これまで使うことができなかった人たちに使ってもらいたいと考えているという。

海外展開にも注力

シロクは今後「GrowthPush」を英語版、韓国版、中国版でも提供し、海外でも展開させていく。海外にオフィスを構えるわけではなく、言語対応とウェブマーケティングでの進出を行うという。

シロク代表の飯塚勇太氏は、

飯塚氏「北米で使われているSaaS系サービスでヨーロッパ発のものも多く存在します。プッシュ通知は各国共通のものなので、チャンスがあると考えています。

BtoBサービスのBtoC化が起きていると考えていて、B向けのサービスであってもスタイリッシュなサービスが増えてきています。「GrowthPush」は価格や機能面では差はないと考えており、デザインにもこだわることで差別化を図ります。」

シロクは、まずアプリ数も多く、新規アプリもよく登場するアメリカをターゲットにする。アジアで注力するのは韓国。徐々に国を増やしていき、「GrowthPush」を導入するデバイスの数を5億台にすることを目標としている。

他のグロースハックアプリを統合

シロクは、現在複数のSDKで提供しているサービスを今後統合していく方針であることも明らかにした。「GrowthPush」「GrowthReply」「GrowthPoint」など、複数のツールをひとつのSDKで対応し、ひとつのサービスの中でアプリの運用やマーケティングなどを実施する総合グロースハックサービスにしていきたいと考えているという。

大きな基盤を作り、その後はその基盤の上にいくつかのツールを提供していくことを考えているという。これに関しても8月には最初のリリースを出す予定だそうだ。今後提供していくツールに関しては、飯塚氏は

飯塚氏「アプリの深いところまで分析できるようにしていきたい。アプリの運用に関わるすべてのことをできるようにしたいと思います。」

とコメントしている。海外展開をスタートさせ、さらにサービスのブラッシュアップを図るシロクが、盛り上がりを見せるグロースハック領域でどのように成長していくのか、楽しみだ。

----------[AD]----------

my365のシロクが次に出したのは、アプリを育てるプッシュ系グロースハックツールの「GrowthPush」

SHARE:

サイバーエージェント子会社でスマートフォン向けのカメラアプリmy365を運営しているシロクは8月7日、スマートフォンアプリ向けのプッシュ通知解析サービス「GrowthPush(グロースプッシュ)」を開始すると発表した。SDKタイプでアプリ開発者に提供され、プッシュ通知を基軸に文言によるA/Bテストや取得データの解析などが実施できる。 初期費用は無料で、プッシュ配信の50,000リクエストまでは月額…

gp_mba_landingPage

サイバーエージェント子会社でスマートフォン向けのカメラアプリmy365を運営しているシロクは8月7日、スマートフォンアプリ向けのプッシュ通知解析サービス「GrowthPush(グロースプッシュ)」を開始すると発表した。SDKタイプでアプリ開発者に提供され、プッシュ通知を基軸に文言によるA/Bテストや取得データの解析などが実施できる。

初期費用は無料で、プッシュ配信の50,000リクエストまでは月額無料、それ以上についてはリクエスト毎に月額費用と1リクエスト毎の配信料がかかる。詳しくはサイトの料金リストを確認して欲しい。まずはiOS向けに提供され、8月中にAndroid版への対応や配信機能拡充などを予定している。

gp_artwork_push

いわゆる「グロースハック」と呼ばれる分野だ。国内では500Startupsに参加したAppSocialyがユーザーの招待などを通じたグロースハックサービスを提供していることで先行しているが、そろそろ他のプレーヤーも動き始めたということになるだろうか。シロクで同プロジェクトを推進する取締役の向山雄登氏は狙いをこう語る。

「my365やpipul(ピプル)といったアプリ運営を通じて、こういったツールの必要性を感じていました。広告などでユーザー獲得する方法は揃いつつありますが、今後はユーザーのリテンションをどのように効率的に保つかが勝負になってくるでしょう。

従来のウェブサービスでメール配信があったように、アプリ時代はプッシュがそれに取って代わると考えています」(向山氏)。

スライド13

実際に同社が運営するpipul(ピプル)でGrowthPushをテストしたところ、起動率の向上が見られたという。さらに文言によるA/Bテストが可能なので、課金、無課金などのユーザーセグメントに応じて結果を把握することができる。

「A/Bテストの結果や起動率、課金率などを測定、解析し、さらに効果がよかったものを自動化して効率化をはかれるのが特徴なんです。対象はiOSゲームとコミュニティサービス。リテンションという課題に対して解析から改善に繋げることができる」(向山氏)。

学生ベンチャーとして独立の道を選ばずサイバーエージェントへの参加を決定したシロク。1年ほどが経過した今、やはり同様のアプリサービスを多数運営しているため、どのように販売すればいいかというノウハウをもっている営業面での恩恵は大きかったと語る。そして今回のサービスに関してもそこへの期待は大きい。

「親会社となるサイバーエージェントのアメーバが提供しているアプリ・ラインナップが数百万ダウンロードの規模であり、まずはここをベースに配信量を伸ばしていこうと考えています。海外も含め3ヶ月で1,000アプリへの導入、1億配信を目指していきます」(向山氏)。

my365は現在300万DLを達成、一日に3000人ほどの新規ユーザーを獲得、DAUも6万人と順調に成長を続けている。その経験を元に新しいチャレンジがどう実を結ぶのだろうか。

growthpush_analysis

----------[AD]----------