BRIDGE

タグ HAIKU

シンプルな表示と操作で自転車の運転を安全にアシストしてくれる「HAIKU」

SHARE:

自転車のハンドル部分に取り付け、ナビゲーションやスマートフォンの通知を手早く安全に確認できるデバイス「HAIKU」がKickstarterに登場している。開発しているのは、フランスのスタートアップ「ASPHALT Lab」。 「HAIKU」は、タッチ非対応のスクリーンとLEDを搭載した小型のデバイスだ。あらかじめ、スマートフォンとBluetoothで連携させて使用する。付属のマウントを自転車のハン…

HAIKU

自転車のハンドル部分に取り付け、ナビゲーションやスマートフォンの通知を手早く安全に確認できるデバイス「HAIKU」がKickstarterに登場している。開発しているのは、フランスのスタートアップ「ASPHALT Lab」。

HAIKU

「HAIKU」は、タッチ非対応のスクリーンとLEDを搭載した小型のデバイスだ。あらかじめ、スマートフォンとBluetoothで連携させて使用する。付属のマウントを自転車のハンドルに取り付け、マグネット式で本体を着脱するしくみだ。

HAIKU

スマートフォンのGoogleMapのアプリで目的地を設定した後に自転車を運転すれば、「HAIKU」のスクリーンに、曲がる方向やタイミングを、矢印と数字でシンプルにわかりやすく表示してくれる。また、スマートフォンがメッセージを受信したり、電話がかかってきたなどの情報も表示することができる。

HAIKU

普段のスタンバイモードではスクリーンは消灯しており、点滅するLEDの色で何の情報が確認できるか分かるようになっている。(黄色はナビゲーション、緑は走行距離情報その他、ブルーは電話の着信、メッセージ等。)

サイクリング中に内容を確認したいと思った場合は、スクリーンの上で手や指を振ると、その情報を表示してくれるしくみだ。

タッチで操作するスマートフォンと比べて、手や指を振るだけなので、自転車に乗ったままでもかんたんに操作できそうだ。また、最低限のシンプルな表示は運転中でもパッと見で情報が分かるため、ハンドルに取り付けたスマートフォンや、腕に巻いたスマートウォッチよりも、安全にサイクリングのサポートをしてくれそうだ。

バッテリーはmicroUSBで充電可能で、フル充電で自転車に取り付けた場合は、約12時間の利用が可能だという。
iPhone 4s以降のiPhone、Galaxy S3、Nexus 5以降の機種などに対応する。

市販予定価格は、90ユーロ。現在、Kickstarterで受け付けているプレオーダーでは、70ユーロからオーダー可能だ。(50ユーロ、60ユーロの早期購入プランは完売済)。発送開始は2016年3月となる見込みだ。

----------[AD]----------