THE BRIDGE

タグ Haneda Robotics Lab

ロボットの社会実装の場を目指し、羽田空港とスタートアップ・大企業がコラボする「Haneda Robotics Lab」——第2期募集の説明会を開催

SHARE:

羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングは10日、ロボットの社会実装に向け、今年で2期目となる「Haneda Robotics Lab」の説明会を開催した。Haneda Robotics Lab は企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクトで、羽田空港で行われた説明会には、全国各地の大企業のロボット開発部門、スタートアップ、大学や研究機関など約30の団体の担当者らが出席した…

昨年の「Haneda Robotics Lab」第1期に参加したロボットの皆さん
Image credit: 日本空港ビルデング

羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングは10日、ロボットの社会実装に向け、今年で2期目となる「Haneda Robotics Lab」の説明会を開催した。Haneda Robotics Lab は企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクトで、羽田空港で行われた説明会には、全国各地の大企業のロボット開発部門、スタートアップ、大学や研究機関など約30の団体の担当者らが出席した。

このプロジェクトでは、空港という交通の要衝で、そこを行き交う人々との接点を通じて、ロボットへの実証実験(PoC)の機会を提供。最終的には、PoC にとどまらず2020年に向けて空港での実用化を狙うものだ。昨年の第1期では清掃・移動支援・案内の3つの機能にフォーカスして17社(17機種のロボット)が採択されたが、うち10機種のロボットについては、羽田空港で実用レベルで実装されつつある。

日本空港ビルデング事業開発推進本部事業開発部次長の志水潤一氏

今年、募集対象となるのは、警備・物流・翻訳の3分野。プロジェクトの名前に Robotics という言葉が冠されているものの、特に駆動体を備えた典型的なロボットの形をしている必要はなく、ドローンのようなものであったり、ソフトウェアで完結するものであったりしても許容される。説明会で登壇した、日本空港ビルデング事業開発推進本部事業開発部次長の志水潤一氏は、採択の対象となる条件として「空港の運用が効率化され、旅客の利便性が高まることが重要」であると指摘した。応募の締切は10月25日まで。

Haneda Robotics Lab に影響を受けてか、このところ、鉄道駅やオフィスビルなどの公共スペースで、スタートアップとの協業によるロボット導入の PoC が相次いでいる。JR 東日本は鉄道駅でのサービスロボット開発・導入を狙った「JRE ロボティクスステーション」なる LLP およびプロジェクトを開設した(7月5日にウェブサイトを開設、ロボット技術や開発パートナーを募集とされているが、本稿執筆時点では未確認)。森ビルは今月に入って、六本木ヒルズを舞台に、ZMP と共同で自動走行する宅配ロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」の PoC を開始している。

羽田空港で10日に開催された、Haneda Robotics Lab 第2期説明会の様子
----------[AD]----------

羽田空港とスタートアップ・大企業がコラボする「Haneda Robotics Lab」、第1期参加の17社を採択——約2ヶ月間にわたる実証実験を開始

SHARE:

THE BRIDGE では9月末、羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングが、ロボットの社会実装に向け、企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクト「Haneda Robotics Lab」が開始されることをお伝えしたが、15日、その第1期に参加する17社が採択され、約2ヶ月間にわたる実証実験が開始された。 参加するのは清掃ロボット4社、移動支援ロボット5社、案内ロボット8社…

haneda-robotics-lab-1st-batch_robots
「Haneda Robotics Lab」第1期に参加する、ロボットの皆さん
Image credit: 日本空港ビルデング

THE BRIDGE では9月末、羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングが、ロボットの社会実装に向け、企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクト「Haneda Robotics Lab」が開始されることをお伝えしたが、15日、その第1期に参加する17社が採択され、約2ヶ月間にわたる実証実験が開始された。

haneda-robotics-lab-1st-batch-list-of-robots参加するのは清掃ロボット4社、移動支援ロボット5社、案内ロボット8社の合計17社で、大企業に混じって、ZMPA.M.Y クリエイティブWHILLNextremer、明治大学からスピンアウトした SEQSENSE などのロボティクス・スタートアップが含まれる。実証実験は期間中の10時から16時半の間、羽田空港国内線第2旅客ターミナルの出発ロビー周辺で実施される予定だ。実験の様子は特設サイト公式 Facebook ページ でも情報発信される。

この実証実験ではロボット自体の安全性、公共空間での稼働についての安全性、導入効果の検証の3つのフェーズが想定されている。実験されるロボットの種類にもよるが、空港職員や空港利用者もこれらのロボットに触れたり、操作できたりする可能性がある。

日本空港ビルデングでは、このプロジェクトを通じて、年間7,500万人以上が利用する羽田空港で、ロボットの技術面・法規面での課題が洗い出され、広く知見が共有されることを期待したいとしている。

----------[AD]----------

羽田空港とオープンイノベーション――ロボットの社会実装の場を目指す「Haneda Robotics Lab」が応募希望者向け説明会を開催

SHARE:

羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングは30日、ロボットの社会実装に向け、企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクト「Haneda Robotics Lab」の説明会を開催した。羽田空港で行われた説明会には、全国各地の大企業のロボット開発部門、スタートアップ、大学や研究機関など約40の団体の担当者らが出席した。 一般的に、空港のような公共交通施設では、実証実験にあたって国…

haneda-robotics-lab_topimage

羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングは30日、ロボットの社会実装に向け、企業やスタートアップが空港内での実証実験に参加できるプロジェクト「Haneda Robotics Lab」の説明会を開催した。羽田空港で行われた説明会には、全国各地の大企業のロボット開発部門、スタートアップ、大学や研究機関など約40の団体の担当者らが出席した。

一般的に、空港のような公共交通施設では、実証実験にあたって国土交通省など規制当局への事前の許諾申請が求められるためハードルが高いが、今回のプロジェクトには経済産業省や国土交通省が協力しており、プロジェクト参加者にとっては、例外的に手順が簡略化または規制が緩和される適用を受けられたり、申請手続を日本空港ビルデングがフォローアップしてくれたりするメリットがある。

1st-haneda-robotics-lab-briefing-2
30日に羽田空港で開かれた、Haneda Robitics Lab の応募説明会。40以上の企業や団体の担当者が集まった。

日本空港ビルデングでは、今回のプロジェクトを実施する背景として、1. 旅客需要が伸び、飛行機発着回数ベースで2020年には48.6万回に達すると見通しであること(2014年現在で44.7万回)、2. 旅客のサービスニーズが高まり、Skytrax 評価で5スターを確保しているものの、旅客には現状維持だけでは満足してもらえないこと、3. 生産年齢人口の減少に伴い、いずれは空港で働く職員の数も減っていく可能性があること、を挙げた。

また、このプロジェクトの目指す方向性としては、1. 日本の玄関口である羽田空港からテクノロジーを情報発信できること、2. 空港利用者に対する安全・安心・便利を追求すること、3. 空港従業員がより健康的に働きやすい環境をもたらすこと、と定義。案内・移動支援・清掃の3つのカテゴリに絞って、ロボットの実証実験を受け入れる。日本空港ビルデングでは、応募された案件から何件を採択するかについて定めていないが、「3つのカテゴリに各々2~3案件くらいが現実的なところ」とのことだった。

1st-haneda-robotics-lab-briefing-1
Haneda Robotics Lab について説明する、日本空港ビルデング 経営企画本部 事業企画部次長の志水潤一氏

Haneda Robotics Lab 第1期の応募受付は10月13日(木)まで。後日、選考の上採択されたプロジェクトが公表され、実証実験は11月初旬から来年1月末にかけて、羽田空港第2ターミナルのDゲート付近に設置される、特設ブースエリア周辺で展開される予定だ。実験されるロボットの種類にもよるが、空港職員や空港利用者もこれらのロボットに触れたり、操作できたりする可能性がある。プロジェクトに参加が認められた団体にとっては、実証実験に基づいて、PoC では露呈しなかった問題を発見できたり、実運用に近い環境でビッグデータを活用できたりするなどのメリットが享受できる。

1st-haneda-robotics-lab-briefing-3
実証実験エリアとなる、羽田空港第2ターミナルのDゲート付近

空港が運用するオープンイノベーションの事例は、ドイツのフランクフルト空港、アムステルダムのスキポール空港などにも見られるが、これらは公共機関のオープンイノベーションに顕著な、オープンデータや API を活用したアイデアを募集するものだ。スキポール空港とパリのシャルル・ド・ゴール空港は、共同で Hack & Fly というハッカソンを実施している。今回の羽田空港のように、空港がロボティクスにフォーカスしたオープンイノベーション機会を提供するのは極めて珍しく、世界的に見ても初の試みと考えられる。

----------[AD]----------