BRIDGE

タグ Health IQ

データ収集により健康意識の高い人の生命保険料を下げるHealth IQ、シリーズBとCラウンドで7,600万米ドルを調達

SHARE:

データ収集により健康意識の高い人が生命保険料を平均年1,238米ドル節約することを可能にする Health IQ は、ベンチャーキャピタルで7,600万米ドル(シリーズ B ラウンド + シリーズ C ラウンド)の追加資金を調達した。 同社は Andreessen Horowitz リードのシリーズ C ラウンドで3,460万米ドルを獲得し、これまで未発表だったラウンドでも4,140万米ドル(シリ…


データ収集により健康意識の高い人が生命保険料を平均年1,238米ドル節約することを可能にする Health IQ は、ベンチャーキャピタルで7,600万米ドル(シリーズ B ラウンド + シリーズ C ラウンド)の追加資金を調達した。

同社は Andreessen Horowitz リードのシリーズ C ラウンドで3,460万米ドルを獲得し、これまで未発表だったラウンドでも4,140万米ドル(シリーズ B ラウンド)を調達していたことを明かした。資金調達額は合計8,100万米ドル(シードラウンド + シリーズ B ラウンド + シリーズ C ラウンド)になった。

来年には歯科、長期治療、障害、がんなど他分野の医療保険へのサービス拡大を予定しているという。

設立者で CEO の Munjal Shah 氏は VentureBeat のインタビューで、これまでたった22か月で「数万人に及ぶ人々」が生命保険契約で合計53億米ドルの保障を確保する手助けをしたと述べている。

Shah 氏は同社の具体的な収益率は公表していないが、2010年に1億2,000万米ドルで Google に売却した Like をはじめとする、自身の会社で経験した中で最速の収益成長率を見せているという。

Health IQは、「ランニングやサイクリング、あるいはウエイトトレーニングを定期的に行っていることを証明できる人」など「健康意識の高い人」の定義を明確にすることで急成長を成し遂げたという。同社はそのような人々が健康的習慣に対する割引に積極的な保険会社からより有利な保険料と保障を得られるようにしている。

Health IQ は、独自の健康テストの中で最も健康意識が高かった人の3年後の死亡率が、不健康な生活をしている人に比べて41%低かったことを発見した。

同社はこの死亡率のデータを予期せぬ形で発見した。3年以上前、Health IQ は別のアイデア(健康 FICO スコア作成のための血液検査の採用)に取り組む傍ら、健康にまつわるクイズを Facebook に投稿した。数週間で数千人がこのクイズに答え、まもなくその数は100万人に達した。この試みが興味深い結果をもたらす一方、数年後に不健康だった回答者が亡くなり始めるまで、このデータをどう利用するのかがはっきりしていなかった。そして彼らは最大規模の生命保険死亡率統計表を作り上げた。

その後、最も健康な回答者の生命保険料を引き下げるという新しいモデルを取り入れ、保険販売の SBLI、Ameritas、Assurity や再保険会社の Swiss Re など複数の保険会社との契約を取り付けた。これらの保険会社は Health IQ の健康な対象者に10%の割引を設けているが、一般的な人に比べて最大40%増しで健康だと言える人と契約することを考えれば、保険会社にとっても良い話だ。

同社は30以上の保険会社による保険商品を提供し、4〜33%の保険料節約を可能にしている。

health-iq.jpg

同社の健康クイズは回答者がいかに健康であるかを偽って答えることを防ぐように作られている。3万の問題の中から毎回異なる問題が出される。また、回答者がクイズのページを離れて質問の答えを調べることができないよう、素早い回答が要求される。さらには、回答者のスポーツと食に関する「機能的知識」を試す働きもある。(例えばストリクトなベジタリアンだと主張すれば、「アントシアニンを最も多く含み、抗酸化物質をより多く含むのは何色の人参か?」と質問されるだろう。ちなみに答えは紫だ。)

アメリカは肥満人口と糖尿病患者の割合の高さが問題視される「二都物語」だと Shah 氏は語る。一方で、5,000万のアメリカ人が「健康意識の高い」生活を送っており、Health IQ がターゲットとする市場はそこにある。アメリカ国内の生命保険市場は1,380億米ドル規模であるが、Shah 氏によれば、海外でのサービス提供も目指しているという。

今回の Andreessen Horowitz による出資の他に、Charles River Ventures、Ribbit Capital、Foundation Capital、First Round Capital、Felicis Ventures、Western Technology Investments が出資している。

同社はまた、過去の価格設定を不公平にしていた要因は何かを保険会社に問いただした。例えば、体格指数(BMI)では筋肉と脂肪が区別されず、ウエイトトレーニングをする人や、がっちりした体形の人が過剰に請求される原因になっていた。

継続的にランニングをしている人の心疾患死亡率は50%低く、ベジタリアンの大腸がん発症率は22%低いということや、優れた筋力はがん死亡率を30%引き下げることにつながるということを業界の調査結果は示している。Health IQ はこの調査結果と彼ら独自のテストによるデータを組み合わせているという。

Shah 氏は、Health IQ を立ち上げるきっかけとなった、自身の体験を明かしてくれた。2010年、Shah 氏の以前の会社 Like が Google に買収された直後のマラソン走行中に、彼は胸の痛みに苦しめられ、急遽病院に搬送された。

その日は私の銀行口座に大きな動きがあった後のことでした。最初に思ったのは、10年間週70時間働いてきたのにこんなの不公平だということでした。

彼は肺胸膜炎と診断され、命に別状は無かったものの、この出来事は彼に大きな打撃を与えた。当時彼は37歳で肥満気味であった。

彼はすぐに40パウンド(18キロ)の減量をした。以降彼は乳製品をやめることでコレステロール値を40ポイント落とし、ウエイトトレーニングとランニングを週5日行っている。お酒もやめて、夜8時以降と昼12時までは食べないという断続的な断食を行っている。

ビジネスが私を見つけてくれました。もしこの会社を築き上げるのにこの先20年かかるとしても、私はやります。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】