THE BRIDGE

タグ Hello Bike(哈囉単車)

自転車シェアリングなどを展開するHello TransTech(哈囉出行)、同業ofo(小黄車)の買収に向け交渉を開始か【報道】

SHARE:

<26日10時30分更新> 文中とタイトルの「自動車レンタル」となっていた表現を「自転車シェアリング」に修正。 自転車シェアリング/配車スタートアップの Hello TransTech(哈囉出行、旧社名は Hello Bike=哈囉単車)は、ofo(小黄車)を買収する交渉に入っているようだ。この件に近い人物の話として、中国の主要金融メディア Blue Whale TMT(藍鯨 TMT)が19日朝、…

hello-bike2
Hello Bike(哈囉単車)
Image credit: Hello TransTech(哈囉出行)

<26日10時30分更新> 文中とタイトルの「自動車レンタル」となっていた表現を「自転車シェアリング」に修正。

自転車シェアリング/配車スタートアップの Hello TransTech(哈囉出行、旧社名は Hello Bike=哈囉単車)は、ofo(小黄車)を買収する交渉に入っているようだ。この件に近い人物の話として、中国の主要金融メディア Blue Whale TMT(藍鯨 TMT)が19日朝、報じた。

この人物は、現在進行中の交渉で、買収価格と株式交換比率が焦点になっていると述べた。提案されたプランでは交換比率が1:5から1:2.5、すなわち、Ofo の1株は Hello TransTech に0.2から0.4株と交換される形となる。

Blue Whale TMT によれば、両社が最終決定のために計算しているデータには、Hello TransTech のデューデリ分析と ofo の運用データが含まれるという。両社の売上、オンラインでの自転車オーダー、1日あたりの自転車利用頻度は、買収価格の確認と計画に向け比較の最中だ。

この人物は、社内文書によると ofo は「継続的運用を前提として評価することは困難」であり、これは、合計14億米ドルの累積資金調達に関して、もはやその価値を証明することができないことを示唆している。

一方、Hello TransTech は10月18日、同社株式を担保として Ant Financial(螞蟻金融)から新規の資金調達(調達額非開示)を模索していると報じられた。Ant Financial は、ofo が9月に完了した数百万ドル規模の E2-2 ラウンドでリードインベスターを務めた。

TechNode はこの取引を確認し、新規の調達計画が概ね買収に近い取引かどうかを確認すべく、Hello TransTech に問い合わせている。Hello TransTech は TechNode(動点科技)に対して次のようにコメントし、それ以上の詳細を答えなかった。

ofo の取締役会は、協業を念頭に Hello TransTech のグループを招きました。しかし、現時点で我々は自分たちの能力を向上させ、よりよいサービスを提供することを優先させるべきだと考えています。

Hello TransTech は地元メディアへの回答の中で、今回の取引を直接的に否定した。

この取引が成立すれば、Hello TransTech は大都市での ofo の事業を引き継ぐことになる。これまで、Hello Bike は、競争が激しく、洗練されたポリシー策定が求められる大都市への参入を敬遠してきた

Didi Chuxing(滴滴出行)が ofo と協議していることは広く疑われていた。Didi Chuxing と ofo の両者は明確にこれを否定し、共に独立した運営状況が重要であると語っていた。ofo が Hello TransTech と交渉に入ったことは、ofo にとって Hello TransTech 以外の潜在的資金提供者からの調達が失敗に終わったか、困難であることを示唆しているのかもしれない。

それにもかかわらず、Hello TransTech の資金提供要請は、自転車レンタル業界での、一般的なキャッシュバーンレートの高さを示唆していて、この分野のプレーヤーたちは、それ以上の損失リスクをヘッジするために、新しい業界への進出や提携を増やしつつある。Hello TransTech は先ごろ自転車レンタル専業だった Hello Bike から社名を改め、今月初めにタクシー配車事業をローンチした。8月には、食料品デリバリサービスのメンバーシップに関連し、Alibaba(阿里巴巴)傘下 Ele.me(餓了麼)と提携を発表している。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------

バイクシェアリング戦争(後編):中国の小都市で、Hellobike(哈羅単車)はこうしてMobike(摩拜単車)とOfo(小黄車)を打ち負かしている

SHARE:

(前編からの続き) 中国におけるバイクシェアリング戦争はまだまだ終わらない。市場は2017年から2019年の間に新たに1億6,700万人の新たなユーザを加え、顧客数は3億7,600万人に上ると予測されており、その成長は北京や上海、広州、深圳といった1級都市以外の場所で起こるとされている。 業界大手の Mobike(摩拜単車)と Ofo(小黄車)は小規模都市へと積極的に進出しているが、業界3位の H…

2級都市である杭州でみられる、Mobike(摩拜単車)、Ofo(小黄車)、Hellobike(哈羅単車)の自転車
Image credit: Tech in Asia

前編からの続き)

中国におけるバイクシェアリング戦争はまだまだ終わらない。市場は2017年から2019年の間に新たに1億6,700万人の新たなユーザを加え、顧客数は3億7,600万人に上ると予測されており、その成長は北京や上海、広州、深圳といった1級都市以外の場所で起こるとされている。

業界大手の Mobike(摩拜単車)と Ofo(小黄車)は小規模都市へと積極的に進出しているが、業界3位の Hellobike(哈羅単車)は既に有利なスタートを切っている。

強力な味方

小規模都市へと進出しているバイクシェアリング企業は Hellobike だけではないが、Meituan(美団)の Mobike と、Alibaba(阿里巴巴)が支援する Ofo を除いて、Hellobike とその最大の投資家との強固な協力関係に太刀打ちできるものはほぼいないだろう。

Hellobike は最近 Ant Financial(螞蟻金融)と提携するまで、ほぼ勝ち目がない状態だった。Alibaba が33%の持分を握るこのフィンテック大手は、昨年12月に Hellobike への最初の投資を行い、5月に3億2,100万米ドルの資金を提供して同社の筆頭株主となった

Hellobike の COO の Han Mei(韓美)氏によると、現時点で同社の評価額は23億米ドルを超えるという。Ofo の評価額は30億米ドルであると昨年12月に報告されており、Mobike は4月に34億米ドル相当の取引で Meituan に売却された。

Ant の助けは筆舌に尽くしがたいものだ。この4月には Hellobike のサービスがAnt の Alipay(支付宝)のeウォレットを通じて利用可能となったため、ユーザはもう Hellobike 専用のアプリをダウンロードする必要がなくなった。Hellobike は Alipay が巻き起こしたトラクションが正確にはどれくらいなのかを明らかにはしていないが、Han 氏は同社の「オンラインユーザ獲得」にとって「非常に価値がある」と認めた。

Alipay は膨大なユーザベースと社会的な影響力を持っています。新たなユーザにとって Alipay を使って Hellobike にアクセスすることは、より利便性に優れています。そのため、弊社が新しい都市に進出するときはいつも、まず Alipay を使ってプロモーションを行います。(Han 氏)

しかしながら、Alipay の6億5,000万人のユーザは Hellobike が独占しているわけではない。Ofo とその他4社のバイクシェアリング企業もまた、Alipay を通じてアクセスできる。Mobike は Tencent(騰訊)の支援を受けており、同社が持つ凄まじい人気を誇るメッセージアプリ WeChat(微信)上で利用可能だ。

Hellobike と Ofo は小都市という同じ目標に対する競合が高まってきており、この2社が合併するかもしれないという憶測が出回っている。

Hellobike はその噂にはほとんど関心がありません。

もし自社のチームとビジネスが上手くいっているならば、それらの決定においてもっと大きな発言権を持ってるはずです。(Han 氏)

デポジット無料へ

3月に Hellobike は再び Ant とタッグを組んで新たにアグレッシブなステップを踏み出した。同社は Ant の Sesami Credit System(芝麻信用)で650以上のスコアを持つすべてのユーザのデポジットを廃止したのだ。Ant の財政支援により、Hellobike は顧客のデポジットがなくても資金繰りに困らなくなったのである。

結果は素晴らしいものだった。ほんの2ヶ月のうちに Hellobike の登録ユーザは70%アップした。そして Ofo と Mobike がそれぞれ39.5%と28.8%を占める1月から3月までの業界内新規ユーザにおいて、Hellobike は25.7%にまで迫った。

月単位のユーザ総利用時間推移
新ユーザが占める割合

Ant の側では、この動きは同社が顧客に Sesame Credit を展開して大きく推し進めている「デポジット無料のシェアリングエコノミー」に上手く合致している。昨年11月、Ant は顧客のデポジットを廃止する企業を助けるための1億5,200万米ドルのファンドを発表した。地方の監督機関もまた、ユーザの資金の不正使用が広がる中で、デポジットの停止を呼びかけている

Hellobike のデポジット無料という計画は決して独特のものではない。ユーザ獲得のため Mobike は今月、中国のすべての顧客の45米ドルのデポジットを、条件をつけずに取りやめた。対照的に、Ofo はこの5月に20の都市でデポジット無料にするプログラムを取りやめ、「現時点では199人民元(約3,000円)のデポジットを廃止する計画はない」とメディア企業 Caixin に語った。

Ofo の決定は同社の資金難への憶測を深めるものだ。だが Mobike と Hellobike も同様のプレッシャーにさらされている。かつてのバイクシェアリング助成金の熱狂と同様に、デポジット無料プログラムは大きな資本を必要とする。Meituan の IPO 目論見書が示すように、Mobike はまだ利益を出していない

中国のバイクシェアリング企業は、新たな収入源として、自転車フレームに広告を入れ始めている。
Image credit: Hellobike

Hellobike は採算性にどれほど近づいたのか明らかにしていないが、Han 氏は位置情報に基づいた広告が「非常に良い収入源」であると示唆している。

たとえば、銀行から500メートルの場所にいるとき、付近のビジネスは Hellobike のアプリを通じてクーポンを強くお勧めします。多くの企業がこのサービスに喜んでお金を払うでしょう。なぜならターゲット設定が非常に正確ですから。潜在的な対象ユーザのサイズは大きく、集客コストは低いのです。(Han 氏)

Mobike や Ofo と同様に、収入源の多様化のため、そして通勤の選択肢を揃えるために、Hellobike も電動自転車について注意深く考えている。電動自転車は5kmから10kmの道のりにおいて「Didi(滴滴出行)のニーズに間接的に取って代わる」ようになると、GGV の Jixun Foo(符績勳)氏は述べた。

Didi もこの電動自転車の登場にどう対処するのか考えなくてはならなくなるでしょう。(Foo 氏)

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

バイクシェアリング戦争(前編):中国の小都市で、Hellobike(哈羅単車)はこうしてMobike(摩拜単車)とOfo(小黄車)を打ち負かしている

SHARE:

中国におけるバイクシェアリング戦争はまだまだ終わらない。市場は2017年から2019年の間に新たに1億6,700万人の新たなユーザを加え、顧客数は3億7,600万人に上ると予測されており、その成長は北京や上海、広州、深圳といった1級都市以外の場所で起こるとされている。 業界大手の Mobike(摩拜単車)と Ofo(小黄車)は小規模都市へと積極的に進出しているが、業界3位の Hellobike(哈…

Hellobike(哈羅単車)は湖北省の地方政府と手を組み、二酸化炭素を排出しない通勤を振興。
Image credit: Hellobike(哈羅単車)

中国におけるバイクシェアリング戦争はまだまだ終わらない。市場は2017年から2019年の間に新たに1億6,700万人の新たなユーザを加え、顧客数は3億7,600万人に上ると予測されており、その成長は北京や上海、広州、深圳といった1級都市以外の場所で起こるとされている。

業界大手の Mobike(摩拜単車)と Ofo(小黄車)は小規模都市へと積極的に進出しているが、業界3位の Hellobike(哈羅単車)は既に有利なスタートを切っている。

初めは小さいことから

Mobike と Ofo は人口が多い中心部を抑えているおかげで、5月時点ではまだ Hellobike を大きく上回っている。だが、人口が少なく混雑していない地域ではそうでもない。データモニタリング企業 Trustdata によると、2級都市や3級都市では Hellobike がユーザの約半分を獲得しているという。

中国の主要バイクシェアリング企業シェアを月間アクティブユーザ数で見る
中国のバイクシェアリング企業シェアを都市分布で見る

2級都市では中国のバイクシェアリング人口の72%を占め、1級都市では28%となっていると Trustdata は示している。そして、大都市に比べて新しいものを受け入れる速度が遅い小規模の都市では、(乗り捨て可能な)ドックレス自転車はこれから増えることになるという。中国情報通信研究院の報告によると、大都市市場が飽和点に達したため、2017年には多くのバイクシェアリング企業が小規模都市に力を入れ始めた

その結果、小規模都市においてバイクシェアリングアプリの普及率も大きく上昇した。データプロバイダー Jiguang(極光)によると、2級都市と3級都市では2%未満だったものが、2017年を通して2級都市では10%、3級都市では6%へと上がった。

Mobike と Ofoに約2年遅れて2016年後半にローンチした Hellobike は、小規模都市に照準を合わせた最初のバイクシェアリング企業だった。同社は大都市にもサービスを展開してきたが、その優先順位は高くない。

GGV Capital(紀源資本)のパートナー Jixun Foo(符績勳)氏は声明で、Hellobike のライバルは「先行者利益を持っているが、中国は巨大な国」だと述べている。GGV Capital は Hellobike のアーリーインベスターだ。

Hellobike のチーフオペレーティングオフィサー(COO)Han Mei(韓美)氏は先頃の TechCrunch 杭州で Tech in Asia に次のように語っている。

ライバル企業は確かに2級都市にも向かいましたが、カバーしきれない都市も多くありました。

少なくとも100の小都市にはまだドックレスの自転車は参入していません。弊社が次に手にしたいのはこれらの市場です。

Hellobike(哈羅単車)の COO Han Mei(韓美)氏
Photo image: TechCrunch China

同社は現在中国220都市で運営している。比較すると Mobike は176の都市、そのうち11は海外で、Ofo は世界中の250の都市でサービス展開している。

Hellobike はこの2年間、あまり発達していない田舎の地域に特化することで今後に向けて準備してきたと Han 氏は考えている。

そういう場所の交通機関の状況は大都市とは大きく違います。

たとえば、人口密度が低い場所では自転車サービス範囲が散らばってしまう傾向にあるため、台数のバランスを取り直しメンテナンスを行うためにより大きな労力が必要とされる。大都市では、自転車は乗り換えの駅と目的地の間のラストマイルソリューションとなることが多い。しかし小規模都市では、道のりすべてを自転車でカバーすることもある。

Hellobike はまた、地方当局と緊密な関係を築いてきた。中国においてバイクシェアリングは厳格な規制と監視の下にあるためである。これは同社の2番目に大きな株主 Youon(永安)が政府に自転車を販売する役にも立っている。別の方向から見れば、地方行政は二酸化炭素排出量の少ない交通のために民間の自転車業者を求めている。東営、鎮江、浜州といった500万人に満たないレベルの都市(北京は2,000万人以上)では、地方の監督機関が Hellobike のローンチを誘致してきた。

とは言っても、Mobike と Ofo は3級都市や4級都市で拡大しており、まだ Hellobike を逆転する「チャンスはある」と IDC China のリサーチマネージャー Yu Xue(薛宇)氏は Tech in Asia に語る。業界を先導するこの2社は自身の膨大なユーザベースに向けて、アプリを通じて、そして自転車のフレーム上で広告キャンペーンを始めている。この努力は Hellobike の存在感を抑え込み、より多くの収益を生むことになるかもしれないと Yu 氏は付け加えた。

後編に続く)

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

近日実施のHellobike(哈羅単車)の10億米ドル調達ラウンドで、Alibaba(阿里巴巴)がレンタサイクル事業へ関与を深めるとの噂

SHARE:

2018年1月23日追記:TechNode Chinese(動点科技 中文版)は Hellobike(哈羅単車)、Fosun Capital(復星創富)および Hellobike のアーリーステージ投資家である GGV(紀源資本)に接触したが、ニュースに対する明確な回答は得られなかった。 中国のレンタサイクル企業 Hellobike(哈羅単車)が投資ラウンドで、Alibaba 傘下の Ant Fi…

2018年1月23日追記:TechNode Chinese(動点科技 中文版)は Hellobike(哈羅単車)、Fosun Capital(復星創富)および Hellobike のアーリーステージ投資家である GGV(紀源資本)に接触したが、ニュースに対する明確な回答は得られなかった。

中国のレンタサイクル企業 Hellobike(哈羅単車)が投資ラウンドで、Alibaba 傘下の Ant Financial(螞蟻金融)、Fosun Capital(復星創富)およびその他の投資家から10億米ドル相当を調達する見込みであると事情に詳しい人物は Tencent Tech(騰訊科技)に語った。また、新たな有力投資家もこのラウンドに参加するという。

もし事実であれば、同社の投資ラウンドに新たなマイルストーンが加えられることとなる。昨年の12月だけで Hellobike はシリーズD1とD2を通して2つの大きな調達を行い、合計でおよそ33億人民元(約566億円)を Ant Financial と Fosun Capital から調達したと発表した。そして、競合相手であった Youon(永安)と2017年10月に合併し、Hellobike のチームが新たな企業を率いている。

同社によると1月20日現在、160都市で業務を行っており、1億人近いユーザを対象に1日1,000万件のオーダーを受けているという。

中国における過去2年間のレンタサイクル業界の華々しい状況を経て、業界内部の様々な人々がそれぞれに未来の業界予想図を描いている。 Mobike(摩拜単車)と ofo(小黄車)が他の小規模な競合他社を駆逐しマーケットを二分すると予想する人もいる。しかし ofoと Mobike に対抗し得る力を持った大物プレイヤーが参入し、業界は三つ巴の戦いになると予想する人もわずかだがいる。

レンタサイクルの二大巨頭とは違い、Hellobike は小規模・中規模都市のマーケットに注力してきた。しかし大都市におけるマーケットが飽和状態になるにつれ、彼らの競争は今後さらに熾烈を極めた戦いになると思われる。

レンタサイクル業界の競争において Alibaba が果たす役割も興味深い。eコマース大手企業である同社は ofo の主要投資家である。また同時に、その関連企業である Ant Financial は Hellobike に投資している。お互いを主なライバルと見る両社が同じ投資家から投資を受けているという形ではあるが、Alibaba との協力は確かに魅力的である。ofo と Hellobike の両社とも Alipay(支付宝)のスキャン乗車機能を採用している。また、Sesame Credit(芝麻信用)が提供するデポジット不要サービスもレンタサイクル利用者の大きな牽引役となっている。

編集者記:中国のニュースは噂が蔓延している。TechNode は他メディアの報道の正確性を保証するものではない。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------