THE BRIDGE

タグ Hey

毎月50万米ドルを売り上げる韓国発の出会い系アプリ「Hey」が日本に上陸

SHARE:

先日本誌でも紹介した韓国発の出会い系アプリ「Hey」が日本でもサービスの提供を開始した。 「Hey」を提供するイウムソシオスは韓国で人気のデーティングアプリ「IUM」を提供している。同アプリは毎月平均50万~60万米ドルを売り上げ、ダウンロード数も100万件以上に達している。 「Hey」を利用すると、毎朝10時に異性が3人ずつ紹介される。アプリのユーザの年齢、地域、今までの活動などを参考し、ユーザ…

d4956-28-750722-6

先日本誌でも紹介した韓国発の出会い系アプリ「Hey」が日本でもサービスの提供を開始した。

「Hey」を提供するイウムソシオスは韓国で人気のデーティングアプリ「IUM」を提供している。同アプリは毎月平均50万~60万米ドルを売り上げ、ダウンロード数も100万件以上に達している。

「Hey」を利用すると、毎朝10時に異性が3人ずつ紹介される。アプリのユーザの年齢、地域、今までの活動などを参考し、ユーザの好みの異性だけを紹介するという。IUMのグローバルオペレーションの責任者Steven Baek氏は、他のデーティングアプリとの違いをこのように語っている。

「IUMのアルゴリズムは非常に高度なパターンで構成されており、使用している内に学習し、全ての情報を提供していただければ、システムの方で苦手な相手や好みの相手を学習していきます。」

ユーザは、紹介された3人のプロフィールを確認し、気に入った相手に「Heyボタン」を押すことで、相手にアプローチすることができるようになっている。お互いにHeyを送り合った後はチャットで会話することができる。

「Hey」は無料でダウンロードすることができる。韓国のIUMユーザの約70%は、特別な機能を利用するためにアプリ内通貨を購入する有料ユーザだという。これらの有料について、Baek氏は、

「現実世界でも世の男性は女性に対して見返りがなくてもバーでドリンクを奢っています。これをオンラインデートでも実現すべきです。」

と語っている。

「Hey」は日本以外にも、香港、シンガポール、台湾など、10カ国でリリースしている。同アプリのダウンロードはコチラから。

----------[AD]----------

韓国発の出会い系アプリ「Hey」が毎月50万米ドルの売り上げを記録

SHARE:

韓国の出会い系アプリIUMが毎月50万米ドルの収益を上げている。姉妹アプリ「Hey」がグローバル市場向けにリリースされたが、ターゲットにしているのはシンガポール、香港、台湾にいる独身者たちだ。 愛は人生に1度しか訪れないと言う人もいるだろう。しかし、3週間前に世界的にローンチされたHeyのユーザは、1日に3度チャンスがある。ユーザはスマートフォンでプッシュ通知を受け取り、ぼけたアバターが見れる。そ…

Hey-app

韓国の出会い系アプリIUMが毎月50万米ドルの収益を上げている。姉妹アプリ「Hey」がグローバル市場向けにリリースされたが、ターゲットにしているのはシンガポール、香港、台湾にいる独身者たちだ。

愛は人生に1度しか訪れないと言う人もいるだろう。しかし、3週間前に世界的にローンチされたHeyのユーザは、1日に3度チャンスがある。ユーザはスマートフォンでプッシュ通知を受け取り、ぼけたアバターが見れる。そしてその相手のプロフィールを無料で観覧できる。だが、その相手とチャットするにはアプリ内通貨を利用しなければならない。

元々同社は、3年前に韓国でIUM(イウム)として知られている20~39歳の独身向けのアプリでサービスを開始した。Heyは韓国向けの姉妹版アプリと非常に似ているが、主な違いは以下の点だ。

    1.Heyは世界中で利用できるが、シンガポール、香港や台湾の独身者をターゲットにしている。IUMは、韓国でしか利用できない。
    2.Heyは、毎日午前10時にマッチングした相手3人をユーザに紹介する。IUMは、1日1人を正午に紹介する。
    3.Heyではルビー30個が0.99米ドルし、IUMでは4.90米ドルする。
    4.Heyは3週間前にローンチされたが、IUMは3年前にローンチされている。

お金で愛を買う?

IUMのグローバルオペレーションの責任者Steven Baek氏は、e27の取材でIUMが毎月平均50万~60万米ドルを売り上げ、100万件以上のダウンロード数に達していると語った。一方Heyのダウンロード数はローンチ以降8000件を突破したと言われている。

大勢いる韓国ユーザの約70%は、特別な機能を利用するためにアプリ内通貨を購入する有料ユーザだ。有料化した理由をBaek氏に尋ねてみた。同氏は、現実世界でも世の男性は女性に対して見返りがなくてもバーでドリンクを奢っている。これをオンラインデートでも実現すべきだという。

Hey-app-dates

ユーザは、写真を通して自分の相手のことをもっと知りたいときにもルビーを使える。ルビーを使わないという選択もでき、相手のアカウントに存在する写真と同じ数まで確認することができる。

Baek氏:「自分には10あって相手には2つしかないという場合、彼女は私の写真8枚を見ることができないのです。」

出会い系アプリがたくさん

現実と向き合ってみよう。出会い系アプリはそこらじゅうにたくさんある。若くてイケメンで性格の良い人が自分にぴったりと思うだろうか?彼は他のアプリにもすべて登録しているだろう。Baek氏は、3年前に始めたときには類似アプリがたくさんあったと話してくれた。

彼は

「はじめのうちは、露骨に私たちをコピーする会社がありました。当社にはかわいいキャラクターがいましたが、彼らは文字通り当社のキャラクターとウェブサイトをコピーしていました。」

と語る。また、IUMが最初にこのようなアイデアを思い付いたと主張している。

最終的にこれらの類似アプリはリコメンデーション型のアルゴリズムが進展していくペースについて行けなくなってしまった。またIUMはブランドとも提携し、クロスマーケティングキャンペーンを行って劇場上映用の映画を提供している。

「他のアプリとの大きな違いは、アルゴリズムです。登録すれば誰かを紹介するのはとても簡単ですし、また自分流にアレンジすれば毎日マッチングしてもらうこともできます。IUMのアルゴリズムは非常に高度なパターンで構成されており、使用している内に学習し、全ての情報を提供していただければ、システムの方で苦手な相手や好みの相手を学習していきます。」

と彼は語った。

HeyとIUMには評価システムがあり、筆者はアプリを使った後に試してみた。Heyのアプリでは、相手がお互いをどう評価したかを見るのに15ルビー(ルビーが15個)必要になる。一部のユーザはこの機能を利用するようだが、ほとんどのユーザは無料でルビーがもらえる可能性があってもそれに釣られず、相手には評価を付けないようだ。

HEY

つまり、IUMやHeyは、次に関係を持とうとする相手や都合の良い友達を探すところではないようだ。彼は次のように語った。

「どう見ても皆、見た目が良いイケメンやホットでセクシーでカワイイ女の子と知り合いたいと思っています。全員、そういう相手が欲しいのです。でもそういう相手は運命の人にはならないでしょう。」

シンガポール、香港、台湾で利用可能であることを考えると、ユーザはこれらの国の人と出会えるということなのだろうか?マッチングする人を選べるようにはならないとBaek氏が明らかにする一方、同システムはユーザのジオロケーションを使用し、近くにいる人々と会えるようにしている。とにかく、ユーザから離れたところにいる人とマッチングされても何の意味もならないからだ。

個人的感想

女性としてアプリを使ってみると、性別特有の基準を守らなければならないというある程度のプレッシャーがある。その点で、私はマッチング相手と知り合えるよう率先して動いたせいか、実際は誰も反応してくれなかった。私が思うに、恐らく相手側が私に全く興味がなかったか、プッシュ通知機能を使ってなかったのだろう。理由は片方だけとは限らず、両方だったかもしれない。

Baek氏によると、IUMが維持している性別による割合があり、韓国でのアプリの男女比は1.3:1(男:女)だそうだ。彼によると、海外に関してはまだ足固めの段階で、ユーザを限定したくないそうだ。

比較的に打算的な私としては、ルビーを少しケチりすぎてしまうことが時々ある。課金することで、女性と男性のユーザ双方がデートできそうな相手とチャットできるオプションがある。これにより、チャットしたいと思う相手に本音を出さざるをえない。

しかしこれは、「裕福なユーザは常に、財布に余裕のある女性全員といっきにチャットができるかもしれない」ということでもある。

【原文】

----------[AD]----------