BRIDGE

タグ Hiiir

韓国の目覚ましアプリ「AlarmMon」のMalangStudioが台湾進出を本格化

SHARE:

韓国のスタートアップ統括企業 Yello Mobile(옐로모바일) 傘下の Malang Studio(말랑스튜디오)は、台湾の有力モバイルキャリア Far EasTone(遠伝電信)のデジタルマーケティング子会社 Hiiir(時間軸科技)と合弁企業を設立し、台湾市場への進出に乗り出す。 <関連記事> 韓国で火花を散らす目覚ましアプリ論争——AlarmMonとModualarmの戦いの行方 韓国…

hiiir-malang-studio_featuredimage

韓国のスタートアップ統括企業 Yello Mobile(옐로모바일) 傘下の Malang Studio(말랑스튜디오)は、台湾の有力モバイルキャリア Far EasTone(遠伝電信)のデジタルマーケティング子会社 Hiiir(時間軸科技)と合弁企業を設立し、台湾市場への進出に乗り出す。

<関連記事>

Malang Studio は21日、台北で Hiiir や台湾の有力広告会社、広告主、メディアが参加する中、合弁会社設立のための覚書、広告代理店契約、キャラクター使用ライセンス契約を締結したことを明らかにした。

今回の合弁会社設立は、Yello Mobile のメディア・コンテンツ・グループの海外進出を本格化させる上での布石として、Malang Studio と Yello Mobile が保有するモバイルアプリを台湾の現地合弁会社を通じて販売する計画だ。Malang Studio は3月までに、AlarmMon(알람몬)1kmMagicDay(매직데이)Dieter(다이어터)などのモバイルアプリを台湾でリリース、6月までに現地法人の設立を完了する。

この日、Malang Studio の代表を務めるキム・ヨンホ(김영호)氏は、次のように抱負を述べた。

Malang Studio は、Yello Mobile のモバイルメディア・コンテンツ・グループの海外進出成功に向けて努力している。その最初の試みとなる台湾への進出を皮切りに、今後、Malang Studio がアジアで事業を拡大していく姿に期待してほしい。

一方、Hiiir の代表である John Yeh(葉建漢)氏は次のようにコメントした。

Far EasTone グループが持つインフラとリソースを総動員し、Yello Mobile と Malang Studio のモバイルアプリの台湾進出を支援する計画だ。Yello Mobile のコンテンツと、我々の広告ソリューション Qbon(優惠牆)を組み合わせ、台湾のモバイル広告市場の1位の座を目指したい。

Malang Studio は昨年4月に Yello Mobile に合流、世界市場展開に拍車をかけている。世界市場での成果が認められ、「2014 大韓民国コンテンツ大賞」では、海外進出成功賞創業新人部門賞、文化体育観光部長官賞を受賞し、昨年10月には、中国で開催された「MARS互連網創新創業大賽」スタートアップ京津大会で1位を獲得、最終選考に選ばれ、決勝大会では「Best Creative 賞」を受賞している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------