BRIDGE

タグ homeshop18

インドのEコマース大手「HomeShop18」、米国でのIPOを目指す

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ロイター通信によると、インドの大手企業であるHomeShop18は、米国でのIPOの可能性について投資家たちと議論をしている。情報元が不明ではあるが、とある情報源によると「プロセスは始まったばかり」で銀行家や投資家との話し合いが進行中だという。 HomeShop18は、過去1年に渡って非常に高い生産性を発揮している。最も知られているのは、CoinJoos.c…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ロイター通信によると、インドの大手企業であるHomeShop18は、米国でのIPOの可能性について投資家たちと議論をしている。情報元が不明ではあるが、とある情報源によると「プロセスは始まったばかり」で銀行家や投資家との話し合いが進行中だという。

HomeShop18は、過去1年に渡って非常に高い生産性を発揮している。最も知られているのは、CoinJoos.com買収後に巨大オンライン書店を開始したことであろう。だが、インドのEコマースの競争はますます激しくなってきており、勢いのある現地企業であるFlipkartSnapDealJunglee.comの他に、2ヶ月前にサービスを開始したAmazonなどが競合に名を連ねている。Wal-Martでさえ機会を伺っており、インドにおけるパートナーシップ提携に向けてEコマース企業数社と交渉中と伝えられている。

HomeShop18のCEOであるSundeep Malhotra氏と昨年話したところ、彼は増える競争相手に気をそがれることなどない様子だった。市場は十分大きく、全ての企業が成長する余地があると語ってくれた。IPOの可能性についてMalhotraは、ロイター通信にこのように述べている:

「我々は株式公開を熱望しており、可能性としてはありえるが、今そのことについて語るには時期尚早であるといえよう。我々は今のところいかなる期間や時間も明確にすることはできない」。

現在、インドのEコマースはおよそ100億米ドル市場と言われている。だがその成長は、乏しいインターネット構造によって妨げられており、当然HomeShop18を含むEコマース企業の成長もその影響を受けている。しかし、消費者の信頼という意味では成長を見せており、インドの一般的な買い物客は過去と比べると、オンラインでのショッピングに時間とお金を費やす傾向が増している

2010年、もう一社のインドの企業であるMakeMyTrip.com(NASDAQ:MMYT)が米国の新規株式市場にて上場した。同社は現在、提供商品の改善を試みるため、トラベル分野での買収の可能性を探っている

1.Jungleeでは、ユーザーはHomeShop18などを含む他の販売業者から購入することができる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

「HomeShop18」の新たな幕開け−世界の巨大オンラインブックストアの誕生

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 インドのeコマースサイト「HomeShop18」は先日、新たなオンライン・ブックストアを設立した。従来のサイトに組み込まれたこのブックストアは、100種類を超えるジャンルに1000万冊以上の作品を取り扱う。 HomeShop18はこれまでも書籍の販売をしていたが、同社はこのブックストアを「まったく新しい」と説明している。というのは、以前よりも規模が断然大きく…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

インドのeコマースサイト「HomeShop18」は先日、新たなオンライン・ブックストアを設立した。従来のサイトに組み込まれたこのブックストアは、100種類を超えるジャンルに1000万冊以上の作品を取り扱う。

HomeShop18はこれまでも書籍の販売をしていたが、同社はこのブックストアを「まったく新しい」と説明している。というのは、以前よりも規模が断然大きく、取扱商品の中でも書籍が中心だからだ。去年の夏にCoinJoos.comを買収したことで今回の巨大ブックストアが実現し、「世界クラスの書籍ショッピング体験」だという。

アマゾンがインドでサービスを開始した数週間後に、 Homeshop18のブックストアは開店した—準備には6か月以上かかっている。

昨年9月、同サイトのCEOであるSundeep Malhotra氏に話を聞いた時、同氏は「取扱商品として欠如していた書籍を埋める必要があった。競合との競争とはまったく無関係だ」と述べていた。 —つまり、やっと現実になったアマゾンの参入に対する反射的な反応ではない、と。

プレスリリースの発表において、Malhotra氏は「書籍はあらゆるデモグラフィック(ユーザ層)に関わるカテゴリーで、それゆえにとても重要な分野だ。商品ラインアップに書籍を加えることができ非常に嬉しい」と話している。大きくなったオンラインブックストア—こちらを参照—では販売促進キャンペーンを行なっており、作品の多くが最大50%の割引で販売されている。

つい先日も、競合のFlipkartも独自のミュージックサービスを始めている。どうやら、インドのオンライン小売業者が商品ラインアップを広げるには良い週のようだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------