タグ homula

homula:在庫リスク無のアパレル仕入サイト運営【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。 1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、…

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

homula

Image credit: Homula

<事業内容>

ブランドと小売店を繋ぐマーケットプレイス「homula」。小売店の伝統的な仕入れ方法は展示会へ出向き、前払いで支払いを行い半年後に入荷される商品の在庫リスクを全て負うという非常にリスクが高い仕入れ方法となっております。

homula では小売店の在庫リスクと仕入れ費用のファイナンスを homula が引き受け、かつ小ロット・1週間以内といった短いリードタイムでの仕入れを可能にすることで小売店が様々な商品を仕入れて適切な商品の発見と売上の拡大をサポートします。

またブランドにとっては展示会に代わる新しい卸売販売チャネルとして、homula を通じて与信リスクを気にすることなく新規の小売バイヤーと関係を作り売上を拡大、ブランドを成長させることが可能です。ローンチ後わずか半年で約200ブランド/1000バイヤーを獲得し急速に拡大中。

<推薦者>  甚野広行さん(マネーフォワードベンチャーパートナーズ/HIRAC FUND)

<推薦者コメント>

小売店は昔ながらの商慣習が根強く残り、テクノロジーの浸透度は決して高くない現状がございます。homula は既存の主要な仕入れ方法である展示会をECプラットフォームに代替しつつ、「在庫リスク」と「仕入れ費用のファイナンス」を homula が引き受ける新しいスキームを考案しています。

現在は服飾雑貨を中心にマーケット獲得の施策を展開しておりますが、今後は他の業界においてもシェアの獲得に向けて動き出す予定であり、更なる拡大が予想されます。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


アパレル小売店がリスクフリーで仕入できる「homula」運営、1億円をシード調達——ニッセイC、HIRAC FUNDらから

SHARE:

アパレル小売店・ブランド向けのオンラインマーケットプレイス「homula」を運営する homula は31日、シードラウンドで約1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、ニッセイ・キャピタルと HIRAC FUND が参加した。なお、調達金額にはデットが含まれる。homula は、ニッセイ・キャピタルが運営するアクセラレーションプログラム「50M」の第3期に採択されており、今回の調達は…

Image credit: Homula

アパレル小売店・ブランド向けのオンラインマーケットプレイス「homula」を運営する homula は31日、シードラウンドで約1億円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、ニッセイ・キャピタルと HIRAC FUND が参加した。なお、調達金額にはデットが含まれる。homula は、ニッセイ・キャピタルが運営するアクセラレーションプログラム「50M」の第3期に採択されており、今回の調達はその結果を受けてのものと推定される。

homula は2019年、筑波大学大学院を修了し、以前はバークレイズ証券で金融商品の開発に携わっていた福地峻氏により設立(設立当時の社名は SUSQ)。小売店舗、特に、アパレル店舗のバイヤーがブランドを探して商品を仕入れることができるマーケットプレイスを運営している。コロナ禍で展示会に代表される顧客の開拓チャネルが減っているブランドにとっては、新たなバイヤーに出会える機会が提供されることになる。

委託販売ではない売り切りの場合、初回取引は即金でやりとりすることが一般的だ。ブランドにとって販売した商品の掛け売りリスクは軽減されるが、一方で、仕入れた方の店舗にとっては、初めてのブランドの商品だけに「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という心配はつきまとう。したがって、売れ筋や既存取引のあるブランドの商品は仕入れやすいが、新規参入やニッチブランドは取引しにくい傾向にある。homula では売れなかったものを店舗から引き取る保証をつけることで、店舗に安心な仕入をコミットする。

福地氏の前職の経験からも想像がつくように、homula が提供するのはある種のフィンテックだ。福地氏によれば、アパレル業界は数ある小売の中でも仕入れてから売れるまでのタイムスパン、すなわち、キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)が長い。その上、中小事業者が多く、店舗を構えているために比較的多額の資金が必要にもかかわらず、先進的な金融ソリューションからは取り残されているという。homula では AI を使った評価やファクタリングの活用などで〝在庫リスクの肩代わり〟を行う。

この分野のスタートアップを見てみると、アメリカでは Square 従業員らが2017年に立ち上げた Faire が創業から2年でユニコーンクラブ入りするなど驚異的な成長を見せている。日本では、スペースエンジンが D2C やオンラインブランドに特化した卸入れサイト「orosy(オロシー)」を昨年ローンチ、「STORES」「BASE」「Shopify」「カラーミーといった個店向け EC プラットフォームと連携し業績を伸ばしているが、homula が主にリアル店舗をターゲットとしている点で差別化が図れているかもしれない。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録