THE BRIDGE

タグ Honestbee

オンライン食料品デリバリのHonestbee、1億8,000万米ドル超の債務返済猶予を裁判所に申請——シンガポールオフィスでは38人をレイオフ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 オンライン食料品デリバリサービスプロバイダである Honestbee はシンガポール高等裁判所に申請を提出し、裁判所監督下でのリストラを開始し、債務返済の猶予を求めていたことがわかっ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


オンライン食料品デリバリサービスプロバイダである Honestbee はシンガポール高等裁判所に申請を提出し、裁判所監督下でのリストラを開始し、債務返済の猶予を求めていたことがわかった。同社が Business Times 紙に語ったところでは、債務額は1億8,000万米ドルを超える模様。また、同社は2日、シンガポールで38人の社員をレイオフしたことを明らかにした。

Image credit: Honestbee

声明によれば、同社は今回の申請により債務を再整理し、法的執行手続までの猶予を得ることを目指すとしている。また、裁判所監督下の事業再生プロセスにより、干渉を受けずに事業の再評価とコスト構造の見直しができるとして、同社は声明の中で「この方法が、Honestbee の株主利益を考えた上で最良の選択である」としている。

本件に詳しい複数の情報筋が Tech in Asia に語ったところでは、この進展は Honestbee がキャッシュフロー問題に直面する中で進んでいた。またこの情報筋によれば、Honestbee では2ヶ月続けて従業員への給与支払遅延が発生し、また今もサプライヤーへの未払債務があるという。

この報道を受けて、Honestbee は、このスキームの詳細についてはコメントできないと述べている。同社では、法務アドバイザーの Oon & Bazul と独立財務アドバイザーの DHC Capital と協力し、公正で実行可能なスキームを債権者に提供する、としている。

今回の裁判所申請より前、Honestbee は新 CEO Lay Ann Ong 氏を任命、また、共同創業者で CTO の Jonathan Low 氏が辞任したことを明らかにしていた

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

事業展開が暗礁に乗り上げていたアジアの食料品デリバリスタートアップHonestbee、事業再生請負人のOng Lay Ann氏を新CEOに任命

SHARE:

食料品デリバリスタートアップ Honestbee に今年初頭からに発生していた危機の最新情報であるが、同社は先ごろ、Ong Lay Ann 氏を新しい CEO に任命したことを発表した。Deal Street Asia が報じた。 One Lay Ann 氏は、5月に暫定 CEO に任命された Brian Koo(具本雄)氏から引き継ぐ形で、7月15日からその新しい職務に就いている。Koo 氏自身…

Honestbee の新 CEO に就任した Ong Lay Ann 氏
Image credit: Honestbee

食料品デリバリスタートアップ Honestbee に今年初頭からに発生していた危機の最新情報であるが、同社は先ごろ、Ong Lay Ann 氏を新しい CEO に任命したことを発表した。Deal Street Asia が報じた

One Lay Ann 氏は、5月に暫定 CEO に任命された Brian Koo(具本雄)氏から引き継ぐ形で、7月15日からその新しい職務に就いている。Koo 氏自身は同社の役員に残る見込み。Koo 氏は Honestbee の投資家の一つである Formation 8 のジェネラルパートナー兼創業者である。

Honestbee はまた、7月11日に CTO で共同創業者の Jonathan Low 氏が離職したことも発表した。

Honestbee は今年、フィリピン、インドネシア、マレーシアでのサービス中断に繋がった、財務上および経営上の問題に直面していた。シンガポールでも、フードデリバリサービスの中断を余儀なくされた。

新 CEO の Ong 氏は IT、コモディティ、不動産、インフラの分野で20年近くにわたりリーダーシップの経験がある。過去には、オーストラリアのプレキャストコンクリート製造会社 Perth Precast を事業再生させている。この際には、同社の資産を Precast Australia から取得し、最終的には Weststar Industrial Limited に逆買収させる形で Precast Australia をオーストラリア証券取引所に上場させた。

Ong 氏は現在、オーストラリア証取に上場する Weststar と、シンガポール証取に上場する ISDN Holdings Limited の投資取引部門 ISDN Investments の取締役でもある。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

アジア各国でサービス停止中のオンデマンド食料品デリバリHonestbee、韓国LG創業者の孫Brian Koo(具本雄)氏が暫定CEOに就任

SHARE:

【2日17時(シンガポール時間)更新】 2日午後、Straits Times は Brian Koo(韓国名:구본웅、具本雄)氏が暫定 CEO 兼会長に就任したと報道した。Brian Koo 氏は、韓国のテック大手 LG 創業者の孫である(編注:昨年明らかになった Honestbee の資金調達で深く関与していた LS Group は、Koo 氏の現在のファミリービジネスの韓国財閥である)。 この…

Honestbee

【2日17時(シンガポール時間)更新】

2日午後、Straits Times は Brian Koo(韓国名:구본웅、具本雄)氏が暫定 CEO 兼会長に就任したと報道した。Brian Koo 氏は、韓国のテック大手 LG 創業者の孫である(編注:昨年明らかになった Honestbee の資金調達で深く関与していた LS Group は、Koo 氏の現在のファミリービジネスの韓国財閥である)。

この報道は Sng 氏が社員に向け送信したメールを基にしており、メールでは Sng 氏の辞任が発表・確認されている。しかし、Sng 氏は辞任に至る厳密な時系列をは明らかにしていない。

このメールで、Sng 氏は CFO に Roger Koh 氏、COO に Victor Chow 氏、CTO に Jonathan Low 氏、スタッフチーフに Varian Lim 氏を指名している。

TechCrunch の報道によると、荒波に揉まれるオンライン食料品デリバリスタートアップ Honestbee は、CEO の Joel Sng 氏を解雇したようだ。Sng 氏が去ったことで、同社に残る共同創業者は Jonathan Low 氏のみとなる。Low 氏は技術部に所属している。Sng 氏を誰が引き継ぐのかは明らかになっていない。

Honestbee で少し奇妙だったのは、Joel Sng 氏が Honestbee に数年前から1,500万米ドルの投資をリードした Formation8 のパートナーでもあったことだ。Sng 氏は Honestbee がフィリピン、インドネシア、香港での事業をシャットダウンするという危機の渦中において、現場を追放されたことになる。同社はまた、タイの食料品デリバリサービスも停止している。

Honestbee は同社スタッフの約10%を解雇する計画で、Grab による買収を模索していると報道された。Honestbee はこの数週間で、Grab、Go-Jek などと買収に関する議論を交わしている。

Image credit: Honestbee

Honestbee は資金調達に問題はなく、過去3年間で4,600万米ドルを調達している。しかし、TechCrunch によれば、毎月650万米ドルに上る同社のバーンレートが、今週になってついに山場に達したようだ。同社は今年を乗り切るべく、それに十分な資金調達に奔走しているとみられる。

Honestbee の未来は、オフラインスーパーマーケット、すなわち、オフライン食料品店の体験に技術を取り入れた未来型店舗だ。TechCrunch は以前、Honestbee がサプライヤーへの支払に苦しみ、社員への給与支払が遅延したことがあると報じている。また同記事は、同社の経営陣が退社しつつあるとも報じていた。

Honestbee は同社が現在抱える問題点について一般的な声明を出したが、同社の未来についてのメディアの質問には、ほとんどコメントを断ってきた。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

事業展開が暗礁に乗り上げたオンデマンド食料品デリバリのHonestbee、アジア各国拠点で一時解雇や辞職が相次ぐ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 食料品の地域的なデリバリサービスを展開し、シンガポールに本社を置く Honestbee で混乱が生じている。 同社は1月、旧正月の直前に、シンガポールの大手スーパーマーケットチェーン…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Photo credit: Honestbee

食料品の地域的なデリバリサービスを展開し、シンガポールに本社を置く Honestbee で混乱が生じている。

同社は1月、旧正月の直前に、シンガポールの大手スーパーマーケットチェーンである NTUC FairPrice(職総平価)とのパートナーシップを一時的に停止した。これにより Honestbee アプリ経由で FairPrice から食料品を購入することはできなくなった。

また台湾では今月、Honestbee はパートナーのベンダーに借金があったと地元メディア報道している。ただし同社は、負債の80%は返済済みで、残りは現在処理中であるとしている。

そして今度は、Honestbee 内の複数の情報筋が Tech in Asia に伝えたところによると、イースターウィーク中に Honestbee では経営幹部が辞職し、4月第3週にインドネシア、香港、タイなどいくつかの市場で全般的な一時解雇が実施されたという。

情報によると、全市場で少なくとも50人から70人が今回の解雇の影響を受けたという。タイではフードデリバリ部門やオペレーション部門で30人が影響を受けている。またインドネシアでは5人以上が辞めさせられたという。

もっとも最近の集計によると、Honestbee は同地域内に1,000人以上の従業員を抱えていた。

また、ある情報筋によると、Honestbee がもっとも成功している市場はフィリピンだが、それにもかかわらず同社はフィリピンでも一時的にオペレーションを停止したという。同情報筋は、トップをいくフィリピン市場に続くのは、シンガポール、台湾、そして日本だとしている。残りの半分を占める市場はマレーシア、タイ、香港、インドネシアだ。

また App Annie によると、Android と iOS 上の食品・飲料を扱うアプリとしても、同社はフィリピンで上位を占めている。

02.png
iOS のランキング
Image credit: Honestbee
03.png
Android のランキング
Image credit: Honestbee

Honestbee は、同国における事業の一時停止をメッセージで発表しているが、これらのメッセージは Tech in Asia が見たところによるとカトリック教徒が大多数を占める同国の大型休暇であるイースター休暇の週末にかけて、パートナーの商業関係者、契約社員、および顧客に宛てて送信されたもののようだ。

通知では、シンガポール本社がフィリピンのオペレーションチームと協力し、「ビジネス全体を健全かつ持続可能なレベルまで」引き上げるべく取り組んでいることが伝えられており、そのため追って通知があるまでローカルビジネスを「一時的に停止」する必要があるとしている。

Honestbee に雇用されているフィリピン人食料配達員が Tech in Asia に伝えたところによると、一時停止については聞いているが、何の説明も受けていないという。ある配達員によると、4月22日にミーティングが開催され状況が説明されるという。

地元メディアによると、Honestbee はフリーランスのドライバーや配達員を1,000人以上維持し、200人以上の正社員を雇用しているという。

04

05.png

あるカフェが Honestbee の業務についてソーシャルメディアにメッセージを掲載している。

ソーシャルメディアで Honestbee に問い合わせを行い、すでに発注済みの注文について確認する顧客もいる。

これに対し同スタートアップは、クレジットカードやデビットカードによる支払は返金を行うと回答している。Honestbee による回答の定型文では「当社は運営を一時的に停止します」と伝えられている。

Honestbee は事業の再開は発表しているものの、その時期は提示していない。

同社のウェブサイトには以前、4月18日と19日、つまり聖木曜日と聖金曜日は営業しないと掲載されていた。

同国以外でも、LinkedIn のプロフィールによると、共同設立者の Isaac Tay 氏、マレーシアのカントリーマネージングディレクターの Pulkit Manchanda 氏、そしてシンガポールのマネージングディレクターの Chris Urban 氏などが、ここ数か月の間に退職や辞任をしている。

他にも、複数の情報筋が Tech in Asia に伝えたところによると、インドネシアの Honestbee デピュティマネージングディレクターを務める Hendro Tan 氏も同社を去るという。また当サイトが得た情報によると、この他にも一部の従業員が辞職を考えている。

Honestbee にはキャッシュフローや企業業績、および戦略プランに関してコメントを何度か求めているが、回答は得られていない。

2015年のローンチ以来、従業員数は急増している。100件を超える求人のほとんどはシンガポールにおけるもので、現在も Glassdoor に掲載されている。しかし、アメリカを拠点とする同求人情報サイトにおける Honestbee の従業員評価やレビューはネガティブな傾向を示している。

06.png

Honestbee の最近の問題が発生したのは、同社が2018年10月に自社スーパーマーケット Habitat をローンチした数か月後だった。同社は数日前にも Habitat の宣伝を行っており、人気の小売店として売り込んだばかりだ。

Honestbee は、2015年10月のシリーズ A ラウンドで1,500万米ドルを獲得した後、少なくともさらに4,900万米ドルの資金を調達している

同社は東南アジアで、他のスタートアップや資金を豊富に持つスーパーアプリ(単一のプラットフォーム上で多様なサービスの利用が可能なアプリ)との厳しい競争にさらされている。食料品分野におけるライバルは、シンガポールでは Lazada 傘下の RedMart、フィリピンでは MetroMart、そしてインドネシア、マレーシア、タイでは Grab や Naver の後援を受ける HappyFresh だ。

またフードデリバリ分野の競合には GrabFood、Deliveroo、Foodpanda、Go-Food がいる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

オンデマンド食料品デリバリのHonestbee、3年前のシリーズA以降約4,900万米ドルを調達していたことが明らかに——韓国LS Groupなどから

SHARE:

シンガポールを本拠地とする e コマーススタートアップ Honestbee は、2015年のシリーズ A ラウンド以後、約4,900万米ドルを調達していたことがわかった。Tech in Asia が本日(9月24日)入手した公的書類で明らかになった。同社の筆頭株主は、韓国財閥 LS Group の子会社 Yesco である。 LS Group は機械、電気システム、材料、液化天然ガスなどに携わる多…

honestbee-GOODSHIP-photo.jpg
Photo credit: Honestbee

シンガポールを本拠地とする e コマーススタートアップ Honestbee は、2015年のシリーズ A ラウンド以後、約4,900万米ドルを調達していたことがわかった。Tech in Asia が本日(9月24日)入手した公的書類で明らかになった。同社の筆頭株主は、韓国財閥 LS Group の子会社 Yesco である。

LS Group は機械、電気システム、材料、液化天然ガスなどに携わる多角化企業で、2017年の収益は85億米ドルである。

Honestbee は食料雑貨の配送からスタートし、ランドリー、食品、チケットなど他のオンデマンドサービスに急速に拡大した。アジアでは8ヶ国でサービスを提供している。Honestbee のアプリは、iOS と Android の両方で5ヶ国の食品・ドリンク部門トップ10にランクインしている。

Honestbee はシンガポールで2つの会社を運営している。「A Honestbee Pte Ltd」の払込済資本金は6,070万米ドル、「Honestbee Pte Ltd」の払込済資本金は300万米ドルである。1,500万米ドルをシリーズ A ラウンドで調達した。

Honestbee のもう一人の主要株主は、Brian Koo 氏だ。Koo 氏の家族は LS Group の所有者であり、自身はシリコンバレーの投資会社 Formation 8の設立メンバーでもある。Honestbee の共同設立者兼 CEO である Joel Sng 氏は以前、Formation 8のパートナーに名を連ねていた。

A Honestbee への投資は、Yesco が提出した(韓国語の)書類で確認された。2017年7月ごろに実施され、投資額は1,780万米ドルだった。

A Honestbee Pte Ltd の資本政策表は、以下の通りである。

A Honestbee Pte Ltd's cap table.png

一方、Sng 氏は、Honestbee Pte Ltd の株式の81%、25万6,200株を所有している。取締役 Melissa Kwee 氏は12%、共同設立者 Isaac Tay 氏は2%、Brian Koo 氏は1%を所有している。

A Honestbee Pte Ltd の2017年度の財務諸表によると、Honestbee Pte Ltd に対し、転換社債、短期貸付金、未払い利息償還金として5,600万米ドルの債権を保有する。

Honestbee の数字は、シンガポールドルから1米ドルあたり1.37シンガポールドルで換算している。LS Group と Yesco の数字は、韓国ウォンから1米ドルあたり1,117韓国ウォンで換算している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのオンデマンド食料品デリバリサービスHonestbeeが、シリコンバレーの複数VCから1,500万ドルを調達

SHARE:

オンライン食料品デリバリサービスの Honestbee は今日(原文掲載日:10月21日)、シリーズAラウンドで1,500万ドルを調達したと発表した。これまでに Oculus VR などのスタートアップに投資したことで知られる、シリコンバレーVC の Formation 8 がこのラウンドをリードした。 このラウンドに他に参加したのは、シリコンバレーのファンド Pejman Mar Venture…

honestbee

オンライン食料品デリバリサービスの Honestbee は今日(原文掲載日:10月21日)、シリーズAラウンドで1,500万ドルを調達したと発表した。これまでに Oculus VR などのスタートアップに投資したことで知られる、シリコンバレーVC の Formation 8 がこのラウンドをリードした。

このラウンドに他に参加したのは、シリコンバレーのファンド Pejman Mar Ventures(Dropbox や Lending Club への投資で知られる)、Facebook、Amazon、Google で知られる への投資で知られる投資家 Gideon Yu 氏、Owen Van Natta 氏、Steve Chen 氏などだ。まぎれもなく、シンガポール企業に対する、シリコンバレー色の強い投資ラウンドとなった。

Honestbee は、(同社の説明によると)注文から1時間以内に届けるオンライン食料品デリバリサービスを提供している。買い物をするフリーランサーが電話でオーダーを受け、食料品を購入、注文者宅に届ける。シンガポールでは、NTUC Fairprice、Cold Storage といったスーパーマーケット・チェーンや、ペット用品店の Pet Lovers Center、そのほか、Gastronomia da Paolo、Crystal Wines、Four Seasons Organic といった商品を扱う小売店と提携している。

Honestbee はシンガポールで展開しているが、先頃、香港にも進出することを発表した。2016年6月までに、さらに6つの主要都市にも進出する計画だ。この8ヶ月間でスタッフ数は100人にまで増え、同社はさらに増員を続けるとしている。

アジアの大半の人々は、仕事で忙しく(買い物に)時間を使いたくない、自家用車を持たない人口比率が増えていたりする。我々のオンデマンド・デリバリサービスを使えば、時間の無いお客が、自分の好きなお店の幅広い選択肢の中から買い物することができる。たとえ、閉店間際のタイミングであっても。(Honestbee 共同創業者の Isaac Tay 氏)

honestbee-screenshot

Formation 8 の創業者である Brain Koo 氏は、次のように述べている。

Formation 8 は、コマースが進化する上での一つの方向性として、ハイパーローカルのオンデマンド市場が重要な役割を果たすと考えている。ビジネスと富が創造されることで、アジアの主要都市の人口密度は増え続けており、これは(事業展開する上で)絶好のタイミングであり、ビジネスチャンスだ。

Honestbee の創業者の一人である Joel Sng 氏は、Formation 8 のジェネラル・パートナーでもある。

シンガポールのような比較的小さい市場にとって、オンライン食料品デリバリの競争は激しさを極めている。おそらく Redmart がこの地域のメジャープレーヤーだが、他にも GoFreshPurelyFresh などの競合が存在する。シンガポール以外では、HappyFresh はインドネシア、マレーシア、タイでサービスを展開している。さらに多くの企業が、この市場に参入するようだ。

<関連記事>

Redmart は Honestbee とは異なった形で運営されており、買い物客に対する Uber のモデルではなく、自社で倉庫や運送のインフラを備えている。HappyFresh は Honestbee と同じくフリーランサーに依存しており、Honestbee が参入するかもしれない地(東南アジアのスタートアップなら皆そうするだろう)地域において、すでにサービスを展開している。さらに、HappyFresh は、名称非開示の投資家から7桁ドル台の資金を獲得している。

Honestbee は、アジアのオンライン食料品販売市場が180万ドルに上るだろうとの、Goldman Sachs のレポートを引用している。一方、Nielsen の Global E-commerce and The New Retail Report は、アジア太平洋地域の発展途上市場では、食料品デリバリのようなオンライン小売ソリューションが最も受け入れられやすいと伝えている。

ここで問題となるのは、複数企業による競争が東南アジアのオンライン食料品デリバリ業界を成長させるか、あるいは、価格競争を生み出すか、ということだ。後者は消費者の財布にとっては良いニュースだが、生き残りを賭けた企業にとっては、概ね都合は良くない。

Honestbee に連絡を取っているので、追加で情報が得られたらこの記事を更新することにする。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------