タグ 香港

ブロックチェーンゲーム開発のAnimoca Brands、豪ゲーム開発のBlowfish Studiosを38億円超で買収

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム企業の Animoca Brands は、オーストラリアのインディーゲーム開発会社 Blowfish Studios を、いくつかの条件を含む現…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム企業の Animoca Brands は、オーストラリアのインディーゲーム開発会社 Blowfish Studios を、いくつかの条件を含む現金と株式による取引で、総額3,500万豪ドル(約38.4億円)で買収した。

Animoca Brands は、契約一時金として900万豪ドル(約10億円)を支払う。400万豪ドル(約4.4億円)が現金で支払われ、残りは相当の株式が提供される。Blowfish Studio の創業者 Benjamin Lee 氏と Aaron Grove 氏が買収後2年間働き続ければ、さらに100万豪ドル(約1.1億円)の現金と500万豪ドル(約5.5億円)相当の株式が提供される。

また、Blowfish Studiosが2022年および2023年までに一定の収益目標を達成した場合、さらに2,000万豪ドル(約21.9億円)が提供される可能性がある。

Blowfish Studios のゲームのひとつ「Siegecraft Commander」
Image credit: Blowfish Studios

2010年に設立された Blowfish Studios は、PC、モバイルデバイス、PlayStation 5、Xbox One、Nintendo Switch などの各種コンソール向けにゲームをリリースしている。現在、「Qbism」、「Siegecraft」、「Morphite」、「Projection: First Light」、「Storm Boy」など33本のゲームをリリースしている。

Animoca Brands の共同創業者兼会長の Yat Siu 氏は、自社と Blowfish Studios が持つような AAA タイトル(大ヒットゲーム)とブロックチェーン技術の組み合わせは稀だと言う。彼は、両スタートアップが多くのプロジェクトに取り組んでいて、近日中に発表される予定だと付け加えた。

この買収後、Blowfish Studios の現在の経営陣は引き続き会社を運営し、Animoca Brands と協力して、ブロックチェーン連携、Play-to-earn 機能、製品の発売、さらには FT(代替性トークン)と NFT(非代替性トークン)に関する取り組みを調整する。

今回の取引に先立ち、Animoca Brandsは最新の資金調達ラウンドで8,880万米ドルを調達し、ユニコーンとなった(編注:その後。さらに5,000万米ドルの調達が報道された)。香港を拠点とする同社は、「The Sandbox」などのオリジナルゲームを制作するほか、Axie Infinity の生みの親である Sky Mavis や、CryptoKitties の生みの親である Dapper Labs など、複数のブロックチェーンゲーム企業に投資・提携している。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

香港発バーチャルイベントプラットフォーム「EventX」、シリーズBでHTCらから1,000万米ドルを調達

SHARE:

<ピックアップ> 虛擬展覽平台EventX獲千萬美金融資,與HTC戰略合作 アジアを代表するバーチャルイベントプラットフォーム「EventX(旧称 EventXtra)」は、シリーズ B ラウンドで1,000万米ドルを調達した。このラウンドは、HTC と Gaocheng Capital(高成資本)が共同リードした。これは同社にとって、昨年6月に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。 ニュー…


<ピックアップ> 虛擬展覽平台EventX獲千萬美金融資,與HTC戰略合作

アジアを代表するバーチャルイベントプラットフォーム「EventX(旧称 EventXtra)」は、シリーズ B ラウンドで1,000万米ドルを調達した。このラウンドは、HTC と Gaocheng Capital(高成資本)が共同リードした。これは同社にとって、昨年6月に実施したシリーズ A ラウンドに続くものだ。

EventX は135カ国で2万回以上のオンラインおよびハイブリッドイベントの運営に利用され、前年比でユーザは800%増加、累積ユーザは合計500万人に達したという。物理的な制約が無くなることから、Alibaba(阿里巴巴)、Price Waterhouse Coopers、GL Event、Informa、Reed Exhibition、Yahoo などのイベント主催大手、政府官公庁、大学らに広く利用されているという。

このような EventX の急成長、今回投資家らの熱烈な期待と戦略的提携につながったとの分析がある。EventXは、今回調達した資金を、イベント産業回復のための製品と技術の開発に集中投入することにした。既存のバーチャルイベントサービスの安定化に加え、中国本土へのアクセスしやすさと HTC VIVE との提携を足がかりに、マーケティングやイベント産業のための新機会を創出する。

特に VR など、各種有望技術を自社 SaaS のコアコンピタンスにするため、EventX は NGO、中小企業、スタートアップに無料でバーチャルイベントプラットフォームのライトバージョンを無料で提供している。バーチャルイベントへのアクセスを高め、最終的には、バーチャルイベントの経験自体を再確立するというのが目標だ。

EventX は、香港のスタートアップハブ Cyberport(数碼港)や香港 Click Ventures の支援を得て2012年に創業(一部資料では2013年)。2016年には台湾の AppWorks(之初創投)の第13期に、2017年には 500 Startups の第17期に採択された。これまでに WebSummit や RISE といったテックカンファレンスのイベント管理を支援、日本では IVS のイベント管理に利用された。

via T 客邦

岩瀬大輔氏ら、NFTプラットフォーム「KLKTN(コレクション)」をローンチ——BEENOSらから400万米ドルを調達

SHARE:

<23日15時更新> 投資家に Animoca Brands、Gusto Collective、BlackPine が含まれる旨を追記。 香港を拠点とする NFT(非代替トークン)プラットフォーム「KLKTN(コレクション)」は、400万米ドルを調達したことを明らかにした。KLKTN は、K-POP、アニメ、J カルチャーの NFT プラットフォームで、同日、K-POP アーティスト Kevin …

Image credit: KLKTN

<23日15時更新> 投資家に Animoca Brands、Gusto Collective、BlackPine が含まれる旨を追記。

香港を拠点とする NFT(非代替トークン)プラットフォーム「KLKTN(コレクション)」は、400万米ドルを調達したことを明らかにした。KLKTN は、K-POP、アニメ、J カルチャーの NFT プラットフォームで、同日、K-POP アーティスト Kevin Woo 氏の全米デビューシングル「Got It」のリリースに合わせ、新曲のミュージックビデオにちなんで作られたオリジナルのコレクターズアイテムを NFT 商品としてローンチした。

今回の調達ラウンドでは、BEENOS(東証:3328)がリードインベスターを務め、いずれも香港の Animoca Brands、Gusto Collective、BlackPine が参加した。

KLKTN は、ミュージシャンやアーティストが舞台裏のコンテンツやクリエイティブ作業の過程をファンと共有し、その一部を購入可能とすることで、ファンとの結びつきを豊かにすることを目指すプラットフォームだ。アーティストは、制作過程の独占的な映像をテキスト、写真、ビデオクリップで共有することに加えて、これらの瞬間を NFT 製品に変換して販売することができる。ファンは デジタルでトークン化された特別のコレクターズアイテムや〝Moments〟なる「瞬間」を購入し所有できるという。

KLKTN は、ライフネット生命保険の共同創業者で Spiral Capital マネージングパートナーの岩瀬大輔氏(CEO)、音楽プロデューサーでソングライターの Jeff Miyahara 氏(CCO)、Dapper Labs で Cryptokitties の開発に携わった Fabiano Soriani 氏(CTO)により共同創業。本ラウンドで出資した BEENOS からは、松尾直輝氏がビジネス開発ディレクターとして参画する。美術品プラットフォーム「Artsy」のアドバイザーとして知られる弁護士の塩野入弥生氏がリーガルアドバイザーを務める。

NFT のプラットフォームやマーケットプレイスをめぐっては、ニューヨークを拠点とする OpenSea が今週、ローンチから4年目にしてユニコーンクラブ入りを果たした。ゲームやデジタルアイテムへの NFT 適用でリードする香港の Animoca Brands も先月末、IPO を前に8,800万米ドルを調達しユニコーンクラブ入りを果たした。

<関連記事>

香港のブロックチェーンゲーム・ユニコーンAnimoca Brands、5,000万米ドルを調達【Bloomberg報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 香港を拠点に、ブロックチェーンゲームと NFT(非代替トークン)を手がける Animoca Brands が、最新の資金調達ラウンドの一環で5,000万米ドルを調達したと Bloom…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


香港を拠点に、ブロックチェーンゲームと NFT(非代替トークン)を手がける Animoca Brands が、最新の資金調達ラウンドの一環で5,000万米ドルを調達したと Bloomberg が報じた

詳細:

  • 同社の最新の資金調達ラウンドには、Blue Pool Capital、Coinbase Ventures、Liberty City Ventures、Scopely、Samsung Venture Investment Corporation などが参加した。
  • プレバリュー(投資前時価総額)10億米ドルで行われた今回の資金調達は、買収、製品開発、知的財産のライセンスなどへの投資に充てられる予定だ。

背景:

  • Animoca Brands は今年5月、Kingsway Capital、RIT Capital Partners、HashKey Fintech Investment Fund、AppWorks Fund などからの出資を受けた調達ラウンドで8,880万米ドルを調達し、ユニコーンとなった。
  • Animoca Brands は、Bitkraft Ventures がリードしたシリーズ A ラウンドで、ブロックチェーンを活用したゲームを専門とするスタートアップ Yield Guild Games にも投資した

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

香港VCのBrinc、欧州Blue Horizonとフードテックアクセラレータを設立——300万米ドル超を投資

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 香港を拠点とするアクセラレータ兼ベンチャーキャピタルの Brinc は、ヨーロッパのファンド Blue Horizon Ventures と提携し、世界のフードテックスタートアップに…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


香港を拠点とするアクセラレータ兼ベンチャーキャピタルの Brinc は、ヨーロッパのファンド Blue Horizon Ventures と提携し、世界のフードテックスタートアップに300万米ドル以上を投資する。

Image credit;: Brinc

Blue Horizon Ventures は、Brinc の新しいスケールアッププログラムを通じて投資を行い、アーリーステージのスタートアップが東南アジアや大中華圏全体で成長するのを支援するとのことだ。この国境を越えたプロジェクトは、シンガポールと香港で実施される予定だ。

Brinc は、シンガポールを選んだ理由として政府の支援と規制の枠組み、香港を選んだ理由として資本へのアクセスのしやすさと中国への近さを挙げている。

Brinc は、この新しいプログラムの3つの主要な目的を説明している。アジア太平洋地域におけるスタートアップの事業拡大とビジネスチャンスへの参入を支援するなどだ。また、Brinc は、シードステージのアクセラレータープログラムを卒業したばかりのスタートアップを支援し、テクノロジーを通じたグローバルなフードシステムのイノベーションを促進することも計画している。

このプログラムでは、スタートアップに対して、フードサイエンティスト、小売業者、製造・販売パートナー、施設やリソースなどへのアクセスを提供する。また、投資家、商業パートナー、業界の専門家、メンターなど、Brinc と Blue Horizon Ventures のネットワークにも接続してくれる。

また、Brinc と Blue Horizon Ventures は共同で、シードステージスタートアップに少なくとも25万米ドルの投資を行う。これにより、Brinc が香港で展開している自社フードテックアクセラレータや、LeverVC が支援する上海の代替タンパク質特化アクセラレータ China Alternative Protein を通じて投資された企業にも資本が拡大される。

2014年の設立以来、Brinc は200社以上の企業に投資してきたという。そのうち30社は、代替タンパク質や細胞農業などの上流技術に取り組むフードテック企業だ。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

香港のAnimoca Brands、IPOを前に8,800万米ドルを調達——時価総額10億米ドル、ゲームのNFT経済創出へ

SHARE:

Animoca Brands は、ゲームと希少なデジタルアイテムを NFT(非代替性トークン)で結合する計画を生かすために、時価総額10億米ドルで8,800万米ドルを調達した。 香港を拠点とする Animoca Brands は、ゲームにおけるデジタルアイテムの独自性を認証できるNFTを先駆的に利用してきた The Sandbox、Quidd、Gamee、nWay、Pixowl、Lympo といっ…

Animoca Brands は、ブロックチェーンゲームのリーダーになろうとしている。
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands は、ゲームと希少なデジタルアイテムを NFT(非代替性トークン)で結合する計画を生かすために、時価総額10億米ドルで8,800万米ドルを調達した。

香港を拠点とする Animoca Brands は、ゲームにおけるデジタルアイテムの独自性を認証できるNFTを先駆的に利用してきた The Sandbox、Quidd、Gamee、nWay、Pixowl、Lympo といった一握りのゲーム会社を集めた。NFT 企業がゲーム業界の最新ユニコーンになったことに驚かれた方は、おそらくこれらのホットトークンに注目していなかったのではないだろうか。

NFT は、アート、スポーツグッズ、音楽など、(ゲーム以外の)他のアプリケーションでも爆発的に普及している。例えば、NBA Top Shot(バスケットボールのコレクターズカードをデジタル化したもの)はその一例だ。Dapper Labs が開発した NBA Top Shot は、上場後5カ月で売上高5億米ドルを突破した。また、Beeple というアーティストによる NFT デジタルコラージュは、クリスティーズで6,930万ドルで落札された。Animoca は、NFT がゲーム内で獲得したアイテムをプレイヤーが所有できるようにすることで、ゲーム業界にも変化をもたらすだろうと考えている、ブロックチェーンに特化した数多くの企業の一つだ。NFT は、安全で透明なデジタル台帳であるブロックチェーンを利用して、取引の検証やレアアイテムの認証を行う。また、Animoca Brands は、約3年前からNFT事業に取り組んでいる。

今回のラウンドには、Kingsway Capital、RIT Capital Partners(旧 Rothschild Investment Trust)、HashKey Fintech Investment Fund、AppWorks Fund、LCV Fund、Huobi、Octava、Ellerston Capital、Perennial、Axia Infinity Ventures、SNZ、Liberty City Ventures、Metapurse などの投資家が参加した。

Animoca Brands の NFT ゲーム「F1 Delta Time」
Image Credit: Animoca Brands

今回の戦略的ラウンドにより、Animoca Brands はブロックチェーンと NFT を利用してビデオゲーマーにデジタル財産権をもたらし、Play-to-earn 機能やデジタルアセットの相互運用性などの強力なメリットを実現し、積極的な成長に向けた体制を整えたとしている。Play-to-earn とは、ゲームの中で報酬を得て、それを現実のお金に交換することであり、筆者が考える「レジャー経済」を連想させる。これは、インターネットの次のバージョンを提供するか、あるいは大規模なバブル爆発を起こすかのどちらかだ。NFT を使えば、プレイヤーはゲーム内アイテムの真の所有権を確立し、ゲームを離れるときにはそれを持ち帰ることができますし、利益を得て売ることもできる。そうすることで、ゲーム内アイテムは費用というよりも投資に近いものになるのだ。

<関連記事>

CEO Yat Siu 氏が語る NFT の将来性

Animoca Brands のゲーム「MotoGP Ignition」
Image Credit: Animoca Brands

CEO の Yat Siu 氏は、GamesBeat とのインタビューで、買収の検討、戦略的な投資、400人の従業員の基盤に加えて新たな人材の雇用、人気のある知的財産のライセンスの確保、新製品の開発などを行っていくと語っている。

ここ数ヶ月の NFT のニュースについてどう思うかと聞かれた Siu 氏は、「ロケット船が思い浮かぶと思う」と答えた。

この領域がこれほど急速に成長している理由のひとつは、レンタル経済から所有経済への移行に伴う需要の高まりだ。自分のデジタルライフを自分のものにしたいという考えを持つ人が増えている。自分の時間を所有し、オンラインでの時間の使い方を尊重されるべきだ。これは革命だ。これは革命であり、小さな基盤から生まれたものだと思う。(Siu 氏)

Metamask のアカウント数は約500万、Coinbase のアカウント数は5,600万——これらの数字は仮想通貨経済の規模を示す指標となっている。これだけの人数がいるものの、Siu 氏はメインストリームの消費者を巻き込むという点では、まだ表面をなぞっているだけだと考えている。先週、東京を拠点とするオンラインゲーム大手ネクソンが、ビットコインに1億米ドルを投資したと発表した。しかし、ビットコインが不安定な市場であることは間違いない。これは、仮想通貨に関する大きな浮き沈みの一部だ。5月12日、Elon Mask 氏の Tesla が、「ブロックチェーン・コンピューティングは安全だが膨大なコンピューティングパワーを消費するため、環境への影響を考慮して、ビットコインでの支払を受け付けない」と発表した。これにより、昨夜、ビットコインは大暴落した。

一度デジタル所有権に入ってしまうと、そこから抜け出すことはできない。実際に NFT を作って売買したり、サービスを提供したりしている人たちは、長期的な視点で取り組んでいる。だからこそ、そこには何か強力なものがあるとわかるのだ。なぜ我々はユニコーンになるのか? なぜDapper Labsは爆発的に売れているのか? デジタル所有権は、業界が必要としていたパラダイムシフトだと思う。ベンチャー企業も続々と参入している。注目度も認知度もメインストリームになってきている。(Siu 氏)

NFT の結果

Animoca Brands のトークン「REVV」と「SAND NFT」
Image Credit: Animoca Brands

Animoca Brands は、「F1 Delta Time」「The Sandbox」「MotoGP Ignition」などのブロックチェーンゲームで良い結果を出している。Revv や Sand など、それらの関連トークンを発売している。Animoca Brands は、Dapper Labs、Opensea、Bitski、Axie Infinity などに投資している。F1 Delta Time では、プレイヤーは NFT ベースのレースカーを獲得したり、購入してゲーム内で使用したりすることができる。また、The Sandbox はデジタル土地を販売しているが、プレイヤー向けに NFT マーケットプレイスも開設した。

最近では、Gamee、Tower、LMT の各トークンを発売し、Animoca Brands はゲーム内報酬を推進している。Animoca のトークンの市場価値は、数十億ドルに達している。

Kingsway の創業者兼 CEO である Manuel Stotz 氏は、ビットコインや NFT を通じたデジタル財産権の出現は、新興市場の底辺30億人程度の消費者にとって金融包摂の最大の機会であると声明で述べている。

Animoca Brands のコーポレートアドバイザーである Taylor Collison の Simon Doherty 氏と Everest Ventures Group が今回の資金調達を支援した。Animoca Brands は以前、2,700万米ドルを調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

香港発の「Klook(客路)」、シリーズEでソフトバンクVFなどから2億米ドルを調達——ローカル体験プロバイダ向けSaaSを展開

SHARE:

香港に拠点を置く旅行・レジャー予約プラットフォーム「Klook(客路)」は26日、地元の投資会社 Aspex Management がリードしたシリーズ E ラウンドで2億米ドルを調達したと発表した。既存の投資家である Sequoia Capital China(紅杉資本)、ソフトバンク・ビジョン・ファンド1(SVF1)、Matrix Partners China(経緯中国)、Boyu Capit…

Klook 共同設立者 Eric Gnock Fah 氏、Ethan Lin 氏、Bernie Xiaokang Xiong 氏
Image credit:

香港に拠点を置く旅行・レジャー予約プラットフォーム「Klook(客路)」は26日、地元の投資会社 Aspex Management がリードしたシリーズ E ラウンドで2億米ドルを調達したと発表した。既存の投資家である Sequoia Capital China(紅杉資本)、ソフトバンク・ビジョン・ファンド1(SVF1)、Matrix Partners China(経緯中国)、Boyu Capital(博裕資本)に加え、名前開示の新規投資家も数社参加した。

プレスノートによると、新しく調達した資金は Klook の 事業者向け SaaS ソリューションの開発と展開に使われ、事業者はプラットフォーム上でビジネスを構築、管理、拡張できるようになる。旅行業界が新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けていることから、同社は戦略的な強みを再優先させ、現在は、体験予約分野のデジタル化と、宿泊やレンタカーなどの新分野の立ち上げという2つの主要分野に注力している。

制限が緩和されたシンガポール、香港、台湾などの主要市場では、地元の人々が国内旅行を始めており、予約がコロナ前に近いレベルに達しており、ローカル体験への支出が増加していると Klook は言う。

我々はこの1年間で、海外旅行が一時停止されているにもかかわらず、消費者は自分自身を探検したり楽しんだりしたいという欲求を持っていることを観察してきた。その代わりに、消費者は自分の裏庭で新しいユニークな体験をしようとしている。」(Klook CEO 兼共同創業者 Ethan Lin 氏)

旅行業界が新型コロナウイルス感染拡大によって大きな打撃を受けたことは間違いないが、Klook は市場の逆風にもかかわらず、回復力と適応力を示してきた。デジタル予約への移行はコロナ後に加速すると考えており、Klook はこのトレンドを活用する上で絶好のポジションにある。(Aspex Management CIO兼創業者 Hermes Li 氏)

Klook は、長期のロックダウンにもかかわらず、ビジネスのデジタル化に熱心な事業者を見てきたと言う。コロナ禍に、Klook は2019年の同時期と比較して150%多くのアクティビティを掲載。香港政府観光局、シンガポール政府観光局、タイ政府観光局などと提携し、提供するサービスの多様化と国内での需要拡大を支援している。シンガポールでは、Kloo kはシンガポール政府観光局から「SingapoRediscovers Voucher」の公認予約パートナーに任命され、国内需要の拡大と業界の活性化を図っている。

【via e27】 @E27co

【原文】

ラストマイル物流の香港Lalamove(貨拉拉)、15億米ドルを調達しシリーズFをクローズへ——時価総額は約100億米ドルに【報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 オンデマンド物流・配送会社 Lalamove は、15億米ドルの資金調達ラウンドを完了し、時価総額が約100億米ドルに近づいている、と Pandaily が報じた。 地元メディア 3…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


オンデマンド物流・配送会社 Lalamove は、15億米ドルの資金調達ラウンドを完了し、時価総額が約100億米ドルに近づいている、と Pandaily が報じた

Image credit: Lalamove

地元メディア 36Kr(36気)を引用した Pandaily の報道によれば、香港拠点の Lakamove は (高瓴資本)のリードしたシリーズ F ラウンドの2回の調達の一部として13億米ドルを調達した。また、同社は、このラウンドのクローズにあたり、さらに2億米ドルを調達しようとしていると報じられている。

Lalamove は、ケータリング、小売、e コマース、製造、建設など複数の業界の中小企業にラストマイル配送サービスを提供している。独立系の書店や衣料品店などのブリック&モルタルの店舗は、マルチストップ配送機能を利用してローカル注文に対応することもできる。

市場はさらに拡大し、(中国の)四級都市、五級都市にも浸透していくだろうし、モバイルインターネットによる中国の貨物業界の変革はまだまだこれからだと信じている。(創業者の Zhou Shengfu=周勝馥氏)

<関連記事>

今回のラウンドより前、Lalamove は Sequoia Capital China(紅杉資本)がリードしたシリーズ E ラウンドで5億1,500万米ドルを調達している。2020年11月末時点で、Lalamove は中国本土の352都市をカバーしており、月間アクティブドライバは48万人、同プラットフォーム上の月間アクティブユーザは720万人だという。

Lalamove は2020年10月、アメリカのダラス・フォートワースでもサービスを開始しており、この地域ではレベニューシェアモデルを課しておらず、地元レストランは Lalamove への手数料を支払うことなく顧客に配送料を請求できるようになっている。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

ラストマイル物流の香港Lalamove(貨拉拉)、シリーズEで5億1,500万米ドルを調達——時価総額は80億米ドルに

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 オンデマンド物流大手 Lalamove は、Sequoia Capital China(紅杉資本)がリードしたシリーズ E ラウンドで5億1,500万米ドルを調達したと発表した。声明…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


オンデマンド物流大手 Lalamove は、Sequoia Capital China(紅杉資本)がリードしたシリーズ E ラウンドで5億1,500万米ドルを調達したと発表した。声明によると、Hillhouse Capital(高瓴資本)や Shunwei Capital(順為資本)ら既存投資家もフォローオンで出資した。

Image credit: Lalamove

中国では「Huolala(貨拉拉)」として知られて香港拠点の同社は、アプリを通じてラストマイルの物流ソリューションを提供している。Lalamove は、この2つの市場(香港と中国)に加え、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、インド、フィリピンでも事業を展開している。

同社は今回調達した資金を、さらなる事業拡大、事業レイアウトの多様化、物流データインテリジェンスの強化に活用する計画だという。声明によると、Lalamove は年初、新型コロナウイルスが感染拡大を受け出荷量が93%減少したという。しかし、感染拡大の緩和二つ入れ、同社の受注は力強く回復を見せた。

2020年11月末現在、Lalamove はその事業範囲が中国本土352都市をカバーしており、プラットフォーム上の月間アクティブドライバー数は48万人、月間アクティブユーザ数は720万人に達していると述べている。10月、Lalamove はテキサス州ダラスでサービスを開始し、アメリカへの進出を発表した

同社は以前、Tech in Asia に次のように語っている。

アジアとラテンアメリカでの成功に続き、ボタンを押すだけで誰もがオンデマンドで当日配達を可能にする次のロジスティクス市場はアメリカだと考えている。

Lalamove の発表は、先週、同社がバリュエーション80億米ドルで少なくとも5億米ドルを追加調達しようとしているとの報道を受けてのものだ。今回のシリーズ E ラウンドより前、シリーズ D ラウンドでは同ラウンドで初参加した Sequoia China と Hillhouse Capital をリードインベスターに3億米ドルを調達している。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

香港のブロックチェーンゲーム開発Animoca Brands、仮想通貨が貯まるフィットネスアプリ「Lympo」運営を買収へ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ブロックチェーンゲーム会社の Animoca Brands は、同社の100%子会社である Animoca Brands Limited を通じて、フィットネスアプリ「Lympo」を…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ブロックチェーンゲーム会社の Animoca Brands は、同社の100%子会社である Animoca Brands Limited を通じて、フィットネスアプリ「Lympo」を約140万米ドルの契約一時金で買収すると発表した。

Image credit: Lympo

Lympo はブロックチェーンプラットフォームを運営しており、同社のモバイルアプリを使って運動をすると Lympo Tokens(LYM)が報酬として付与され、ユーザが健康な生活を送ることができるよう支援している。また、データ共有エコシステムを構築しており、ユーザの健康やフィットネスデータと連動したブロックチェーンベースの特典システムを通じて、フィットネスやウェルネスの関係者とユーザを結びつけていくという。

リトアニアに拠点を置く Lympo は、現在7万5,000人以上の LYM の保有者がいるとしている。今回の買収により、香港に拠点を置く Animoca Brands は、Lympo が現在保有している LYM をすべて受け取ることになる。買収価格は、1株当たり0.25豪ドル(約20円)または取引終了日の市場価格のいずれか高い方で Animoca Brands の株式で支払われる。

今回の買収により、Animoca Brands はトークン「REVV」など既存のトークンエコシステムの中で LYM を開発することができるようになる。REVV は、ブロックチェーンゲーム「F1 Delta Time」のほか、MotoGP や Formula E など今後リリースされるレースをベースにしたゲームで使えるユーテリティトークンだ。

また、今回の取引では、Lympo が買収完了日から1年以内に一定の収益マイルストーンを達成した場合、Animoca Brands は Lympo に150万米ドルを追加で支払う。その支払は現金または株式で行われることが規定されている。Animoca Brands は、Lympo がこの支払の対象となる収益マイルストーンを明らかにしていない。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】