BRIDGE

タグ iBeacon

いろいろな場所やモノに貼ってスマホと連携できる「Estimote Beacons & Stickers」

SHARE:

iBeaconを使ったハードウェアやサービスが次々と登場している。今回紹介するのは、米国Estimote社が開発するセンサータグ付きデバイス、「Estimote Beacons」、「Estimate Stickers」という2つのデバイスだ。 場所に貼付ける「Estimote Beacons」 「Estimote Beacons」は、小石程度の形状とサイズのコンピューターだ。底面の粘着テープで壁な…


Estimote Beacons
iBeaconを使ったハードウェアやサービスが次々と登場している。今回紹介するのは、米国Estimote社が開発するセンサータグ付きデバイス、「Estimote Beacons」、「Estimate Stickers」という2つのデバイスだ。

場所に貼付ける「Estimote Beacons」

Estimote Beacons
「Estimote Beacons」は、小石程度の形状とサイズのコンピューターだ。底面の粘着テープで壁などに貼付けることができる。

ARMプロセッサ、Bluetooth LEのモジュール、温度センサー、加速度センサーを搭載しており、周囲のスマートフォンと通信して情報を表示したりできる。

例えば、美術館で展示物の解説を表示したり、小売店で展示商品の近くにきた顧客のスマートフォンに商品情報を表示したり、レジ近くで決済用のアプリを起動したり、といった具合だ。

Estimote Beacons
同社のサイトにて、「What are the practical applications?」として公開されているデモが分かりやすいだろう。

動くモノに貼付ける「Estimate Stickers」

Estimote Beacons
一方、より新しい「Estimate Stickers」は、厚さ3mm程度のステッカー型のデバイスだ。Estimote Beaconsと同様にBluetooth LEのモジュール、温度センサー、加速度センサーを搭載しているが、その形状から固定のモノ、場所というよりは動くモノや商品などに貼付けて使うことが想定されているようだ。

小売店が商品に貼付けて「顧客がどの商品を何回手に取ったか」などを把握したり、自転車やペットの首輪にとりつけて状況を管理したり、といった具合だ。

いずれも通信範囲は最大70mで、バッテリーはEstimote Beaconsが3~5年、Estimate Stickersは1年ほどもつという。

開発者向けにSDKも提供され、Estimote Beaconsの開発キットは、3個入り99ドルですでに販売されている。Estimate Stickersについては、10枚入り99ドルで予約受付中で、発送は2014年10月後半になるという。

Estimate Beaconsは、日本の技適マークを取得済みのようだ。しかし、Estimate Stickersについては未取得のようなので、日本で使用する際には注意が必要となるだろう。

----------[AD]----------

スマートフォンに反応して自動で家電が動作する「airfy Beacon」

SHARE:

スマートフォンを持って近づくだけで家電の電源をコントロールできる「airfy Beacon」というデバイスが開発されている。現在、クラウドファンディングサイトindiegogoで出資を募っており、すでに目標額の20,000ドルを達成、人気を集めている。 airfy Beaconは、小型のビーコンで利用する部屋の壁などに貼り付けて設置、スマートフォンアプリ(iOS、Android)と連携させて利用す…


airfy Beacon
スマートフォンを持って近づくだけで家電の電源をコントロールできる「airfy Beacon」というデバイスが開発されている。現在、クラウドファンディングサイトindiegogoで出資を募っており、すでに目標額の20,000ドルを達成、人気を集めている。

airfy Beaconは、小型のビーコンで利用する部屋の壁などに貼り付けて設置、スマートフォンアプリ(iOS、Android)と連携させて利用する。アプリに宅内の照明、エアコン、テレビといった家電などをあらかじめ設定しておくと、スマートフォンを身につけてairfy Beaconに近づくと自動で照明を点けたり、家電を起動させたりすることができる。

airfy Beacon
音楽プレーヤーに近づけば、自動で音楽が再生される。

airfy Beacon
暗い部屋に入れば、自動で照明の電気が点く。

また、時間による設定も可能で、就寝時間になったら自動的に照明の電源がオフになるようにセットしたりもできる。

家に帰ると自動で電気の照明がつく、リビングのソファに座ると自動でテレビが起動し、部屋から出ると自動で電源がオフになる。airfy Beaconをつかうと、このような近未来感あふれる生活が可能となり便利なだけでなく、家電の電源を効率よくオンオフすることで電気代の節約にもなるという。

さらには、huenestと連携させたり、webサービスのIFTTTと連携させることができるというので、使い方は広がりそうだ。

開催中のindiegogoのキャンペーンでは、出資者はairfy Beaconが手に入る枠が用意されている。59ドルの枠はすでに終了、現在は79ドルの出資からairfy Beacon 1個を手に入れることができる。発送は2014年10月が予定されている。

----------[AD]----------

太陽光で充電、iBeaconを活用し置き忘れを防止するサングラス「Tzukuri」

SHARE:

オーストラリアの会社、Tzukuriがサングラスの置き忘れ防止を目的としたサングラスを開発した。iBeaconを活用することで、一定距離以上サングラスから離れるとiPhoneにアラートを出すことできる。 「Tzukuri」はサングラスのテンプル部分にBluetoothチップが埋め込まれている。サングラスとiPhoneを一度接続すると、専用のアプリがデバイス間の距離を認識。約5m離れた時点でiPho…


tzukuri-600x271

オーストラリアの会社、Tzukuriがサングラスの置き忘れ防止を目的としたサングラスを開発した。iBeaconを活用することで、一定距離以上サングラスから離れるとiPhoneにアラートを出すことできる。

「Tzukuri」はサングラスのテンプル部分にBluetoothチップが埋め込まれている。サングラスとiPhoneを一度接続すると、専用のアプリがデバイス間の距離を認識。約5m離れた時点でiPhone上にアラートを表示する。アラートを放置すると、5m離れる度に再度アラートがでる仕組み。

neverlose2-d66d725850970bdd5e086b1a1b4adc27

このアラート機能は、サングラスをかけた状態でiPhoneから離れた場合にも動作する。サングラスが離れている状態をスマートフォンのアプリが感知し、iPhoneから音を鳴らす。GPSのデータから、アプリはユーザの位置情報を読み取る。

これによりアプリはユーザが今どこにいるのかを学習するため、オフィスなどユーザがサングラスから離れることがある状況では反応しない。

通信に必要な電力供給はサングラスに内蔵されたBluetoothチップについている極小の太陽電池から行われる。充電が必要になった場合はiPhone上に「1時間ほどサングラスに太陽光を浴びせるように」と通知してくれる。

「Tzukuri」のフレームは、メガネの製造で有名な土地、福井県鯖江市の職人の技術を使って作られている。サングラスは全部で6種。価格は250ドル、今年の12月ごろの発売を予定している。

----------[AD]----------

韓国のEkayWorksがiBeaconsを上回る技術を開発、超精密位置情報ベースの広告プラットフォームをリリースへ

SHARE:

BlueTooth を利用した近距離無線通信が、次世代モバイル業界で脚光を浴びている。最近、Apple が iBeacons をリリースしたが、韓国ではそれを超えるサービスがリリースされる予定だ。 UX/エンジニアリング系スタートアップの EkayWorks(이케이웍스)は、BlueTooth を利用した近距離ユーザ情報・広告配信システムの特許を出願したと、12月11日明らかにした。このシステムで…

ekayworks

BlueTooth を利用した近距離無線通信が、次世代モバイル業界で脚光を浴びている。最近、Apple が iBeacons をリリースしたが、韓国ではそれを超えるサービスがリリースされる予定だ。

UX/エンジニアリング系スタートアップの EkayWorks(이케이웍스)は、BlueTooth を利用した近距離ユーザ情報・広告配信システムの特許を出願したと、12月11日明らかにした。このシステムでは、広告主が近距離(25〜50メートル)に いるユーザを検知し、位置情報サービスに基づいた広告を提供できる。GPS の限界である時間/空間の誤差を最小化し、世界初のリアルタイム3P(People-People-Place)コミュニケーションの実現が可能だ。BlueTooth によって、人が人を、または場所が人を見つけることができる。

EkayWorks が2010年から準備してきたこのシステムは、BlueTooth の応用技術が使われているという点で、9月 に Apple がリリースした iBeacons に似ているが、iBeacons に使われている BLE (Blutooth Low Energy) と共に、EkayWorks の独自技術 ADS(Active Detecting System)基本特許を利用している点で差別化している。検出方法と、それに伴うバッテリへの影響の2点で、iBeacons よりも優位に立っている。

iBeacons では、ユーザの携帯電話はビーコンを探すように、継続的に探索をする必要があるため、バッテリの消耗が大きい。しかし、EkayWorks の方式では、ビーコンの役割をする BlueTooth ドングルが携帯電話を見つけるため、この機能の利用によってバッテリーはほぼ消耗しない。

EkayWorks のシン・ドンミン(신동민)代表は、次のように説明している。

位置情報サービスは、測定位置の誤差を小さくし、位置を把握する時間周期を短くする方向へ進化している。 我々の特許は、そのようなサービスのトレンドに合致しており、SNS に加え、MICE(ビジネスカンファレンスやイベ ントの誘致産業)、教育、交通など、さまざまな産業に活用できるだろう。

EkayWorks は2014年上半期に、BlueTooth を活用した超精密位置情報ベースの広告・SNS アプリをリリースする 予定で、これを元に本格的に事業を展開する予定だ。

EkayWorks は、UXの専門会社としてSI領域から出発し、2010年のAppStore全体の年間アプリ売上高4位、教育部門年間アプリの売上1位を記録し、アプリ開発会社としての地位を確立した。また、サムスン電子のCP(コンテンツ・プロバイダ)として「UHD ZOO」、「クリスマス・ウィッシュ(크리스마스 위시)」など、さまざまなスマートTVアプリを制作している。最近では、韓国の政府機関・未来創造科学部が主催した「韓国TVアプリ・イノベーション・コンペティション」で最優秀賞を受賞した。

以下は、ソウルの清潭洞(チョンダムドン) Beyond Museum で2013年8月に開催された、UHD ZOO のプロモーション・ビデオ。(EkayWorks は CP として参加)

以下は、サムスン電子のスマートTVを使ったイベント「クリスマス・ウィッシュ」のレポート。(EkayWorks は CP として参加)

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------