BRIDGE

タグ IBM Watson

IBM Watson、起業家がクラウドファンディングから生産に至るサービスを支援するためにIndiegogoに参加

SHARE:

IBM は Indiegogo に参加し、提携関係にある Arrow Electronics とともに急成長中のスタートアップとモノづくりのコミュニティを支援する。 この協力関係は、「Genius of Things Summit」にて、IBM Watsonのドイツ・ミュンヘン IoT グローバル本社の開設を祝うために集まった400社以上の IBM Watson のパートナーの前で木曜日(2月16…

IBM-watson-indiegogo-arrow-930x698
IBM Watson ジェネラルマネージャー Harriet Green 氏や他社幹部らと共に話す Indiegogo 共同設立者 Slava Rubin氏(2017年2月16日、IBM Watsonドイツ・ミュンヘン IoT グローバル本社で開かれた記者会見にて)
Image Credit: Khari Johnson

IBM は Indiegogo に参加し、提携関係にある Arrow Electronics とともに急成長中のスタートアップとモノづくりのコミュニティを支援する。

この協力関係は、「Genius of Things Summit」にて、IBM Watsonのドイツ・ミュンヘン IoT グローバル本社の開設を祝うために集まった400社以上の IBM Watson のパートナーの前で木曜日(2月16日)に発表された。

Indiegogo の共同設立者で CBO(チーフ・ビジネス・オフィサー)の Slava Rubin 氏は VentureBeat とのインタビューで次のように語った。

私たちは、Indiegogo を資金調達プラットフォームから起業家が社会に羽ばたいていける機会とみています。あらゆる問題を自身たちだけで解決できませんので、適切なエリアに専門家を送り出すのが本当に楽しみです。

1年以上にわたって Indiegogo は、Arrow のようなパートナー企業と協力して大ヒット製品の製造をスケールしてきた。

同じような案件は、2015年にハードウェアアクセラレータの Wearable World でも実施されたが、Arrow の案件はこの規模では初めてのものだと Rubin 氏は話している。

これまで試みてきた中小の提携案件はたくさんありましたが、昨年に Arrow と始めた案件ほどの規模は初めてでした。

提携の一環として、このサービスに参加する全ての企業は、IBM Watson Bluemix のほか IoT 向けに用意された130を超える他の認知サービスのコレクションにアクセスできる。

IBM 広報担当の Dean Newuman 氏はこう話している。

提携側からみて、IBM の魅力は至るところにあります。Slava 氏から話があったように、ただの資金調達からインキュベート的なもの、起業家精神を加速させるものに変わるのです。

Bluemix はマシンラーニング用に使えるため、Arrow が協力しているような中小企業も自社製品に人工知能をさらに適用できる。Watson の認知サービスを活用すれば、リソースのほとんどない中小企業も一から立ち上げをする必要がないと Arrow の社長で CDO(チーフ・デジタル・オフィサー)の Matt Anderson 氏は話している。

そして現在、食品に顔認証を適用している企業があります。携帯電話を取り出して情報を入力することなくカロリーを計算できるカロリー計算用のスマートプレートです。このような企業が顔認証もしくは食料認証のソフトウェアを開発しようとするのは、同じことの繰り返しで無駄なことです。Watson の IoT を活用すれば、当社エンジニアは Watson でできることを知っていますので、これを文字通り顧客企業のソリューションに持ち込み、Watson を訓練し、稼働させることができます。(Anderson 氏)

Bluemix へのアクセスの他に、世界的な起業家プログラムへ参加し、Arrow から5万米ドルのリソースを供与される機会があるが、これは一定の基準を満たし、Arrow Certified として認められたキャンペーンで利用できる。 こうした企業は、クラウドファンディングキャンペーンをローンチする Arrow Certified 企業に投資される100万米ドルを獲得する資格も与えられる。現在のところ、4社がファンドから25万米ドルを獲得した。

その一例は Noria で、同社は窓に取りつける次世代エアコンのメーカーだが、2016年春に KickstarterIndiegogo の双方で360万米ドルを調達した。他にも FenSens という企業のナンバープレートに埋め込まれたセンサーは、車がバックするときに物体を検知する。また、Play Date は外出中でもペットと遊べるように、中にカメラが装着された遠隔操作のボールを開発している。

IBM Watson は、ミュンヘンにある IoT 本社のオープニングイベントの取材旅費を支払ってくれた。当社がお伝えしている内容は客観性が維持されている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

The North Face、IBMのワトソンを使ったスマートなモバイルショップアプリをもうすぐローンチ

SHARE:

アウトドア用品のThe North Faceは来月モバイルアプリをローンチする予定だ。このアプリはユーザに最適な商品を提供できるよう、世界で最も賢いコンピュータであるWatsonが採用されている。 このアプリはIBMの高性能人工知能コンピュータ、Watsonを小売業界で初めてモバイルアプリに採用しており、ユーザが電話に向かって自由に話しかけることで、Watsonのショッピングアシスタントが質疑応答…

the-north-face

アウトドア用品のThe North Faceは来月モバイルアプリをローンチする予定だ。このアプリはユーザに最適な商品を提供できるよう、世界で最も賢いコンピュータであるWatsonが採用されている。

このアプリはIBMの高性能人工知能コンピュータ、Watsonを小売業界で初めてモバイルアプリに採用しており、ユーザが電話に向かって自由に話しかけることで、Watsonのショッピングアシスタントが質疑応答形式で最適なものを見つけてくれるのだ。

使い方

例えば春物のジャケットが欲しいとしよう。このアプリを使えば通常オンラインショッピングをする際に行うジャケット画像が載ったページを何ページもスクロールする、という作業をしなくて済む。The North Faceでは重さやスタイル、プロテクションレベルが異なるジャケットを350点も扱っている。

中綿はダウンにするか、合成断熱材か、それともコットン等のより軽いものにしようかなど、どこから手を付けたらいいかわからない時もある。そんな方のためにWatsonは、ジャケットを着て具体的にどこへ行くのか、またそれはいつなのか(着用時の気温を知るため)、男性用なのか女性用なのか、どのようなアクティビティをしようと考えているのか、などを聞いてくれる。

そしてこれらの要素を自動的にまとめて、ユーザに最適なジャケットを見つけてくれるのだ。

デスクトップ上でのテスト結果は良好

上: The North Face のショッピングアシスタント、デスクトップ版
上: The North Face のショッピングアシスタント、デスクトップ版

カリフォルニア州アラメダを拠点とするThe North Faceは11月にこの技術のテストを開始したものの、その大部分はデスクトップ向けであった。モバイルサイトでのテストは携帯電話のスペックの問題でなかなか困難だったようだ。同社のeコマース部門シニアディレクターであるCal Bouchard氏は「一つの画面で数多くの製品を表示するのは難しく、また製品画像が重いためにページがダウンしたり、レンダリング時間が遅くなったりしてしまいました」と、VentureBeatのインタビューで語った。

期待のもてる結果を2ヶ月にわたったテストで得ることができ、テストは正式に1月に終了した。テスト版でのユーザはおよそ5万人、平均利用時間は2分。「ユーザから寄せられたフィードバックは最高が3のうち2.5で、75%の人がまた利用したいと答えました」とBouchard氏は語った。アプリのおすすめ商品クリックスルー率は60%であった。

Above: Cal Bouchard, senior director for ecommerce, The North Face
上: The North Facebo のeコマース担当シニアディレクター Cal Bouchard氏

公式トライアル期間は終了したものの、このアプリを試すことができるリンクはそのまま公開されているので、私も試してみた。www.thenorthface/xps。結果は長所短所が相半ばするものであった。最初に検索した時にはフリーズしてしまった。私が思わず変化球を投げてしまったからかもしれない。というのも私は1歳2ヶ月の息子の服を探していたのだが、Watsonにはまだ子供向けの用品は搭載されていなかったのだ。なので、今度は「次の週末をニューヨークシティで過ごすために『男の子』向けのジャケットを購入したい」と言ってみた。だが、Watsonは私に男性用と女性用どちらのジャケットが欲しいのか、と尋ねるだけでその後またフリーズしてしまった。

私はリロードし、「男の子」の代わりに「キッズ」という言葉を使ってみた。すると私の言ったことを理解してくれたようで、Watsonはまだ子供向け用品の検索は未学習であると教えてくれた。しかし全般的に言えば、私はその収集データやバックグラウンドで行われていた計算に驚かされた。

現在は小学2~3年生レベル、しかし知的レベルは向上中

Above: The North Face’s existing mobile app
上: 既存のモバイルアプリ

Bouchard氏はまだこのアプリにはバグがあり得ると認めたうえで、現時点では予想の範囲内だと言う。Watsonの人工知能は物事を教えられることで機能し、「今は小学2~3年生レベル」だそうだ。時間をかけて学習していくことで人工知能はどんどん性能が上がっていく。キッズの類義語である子供、息子、娘なども全てすぐに理解できるようになるだろう。彼女が言うにはあと数年もすれば人工知能はいいところまでいくのだそうだ。(私が体験したバグは2週間後に再度挑戦しても変わらず存在した。)

実際、このアプリが来月公開になれば、(Bouchard氏は4月、とだけ言い具体的な日にちを明かしてくれなかった)The North Faceの春の新作ウェアなどさらに大量のデータを扱うことになり、より賢くなるはずだ。

「これは革新的だと考えます」

The North Faceはこのユーザー体験を構築するにあたって、オークランドのデザイン会社であるFluidと提携した。Fluidは同サイトを運営するソフトウェアを開発、提供している。これは偶然ではなく、FluidはIBMがWatsonの人工知能がeコマースにおいてどのように機能するかを示すために選んだ会社でもある。IBMは2年前にFluidに資金提供した。これはWatsonが各産業に深く関わり、より知能を高めるためのIBMの戦略の一部であった。The North Faceのショッピングアシスタント技術は構築に12ヶ月を要し、Fluid がその機能をお披露目する初の試みとなった。

このプラットフォームのスマートさによって、ショッピングにおける人工知能利用においてIBMはAmazonのAlexaなど他と一線を画する。「Amazonは何百万もの在庫を低価格で管理する技術では勝っているかもしれませんが、個々人のニーズに対応する能力ではそこまで優れていません。Watsonを利用することで、The North Face はユーザーが誰であり、何をしたいのか、次にどんな冒険をするのかを把握するのに適した場所になります。私たちが参入できるニッチ分野なのです」とBouchard氏は語った。

「これは前代未聞です。消費者と自然言語で質疑応答を行う人工知能Watsonの技術を使用しているところは他にありません。これは革新的なことだと私たちは考えています。」

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

シンガポールのスタートアップハブ「BASH」が、大規模なスタートアッププログラムを発表

SHARE:

シンガポールのスタートアップハブ BASH は、昨年から同国スタートアップ活動の拠点となっている。BASH は、Infocomm Development Authority(IDA)の子会社で VC のInfocomm Investment が所有しており、コワーキングやネットワーク、スタートアップ向けのイベントスペースとして活用されている。 このイベントスペースは、シンガポールのスタートアップ、…

bash-1-year-anniversary

シンガポールのスタートアップハブ BASH は、昨年から同国スタートアップ活動の拠点となっている。BASH は、Infocomm Development Authority(IDA)の子会社で VC のInfocomm Investment が所有しており、コワーキングやネットワーク、スタートアップ向けのイベントスペースとして活用されている。

このイベントスペースは、シンガポールのスタートアップ、SPH Plug & Play や Startupbootcamp Fintech Singapore をはじめとする6社のアクセラレータなどの拠点となっており、65社以上のスタートアップが設立され、3,000以上の企業の拠点ともなっている。

BASH(Build Amazing Startups Here の頭文字)は現在1周年を迎え、Infocomm Investment や国際的なアクセラレータ、企業が新たに協業しており、今後の見通しは明るい。今回彼らは1周年記念で発表を行った。

もっと速く

アクセラレータに関しては、Infocomm は、スタートアップを設立するために BASH スペースを利用するアクセラレータ3社と協力することを発表した。

Infocomm は、Spark Accelerator と呼ぶに相応しい会社を設立するために、シンガポールのエネルギー事業会社 Singapore Power(SP)と合弁会社を立ち上げると発表した。エネルギー効率、流動性、サイバーセキュリティなどに取り組むスタートアップを探す予定だ。SPは各スタートアップに2万1,000米ドルを投資し、6%の株式を取得するという。このプログラムにおける投資は合計で280万米ドルになる。同社は Spark 事業で30社のスタートアップを設立できればと考えている。

2016年第2四半期に申し込み受付を開始し、第3四半期にプログラムが始まる予定である。

bash-1-year-anniversary-03

また、Infocomm は、昨年シンガポールへの進出を発表したアムステルダムのアクセラレータ、 Rockstart とも協業していく予定だ。Rockstart Singapore は、設立時からグローバル展開を目指すスタートアップを求めており、このプログラムを3ヶ年計画、10社のスタートアップを対象にするという。申し込みは2016年5月から開始し、同年の第3四半期からプログラムをスタートする予定だ。

Airmaker も忘れてはいけないアクセラレータである。Airmaker は、Infocomm、Ascendas-Singbridge と国際的に活躍している商社 Runyang の合弁会社である。

このプロジェクトでは、スマート建物管理、コネクティッドホーム/都市アプリ(ウェアラブル、健康、エネルギーなど)、コネクティッド産業/製造ソリューション、技術やインフラを扱う企業やアプリが求められている。IoT 技術はこれら全てのものをつなぐ特徴を有している。

このプロジェクトは100日間プログラムで、シンガポールでの「発見フェーズ」や深圳での「設立フェーズ」などがある。申し込み開始は2016年の第2四半期で、プログラムは2016年半ばから始まる予定だ。

基本事項

また、Infocomm は IBM と協力して IBM Watson プログラム向けの Tag.Pass を発表した。Tag.Pass は Infocomm 社内のアクセラレーション前のプログラムで、起業家がアイデアをビジネスにできるよう支援することを目的としている。

共同で行われるプログラムは3ヶ月間で、IBM の自然言語処理、機械学習コンピュータシステム、Watson 用のアプリを開発するスタートアップが対象だ。

参画するスタートアップは、BASH に拠点を構え、IBM からのメンタリングやリソースを活用することができる。2016年3月10日のピッチコンテストでプログラムに参画できるスタートアップが決定される。対象分野は、本日(原文掲載日:2月25日)発表された他のプログラムより多岐にわたり、小売、旅行、医療、公共部門、金融などがある。

bash-1-year-anniversary-02

分野を超えて

最後に、Inforcomm Investment のグローバルスタートアップ交換プログラムでは、世界中のスタートアップサポートプログラムと協力し、引き続きシンガポールにスタートアップを設立して世界への挑戦を支援したいと考えている。既にスペインの開発機関 Barcelona Activa やスリランカの Xeleration アクセラレータプログラムと協力関係にある。

さらに現在、新たに2社が同プログラムと提携した。1社は台北を拠点とするスタートアップビルダーの Taiwan Startup Stadium で、もう1社は Dubai Silicon Oasis の規制機関 Dubai Silicon Oasis Authority(DSOA)である。なお Dubai Silicon Oasis は、政府所有の自由貿易圏であると同時に、この場所で活動を行う企業に対して奨励金や手当を提供するテックパークである。

Infocomm と DSOAは、ケーススタディ、市場情報、技術開発などの知識共有で互いに協力していく予定だ。また両社は若い起業家がフィンテック、スマートシティ、セキュリティ技術、監視などのアイデアに取り組むためのメンタリングプログラムの実現も目指している。

このプログラムは今年4月から始まる予定で、BASHを拠点にし、シンガポールで試験的に事業を行うスリランカや台湾のスタートアップが参画する。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】