BRIDGE

タグ iChef

台湾のiCHEF(資厨)、Facebook Rewardsと連携したPOSサービスを発表——小規模飲食店でもCRMを可能に

SHARE:

台湾に拠点を置く飲食店向け販売時点情報管理(POS)サービスプロバイダ iCHEF(資厨) が、中小規模のレストラン向けに Facebook Rewards と連携した POS サービスを発表した。 iCHEF によると、POS システムに Facebook Rewards を導入したのは同社が初めてだという。 Facebook Rewards を組み入れることにより、会計後、レシート上に専用 Q…

Image credit: iChef

台湾に拠点を置く飲食店向け販売時点情報管理(POS)サービスプロバイダ iCHEF(資厨) が、中小規模のレストラン向けに Facebook Rewards と連携した POS サービスを発表した。

iCHEF によると、POS システムに Facebook Rewards を導入したのは同社が初めてだという。

Facebook Rewards を組み入れることにより、会計後、レシート上に専用 QR コードが自動作成されるようになる。消費者は Facebook アプリでその QR コードをスキャンするだけだ。新しい店舗に滞在している間、新しいアプリをダウンロードしたり、さまざまなポイントカードを常に携帯したり、会計時に電話番号を提示したりする必要がなくなる。

飲食店オーナー側から見ても QR コードはレシートに直接印刷されるので、ポイント還元システムのために新たな機器を導入する必要は全くないというメリットが生まれる。

また、オーナーはバックエンドシステムで還元ポイントのステータスをチェックできる。これにより、食事客との関係を効率的に維持できることにつながり、iCHEF システムを通じレストランの経営状況をより深く理解することが可能だ。

この計画は「台湾の飲食業界は多種多様」だということ、そして「ポイント還元は消費者の日常生活に深く根付いた文化」だという理解に基づいて開始された。

台湾で飲食店を開業するということは、革新的な体験を創出して競合と戦わなければならない。飲食店は新しいテクノロジーを早期に採用できる絶好の場所だが、小規模のレストランはチェーン店と比べ、POS やポイント還元システムを構築するのが困難だと iCHEF は語る。

Image credit: iChef

ここに Facebook が進出した。毎月1,900万人のアクティブユーザがアクセスする Facebook と提携し、Facebook Rewards と完全統合された POS システムを作り上げることに成功した。

iCHEF の共同設立者である Ken Chen(程開佑)氏は、次のように説明している。

現在、iCHEF は台湾で5,500軒以上のレストランで導入されています。そして、お客様をつなぎ留めるために、メンバーシップ管理に熱心な小さな飲食店を見つけました。しかし、デジタルのものとは違って紙ベースのポイントカードは捨てられることが多いのです。レストランのオーナー様とお客様の両方が持つポイント還元問題を解決するため、Facebook と協力して共同開発し、Facebook Rewards と iCHEF の POS システムを合体させました。

この新機能がローンチして以降、150軒近くの飲食店が iCHEF の新 POS システムを導入したという。

iCHEF は e27 Echelon カンファレンスの卒業生であり、Echelon 2014で「Global Brain Award」を受賞した。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

台湾のPOSサービスiChef(資厨)がシリーズAで560万ドルを調達——台湾展開が好調で、東南アジアに進出へ

SHARE:

iPad 対応のPOSサービスをレストランに提供している台湾のスタートアップ iChef(資厨)は25日、東南アジアへの進出を主な用途として、AppWorks(之初創投)、 CDIB(中信創投)、CTBC Venture(中華開発工銀投資)の台湾のVC 各社から560万ドルを調達したと発表した。同社は昨年5月、台湾最大手スーパーマーケットチェーン Pxmart(全聯福利中心)の Lin Ming-…

ichef-team

iPad 対応のPOSサービスをレストランに提供している台湾のスタートアップ iChef(資厨)は25日、東南アジアへの進出を主な用途として、AppWorks(之初創投)、 CDIB(中信創投)、CTBC Venture(中華開発工銀投資)の台湾のVC 各社から560万ドルを調達したと発表した。同社は昨年5月、台湾最大手スーパーマーケットチェーン Pxmart(全聯福利中心)の Lin Ming-Hsiung(林敏雄)会長から150万ドルを調達している。

<関連記事>

今回の調達を受けて、これまで iChef の CEO を務めていた徐安昇(Sean Hsu)氏が退任し、COO だった Benjamin Wu(呉佳駿)氏が CEO に就任する。Sean Hsu 氏は、台湾で流通業の父と呼ばれる、統一超商(台湾セブンイレブンを運営) 創業者である徐重仁(Hsu Chung-Jen)氏の息子にあたる。Sean Hsu 氏は CEO 退任後、新たに設立した Bridgent(筑誠創研)、麻膳堂、Botanica花店、ワインの輸出入業務に専念する。

ichef-restaurant-user-growth
ローンチ以降、四半期ごとの iChef 契約レストラン店舗数

iChef では今年、台湾と ASEAN 地域での顧客獲得数3,000店舗以上を目指し、台湾の金融大手 CTBC Bank(中華開発工業銀行)と KGI Bank(凱基銀行)に連携するデータアプリケーションを開発、技術分野への投資を増やし、国際イベントを開催していきたいとしている。

iChef では、iChef Club という台湾最大のレストランオーナー・コミュニティを形成しており、マスターカード、JCB、TripAdvisor、台北市のレストラン推薦団体「OurCityLove(友善台北好餐廳標章)」らと共に毎月勉強会イベントを開催しているほか、Diner News というメディアを編集発行。これらの活動が功を奏し、台北市内では新規開店するレストランの2割が iChef を導入しており、月あたり400万人以上のレストラン来訪客に iChef でサービスを提供している。

ichef-diner-news
Diner News

台湾のPOSサービスiChef(資厨)がスーパーマーケット大手から150万米ドルを資金調達

SHARE:

iPad対応のPOSサービスをレストランに提供している台湾のスタートアップiChef(資厨)が、台湾最大手スーパーマーケットチェーンPxmart(全聯福利中心)のLin Ming-Hsiung(林敏雄)会長から150万米ドルの投資を受けたと発表した。(編集注:原文掲載5月4日) 資金調達ラウンド自体は昨年7月に済んでいたものの、同社はこれまで開示していなかった。Pxmartの現CEOであるHsu …

ichef

iPad対応のPOSサービスをレストランに提供している台湾のスタートアップiChef(資厨)が、台湾最大手スーパーマーケットチェーンPxmart(全聯福利中心)のLin Ming-Hsiung(林敏雄)会長から150万米ドルの投資を受けたと発表した。(編集注:原文掲載5月4日)

資金調達ラウンド自体は昨年7月に済んでいたものの、同社はこれまで開示していなかった。Pxmartの現CEOであるHsu Chung-Jen(徐重仁)氏もiChefのシードラウンドに貢献しているが、iChefは食品業者と正式なつながりはないとしている。(Hsu Chung-Jen氏は大手食品小売のコングロマリットであるPresident Chain Store Corporation(統一超商)のジェネラルマネージャーを勤めた経歴を持つ。)

共同設立者のKen Chen(程開佑)氏は、iChefの投資家の小売バックグラウンドは他のインターネット投資家よりもiChefに合っているとTech in Asiaに語る。

「よくO2Oという言葉を耳にしますが、POSはオンラインよりもオフラインなのです。事実、POSとはオフラインのビジネスをオンラインにするということなのです」とChen氏は語る。「投資家を探していたときは辛抱強い人を希望していました。iChefは1年や2年でブームになるようなものではなく、成長を持続させていくからです」とChen氏は続けた。

iChefはChen氏と3人の共同設立者らが開発したPOSアプリで、台湾のビジネスに精通したレストラン経営者を狙っている。2012年のローンチ以来、Chen氏によればiChefは台湾内だけで500以上のクライアントを有し、そのほとんどが月間有料ユーザである。iChefは香港にも顧客ベースがあり、タイと東京のレストランにもトライアルサービスを提供中だ。

様々な業界のSaaS事業者の多くがソフトウェアを無償で提供し、採用される機会を増やすことや市場への浸透を狙っている。Slackもその好例であり、評価額が28億米ドルにまで上り詰めた一因は、充実したフリーミアムモデルだからだ。iChefはこの流行に少し反してレストランに最初から課金している。しかしChen氏曰く、このやり方は会社に合っていると述べる。なぜなら、初期投資することで顧客が製品を愛用しようとする可能性が高まるからだ。Chen氏は語る。

製品を無償で提供し、顧客ベースを大きくして評価額を高めるよう薦めるベンチャーキャピタルも何社かいました。しかし(私たちの見方では)、どれだけたくさんのレストランがリストに入っているかではなく、製品がどれだけ使い物になるかが重要なのです。

Chen氏と共同設立者らはiChefを使うレストランにSquareのような支払いサービスを追加した。台湾でショップ系クレジットカードの普及の妨げになっているのは、アメリカ拠点の小規模企業が直面している問題と類似している。Chen氏は新しい機能がレストランへの普及促進に役立つことを期待しているが、iChef自体は手数料を設けていないので、核となるアプリの会員料を通じてマネタイゼーションが持続可能だ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

#ECHELON2014: Launchpadの最優秀賞は、タイの子供向け学習プラットフォーム「Taamkru」が獲得

SHARE:

6月10日〜11日の2日間にわたって、シンガポールのテックメディア e27 の開催するスタートアップ・カンファレンス ECHELON 2014 が開催されている。Launchpad のセッションでは、アジアや太平洋地域から集まったスタートアップ10チームが凌ぎを削った。 最優秀賞(Most promising startup): Taamkru(タイ) Taamkru はタイ語で「先生に尋ねる」の…

echelon-launchpad-all-winners-onstage

6月10日〜11日の2日間にわたって、シンガポールのテックメディア e27 の開催するスタートアップ・カンファレンス ECHELON 2014 が開催されている。Launchpad のセッションでは、アジアや太平洋地域から集まったスタートアップ10チームが凌ぎを削った。

最優秀賞(Most promising startup): Taamkru(タイ)

taamkru_onstage

Taamkru はタイ語で「先生に尋ねる」の意。タイのアプリストア子供向けアプリカテゴリ、教育アプリカテゴリで1位の座を獲得した iOS アプリ。最近、シンガポールのアプリストア子供向けアプリカテゴリでも1位の座を獲得した。

子供や教師向けのアプリだが、チームの中に、タイと中国に幼稚園を経営する人物や、幼稚園向けの経営本を書いている著者らがいて、子供を巻き込んで容易にユーザ・バリデーションが実施できるのが強みとのこと。

聴衆賞(People’s choice):Ambi Climate(香港)

ambi-climate

エアコンの温度調整は難しい。時代と共にエアコンの温度調節機能はかなり進化しているが、それでも結局、ユーザは冷えすぎてスイッチを切ったり、暑くなってスイッチを入れたりしつづけている。

Ambi Climate は WiFi 接続可能、赤外線によるリモコン機能を持ったデバイスで、部屋の温度や湿度、当地の気候、ユーザの好みを学習してエアコンを制御する。現在、7つのメーカーのエアコンに対応しており、対応メーカーは拡大していく予定。

Global Brain 賞:iChef(台湾)

ichef-onstage

iChef については、以前 ECHELON 2014 の東京サテライトのときに、彼らに独占インタビューを行っているので、記憶にある読者もいるだろう。混雑するレストランにおいては、動作の遅いPOSシステムがボトルネックになるため、彼らはレストラン業務に特化したクラウド型のPOSシステムを開発した。

現在、香港と台湾の200以上のレストランに導入されており、これまでに1,000万件以上の注文取引がこのプラットフォームを通じて処理された。日本への進出も計画している。数ヶ月前に比べ、サービスのインタフェースもさることながら、彼らのピッチのレベルが格段にグレードアップしていたのは賞賛に値する。

これら入賞したスタートアップ以外にも、素晴らしいチームがステージを飾った。時間の制約で登壇スタートアップ全チームのラウンドアップは後日紹介するが、それが待てない読者は、例によって、全てのピッチをビデオ収録しておいたのでチェックしてほしい。

Echelon Japan Satellite: 台湾のレストラン向けPOSアプリ・スタートアップ「iChef」が審査員賞を受賞

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 光栄なことに、我々は今日、東京で開催された e27 の Echelon Japan Satellite に参加することができた。台湾を拠点とするスタートアップ iChef がピッチ・コンペティションで審査員賞を受賞した。 従来の POS システムは遅くて重いので、レストラン営業のピークの時間帯にはボトルネックになる。…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

光栄なことに、我々は今日、東京で開催された e27 の Echelon Japan Satellite に参加することができた。台湾を拠点とするスタートアップ iChef がピッチ・コンペティションで審査員賞を受賞した。

従来の POS システムは遅くて重いので、レストラン営業のピークの時間帯にはボトルネックになる。対照的に、iChef はiPad 一台、もしくは、同期させた複数の iPad を採用しており、動きが軽く機能も多彩だ。

このソリューションを使うレストランは台湾と香港に100軒あり、同社は日本でのビジネス展開を計画中だ。

iChef はレストランには月額料金を請求し、これが同社にとって主要なマネタイゼーション・モデルとなるが、集められた購入や注文のデータも、匿名データやビッグデータとして、マネタイズに活用できると考えている。