THE BRIDGE

タグ IDEAS show(網路創意展)

台湾のスタートアップ・カンファレンス #IDEASShow 2015から、ピッチ登壇スタートアップを紹介(3/3)

SHARE:

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。 7月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。 IDEAShow 2015 のピ…

ideasshow-2015-3_featuredimage1

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。

7月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。

IDEAShow 2015 のピッチ・コンペティションには、台湾やアジア各国から総勢28チームのスタートアップがに参加した。披露されたスタートアップの顔ぶれを3回にわけて紹 介しているが、今回はその最終回。例によって、すべてのピッチにはビデオをつけた。

FindBind.tv/電視美食(台湾)

ideasshow-2015-pitch-time.delicious

電視美食は、ダウンロード数150万件を誇る台湾初の有名グルメアプリ。月間ユニークユーザは10万人に上る。電視とは中国語でテレビのことだが、その名の通り、テレビのグルメ探訪番組で紹介されたレストランをアプリ上で紹介、最近では、レストランに iBeacon を配置し、アプリのユーザに特典を提供するほか、店舗に対しては顧客の来店率を上げたり、顧客管理やマーケティングが可能なソリューションを提供する。

OmniSTAR/九星資訊(台湾)

ideasshow-2015-pitch-omnistar

OmniSTAR はダイバー向けのスマートウォッチ「Triton」を開発、アプリおよびクラウドプラットフォーム「Deepblu」を通じて、その情報を世界中の他のダイバーと共有できる。Triton は腕につけることで、深度、水温、潜水時間を測定。ダイバーの身体安全を確保するために、体内の窒素濃度の計算が可能。その記録を DiveLink という Wi-Fi SD アクセサリー経由で取り出し、クラウド上に写真やビデオとあわせて潜水日誌として公開できる。

WOVN.io(日本)

ideasshow-2015-pitch-wovn.io

ウェブサイトやブログの多国語サポート機能を抵抗。WOVN.io のウィジェットをサイトに張り込むことで、サイト訪問者は複数言語を切り替えて閲覧することができる。最近では、複数言語環境で SEO 対策ができる WOVN++ をβ版リリースしたほか、オプトベンチャーズとニッセイ・キャピタルから1.3億円を資金調達している

CHEMISTRY(韓国)

ideasshow-2015-pitch-chemistry

CHEMISTRY は O2O のソーシャルネットワーク・サービスで、実際に自分が今いる場所と同じところにいる人とチャットが楽しめるサービス。パーティー、カフェなどで、オンラインになっている人とのみ接続ができる。同じ場所にいる人に「ケミ」を送ることでチャットをはじめることができ、1分以内に直接相手と会ってみるのが目標。iOSAndroid で利用可能。

JANDI(韓国)

ideasshow-2015-pitch-jandi

開発元の Toss Lab はMicrosoft Ventures、Cherubic Ventures(心元資本)などから資金調達、クラウドベースの企業向け情報共有プラットフォーム「JANDI」を開発している。デスクトップ、タブレット、モバイルなどデバイス横断で利用可能で、5ヶ国語に対応しているのが特徴。

<関連記事>

Spocasa(韓国)

ideasshow-2015-pitch-spacosa

SPACOSAは、リアルタイムの位置情報提供プラットフォームを提供、CATCH LOC(システム)、FAMY(アプリ)、LINK(ビーコンデバイス)の3つで構成されている。DAU 20万人の位置共有アプリ「ドコナノ」とビーコン技術を使って「ドコナノ」と連動できる機器「LINK」を2015年3月にローンチ。さらに、多くの人の管 理が必要な企業や団体向けのサービスとして、「CATCH LOC」を開発し、2015年9月から提供開始予定。「CATCH LOC」は学校、病院、商店、 倉庫などの資産の紛失を防止し、消費者や患者の動線情報を集め分析する。

WizDrive – NamuCloud(韓国)

ideasshow-2015-pitch-wizdrive

WizDrive は、デベロッパが自らのプライベート・クラウドを持たなくてもよくなる、クラウド・エンジン・ソリューション。個人、グループ、企業全体など、情報ごとにグルーピングが可能なチーム情報共有環境を提供する。また、NAS の代わりに使えるクラウドサービス NamuCloud も提供している。

VRWare(韓国)

ideasshow-2015-pitch-vrware

VRWare は、Kinect に接続してユーザの動きを感知する、オンライン・レクチャー・オーサリング・システム。学校や塾などで、各種教材を活用して映像をオーサリング、映像コンテンツのマーケットプレイス「KOSWARE」にアップロードすることで、収入を得ることができる。韓国語、英語、中国語に対応。

Apple Factory/애비뚝딱(韓国)

ideasshow-2015-pitch-dy-international

DY International 誰でも簡単にモバイルアプリが15分で作れるソリューション「Apple Factory」を提供。さまざまな無料テンプレートが用意されており、コミュニティ、ショッピングモール、SNS、位置情報、モバイル決済、プッシュ通知、会員機能など、さまざまな機能を持ったアプリを開発できる。

Drimi – StudyTime(韓国)

ideasshow-2015-pitch-drimi

ペアレンタル・コントロール機能のついたアプリ。Drimi は、子供に計画、実行、確認を促すことで報酬が得られるしくみを提供。例えば、子供が目標をクリアすると、保護者がそれをチェックし、報酬として子供が1時間アプリで遊べるような環境を提供できる。StudyTime は保護者が管理する側のアプリで、アプリの操作方法に明るくない女性にも容易に使える設計となっている。


ideasshow-2015-pitch-all-presenters

28チームによるピッチの結果、人気賞は、オンラインゲームの特典を実際に形のある賞品で受け取ることのできるポータル Afreego を運営する愛福利(台湾)に、大会賞はいずれも韓国スタートアップで、JANDI を運営する Toss Lab と VRWare を開発する Global Point に、審査員評価による評審賞は、児童向けスマートウォッチ Jumpyの悅睿科技(台湾)、モバイルアプリ横断検索の Fiiser/飛捜、USB インターフェイスを持たないスマートデバイスに、ワイヤレスでUSBデバイスを接続できる NextDrive Plug を開発する聯齋科技(台湾) に贈られた。

----------[AD]----------

台湾のスタートアップ・カンファレンス #IDEASShow 2015から、ピッチ登壇スタートアップを紹介(2/3)

SHARE:

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。 先月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。 IDEAShow 2015 のピ…

ideasshow-2015-2_featuredimage1

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。

先月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。

IDEAShow 2015 のピッチ・コンペティションには、台湾やアジア各国から総勢28チームのスタートアップがに参加した。披露されたスタートアップの顔ぶれを3回にわけて紹介しているが、前回に引き続き、今回はその2回目。例によって、すべてのピッチにはビデオをつけた。

Good Do it/你丟我撿-愛物網

ideasshow-2015-pitch-gooddoit

Good Do it(你丟我撿-愛物網)では、地域別に住民が不要になった家具や家電の情報を掲出され、必要な人がそれらを譲り受けることができる。台湾域内を搬送する運送車、自転車・自動車配送チームを組織しており、不要になった人からは無料で家具をピックアップ。家具や家電を必要とするNPO法人は、他の一般ユーザより3日間先行して選ぶことができる。

Speakaa(台湾)

ideasshow-2015-pitch-speeka

Speekaa は、ネイティブスピーカーと話が交わせる、ビデオトーク・ビデオチャットアプリ「2Speak」を提供、自分が5分間、ネイティブスピーカーが5分間話す方法を繰り返すことで、双方が外国語を話せるようになるしくみ。また、Facebook のタイムラインに似た機能を提供しており、ネイティブスピーカーの投稿をフォローすることで外国語習得が効率化できる。

Ocard/顧客経営大師(台湾)

ideasshow-2015-pitch-ocard

台湾のモバイルアプリ・デベロッパ Olis Innovation(奧立科技)が開発した O2O アプリ「Ocard」。店と客の距離を近づけ、顧客のリピート率を高め店舗の収益を高める。6月のローンチ以降、数十の店舗と共同実験を行った結果、平均して一ヶ月の顧客リピート率が4倍、最大で9倍にまで上昇する効果が得られた。

Fiiser/飛捜(台湾)

ideasshow-2015-pitch-fiiser

Fiiser(飛搜App搜尋引擎) は、iTunes AppStore、Google Play などの複数のモバイルアプリ市場を、横断検索できるモバイルアプリ検索サービスを提供。Fiiser 側ではクラウド上に226万種以上のアプリをインストールしており、ユーザは検索サービス(ブラウザ)を通じて擬似的にそのアプリを試してから、ダウンロード・インストールをするかどうか判断することができる。アプリをダウンロードする前に、ユーザにデモトライアルさせる機会を与える機能だけを捉えれば、台湾の VMFive にも似ているかもしれない。日本語ローカライズ済。

TenMax/騰学広告科技(台湾)

ideasshow-2015-pitch-tenmax

TenMax(騰学広告) は2014年に台湾で設立された、リアルタイム入札広告(RTB)のプラットフォームを開発するアドテク・スタートアップだ。ユーザプロフィール、各サイトのトラフィックデータ、人工知能を使って自動的に広告枠を買い付ける機能を提供している。相手先ブランドでサービスを提供するホワイトラベルで運用し、台湾に加え、東南アジアに進出する計画だ。

Saihu/十方智汇(中国)

ideasshow-2015-pitch-saihu

Saihu(十方智汇)は、国を超えて知識の共有ができるプラットフォーム。互いの文化の違いを理解しするために、先生にハンズオンで指導を求めることができる。次世代の知識によるEコマースとも言うことができるだろう。すべての人類の経験、能力、知識をつなぎ、人類にとってのネットワーク上のアーカイブを作ることを目標としている。2015年6月に正式にローンチした。Alibaba(阿里巴巴)が主催した創業コンペティションで入選した。

Ghosta/高塔科技(台湾)

ideasshow-2015-pitch-ghosta

Ghosta は、バイクライダーやサイクリスト向けのスマート・ヘルメット。二輪車を運転しながらでも、ハンズフリーで電話したり、ナビゲーション・システムを使ったり、走行風景の録画、渋滞情報、音楽の再生などを実現することができる。乗用車向けのスマート・ソリューションが主に四輪車向けであるのに対し、その可能性を二輪車のユーザ領域にまで広げたものだ。

Teascovery/発言茶(台湾)

ideasshow-2015-pitch-teascovery

Teascovery(発言茶)は、30秒で水出しできる冷泡茶(レンパオチャ)を開発。市中で販売されているティーパックには防腐剤が入っており、一方、一般的なお茶は煮沸する必要があったり、冷泡茶は飲める状態になるのに時間がかかったりしていたが、独自技術により30秒で天然かつ健康的な冷泡茶が抽出できるようにした。

DA VILLAGE/籃球部落(台湾)

ideasshow-2015-pitch-davillage

DA VILLAGE(籃球部落)は、バスケットボールに特化した情報メディア。NBA、SBL、HBL に関連したニュース、チーム・ユニフォーム、トレーニング・プログラムなどの情報を提供する。週間訪問者数は41万人で、香港やマレーシアからも多くのユーザが来訪している。DV CAMP、DVL-H(中高横断チーム)、DV33 のようなコミュニティ・イベント、試合、トレーニング・プログラムを運営している。


残る10チームについては、後日掲載予定。

ideasshow-2015-2_featuredimage2

----------[AD]----------

台湾のスタートアップ・カンファレンス #IDEASShow 2015から、ピッチ登壇スタートアップを紹介(1/3)

SHARE:

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。 先月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。 IDEAShow 2015 のピ…

ideasshow-2015-1_featuredimage2

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。

先月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。

IDEAShow 2015 のピッチ・コンペティションには、台湾やアジア各国から総勢28チームのスタートアップがに参加した。今回披露されたスタートアップの顔ぶれを3回にわけて紹介したいと思う。例によって、すべてのピッチにはビデオをつけた。

Linqapp

ideasshow-2015-pitch-linqapp

Linqapp は異言語間のコミュニケーション・プラットフォームで、ユーザは言葉に関する質問をタイプしたり、写真撮影したり、録音したりしてアップロード、Linqapp コミュニティから即座に回答を受け取ることができる。中国語のみならず、多数の言語をサポート。将来的には、異言語間の翻訳サービスや、正確かつ即時通訳サービスを提供することを計画している。日本語ローカライズ済。

<関連記事>

Clapp.io

ideasshow-2015-pitch-clappio

Clapp.io は、スピーチ、キーノート、カンファレンス、コンサートなどのイベントに関するリアルタイム・フィードバックが得られるプラットフォーム。聴衆から好き嫌いの統計を取り、その分析結果をリアルタイムで表示することができる。

Iaunty/愛月嫂

ideasshow-2015-pitch-iaunty

子供が生まれた後に必要となるコスト、労力、時間を省くための、出産育児支援プラットフォーム「Iaunty(愛月嫂)」。妊婦や新生児のケアを考慮し、産後1ヶ月間通院しなくても、自宅で養生できる環境を提供する。O2O により助産婦や育児ヘルパーを紹介、全世界の8つの国で華人の助産婦・育児ヘルパー派遣のサービスを展開。現在、プラットフォーム上には90人の助産婦・育児ヘルパーが居て、全員が3年以上の職務経験を有し、専門課程の訓練を受けている。

Tixchart

ideasshow-2015-pitch-tixchart

Tixchart は、LCC(格安航空会社)に特化した価格比較サイト。107カ国3,000社の LCC からリアルタイムでのチケット価格の比較、日時を指定したフライトのチケット価格の比較、一年を通してのサーチャージなどを含む最低価格を知ることができる。日本語ローカライズ済。

Jumpy/児童智能手錶

ideasshow-2015-pitch-jumpy

Jumpy は5歳から8歳の児童向けに開発されたスマートウォッチで、世界初の親子対話型ゲームを提供する。ゲームのほか、日常の予定お知らせ機能、メッセージ機能などが搭載され、保護者は子供がどのような生活を送っているかをスマートウォッチを介して把握することができる。オープンSDKを提供することで開発元の JoyRay(悦睿科技)やサードパーティーが毎月のように新しいアプリをリリースしている。Foxconn のスマートフォン部門に在籍した Jerry Chang 氏が設立。

Meepshop/網路開店平台

ideasshow-2015-pitch-meepshop

Meepshop は、ドラッグ・アンド・ドロップで、簡単にオンラインショップを開設できる Eコマースプラットフォーム。たった30秒で、デスクトップはもちろん、タブレットやスマートフォン向けのインターフェースも作成することができる。台湾出身の Jack Lin 氏とベルギー出身の Rian Halid 氏により設立。日本語ローカライズ済。

Niceday/玩体験

ideasshow-2015-pitch-niceday

Niceday は、台湾の小旅行やエクスカーションを探せるマーケット・プレイス。親子でのものづくり体験、おもちゃづくり、夜釣り、料理指導、特殊メイクの製作体験など、数々の体験に参加することができる。Foxconn のソフトウェア・エンジニアだった Dean Wu 氏により設立。

NextDrive

ideasshow-2015-pitch-nextdrive

IoT やスマートホームデバイスを開発する聯齋科技は、USB インターフェイスを持たないスマートデバイスに、ワイヤレスでUSBデバイスを接続できる NextDrive Plug を開発。ファイル共有、ストレージ、写真のバックアップ、音楽ストリーミングなどに利用できる。小さなプラグの中には IoT コンピュータが備わっており、これがスマートフォン上の NextDrive Connect アプリと Wi-Fi 経由で連携し動作するしくみだ。ウェブカメラやハードドライブなどの USB デバイスと接続できる。現在、Indiegogo でクラウドファンディング中で、5万ドルの目標額に対し約75%を達成済みだ。

英文脳

ideasshow-2015-pitch-english-on-call

英文脳は、スマートフォンで英語が勉強できる人工知能アプリ。英文を入力したり、スマートフォンのカメラで文章を撮影したりすると、即座にフィードバックが得られ、正しい答えについての説明を得ることができる。


残る19チームについては、後日掲載予定。

ideasshow-2015-1_featuredimage1
会場となった空總創新基地。奥に台北101が見える。
----------[AD]----------

#IDEASShow 2015: グローバルなスタートアップが見る台湾市場の強みと課題

SHARE:

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。 先月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。 <関連記事> IDEAS Sho…

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-featuredimage

本稿は、台湾で開催された「IDEAS Show 2015(網路創意展) 2015」の取材の一部。

先月、台北市内の空總創新基地(以前は台湾空軍の基地だったが、現在はイノベーション・スペースとして改築されたエリア)で2日間にわたって開催された IDEAS Show には、台湾はもとより、中国や韓国などアジア各国からスタートアップや投資家など数百名以上が一堂に会した。

<関連記事>

会場で繰り広げられたパネル・ディスカッションの中から「グローバル・スタートアップが見る台湾市場」と題して、台湾の魅力、強み、課題等を論じたセッションを取り上げたい。台湾人が持つマインドセットや台湾市場の特性などの観点から、日本のスタートアップにとっても参考になる部分が多いように思われたからだ。

このセッションのパネリストを務めたのは次の方々だ。

  • 日本/Nulab CEO 橋本正徳氏
  • 韓国/Toss Lab カントリーマネージャー Jeffrey Lin(林徳理)氏
  • 韓国/Malang Studio 台湾マネージャー Soojin Lee(李受珍)氏
  • 日本/Capsule CEO 埴渕修世氏(小哈)

なお、モデレータは、iiiNNO 共同創業者 の David Kuo(郭展栄)氏が務めた。


Nulab は THE BRIDGE の読者にはおなじみの福岡を拠点とするスタートアップで、Cacoo や Backlog といったコラボレーション・ツールをしたがえ、ニューヨークや台湾などに拠点を構える。日本では珍しい、全世界にユーザを擁するスタートアップだ。

Toss Lab が提供するのは JANDI という企業向けのコラボレーション・ツールで、そのインターフェイスから〝アジア版の Slack〟との異名を持つ。昨年には、韓国の Softbank Ventures Korea や台湾の Cherubic Ventures(心元資本)などから200万ドルを調達、日本にも進出を果たしている。

Malang Studio は、韓国 Yello Mobile(옐로모바일) 傘下のスタートアップで、目覚ましアプリの「AlarmMon」を開発している。今年始めには、台湾の有力モバイルキャリア Far EasTone(遠伝電信)のデジタルマーケティング子会社 Hiiir(時間軸科技)と合弁企業を設立し、台湾市場への進出に乗り出した

Capsule は福岡を拠点とするスタートアップで、台湾にも支社を開設し、現地でエンジニアを雇用しスマートフォン・アプリを開発。これまでに、モバイルゲームの「怪物彈珠降臨攻略圖鑑大全」、スマホから写真を簡単にプリントアウトできる「コマプリ」、旅行情報アプリの「Sights Door」を、中国・台湾・東南アジアなどで展開している。

私が台湾を選んだ理由

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-david-hashimoto
橋本正徳氏と David Kuo(郭展栄)氏。

セッションの冒頭、モデレータの Kuo 氏 は、パネリストのそれぞれに、なぜ台湾に来たのかを尋ねた。台湾は日本などに比べると市場規模は小さいものの、それでも世界平均から見れば大きい部類に入る。当初から日本・アメリカ・中国などを目指せば、現地の競合との熾烈な争いに晒されるが、台湾で一定規模のユーザベースを獲得し、体力をつけてから世界市場に乗り込もうという戦略だ。

ゲーム業界にとって台湾市場は大きい。マーケティング調査によれば、台湾は世界で4番目に大きな市場だ。台湾の人がゲームを愛し、私が台湾人が好きだというのも大きな理由だと思う。(埴渕氏)

台湾人でありながら、長年にわたりマレーシアで仕事に従事していた Lin 氏は、友人の紹介が縁で韓国のスタートアップの台湾カントリーマネージャーを引き受けることになった。

なぜって? 韓国のスタートアップにとって、次に攻める市場はということで台湾になった。中国や日本は非常に大きな市場なので、攻めるには多くのコストや時間が必要だからだ。(Lin 氏)

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-lee
Soojin Lee(李受珍)氏

我々のアプリ「AlarmMon」が早期に中国大陸で人気を獲得し、同じ言葉が使われている台湾でも人気を得られると思ったのですが、実はそれがポイントではなかった。台湾人は、アプリの内面的なコンテンツについてこだわりが強い。一番は日本で、二番は台湾。それで、我々は台湾に来ることを選んだ。(Lee 氏)

Nulab は台湾に来て2年になるが、日本国内に3つ、そして、ニューヨークとシンガポールにオフィスがある。シンガポールのオフィスを設立したときにコミュニティマネージャーを雇ったのだが(Lilian Lu 氏)、台湾に来たのは彼女が台湾出身だったから、というのが大きな理由。それで、現在は台湾市場にフォーカスしている。(橋本氏)

台湾市場の難しさ

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-masubuchi
埴渕修世氏

日本を含むアジアの他の国々から、台湾に進出しようとするスタートアップは少なくないだろう。彼らにとって、最も足枷となるのは何か? 解決すべき難題について、Kuo 氏はパネリストに意見を求めた。

台湾の人々に、世界市場を意識してもらうというのが難しい。人を雇うのも簡単ではない。(埴渕氏)

これは筆者が、今年オープンした台湾のスタートアップ育成組織「Taiwan Startup Stadium(台湾新創競技場)」を訪れたときにも言われたことのも相通ずるのだが、台湾で生まれ台湾で育った典型的な台湾人は、台湾が十分に大きな市場である、と感じているそうだ。

もっとも日本人の目には台湾は小さく映るかもしれないが、同じことは日本人にも言える。アメリカや中国などから見れば、日本は小さな国であり小さな市場だ。台湾においても、留学経験や海外勤務経験のある人ほど、そのことを如実に体感しているようだ。

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-jeffrey
Jeffrey Lin(林徳理)氏

最大の難関は、良い人材を見つけることだ。(台湾に進出して以降)まだ最適な人材を見つけられていない。我々が欲しいのは、世界市場に対してではなくて、台湾市場に対する人材であるのにだ。

例えばマーケティングで言えば、我々は B2B の商品を売っているのでネットワーク・マーケティング的なアプリーチをとらないといけないのだが、私がインタビューした人たちは、広告にお金を使うべき、メディアに広告を出すべきだという。スタートアップがやる具体的なアプローチとしては、極めてアイデアに乏しい。この分野の専門知識を持っている人物を探すのは難しい。(Lin 氏)

日本から台湾へ、台湾から日本へ

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-hashimoto

台湾にとっての日本、日本にとっての台湾は、距離的にも精神的にも最も身近な海外市場と言えるだろう。より多くの日本のスタートアップを台湾へ招く上で何が必要か、埴渕氏と橋本氏に質問が寄せられた。

難しい質問だが、日本のスタートアップに対してアドバイスできるとすれば、シャイにならずにフレンドになるべきということだろう。私は考えるな、感じろ(Don’t think it but feel it.)という言葉が好きだ。(橋本氏)

ただ、来ればいい。それだけ。それ以外に何もない。(埴渕氏)

筆者の場合、最近、海外出張が多いこともあって、アジアへの渡航の感覚は、おそらく一般的な日本人が国内で出張するようなものだ。マインドセットの柔軟さとフットワークの軽さは、スタートアップのアジア展開においては極めて重要になってくる。東京から出張する起業家が、福岡や沖縄の延長線の感覚で、台湾、香港、シンガポールに根を下ろすようになれば、アジアのスタートアップ・コミュニティにもさらなる活気が生まれるだろう。

一方、台湾のスタートアップが日本に進出する場合はどうなのだろうか? 橋本氏も埴渕氏も福岡出身なのだが、海外のスタートアップにとっては、最も便利のよいスタートアップ・ハブが東京であるという点で意見は一致した。

東京には多くのアクセラレータがあり、それに次ぐのが福岡だと思う。だから、福岡から東京へ行って資金調達して、最終的には福岡に戻ってきて仕事をしているスタートアップは多い。(橋本氏)

東京は確かに便利だが、スタートアップの数も多いので、進出したとしても大勢の中の一社になって埋もれてしまう。その点、福岡であれば、唯一の存在としてプレゼンスを目立たせることができる。(埴渕氏)

東京からアジアに出張して飛行機内でモニタを見ていると、飛行時間の3割から半分くらいは日本の領空を飛んでいるのがよくわかる。香港、上海、台湾、東南アジアをまたにかけるスタートアップを作るなら、移動を効率化するために台湾や福岡あたりに拠点を置くのは悪くないかもしれない。

昨今ホットな IoT のプロダクトは、この地域に散らばる電子技術や科学技術の叡智が生み出す結晶だ。起業家が台湾を訪れる理由は、ますます増えることになりそうだ。

ideasshow-2015-how-global-startups-see-taiwanese-market-panel-all

----------[AD]----------

台湾最大のスタートアップ・イベント「#IDEASShow (網路創意展) 2014」が開催、日本からはBrand PitとZenFotomaticが入賞

SHARE:

7月24日〜25日の2日間、台北市内で台湾最大の年次スタートアップ・イベント「IDEAS Show(網路創意展)」が開催された。これまでの IDEAS Show の模様についてはこちらやあちらにレポートしてあるが、回を重ねる毎にイベントがよい方向に進化しているのは喜ばしいことだ。 例年に比べ、特に目立ったのは韓国スタートアップの存在だ。政府機関の韓国情報通信振興産業院(NIPA)が先導する形で、韓…

ideasshow-2014-allonstage

7月24日〜25日の2日間、台北市内で台湾最大の年次スタートアップ・イベント「IDEAS Show(網路創意展)」が開催された。これまでの IDEAS Show の模様についてはこちらあちらにレポートしてあるが、回を重ねる毎にイベントがよい方向に進化しているのは喜ばしいことだ。

例年に比べ、特に目立ったのは韓国スタートアップの存在だ。政府機関の韓国情報通信振興産業院(NIPA)が先導する形で、韓国からは地元・台湾に次ぐ6社のチームが参加していた(ちなみに日本からは4社が参加)。総勢ピッチに挑んだスタートアップは33社、数ある世界のスタートアップ・カンファレンスの中でも群を抜いて数が多いので、審査員も聴衆もそれなりのスタミナを求められる。

もはやライフワークと化している、筆者のピッチのビデオ撮影だが、今回は電源を確保できずにバッテリで撮影したため、22社分しか撮影できなかった。これには言い訳があって、この種のイベントには常々、大量のリチウムイオンバッテリを持ってくるのだが、大容量のバッテリは爆薬の起爆に使える可能性があるためか、一部の空港では機内持ち込みに制限があり、先日、北京空港で没収されてしまったのだ。今後新たな対策を考えたいと思う。

さて、ピッチしたすべてのスタートアップについては、近日改めて紹介することとして、今回は入賞したスタートアップと日本から参加したスタートアップを見ていきたい。ビデオに収録できた22社のピッチについては、ここから見ることができる。


評審獎(審査員賞) 審査員賞を獲得した、Flitto(韓国)、Brand Pit(日本)、VMFive(台湾)の各代表者。
評審獎(審査員賞)を獲得した、Flitto(韓国)、Brand Pit(日本)、VMFive(台湾)の各代表者。

Korea Startup(韓国創業)部門: Flitto(韓国)

ウェブサイト 関連記事

クラウドソーシングによる翻訳プラットフォーム。機械翻訳に頼らない実用的な翻訳結果を返却することが特徴。

Cloud Platform(雲端平台)部門: Brand Pit(日本)

ウェブサイト 関連記事

Instagram で共有された画像を使った分析で、Facebook や Twitter でも同様の分析を行っている。ソーシャル共有された画像の中からブランドのロゴを検知することで、BrandPit を利用する企業は、誰がファンで影響力のある人物かなど貴重な洞察を得られるほか、ブランドのアクティビティに関する地理的分布を見ることもできる。

Samsung Innovation Award:MimiOpen(台湾)

ウェブサイト

若年層向けのサービスで、学生、卒業生、ビジネスマンが、就学、仕事、人生経験に関する情報を共有できる環境を提供する。ユーザそれぞれの経験が登録された情報ライブラリが無料で利用できる。

ideasshow-2014-mimiopen-samsung

Samsung Social Enterprise Award: 衆社会企業(台湾)

ウェブサイト 関連記事

身体に障害があり、移動に不自由な人々のために、情報へアクセスを提供するソーシャル・アントレプレナーシップ。「Smart City Friendly Cloud(智慧城市友善平台)」を提供、2015年に韓国、日本、中国に進出する予定。

ideasshow-2014-ourcitylove-award

台湾大哥大企業奨 (Taiwan Mobile Award): FlyFit(台湾)

※ 台湾大哥大(Taiwan Mobile)は台湾最大のモバイルキャリア。

ウェブサイト

FlyFit はフィットネス・トラッカー。この分野における一般的なデバイスは手首に装着し手の振動で運動量を計測するため、自転車を使った運動などでは正確な値を取得することができない。FlyFit は足首に装着することで、足の動きを捕捉し、より正確な運動量を計測することができる。

ideasshow-2014-flyfit-award

遠伝企業奨(Far Eastone Award): ZenFotomatic(日本)

※ 遠伝(Far Eastone)は台湾で2つ目に大きい通信会社。

ウェブサイト 関連記事

ファッションEコマース向けの写真補正ツールだ。大阪・堺に拠点を置くグラムスが昨年9月にベータローンチ、これまでに国内で1,200アカウント、海外から600アカウントを集めている。

ideasshow-2014-zenfotomatic-award

CAV 鼓励奨(サイバーエージェント・ベンチャーズ賞): VMFive(台湾)

ウェブサイト

アプリストアやアプリ・デベロッパが利用可能な、アプリのデモ画面紹介機能を提供。ユーザはアプリをダウンロードする前に、そのアプリの動きを簡単に画面で試すことができる。同じ技術を元に、プラットフォーム横断型のモバイル広告を提供することができる。競合は、app.io、Bluestack、Amazon Testdrive など。

ideasshow-2014-vmfive-award

GB Award(グローバル・ブレイン賞): LongGood/龍骨王(台湾)

ウェブサイト

高齢化社会において、センシング・テクノロジーを用いて自宅でリハビリができるプラットフォームを提供。ゲーム感覚で、バーチャル・コーチが運動方法をアドバイスする。テレビモニタに接続して利用、多くの有名医療機関と協力し、運動方法を設計・開発している。パーキンソン病や、他の身体に不自由がある患者で臨床試験を実施している。

ideasshow-2014-longgood-award

最具中国大陸市場潜力奨(中国での市場可能性を評価):VoiceTube(台湾)

ウェブサイト

オンライン映像を使った、英語学習プラットフォーム。

ideasshow-2014-voicetube-award

最具美國市場潜力奨(アメリカでの市場可能性を評価):MimiOpen(台湾)

前出のため省略。

ideasshow-2014-mimiopen-usa-award

最具東南亜市場潜力奨(東南アジアでの市場可能性を評価):LightSpeed(台湾)

ウェブサイト

ネイティブの iOSアプリ、Android アプリ、Windows アプリに簡単にマルチメディア・プッシュ通知機能を実装可能、企業内のコミュニケーション・ツールにも SDK により容易に組込ができる。クラウドでも、企業のオンプレミス環境でも、どちらでも利用ができる。

ideasshow-2014-lightspeed-award

経済部商業司 蝴蝶之星(蝴蝶計画)

経済部商業司は、台湾の経済産業省商務部に相当。「蝶のようにはばたく可能性のあるビジネスプランを持っている」スタートアップを評価。選出されたスタートアップ8社のうち、Mimiopen、VMFive、FlyFitについては前出のため省略。

Zuvio(台湾)

ウェブサイト

40 以上の大学や TEDxTaipei などのイベントでも採用されているプラットフォーム。PowerPoint スライド上で、講演者が聴衆と対話するソリューションを提供。聴衆はスマートフォン、タブレット、PC を使って講演者と対話することができる。競合は TopHat、ClickerSchool、SunVote など。

微画/wewha(台湾)

ウェブサイト

画面をタッピングするだけで、簡単にマンガが描けるサービス。描いたマンガは、Facebook、Twitter、電子メールで共有することができる。コミュニティ・マネージャーやブロガー向けのサービス。

Go1buy1(台湾)

ウェブサイト

海外のEコマース・サービスを台湾で利用するための、ユーザ支援プラットフォーム。特に、海外とのC2C取引を支援し、25カ国にいる100人の支援者の働きにより、海外発送が難しい商品の取引などを支援する。

Pass2u(台湾)

ウェブサイト

Apple の Passbook プラットフォームを使い、電子チケットを配布、供給する環境を提供。Android でバイス向けに、世界初の中国対応 Passbook アプリをリリースした。iOS および Android 向けのアプリを提供している。

ideasshow-2014-pass2u

FindDog.net/找狗網(台湾)

ウェブサイト

画像認識、テキストマッチング、時間・地理的情報を駆使して、迷子になった犬を探し出すクラウド・コンピューティング・プラットフォーム。動物病院、ペットショップ、政府組織などが参加することで、動物の健康を維持したり、医療を提供したりできるエコシステムの形成を目指す。


見事に入賞したスタートアップは以上の通りだ。また、惜しくも入賞はならなかったものの、日本からは Papelook と KitcheHike も参戦した。

Papelook(日本)

ウェブサイト 関連記事

Papelookは、写真を切り抜いたり、レイアウト、デコ、文字入れなどが出来る無料の画像加工アプリだ。日本では、女子の2人に1人が使っているとされ、アジアでも多くのユーザに受け入れられている。

ideasshow-2014-papelook

KitchHike(日本)

ウェブサイト 関連記事

KitchHikeは、世界中の食卓で料理を提供したい人(COOK)とその料理を食べたい人 (HIKER)をマッチングさせるオンラインプラットフォーム。旅先でその土地の料理を食べてみたいと思ったときに、お店に行くのではなく、その土地の家庭で現地の人と一緒に手料理を食べることができるようにしようというサービスだ。

----------[AD]----------

台湾最大のスタートアップ・イベント「IDEAS Show」が、参加起業家/ピッチ登壇スタートアップの募集を開始

SHARE:

先週、台湾最大のテックスタートアップ・カンファレンス IDEAS Show(網路創意展)の開催が発表された。7月24日(木)と25日(金)の2日間、台北市内の集思台大会議中心(GIS NTU Convention Center)で開催される。 IDEAS Show からはこれまでにも多くの台湾スタートアップが輩出され、日本への市場展開を見せている事例としては、Naver から資金調達し、後に LI…

ideasshow-2014_featuredimage

先週、台湾最大のテックスタートアップ・カンファレンス IDEAS Show(網路創意展)の開催が発表された。7月24日(木)と25日(金)の2日間、台北市内の集思台大会議中心(GIS NTU Convention Center)で開催される。

IDEAS Show からはこれまでにも多くの台湾スタートアップが輩出され、日本への市場展開を見せている事例としては、Naver から資金調達し、後に LINE と機能統合された WhosCall や、昨年 Infinity Venture Partners から資金調達し、まもなく日本への上陸が予定されているハンドメイド・マーケットプレイスの Pinkoi などがある。

<2012年の IDEAS Show の模様>

<2013年の IDEAS Show の模様>

今年の IDEAS Show では、参加者が台湾をはじめアジア各国の投資家やスタートアップ関係者にアプローチしやすい環境を作るため、以前よりもスタートアップ向けの展示ブース区画を増設、一方、ピッチ・セッション「Startup Battle」については、登壇するスタートアップをより厳選する形をとるようにした(昨年は46チームがピッチしたので、審査員らも入賞者を選ぶのが大変だったようだ。今年は事前審査によって28チームまで絞り込む)。

THE BRIDGE は 2014 IDEAS Show のメディアパートナーを務めるので、読者には、一般参加/起業家参加/ブース出展のすべてに対して、一律20%の参加料割引が適用される。台湾市場へのリーチや、現地スタートアップ・コミュニティとのネットワーク拡大を模索しているスタートアップや起業家は、この機会を活用するとよいだろう。参加チケットの購入には、このリンクからアクセスすれば、割引かれた料金が表示される。

なお、Startup Battle への登壇に費用は発生しないが、エントリの締切は5月31日。ブース出展の申込は6月13日までで出展料は100ドル(但し、THE BRIDGE 読者は割引適用で80ドル)となっている。

ideasshow-2013-grouppic

----------[AD]----------

台湾のスタートアップ・カンファレンス #IDEASShow から、ピッチ登壇のスタートアップをご紹介(3/3)

SHARE:

前々回と前回に引き続き、7月24日〜25日、台北で開催された台湾のスタートアップ・カンファレンス「IdeasShow」から、ピッチ・セッションに登壇したスタートアップを紹介する。今回で最終回だ。 青創組(若者/学生グループ) 自造者社群(ものづくり系) TV App(テレビアプリ) 系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ) IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム…

ideas-show_logo前々回前回に引き続き、7月24日〜25日、台北で開催された台湾のスタートアップ・カンファレンス「IdeasShow」から、ピッチ・セッションに登壇したスタートアップを紹介する。今回で最終回だ。

  • 青創組(若者/学生グループ)
  • 自造者社群(ものづくり系)
  • TV App(テレビアプリ)
  • 系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ)
  • IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ)
  • 応用服務組(アプリ・サービスグループ)
  • 国際交流組(国際グループ)

以上7つのカテゴリのうち、本稿では、今回は最後の応用服務組(アプリ・サービスグループ)と国際交流組(国際グループ)から計16チームのスタートアップと、優秀賞受賞スタートアップを取り上げる。

応用服務組(アプリ・サービスグループ)

雪波拿(ShareBonus)

sharebonus_logoウェブサイト http://www.sharebonus.com

(現在のウェブサイトは、フラッシュ・マーケティングによる共同購入サイトとなっており、ここからピボット段階や新サービス開発中と考えられる。)

現在の顧客向けのポイントサービスは、ポイントに有効期限があったり、店毎にカードを持つ必要があったり、カードをたくさん持つために財布がふくらんだり、何かと不便が多い。ShareBonus は、ポイントをクラウド上に保存し、店頭ではスマートフォンで独自のスマートセンシング機能によってポイントをためられる。ソーシャル機能により、友人にポイントを付与することもできる。まもなく、台湾セブンイレブン台湾Yahoo(雅虎奇摩)特力屋、殺価王網站などと提携を予定している。

sharebonus_onstage

PonCuePon

poncuepon_logoウェブサイト http://www.mercue.biz/poncuepon/

Poncuepon はモバイルアプリ・プラットフォームで、店舗の顧客向けポイントカードと一体化し、ポイント優遇のおすすめ、店舗カードの集約の機能を持つ。現在 Alpha 版テスト中で、実際の店舗との共同展開はこれから着手する予定。協業する企業を募集している。

poncuepon_onstage

滔客線上雑誌(Talk.Tw)

ウェブサイト http://talk.tw

滔客には200のファングループが存在し、約500万人のアクティブユーザが訪れる。2013年1月以降、オンラインマガジンを多数創刊してきた。オンラインマガジン1つに対して、30人の編集者がデジタルコンテンツを発出する。運用を開始して4ヶ月後には Alexa Rank のトップ500位に入り、2013年6月からはユーザが自分のコレクションを収集できる機能を追加した。アプリを使えば、自分の記事を編集、出版、デジタルプリントで発行することも可能だ。

talk.tw_onstage

iCallMe


icallme_logoウェブサイト https://play.google.com/store/apps/details?id=byappy.icallme&hl=ja

適当な時刻に打合せを切り上げたりする意図で、自分のケータイに〝ウソの電話〟をかけられるサービス。あたかも誰かから電話がかかってきた状態を装うことができる。〝ウソの電話〟に広告の機能も持たせており、かかってきた電話のメッセージを聞いて、広告内容に興味があれば「Yes」と言うだけで、電話を切った後、次回、ケータイのロック画面を解除する際に、広告に関する詳しい情報を閲覧することができる。

icallme_onstage

SweetShot


sweetshot_logoウェブサイト http://sweetshot.us

SweetShot は、特別な操作をしなくてもカップルが写真を共有できるアプリ。カップルが、一方のアプリで写真を撮影すると、もう一方のアプリにも写真が共有され、二人でアルバムを整理・編集することができる。(機能としては、後出の Seconds に酷似している。)

sweetshot_onstage

Chocolabs/欧酷網路(VideOhya)


chocolabs_logoウェブサイト http://www.videohya.com

Chocolabs はアプリ・パブリッシャーであり、これまでに台湾で17のトップヒットアプリを累計200万件ダウンロードされている。アプリのクロスプロモーション機能を活用し、5万人以上のデイリー・アクティブ・ユーザにリーチする環境を、他のアプリ事業者に提供し、リリース後3日間で彼らのアプリのダウンロードを100倍に増やすことができる。

chocolabs_onstage

ShowCue 展場聲波定位服務

Computex、CES、ComicConなど、毎年多くの博覧会が世界で開催されている。これらの博覧会の目的は、商品を宣伝し、出展者と来訪者の間を取り持つことだ。出展者も来訪者も、限られた時間でできるだけ多くの情報を集めたいと考えている。ShowCue はそのような情報を交換するためのプラットフォームだ。会場内に超音波を流すことで、アプリユーザは位置を特定することができ、さらに重要な展示場所にはスピーカーを配置することで、超音波経由で情報を流し、ユーザはスマートフォンのヘッドセットから情報を聞くことができる。

showcue_onstage

Café-Share Service

ウェブサイト http://cafe-share.com

コーヒーマシン、アプリ、クラウドを融合したスマートサービス・システム。コーヒーマシンの利用状況などのパラメータがシステムを通じて伝送される。また、スマートフォン経由でコーヒーマシンを操作でき、自分だけのブレンドでコーヒーを作ったり、そのブレンドを友人とシェアすることもできる。コーヒー生産者とコーヒー消費者の間に介在し、消費者の声を生産者にフィードバックする機能も持っている。

cafe-share_onstage

Diitu

diitu_logoウェブサイト http://www.diitu.com

集合記憶(Collective Memory)によって、一人の人間では到底記憶できないことを、集団で記憶することができる。家族の集まり、結婚式、パーティなど、その重要さや大小にかかわらず、イベントは多くの人に記憶されている。Diitu は、それらの記憶を一カ所に集め、イベント毎に整理して共有できる環境を提供する。

diitu_onstage

MovCart

movcart_logoウェブサイト http://www.movcart.com

MovCart は、売り手と買い手にモバイル環境での商品販売/購入環境を提供するプラットフォーム。売り手はスマートフォンで撮影した商品写真をそのままアップロードできるほか、15秒のビデオクリップも付け加えることが可能。買い手は商品に「拍買(Facebook の「いいね」に似たおすすめ機能)」をつけることができ、その分析に基づいて、お店から商品更新時にプッシュ通知を受け取ることができる。

movcart_onstage

国際交流組(国際グループ)

電子積分卡

前出の Shopcue や ShareBonus とも似ているが、複数のカードやSMSのしくみをアプリに一元化し、マーチャントに対しては、ユーザの動向や消費分析を提供することができる。

e-integral_onstage

学生排行榜(StudentRanking)

studentranking_logoウェブサイト http://www.thestudentranking.com

4月にローンチした学生のランキングサイトで、10カ国語49カ国に向けて提供されている。学生が自分達の市場価値に目を向けることを意図して運営されており、学校や大学を単なる評判ではなく、学生の成績によってランキングしている。学生や大学に対して前向きな競争意欲を促し、企業は優秀な人材を確保する上で手間が省ける。具体的には、就職を希望する学生に対して、企業はその全員と面接をしなくても、応募者の中から成績の上位者をリストアップし、その人々のみ面接をすることが可能になる。

studentranking_onstage

Reach Network

reachnetwork_logoウェブサイト http://www.reachme.co

新世代の連絡先帳/プロフィール共有プラットフォーム。簡単に写真付きで連絡先、ソーシャル・ネットワーク・アカウントなどの情報を含む情報を作成し、共有することができる。誰かの連絡先が変更になっても、自ら連絡先帳をメンテナンスする必要がない点が特徴だ。連絡先が変更になるユーザが自分の情報を更新すれば、その更新はつながっている全てのユーザの連絡先帳に反映される。

reachnetwork_onstage

人工智能/遺伝神経網絡中間件

「人工智能」は、自己学習機能を持った、ニューラル・ネットワーク型のミドルウェアだ。人間のモノの考え方をソフトウェアで実現している。データマイニングやニューラル・ネットワークの技術開発を使えば、膨大な履歴データを価値あるビジネス情報に変えることができる。このソリューションにより、予測分析をやりやすくし、決断リスクを軽減することができる。BI(ビジネス・インテリジェンス市場)、とりわけ、Eコマースに力を入れている。

yanzhitech_onstage

Taiwan Kopi Luwak


ウェブサイト http://www.taiwankopiluwak.com

食品業界のサプライチェーンに革新をもたらすことを目的としている。台湾の農業の多くは家族経営によるもので、世界的なローコスト大規模経営のものとは質を異としている。インターネットを使って、台湾農家の仕事やプロダクトに価値を与え、彼らが世界市場にリーチできる環境を構築する。付加価値のある台湾食品のEコマース・プラットフォームを目指している。その最初のプロジェクトとなるのが Taiwan Kopi Luwak Coffee で、台湾東部の台東(タイトン)で品質の高いコーヒーの生産を支援する。

taiwankopiluwak_onstage

Seconds

cinnamon_logoウェブサイト http://seconds.cinnamon.is

関連記事 http://thebridge.jp/2013/04/cinnamon-seconds

親密な間柄同士で手軽に写真共有ができるアプリで、相手がカメラで撮影した写真が即座に自分のアプリ上に表示される。元 Naked Technology / Mixi の平野未来(みく)氏と堀田創(はじめ)氏が起業し、資金調達の関係から会社はシンガポール籍、開発をはじめとする活動はベトナム・ホーチミン市を拠点としている。

cinnamon_onstage


今年の IDEAS Show の入賞スタートアップは次の通りだ。

審査員賞

  1. 評律網 (ピッチと解説詳細関連記事
  2. Miracle (ピッチと解説
  3. 悠活農夫/Yooho Farmer (ピッチと解説
  4. fandora shop (ピッチと解説
  5. SweetShot (ピッチと解説

IDEAS Show 主催団体である資策会のインキュベーション・プログラムに参加したスタートアップの中から、投資対象として潜在力のあるスタートアップを評価した賞

  1. 互動式影片商務社群平台/iShowLife(ピッチと解説

國家創新力計畫イノベーション賞(賞品:アメリカへの飛行機チケット往復1枚)

  1. WhosCall (ピッチと解説詳細関連記事
  2. CliPick (ピッチと解説
  3. iCallMe (ピッチと解説

30雑誌イノベーション賞(賞品:中国大陸/台湾のスタートアップ・パネルでのピッチ権利)

  1. 評律網 (ピッチと解説詳細関連記事
  2. fandora shop (ピッチと解説

優秀潜在力企業賞(賞品:中国大陸でのピッチ権利と往復飛行機チケットと宿泊)

  1. 微網站/Webor.me (ピッチと解説
  2. 080智慧家事生活服務平台 (ピッチと解説
  3. 悠活農夫/Yooho Farmer (ピッチと解説

グローバルブレイン賞(賞品:東京で毎年開催される GBAF への参加権利、飛行機チケット、宿泊)

  1. WhosCall (ピッチと解説詳細関連記事

遠傳(Far Eastone)賞 (賞品:企業向けクラウド利用権+現金 15万ニュー台湾ドル分)

  1. Chocolabs (ピッチと解説

B Dash Ventures 賞 (賞品:B Dash Camp 大阪での発表権利、飛行機チケット、宿泊)

  1. Taiwan Kopi Luwak Coffee(ピッチと解説

ideasshow_presentersonstage

----------[AD]----------

台湾のスタートアップ・カンファレンス #IDEASShow から、ピッチ登壇のスタートアップをご紹介(2/3)

SHARE:

前回に引き続き、台湾のスタートアップ・カンファレンス「IdeasShow」からピッチしたスタートアップを紹介する。 青創組(若者/学生グループ) 自造者社群(ものづくり系) TV App(テレビアプリ) 系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ) IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ) 応用服務組(アプリ・サービスグループ) 国際交流組(国際グ…

ideas-show_logo前回に引き続き、台湾のスタートアップ・カンファレンス「IdeasShow」からピッチしたスタートアップを紹介する。

  • 青創組(若者/学生グループ)
  • 自造者社群(ものづくり系)
  • TV App(テレビアプリ)
  • 系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ)
  • IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ)
  • 応用服務組(アプリ・サービスグループ)
  • 国際交流組(国際グループ)

以上7つのカテゴリのうち、今回は、系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ)とIDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ)で登壇した16チームのスタートアップを取り上げる。

ideasshow_venue

系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ)

悠活農夫(Yooho Farmer)


yoohofarmer_logoウェブサイト http://apps.facebook.com/yoohofarm

バーチャルなゲームを楽しむ(農場を耕す)ことで、実在する農場で作物を実らせることができるプロダクト。ユーザに台湾ゆかりの作物や季節を知ってもらうことが目的。ゲームの中で獲得した景品を、実際の米、ドライフルーツ、乾燥チャーシューなどと交換することができる。台湾の若年層にゲームだけでなく、実社会を学んでもらうことを目的としており、ゲーム内では台湾の5つの実在する農場を再現している。なお、類似したサービスで、日本では愛媛にテレファームというスタートアップが存在する。

yoohofarmer_onstage

PunApp

punapp_logoウェブサイト http://www.punapp.com

2012年2月開設、Facebook 上で11.4万件の「いいね」をファンページに獲得している、アプリ開発者/販売者向けのマーケティング・プラットフォーム。アプリレビューを通じて、消費者に効果的なアプリの露出を図ることができる。アプリを開発するスタートアップのニュースや、市場動向についての考察も提供されている。台湾版の AppBank と言える。

punapp_onstage

多維推播服務

ウェブサイト http://www.uniqueone.com.tw(8月12日時点でアクセス不可)

ケータリング・サービスを革新させるためのプラットフォーム。レストラン、ケータリング・サービス提供会社にとっては、顧客満足度、利用頻度などを管理でき、店からユーザに景品を出して質問に応えてもらい、テーブル・クリーニングや飲料水の準備など、追加サービスの有無等の嗜好についても把握できるようになっている。

uniqueone_onstage

Fandora Shop


fandorashop_logoウェブサイト http://fandora.tw

2012年5月に設立された、台湾のグラフィック・アーティストが作品を展示・共有できるコミュニティ。現在、登録ユーザは2万人で、参加アーティストは2,000人。2万件の作品が展示されている。A2C (artist to consumer) のプラットフォームになることが目標で、アーティストが制作したデザインをベースとして、1,000品目以上の iPhone/iPad ケースやTシャツをオンライン販売している。

fandora_onstage

互動式社群雑誌発行平台

ウェブサイト なし

英語では、S.M.I.P. (Social Magazine Interactive Platform)と表記される。昔ながらの紙ベースの出版社が、電子出版を始める上で技術的な障壁を取り払うことを目指したプラットフォームだ。あらゆるデバイス(PC、スマートテレビ、タブレット、スマートフォンなど)で、インターネットにつながってさえいれば、ユーザはコンテンツを閲覧することが可能。出版社はクラウド上で配信コンテンツを管理でき、読者に対するプッシュ通知機能、ソーシャル・ファン機能なども提供する。

smip_onstage

Mogan Shopping 多語系搜尋整合型跨國網路購物平台

moganshopping_logoウェブサイト http://www.moganshopping.com

2007年に開設された、アジア最大のEコマース中継サービス。ヤフオク、楽天オークション、ヤフーショッピング、アニメイト、ZOZOTOWN、ゴルフ・ダイジェスト・オンラインなど、日本の主要なEコマースサービスと連携し、日本国内の倉庫を経由して、世界中に商品の発送を中継する。バイリンガル・スタッフが、出品者と購入者の間のコミュニケーションも中継する。Alipay(支付宝)、銀行振込、クレジットカードでの支払に対応。予め欲しいものを伝えておき、出品されている商品を探してもらうこともできる。

moganshopping_onstage

Miracle 遠端存取硬碟


phind_logoウェブサイト http://phind.me

家のパソコンと持ち運びするデバイスの双方に接続するだけで、インターネット経由で双方向データがやりとりできるサービス(シンガポールの iTwin に似ている)。最大4テラバイトまでのクラウド・ストレージを提供する。

miracle_onstage

評律網


pingluweb_logoウェブサイト http://www.pingluweb.com
関連記事 http://thebridge.jp/2013/07/interview-with-pingluweb

テキストマイニング技術を活用し、評律網は台湾の裁判所が公開している100万件以上の判例データを、分かりやすい図表に整理し、最も適切な弁護士を見つけるのを助けてくれる。

pingluweb_onstage

ShareCourse

sharecourse_logoウェブサイト http://sharecourse.net

2012年に始まった MOOC(Massive Open Online Courses)の流行は中華圏にも及んでいる。ShareCourse は、中国語話者向けの MOOC プラットフォームだ。自分のペースで学習内容をパーソナライズでき、ユーザ毎に講師とディスカッションができる勉強部屋がバーチャルに設けられている。講師からのみならず、ソーシャル機能を使って、他の勉強仲間からも学習をすることができる。

sharecourse_onstage

080智慧家事生活服務平台


080housekeeping_logoウェブサイト http://www.0800600519.com(8/12現在、アクセス不可)

ハウスキーピングを依頼できるプラットフォーム。スケジュールや依頼するハウスキーパーなどの管理を、アプリ上で完結することができる。

080housekeeping_onstage

IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ)

WhosCall(日本名:だれ電)


whoscall_logoウェブサイト http://www.whoscall.com
関連記事 http://thebridge.jp/2013/06/whoscall-ios-app

WhosCall は電話がかかってくると、通知された電話番号をもとに、Gogolook のデータベースに照会し、スパム電話を発信されやすい番号かどうかを特定し、そうであればブロックしてくれる。現在、Gogolook のデータベースには台湾のみならず、世界中の6億件の電話番号が登録されており、電話番号から発信元が誰かを逆引きできるようになっている。メールのスパム探知のしくみを、電話の世界に応用したソリューションだ。

whoscall_onstage

CliPick


clipick_logoウェブサイト http:///www.clipick.com

洋服を探すことができるサーチエンジン・ツール。画像認識技術を用いて、オンライン・ショッピングにおけるユーザ体験を充実させる。商品同士を関連づけができるため、閲覧中の商品に対し、ユーザが関心を持ってくれそうな商品を提案することができる。オンライン・ファッション・ブランド、ECプラットフォーム、ユーザ獲得が肝要なプラットフォームを主なターゲットにしている。

clipick_onstage

火星球(Marsball)

marsball_logoウェブサイト http://www.marsball.org

台湾のスタートアップ立達軟体(Leaderg)の4つ目のオープン・ロボット・プロジェクト。人工知能ソフトウェア・コンポーネントの提供を目標としている。オフィシャル・ウェブサイトである Marsball Headquarter(火星球官方網站)では、音声合成、人工知能、音声認識、画像認識など、クラウドベースの人工知能によるAPIを提供している。

marsball_onstage

互動式影片商務社群平台・愛秀生活(ishowlife)


ウェブサイト http://www.ishowlife.com

ishowlife_logoYouTube を見ていて、最初に画面下に現われる広告をどのようにしているだろうか。多くのユーザはすぐ閉じてしまうだろうし、広告効果は持続しない。そこで、ビデオとコマースを融合する方法を開発した。ビデオの中に商品を埋め込みことができ(プロダクト・プレイスメント)、ユーザはビデオの画面から直接商品を購入することができる。台湾、中国、アメリカで特許申請中。

ishowlife_onstage

聽。旅行(HearHere)

hearhere_logoウェブサイト http://www.hearhere.com.tw

音声による旅行案内サービス。モバイルアプリを30台湾ドル(約100円)で販売、専門チームによる音声コンテンツ番組を提供する。フリーミアムで提供されており、無料ユーザが一日で聞ける上限は、音声コンテンツ10本まで。

淡水(タンシュイ)名物・鉄卵の店「阿婆鐵蛋(アーボーティエダン)」の話、中正記念堂の正面の階段はなぜ89段あるのか、など、台湾で旅についての質問があれば、我々のサービスで聞いてほしい。

hearhere_onstage

Webor.me(微網站)


webor.me_logoウェブサイト http://webor.me

ウェブ・クリエイターの仕事を簡素化するソリューション。Webor.me のアカウントを取るだけで、ソーシャルネットワーク、マルチメディア、メンバー管理、Eコマース機能の備わったウェブサイトが5分間で完成する。ユーザはPDFファイルをアップロードし、Facebook や YouTube などの外部リソースモジュールを挿入するだけで作業が完了する。

webor.me_onstage


台湾に限った傾向ではないが、昨年に比べ、ソーシャルメディアを活用したサービスがなりを潜め、一方、O2O やリアルな体験を便利にするためのサービスが増加傾向にある。日本のプロダクトやサービスを台湾人に提供する中継/仲介サービスも目立って来ている。

最終回となる次回は、応用服務組(アプリ・サービスグループ)と国際交流組(国際グループ)のスタートアップと、2013年の IDEAS Show で賞を受賞したスタートアップにスポットライトをあてたい。

----------[AD]----------

台湾のスタートアップ・カンファレンス #IDEASShow から、ピッチ登壇のスタートアップをご紹介(1/3)

SHARE:

台湾のスタートアップを語る前に、まず台湾のことを知っておく必要がある。面積とGDPは日本の九州とほぼ同じ、人口は九州の約1.7倍程度だ。アジアの中でも比較的小さな市場ではあるが、台湾のスタートアップの奮闘ぶりは、科技報橘(TechOrange)との提携により提供している翻訳記事などでも随時お伝えしている。 7月24日〜25日の2日間にわたり、台湾の資策会(資訊工業策進会、略称III=トリプルアイ)…

ideas-show_logo台湾のスタートアップを語る前に、まず台湾のことを知っておく必要がある。面積とGDPは日本の九州とほぼ同じ、人口は九州の約1.7倍程度だ。アジアの中でも比較的小さな市場ではあるが、台湾のスタートアップの奮闘ぶりは、科技報橘(TechOrange)との提携により提供している翻訳記事などでも随時お伝えしている。

7月24日〜25日の2日間にわたり、台湾の資策会(資訊工業策進会、略称III=トリプルアイ)の年例スタートアップ・カンファレンス「IDEAS Show」が開催された。資策会は日本で言う経済産業省の外郭団体のような位置づけにあり、台湾のIT産業全般を牽引する役目を負っている。筆者が20年程前、台湾で仕事をしていたときにもお世話になった記憶があるので、それから考えても資策会は随分と歴史のある組織だとわかるが、近年はスタートアップを初めとするイノベーションの創出に力を入れているようだ。

gisntu_entrance

昨年の IDEAS Show では、午前午後をあわせて27チームのスタートアップ・ピッチだったが、今年はそこから遥かに数を増やして46チームのピッチとなった。短時間であまりに多くのスタートアップの審査に臨んだため、ピッチの審査員の中には疲れている人も見れとれたが、急激な参加スタートアップの増加を招いた背景には、資策会のインキュベーション・プログラム「IDEAS Show+」のほか、之初創投(appWorks Ventures)玉山創投(Yushan Ventures)台湾創意工場(TMI)などから生み出される卓越したスタートアップが、コンスタントに増えつつあることが挙げられる。(直近の之初創投の Demo Day の様子は、ここから見ることができる。)

今年の IDEAS Show では、46チームが次の7つのカテゴリに分かれてピッチした。

  • 青創組(若者/学生グループ)
  • 自造者社群(ものづくり系)
  • TV App(テレビアプリ)
  • 系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ)
  • IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ)
  • 応用服務組(アプリ・サービスグループ)
  • 国際交流組(国際グループ)

本稿ではまず、これらのうち頭の3つのカテゴリ——青創組(若者/学生グループ)、自造者社群(ものづくり系)、TV App(テレビアプリ)——でピッチした15チームを取り上げる。

青創組(若者/学生グループ)

情芸網(チンインワン)

gardener_logoウェブサイト http://www.gardener.com.tw

台湾中部にある南開科技術大学のデジタルライフ・イノベーショングループが開発。スマート・テクノロジーを使って、工芸品を作る人、ギフトを送りたい人、ギフトを受け取る人を結び、手軽に工芸品を届けられるプラットフォームを構築している。竹で編まれたQRコードのマット、LED を使った提灯などが販売されており、クレジットカード決済により海外発送にも対応している。

gardener_onstage

Fourdesire

fourdesire_logoウェブサイト http://fourdesire.com

人間の身体は水が必要で、実に体重の70%は水分だ。Plant Nanny は楽しく健康を保つためのサービスで、定期的に水分を補給するのを促してくれる。iPhone 上のアプリ内の植物に水をやるたびに、ユーザは水を一杯飲むことになる。これを続けることで、アプリ内の植物は枯れることなく育ち、毎日、何杯の水を飲む必要があるかをユーザに教えてくれる。

fourdesire_onstage

Movement

movement_logoウェブサイト http://movement.cjband.org

マスムーブメント(大衆運動)に関する情報を拡散するためのプラットフォーム。「議題延伸」機能を使えば、ユーザは世界中のマスムーブメントと対話できるようになり、より見識を深めることができる。最大の売りは、世界中のマスムーブメント向けのプラットフォームであることで、ムーブメントの参加者が力をあわせて効果を最大化するのを助ける。新しいムーブメントをより速く広く拡散するのに役立つ。

movement_onstage

友善台北好餐廳(ユーシャンタイペイハオサンティン)

evermore_logoウェブサイト https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cmoremap.evermore.love

国立交通大学の学生による社会奉仕プロジェクト。彼らは2012年、異なる障害を持つ身体障害者30人に、台北の飲食環境(レストランの入口、スペース、トイレ、盲導犬の随行可否など)、サービス(メニュー、エチケット)、その他の情報(営業時間、住所、価格、交通)などをまとめてもらった。情報の収集と並行してアプリを作成したところ、参加した障害者達は、自分達が「助けを求める人」から「誰かを助けられる人」になったことを実感した。「友善台北好餐廳(仮訳:フレンドリーな台北のレストラン)」というアプリでは、「障害者に優しいか」「レストランの嗜好別」「台北地下鉄の路線別」のカテゴリでレストランを探すことができる。アプリ開発には20人の障害者が参加し、弱視や肢体不自由者も簡単に利用できるよう工夫されている。

evermore_onstage

自造者社群(ものづくり系)

全台首創3D列印網(3DMaker)

3dmaker_logoウェブサイト http://www.3dmaker.com.tw

3Dプリンタやアクセサリーの販売に加え、3Dプリントサービスや3Dプリントの訓練サービスを提供。ロボットアームやインタラクティヴ・アートなど、ハードウェアやソフトウェアのインテグレーションが必要なプロジェクトにはコンサルテーションも提供する。

3dmaker_onstage

木易人(Shepherd)

shepherd_logoウェブサイト http://www.shepherd.tw

光硬化技法による3Dプリントサービスを提供する。14ミクロンのレイヤーを重ねて作る精度の高いものから、ゴムのように硬度を27〜95まで自由に変えて作れる3Dプリントまでを提供。

shepherd_onstage

OpenLab Taipei

openlab-taipei_logoウェブサイト http://www.openlabtaipei.org

Openlab.Taipei は、FLOSS(フリーウェアとオープンソース)を活用した創作ツールを使う、デジタルアーティストが集まる場所である。物理的な場所は定まっておらず、インターネット上、IRC、喫茶店、コワーキング・スペースなどで集まりを持っている。デジタルアーティストにとって、商業ベースのデジタルツールは数々の制約のために自由なツールではない。有名な書家が自分の筆と墨を持つように、彫刻家が自分の彫刻刀を持つように、デジタルアーティストも自分のツールを持ってもよいのではないか。FLOSSの隆盛により、デジタルアーティストはツールの自由度が高まり、より透明性と可能性の豊かな作品を創り出すことができるようになる。

openlab-taipei_onstage

印酷網(PrintCool)

printcool_logoウェブサイト http://printcool.com.tw

德芮達科技社は3Dプリンタや制作設備を提供するベンダである。華人のための3Dプリントプラットフォーム「印酷網」を展開し、ハンドメイド、ハイテク、概念のオンラインシェアを融合させ、全く新しいプロダクトの制作プロセスを生み出そうとしている。

printcool_onstage

TV App(テレビアプリ)

QLL (Quick Language Learning)

qll_logoウェブサイト  http://www.qll.co
関連記事

Quick Language Learning は、モバイルデバイス向けのデジタル学習ツールの開発に特化している。これまでに、中国語(繁体字、簡体字)、英語、日本語、韓国語、スペイン語で、3〜8歳の子供向けに140以上の Android / iOS アプリをリリースしている。スマートテレビ向けに、英語を聞きながら学習できるアプリ「聴故事学英文」を開発した。

qkk_onstage

達博遊戯(ダーボウユーシ)

ウェブサイト http://www.double2.com.tw

達博網路は、スマートテレビのプラットフォーム上でゲーム開発を行う企業で、ネイティヴアプリの開発、Android、iOS、Linux、Windows などクロスプラットオームの開発に対応ができる。

double2_onstage

非凡大探索(フェイファンダータンスォ)

unique_logoウェブサイト http://www.ustv.com.tw

台湾のニュース専門チャンネル「非凡新聞(Unique News)」の特集担当記者が作るグルメ専門番組。6年間にわたり、記者チームは台湾のグルメ、レストランなどを紹介してきた。料理の手順を紹介し、食品の品質や安全性に言及し、台湾の飲食業界で成功した起業家らも紹介する。

unique_onstage

遠傳影城(ユアンチャンイェンチュアン)

fetnet-vod_logoウェブサイト http://vod.fetnet.net(日本からはアクセス不可)

台湾の通信キャリア「Far Eastone(遠傳)」が提供するビデオ・オン・デマンドサービス。高品質なストリーミング・ムービーを、時間や場所にかかわらず、あらゆるデバイスで閲覧可能。月間料金はNT$199(約650円)。常時1,000本以上のハリウッドやアジアの映画や日本アニメ、台湾や香港の人気歌手の番組等が閲覧できる。

fetnet-vod_onstage

図新聞Video(トゥシィウェン・ビデオ)

tuxinwen_logoウェブサイト http://vmetro.hithot.cc

図新聞Videoは、世界につながるホットなキーワードやビデオをリアルタイムで提供する。23カ国語で利用可能、一画面の中でほっとなキーワードを画像で確認することができる。画面をクリックするだけで、関連ニュースやビデオを閲覧することもできる。

tuxinwen_onstage

iKala

ikala_logoウェブサイト http://www.ikala.tv

iKala はテレビアプリでホーム・エンターテイメント・ソリューションを提供、リビングをカラオケルームに変えることができる。アーティストのミュージックビデオを流すことも可能。PC、ノート、スマートフォン、タブレット、テレビで閲覧できる。楽曲データはクラウド上で毎週更新され、ソーシャルコミュニティ機能によって、他のユーザから新曲の情報を教えてもらうこともできる。

ikala_onstage

LiTV

litv_logoウェブサイト http://www.litv.tv

LiTV はIPTVのサービスプラットフォームで、有料/無料のビデオ、カラオケビデオを世界中の華人視聴者に提供している。スマートTVがあれば、セットトップボックスは必要ない。株式のティッカー、投資分析のほか、映画の予告編やエンターテイメント・ニュースなどを無料で提供。

litv_onstage


ここまで見て来た中で、3Dプリンティングは日本と同様、台湾でも人気が出て来たスタートアップ・ビジネス分野の一つである。価格的には日本で注文するより安いが、量の論理によるコスト優先の業界ではないため、各国各様で特色のある3Dプリンティングビジネスが立ち上がって行くのだろう。日本の事例は、ABBALabiJet の事例を参照してほしい。

また、興味深いのはスマートテレビの分野では、ターゲット視聴者として、台湾に住む台湾のみならず、世界に住む華人コミュニティを対象にしている点だ。この中には、中国大陸はもとより、横浜や神戸の中華街に住む人々、サンフランシスコやバンクーバーのチャイナタウンに住む人々なども含まれる。言うまでもなく、これは台湾だけでは市場が小さ過ぎるからで、日本のコンテンツ配信が国内の配信に限定されているのとは対照的である(コンテンツホルダーからすれば、地理的な条件ではなくプラットフォームで配信先を縛ってライセンスしている、ということだろう)。台湾の人口は2,300万人に過ぎないが、対象を華人に広げると、中国の13億人、世界の華人5,000万人を市場として捉えることができ、ネット普及の偏差を考慮しない人口ベースの単純計算で、市場規模は約60倍になる。

残る4つのカテゴリ、系統平台組(システム・プラットフォーム・グループ)、IDEAS Show+組(資策会のインキュベーション・プログラム出身スタートアップ)、応用服務組(アプリ・サービスグループ)、国際交流組(国際グループ)については、後日レポートをお伝えする。

----------[AD]----------

台湾最大のテック・スタートアップ・カンファレンス「IDEAS Show」、今年は7月24日〜25日に台湾大学で開催

SHARE:

今年も、台湾のスタートアップ・カンファレンス「Ideas Show(網路創意展)」が開催されることになった。Ideas Show は、日本の経済産業省の外郭団体に相当する「財団法人 資訊策進工業会(略称:資策会 または III、トリプルアイ)」が一年に一度開催している。昨年の模様は、SD Japan でもこれらの記事でカバーしている。 開催地を台北市中心部にある台湾大学の集思会議中心(日本語に訳す…

IdeasShow_cover

今年も、台湾のスタートアップ・カンファレンス「Ideas Show(網路創意展)」が開催されることになった。Ideas Show は、日本の経済産業省の外郭団体に相当する「財団法人 資訊策進工業会(略称:資策会 または III、トリプルアイ)」が一年に一度開催している。昨年の模様は、SD Japan でもこれらの記事でカバーしている。

開催地を台北市中心部にある台湾大学の集思会議中心(日本語に訳すと、ブレーンストーミング・カンファレンス・センター)へと移し、7月24日(水)〜25日(木)の2日間にわたって催される予定だ。

イベントでは、台湾内外の起業家や投資家がスピーチやパネルに登壇するほか、スタートアップによる6分間ピッチが予定されている。(昨年のピッチの模様は、YouTube 上に収録されている)

IDEAS Show の事務局では、日本からもスタートアップ・ピッチへの参加者を募集しているので、台湾のスタートアップ・コミュニティへの露出をはじめ、この地域への進出に興味があるスタートアップは、この機会を活用してみるとよいだろう。ピッチ申込の詳細については、資策会の Ms. Yani Lee(yanilee [at] iii.org.tw)までコンタクトしてほしい。

上記期間中は、台湾に世界中からテック関係者が集まるということもあり、メインイベント以外にも、台湾スタートアップによるナイト・パーティーなどが数多く用意されている。日本からも近いので、国内出張の感覚で、手軽に中華圏へのアプローチしたいスタートアップにはおすすめの機会だ。一般チケットは、ここから購入することができる。

----------[AD]----------