BRIDGE

タグ iFInd

充電不要のBluetoothチップ「iFind」、Kickstarterでプロジェクト停止に

SHARE:

以前にお伝えしたBluetooth搭載の紛失防止チップ「iFind」が、クラウドファンディングを行っていたKickstarter上で停止処分となった。 iFindは、Bluetoothでスマートフォンと接続し、スマートフォンとiFindとの距離が離れてBluetoothのペアリングが切断されると音が鳴ることで紛失を防止するチップ。サイズは3cm程度と非常に小さく、キーホルダー感覚で持ち歩くことがで…


icannotfind

以前にお伝えしたBluetooth搭載の紛失防止チップ「iFind」が、クラウドファンディングを行っていたKickstarter上で停止処分となった。

iFindは、Bluetoothでスマートフォンと接続し、スマートフォンとiFindとの距離が離れてBluetoothのペアリングが切断されると音が鳴ることで紛失を防止するチップ。サイズは3cm程度と非常に小さく、キーホルダー感覚で持ち歩くことができる。

20140611_ifind

Bluetoothを利用した同様の製品はすでに存在するが、iFindが注目されていたのは非常に小型であることと、何よりも「充電が不要」ということ。市販の製品はBluetooth 4.0を利用することで消費電力を大幅に下げてはいるものの、ボタン電池などの電源は必要だった。これに対してiFindは電磁エネルギーを循環利用することで電池交換や充電が不要としており、技術の面でも注目を集めていた。

iFindではこの独自技術について特許出願中としており、技術の詳細については明かしていなかったが、本当に実現可能な技術かという疑問や質問はプロジェクトにもたびたび寄せられており、こうした声を受けてかプロジェクト自体も6月26日付で停止処分となった。

停止処分について具体的な理由は明かされていないが、iFindのプロジェクトは利用イメージこそあるものの、実際に動作する試作品が存在しなかったことから、独自技術の実現性が疑問視されたようだ。

iFindの独自技術が本当に存在したのか、それとも存在しない技術だったのかはわからないが、多くの人々に期待されたプロジェクトがこうして停止処分を受けてしまうという結果は非常に残念だ。

仮に実現可能な技術だったのだとすれば、Kickstarterでこれだけのニーズがあることが把握できただけに、Kickstarter以外の場所で再度製品を発表することもあるだろう。一方、存在しない技術による詐欺的行為であれば、また1つクラウドファンディングの悪しき例が生まれてしまったことになる。

iFindがこのまま消えてしまうのか、それとも新たな形で登場するのか、今後の動向は引き続き追っていきたい。

なお、サイズこそ大きくなってしまうが、ロジテックの「LBT-MPVRU01シリーズ」といった製品であれば前述の通りiFindと同様の機能を実現でき、約2年の連続待ち受けが可能と「ほぼ充電不要」で利用できる。

----------[AD]----------

無くしたくないものに付けて、スマートフォンで位置を知らせてくれる電池交換不要のチップ「iFind」

SHARE:

「iFind」は、Bluetoothでスマートフォンと接続し、無くしたものの位置を確認できたり、音を鳴らせるチップだ。 こうした類似の製品は他にも多くあるが、iFindの特筆すべき点は電池交換や充電が不要であるということだ。iFindは電磁エネルギーを循環利用することで、独自に電力を蓄えることを可能にしているという。開発チームによれば、この技術は現在特許出願中のとのこと。 カラフルで小さな穴が空い…


20140611_ifind

iFind」は、Bluetoothでスマートフォンと接続し、無くしたものの位置を確認できたり、音を鳴らせるチップだ。

こうした類似の製品は他にも多くあるが、iFindの特筆すべき点は電池交換や充電が不要であるということだ。iFindは電磁エネルギーを循環利用することで、独自に電力を蓄えることを可能にしているという。開発チームによれば、この技術は現在特許出願中のとのこと。

20140611_ifind2

カラフルで小さな穴が空いた「iFind」のチップは鍵や財布に付けたり、パソコンやリモコンに貼り付けることができる。iFindの専用アプリで最初にスマートフォンとiFindをBluetoothペアリングをしておけば、あとは電池交換不要、iFindを無くしたくないものと一緒に管理するだけだ。

また逆にスマートフォンを探す場合は、iFindを何度か振ればスマートフォンから音を鳴らすことができる。サイズは縦3.2cm、幅2.7cm、薄さは2.4mmでコンパクトなサイズ。約半径60メートルが検知可能な範囲。現在Kickstarterで支援を募っていて、プロジェクト成立はほぼ確実な状況だ。

16ドル、または18ドル支援を行えば、好きな色のiFindを1枚入手できる。30ドルで2枚、70ドルで5枚、120ドルで10枚のプランもある。

----------[AD]----------