BRIDGE

タグ IMJ

クラウドキャストがセゾン・ベンチャーズとIMJ-IPからシリーズB調達、スタートアップ向け無料プランを開始

SHARE:

経費精算アプリ「bizNote for 弥生オンライン」や「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは11日、クレディセゾンの CVC であるセゾン・ベンチャーズと IMJ Investment Partners(以下、IMJ-IP と略す)からシリーズBラウンドで資金調達したことを発表した。出資に関する詳細は明らかにされていないが、調達金額は数千万円程度に上ると推定される。シリーズ…

crowdcast_screenshot

経費精算アプリ「bizNote for 弥生オンライン」や「Staple(ステイプル)」を提供するクラウドキャストは11日、クレディセゾンの CVC であるセゾン・ベンチャーズと IMJ Investment Partners(以下、IMJ-IP と略す)からシリーズBラウンドで資金調達したことを発表した。出資に関する詳細は明らかにされていないが、調達金額は数千万円程度に上ると推定される。シリーズBラウンドはクローズしておらず、今後、同社は事業シナジーの考えられる VC からの出資を募り、最終的には1億円程度の調達を行う模様だ。

同社は2014年にも、IMJ-IP から資金調達を実施している(調達額非開示、シリーズAラウンド)。事業会社からの資金調達としては、今ラウンドのセゾン・ベンチャーズからの調達は、2013年5月の国内会計大手の弥生からの2,500万円の調達(シードラウンド)に続くものとなる。

クラウドキャストでは昨年9月から、スタートアップや中小企業向けの経費精算アプリ Staple を提供しているが、セゾン・ベンチャーズとの資本提携を機に、クレディセゾンのクレジットカード会員3,500万人を擁する顧客基盤や永久不滅ポイントと連携し、Staple の機能拡張と顧客獲得に注力するとしている。具体的には、これまで Staple での経費入力は、レシートや領収書をもとに手動で入力するか、交通系ICカードから履歴読込による方法が提供されていたが、今後、クレディセゾンのカード会員向けのオンライン利用履歴とのデータ連携が期待される。

crowdcast-saisoncard-partnership

今回の資金調達に際し、クラウドキャスト代表取締役の星川高志氏は THE BRIDGE に次のように語った。

クラウドキャスト代表取締役 星川高志氏
クラウドキャスト代表取締役 星川高志氏

今年は、NFCによる交通系ICカードからの履歴読込をやったので、次はレシートのOCR読取機能を実装したい。電子帳簿保存法にあわせ機能拡張する。また、クレジットカード連携やバックエンドのしくみの開発も強化したい。

法人向けの「Staple Team」では、特に必要とされる業種が見えてきた。広告会社や不動産会社など営業社員が多い業種だ。特に多店舗展開している会社では PC を与えていないスタッフも多く、(スマートフォンで経費精算ができる)Staple Team は重宝されている。

星川氏によれば、クラウドキャストは、Staple Team が現在ユーザニーズを探るための研究フェーズにあると位置付けており、今後、主にインバウンドで販売を本格化していく。また、今年から来年にかけて、会計系のサービスがこぞってマイナンバー対応を唱える中、クラウドキャストはマイナンバー対応をあまり意識していないとのこと。その背景には、クラウドキャストのソリューションが、会計全般ではなく、経費精算のみに的を絞っていることが理由にあるのだろう。給与計算(ペイロール)を提供するサードパーティーのプラットフォームとの連携についても、その可能性を前向きに検討しているとのことだった。

クラウドキャストが個人向けに提供する Staple は無料で利用できるが、グループで利用できる法人向けの Staple Team の利用料は月々600円から。ただし、創業5年未満5ユーザまでの企業、学生起業家、NPO 向けに無料で利用できる「スタートアッププログラム」を開始したということなので、専属の経理担当者がいないアーリーなスタートアップは、この機会に試してみるとよいだろう。

----------[AD]----------

CCCらが「T-Venture Program」の公開審査会を開催——「シェア畑」のアグリメディア他、入賞7社が決定

SHARE:

TSUTAYA を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のネット事業中間持株会社 T-MEDIAホールディングスは今日、傘下のインターネット事業会社 IMJ とベンチャーキャピタルである IMJ Investment Partners と共同で、スタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の最終公開審査会を開催した。 <関連記事> T-MEDIAホールディン…

t-venture-2015-public-review

TSUTAYA を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のネット事業中間持株会社 T-MEDIAホールディングスは今日、傘下のインターネット事業会社 IMJ とベンチャーキャピタルである IMJ Investment Partners と共同で、スタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の最終公開審査会を開催した。

<関連記事>

このプログラムには、全国の110のチームからエントリがあり、一次審査を41チームが通過、二次審査を通過した12チームがファイナリストとして登壇した。価値創造、成長性、ブランディングなど5つの要素について、CCC の社長兼CEO 増田宗昭氏ら審査員が採点し、入賞スタートアップ7チームが選ばれた。

増田氏は表彰式で、スタートアップの選考にあたり、 1. プラットフォームとしての視点があること、2. ライフスタイルの提案があること、3. 自然の要素を取り込んでいること、4. (会員というよりは)互助的な思想を持っていること、という4つの点に着目したことを強調した。

入賞した以下のスタートアップは今後、T-SITE とのテスト連携を含む「T-Venture Program」の第2フェーズ(Incubation2)に参加する。

【最優秀賞】アグリメディア

(副賞:Incubation2への参加権、Tポイント30万ポイント、TSUTAYA DISCAS 1年分他)

t-venture-2015-public-review-share-hatake-1
最優秀賞に輝いた、アグリメディア 代表取締役社長 諸藤貴志氏

t-venture-2015-public-review-share-hatake-2

アグリメディアは、都市生活者向けに郊外の家庭菜園「シェア畑」を提供するスタートアップだ。通常の菜園とは異なり、農家や菜園アドバイザーが講師となって野菜の育て方を伝授、種・苗・農具・水などを用意する必要がなく、手ぶらで菜園に行くだけで、野菜の栽培に参加することができる。年間を通して約20種類の野菜が栽培可能、収穫した野菜は持ち帰って食べることができる。忙しいユーザには、栽培の一部を代行してもらう有料プランもある。

アグリメディアは T-SITE のウェブサイト上で「シェア畑」の顧客になりそうなユーザを誘導、郊外型リアル店舗「湘南 T-SITE」に栽培体験スペース「湘南 T-SITE ファーム」を設置し、想定顧客へのタッチポイントを増やす計画を提案した。

【優秀賞】ワンモア

(副賞:Incubation2 への参加権、Tポイント10万ポイント)

t-venture-2015-public-review-onemore

クラウドファンディング「GREEN FUNDING」を運営するワンモアは、綾野剛が主演した映画「そこのみにて光輝く」で制作資金の資金調達が実施された事例を紹介。T-SITE との連携により、T-ID(Tポイント会員のユーザID)のユーザ属性にあわせて映画制作のクラウドファンディングをユーザに提示、ユーザがTポイントを使って資金調達キャンペーンに参加できたり、キャンペーン支援者限定の映画関連イベントを開催したりする例を提案した。

<関連記事>

【優秀賞】filme by コトコト

(副賞:Incubation2 への参加権、Tポイント10万ポイント)

t-venture-2015-public-review-filme

filme は、ママが子供の「成長シネマ」を制作できるサービス。ママが撮影した30秒動画が20日分貯まると、コトコトが開発した独自の動画編集エンジンにより、一本の動画を自動制作。完成した「成長シネマ」は DVD に焼いて、離れて暮らす祖父母に届けることもできる。

コトコトは、T-SITE のキッズスペース近くのブースで動画を受け付け、T-SITE 併設のカフェで「成長シネマ」を観覧し、家族で思い出を再体験できるようなプランを提案した。

(「成長シネマ」は、コトコトの登録商標。)

【審査員特別賞】スマオク by ザワット

t-venture-2015-public-review-sumaoku

スマオクは、フラッシュセールの要素を取り入れたオークションのモバイルアプリだ。ライブ感を演出することをモットーとしており、T-SITE との連携によって、T-SITE リアル店舗での不用品買い取りなどのアイデアを実現したいとしている。

<関連記事>

【審査員特別賞】坂ノ途中

t-venture-2015-public-review-on-the-slope

坂ノ途中は、京都を拠点に野菜を販売するスタートアップ。環境負荷の小さい農業を提案し、新規就農者を増やすための活動をしている。日本の農家は経営規模が小さく、経営が自然要因に左右されやすいが、金融工学に基づいて栽培計画の全体最適化を図り、農業のバリュエーションを確保することに注力している。

食べ物系 EC の指標と言われる〝お試しユーザ〟から定期注文ユーザへのコンバージョンが、一般的なサイトでは 10% 程度であるのに対し、坂ノ途中では25〜30% を実現。一ユーザあたりの顧客獲得コスト5,000円程度に対し、25万円の LTV(ライフタイム・バリュー)を稼ぎ出している。

【Tポイント賞】キャッシュバック賃貸

(副賞:Tポイント5万ポイント)

t-venture-2015-public-review-cbchintai

キャッシュバック賃貸は、入居者が成約したあとに広告掲載費用を発生させる、成約課金型の賃貸情報サイトだ。入居者は成約が決まった段階で所定の手続きをするとお祝い金としてキャッシュバックが受けられるため、キャッシュバック賃貸側でコンバージョンしたことが分かる仕組みになっている。現在の物件掲載件数は180万件を超えており、日本の賃貸情報サイトとしては業界3位の座につけている。

キャッシュバック賃貸では、T-SITE と連携して、キャッシュバックをTポイントで顧客に還元するなどのアイデアを提案した。

<関連記事>

【TSUTAYA 賞】Filmarks by つみき

t-venture-2015-public-review-filmarks

Filmarks は、映画のソーシャルレビューサイトだ。2013年6月にローンチし、現在の映画レビュー件数は450万件以上。例えば、最近話題の映画「ベイマックス」に関するレビューだけ見てみても、Yahoo! 映画のレビュー数 1,451 件に対し Filmarks 3,904件と、映画レビューに関しては圧倒的な強さを誇っている。

数々の映画作品を店頭・宅配・オンラインなどで提供している TSUTAYA に対して、Filmarks が提供するコンテンツはシナジーを見出せるだろう。

----------[AD]----------

T-MEDIAホールディングス、IMJらがスタートアップ支援プログラム「T-Venture Program」を始動

SHARE:

TSUTAYA を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のネット事業中間持株会社 T-MEDIAホールディングスは今日、傘下のインターネット事業会社 IMJ とベンチャーキャピタルである IMJ Investment Partners と共同で説明会を開催し、スタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の開始を発表した。 このプログラムでは、CCC グループ…

t-venture-program_featuredimage

TSUTAYA を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のネット事業中間持株会社 T-MEDIAホールディングスは今日、傘下のインターネット事業会社 IMJ とベンチャーキャピタルである IMJ Investment Partners と共同で説明会を開催し、スタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の開始を発表した。

このプログラムでは、CCC グループが持つ Tカード保有者 5,000万人の会員データベース、エンターテイメント商品のデータベース、Tカードのポイントを強みに、スタートアップにユーザ送客、ユーザ・エンゲージメントの強化のほか、T-SITE および T-SITE 傘下の各種サービスとのクロス・マーケティングの手段を提供する。CCC が運営する情報ポータル T-SITE とアカウント連携が行えるほか、必要に応じて、一社あたり最大1億円までの資金を IMJ Investment Partners が出資する。他のインキュベーション・プログラムとの差別化要素として、T-SITE  と事前に連携テストが実施できることを挙げている。なお、T-SITE のモバイルアプリが11月初旬にリリースされるとのことだ。

t-site-support-menu
T-Venture Program における、スタートアップ向け販促支援メニュー。

T-MEDIAホールディングスでは、このプログラムを通じて、同グループが既に保有しているエンターテイメント分野以外のサービス(例として、ペット、料理、健康美容、カメラ、キッズ、自転車など)を集め、スタートアップとの連携により、消費者に提供するサービス・ラインアップの充実を図りたい意向だ。また、募集対象となるスタートアップは設立から5年以内との条件はあるが、事業分野については消費者向けのサービスに限定しておらず、ツールや技術志向のプロジェクトも対象に含まれる。

応募は公式サイトで11月28日まで受け付けている。一次審査では概ね40社程度が選考され、12月に面談を含む二次審査を経て、プログラムへの参加が認められるスタートアップは10社程度まで絞り込まれる予定。ファイナリストは2015年1月20日、CCC 創業者で CEO の増田宗昭氏らを招いて、渋谷ヒカリエで開催されるイベントで披露される。

なお、11月には京都大阪や、福岡スタートアップカフェなどでも T-Venture Program の説明会を実施するとのことだ。地方に拠点を置くスタートアップは、これらの機会を活用して、T-Venture Program への理解を深めるとよいだろう。

t-venture-program-board
イベントで、起業家からの質問に答える T-Venture Program の運営メンバー。
(左から)T-MEDIAホールディングス代表取締役社長 櫻井徹氏、同取締役 根本浩史氏、同執行役員 坂田真我氏、IMJ Investment Partners 岡洋氏
----------[AD]----------

クラウドキャストが経費精算アプリ「Staple(ステイプル)」を公開、IMJから資金調達を実施

SHARE:

経費精算アプリに特化したクラウドサービスやアプリを提供するクラウドキャストは、ビジネスパーソン向けの経費精算アプリ「Staple(ステイプル)」の iOS 版(パーソナル版)を公開した。また、これと併せて、同社は日本国内とアジアへのサービス展開を強化するため、IMJ Investment Partners から資金を調達したと発表した。なお、調達した金額や割当した株式比率等については明らかにされて…

staple_featuredimage

経費精算アプリに特化したクラウドサービスやアプリを提供するクラウドキャストは、ビジネスパーソン向けの経費精算アプリ「Staple(ステイプル)」の iOS 版(パーソナル版)を公開した。また、これと併せて、同社は日本国内とアジアへのサービス展開を強化するため、IMJ Investment Partners から資金を調達したと発表した。なお、調達した金額や割当した株式比率等については明らかにされていない。

クラウドキャストは昨年末、経費精算アプリ「bizNote Expense」をリリースしている。このアプリでは、企業等で社員がモバイルアプリを使って経費を入力、集められた情報を経理やアドミン部門が承認し、会計システムへ取り込むという、ワークフローを実現していた。しかし、ユーザからは「社内にワークフローのしくみは既に導入済なので、経費を入力する部分のアプリだけ使いたい。」という意見が多く寄せられたのだそうだ。

そこで、ワークフローの機能を切り離し、経費入力にのみ特化した Staple をリリースするに至った。入力された情報は、連携するクラウドのインタフェース(ウェブ)から CSV フォーマットでダウンロードできるので、これを Excel などで加工し、社内の経費精算システムにインポートできるというわけだ。

Staple のパーソナル版はフリーミアムという位置づけで、後に提供されるチーム版は有料で提供する予定。パーソナル版を先行して出すことでユーザに操作を覚えてもらえるので、チーム版導入時の学習コストを下げることができる。(代表取締役 星川高志氏)

Staple はあたかも bizNote Expense から一部の機能を外しただけのように見えるかもしれないが、実際には、アーキテクチャーを完全に変更し、スクラッチでアプリを開発し直したのだそうだ。これは企業単位ではなく、莫大な人数のビジネスパーソン個人が使い始めたとき、クラウド側にトラフィック負荷がかかっても軽快に動作し続けることを念頭に置いたもの。さらに、いろいろな機能拡張もやりやすくなるとのことだ。

クラウドキャストでは、10月以降にウェブ版(パーソナル版)、Android 版(パーソナル版)、および、それぞれのプラットフォームでのチーム版のローンチを予定している。ここで注目したいのが Android 版の機能だ。NFC が搭載されている Android で Staple を動作させると、Android スマートフォンを Suica や Pasmo などの交通系電子マネーのカードに触れさせるだけで、乗車記録を Staple に読み込ませられる機能を搭載する計画だ。アプリ化されているモバイル Suica であれば、カードが無くてもアプリ間で乗車記録の連携が可能だろう。Suica / Pasmo の技術上の制約で、カード上に保存できる最大件数は20件であるため、アプリが定期的にノーティフィケーションを出し、ユーザが忘れずにアプリ側に乗車記録を転送することを考えている。

なお、現行の iPhone には NFC が無いため、現在のところ交通系電子マネーの連動機能は予定に無いとのことだ。(先頃発表された iPhone 6 搭載のNFCについても、Apple Pay 専用であることが明らかになっている。)

アメリカの経費精算大手の Concur は先頃、Uber や AirBnB を使った交通費や宿泊費の経費精算連携を開始した。Expensify などもこの流れを追随するだろう。対して、クラウドキャストでは、日本やアジアの大都市の交通などを念頭にソリューションの最適化を図ることで、他社の参入を阻む障壁になるだろうと考えている。

この分野には、日本/シンガポールに拠点を置くクラビスが「Streamed(ストリームド)」というアプリをローンチしており、今後リリースされる版で、交通系電子マネーカードからの乗車記録読み込み機能の搭載を示唆している。

----------[AD]----------