タグ インド

「トラックのUber」こと、インドのBlackbuckがシリーズEで6,700万米ドルを調達しユニコーンに

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 企業とトラック運転手をつなぐインドのオンラインプラットフォーム「BlackBuck」は、シリーズ E ラウンドで6,700万米ドルを調達したとを発表した。これにより、BlackBuc…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


企業とトラック運転手をつなぐインドのオンラインプラットフォーム「BlackBuck」は、シリーズ E ラウンドで6,700万米ドルを調達したとを発表した。これにより、BlackBuck の時価総額は10億米ドルを超え、ユニコーンクラブの仲間入りを果たした。

Image credit: BlackBuck

このラウンドには、Tribe Capital、IFC Emerging Asia Fund、VEF が参加した。また、Wellington Management、Sands Capital、International Finance Corporation などの既存の投資家もこのラウンドに参加した。

BlackBuck は、Digit Insurance、Innovacer、Meesho、Infra Market、PharmEasy、Cred、Groww、ShareChat、GupShup、ChargeBee、Urban Company、Moglix、Zeta、BrowserStack、Grofers に続き、今年ユニコーンとなった16番目のインドのスタートアップ企業だ。

インド版「トラックのUber」として知られる BlackBuck は、今回の資金を利用して、事業拡大計画を進める。また、より効率的な貨物のマッチングを可能にするために、製品やデータサイエンスの能力にも投資する予定だ、と同社は発表している。

2015年に設立されたBlackBuckは、過去に Tiger Global、Accel、Sequoia Capital India などの著名な投資家の支援を受けていた。同社によると、インド国内のオンライントラック輸送活動全体の90%の市場シェアを牽引している。

BlackBuck の共同創業者兼CEO Rajesh Yabaji 氏は次のように述べている。

今回の資金調達により、トラック輸送に関する根本的に困難な問題に投資し、当のリーチと影響力を継続的に深めていくための資金力が高まった。

BlackBuck によると、同プラットフォームには約70万人のトラック運転手と120万台のトラックが登録されており、毎月1,500万件以上の取引が行われているという。BlackBuck は現在、中小企業や Hindustan Unilever、Reliance、Coca Cola などの大企業を含む1万社以上の顧客を抱えている。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

インドのエドテックユニコーンByju’s、米国の読書プラットフォームEpicを5億米ドルで買収

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドのエドテック大手 Byju’s は、デジタルリーディング企業 Epic を5億米ドルで買収するとを発表した。 今回の買収により、Byju’s のアメリカ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドのエドテック大手 Byju’s は、デジタルリーディング企業 Epic を5億米ドルで買収するとを発表した。

Byju’s の CEO 兼創業者 Byju Raveendran 氏
Image credit: Byju’s

今回の買収により、Byju’s のアメリカでの活動範囲が拡大し、Epic の既存のグローバルユーザ200万人以上の教師と5,000万人以上の子供たちにアクセスできるようになるとのことだ。

Byju’s は、国際的な拡大と米国市場へのより深い浸透のための「積極的な計画」を持っており、これにはEpic社の買収も含まれると述べている。また、この買収により、アメリカの学習文化における中核的なピースとなるという目標を達成できるとしている。

今回の買収に加えて、Byju’s は北米に10億米ドルを投資すると述べている。これは、先月同社がアメリカのディズニーと発表したことに続くものだ。Byju’s とディズニーは、ディズニーのキャラクターを起用したアプリ「Byju’s Learning」をアメリカに導入することを明らかにしていた。

2014年にローンチ氏した Epic は、12歳以下の子供たちのために設計された、サブスクリプション型の読書・学習プラットフォームだ。デスクトップおよびモバイル機器でアクセスできるそのサービスには、4万冊以上のフィクションおよびノンフィクションのオーディオブック、500本以上の学習動画、そしてパーソナライズされた数多くのクイズが含まれている。

Byju’s の CEO 兼創業者 Byju Raveendran 氏は次のように述べている。

Epic とのパートナーシップにより、世界中の子供たちに魅力的でインタラクティブな読書と学習体験を提供することができる。私たちは共に、子供たちが生涯学習者になるためのインパクトのある体験を創造する機会を得た。

一方、Byju の地元競合である upGrad は、今後7~9ヶ月の間に M&A のために2億5,000万米ドルを用意すると発表した。9月の第2週までに2件のディールを発表する予定だ。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

ソフトバンク、インドのフードデリバリ大手「Swiggy」の12.5億米ドルのラウンドに参加

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドを拠点とするフードデリバリ企業の Swiggy は、12.5億米ドルの資金調達ラウンドをクローズしたことを発表した。 Swiggy によると、Prosus が共同リードしたこの…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドを拠点とするフードデリバリ企業の Swiggy は、12.5億米ドルの資金調達ラウンドをクローズしたことを発表した。

Swiggy によると、Prosus が共同リードしたこのラウンドには、ソフトバンク・ビジョン・ファンド 2が、インドでのフードデリバリ分野に対する初の投資として参加した。このラウンドには、既存投資家 Accel Partners と Wellington Management が再び参加した。また、カタール投資庁、Falcon Edge Capital、Amansa Capitall、Goldman Sachsl、Think Investmentsl、Carmignac などが新たに出資した。

Image credit: Swiggy

ソフトバンクがインドのフードデリバリ分野に参入することは、同社が Swiggy に投資するのではないかという長年の憶測を経て、待望されていた。バンガロールを拠点とする Swiggy は、調達したばかりの資金を、デリバリ事業の開発を加速させ、将来的には食品および非食品の新たなバーティカル事業を構築するために使用すると述べている。また、同社の技術や AI 能力の向上にも投資する予定だ。Swiggy は、新たな資金により、エンジニアリング、プロダクト、データサイエンス、アナリティクス、サプライチェーンの各チームの強化も視野に入れている。

Swiggy は、過去1年間で複数のカテゴリに進出したことを指摘している。例えば、食料品の即時配達サービス「Instamart」を開始したほか、集荷サービス「Swiggy Genie」の対象地域を新たに65都市に拡大した。Swiggy は、2018年に買収したデイリー食料品宅配サービス「Supr Daily」についても、「毎月、新しいユーザに到達している」と言及している。

Swiggy CEO の Sriharsha Majety 氏は、声明の中で次のように述べている。

インドの中産階級が拡大し、利便性を求める我々のターゲットセグメントのユーザが5億人に成長する中で、今後10年から15年はSwiggy のような企業にとって一生に一度のチャンスだと考えている。

2014年に設立されたこのスタートアップは、500の都市で15万以上のレストランや店舗と提携しているという。今回の Swiggy の資金調達に先立ち、競合の Zomato は先週 IPO を実施した。Swiggy と同様、Zomato も食品以外のカテゴリへの進出を目指しており、Zomato は最近、ソフトバンクが支援するインド最大級の食料品配送サービス Grofers に1億米ドル以上を投資した

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

YouTube、インドのソーシャルコマーススタートアップSimsimを買収

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 YouTube は、インドを拠点とするソーシャルコマーススタートアップ Simsim を非公開額で買収した。2019年にスタートした Simsim は、動画を使って地元企業、インフル…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


YouTube は、インドを拠点とするソーシャルコマーススタートアップ Simsim を非公開額で買収した。2019年にスタートした Simsim は、動画を使って地元企業、インフルエンサー、顧客をつなぐ。クリエイターは、地元企業の商品に関するビデオレビューを投稿し、顧客はそれを見てからアプリで直接購入することができる。

動画は、インドの3つの言語——ヒンディー語、タミル語、ベンガル語—で見ることができる。この多言語機能は、英語が苦手で、テキストよりも動画を好む顧客にリーチするのに役立つ。YouTubeによると、Simsim アプリは今のところ、YouTube から独立して運営を続けるとのことだ。

「Simsim」
Image credit: Simsim

TechCrunch によると、2年前に設立された Simsim は、買収されるまでに約1,700万米ドルを調達した。このスタートアップは、昨年のシリーズ B ラウンドで5,010万米ドルの評価を受けていた。

Google 傘下の YouTube は、今回の買収が「India Digitization Fund」などのイニシアチブを通じた、インドへの継続的な投資の一環であると述べている。2020年4月、Google CEO である Sundar Pichai 氏は、このファンドが今後5年から7年の間に、同国での株式取得、パートナーシップ契約、その他の投資に100億米ドルを投入することを発表した。

<関連記事>

YouTubeは、短編動画製品「YouTube Shorts」の成功を受けて、インドにおける大規模なクリエイターコミュニティを成長させ、モバイルファーストのクリエイターがより簡単にプラットフォームを始められるようにすることを目指していると述べている。今回の投資は、Bain & Company の報告書によると、2025年までに最大200億米ドル、2030年までに700億米ドルに達すると推定されているインドのソーシャルコマース業界の可能性を浮き彫りにするものでもある。

すでに、Facebook が支援する Meesho が、この業界で大きな存在感を示している。また、CitymallDealShare などのスタートアップも投資家の注目を集めているが、Walmart が出資する Flipkart も Shopsy を立ち上げ、ソーシャルコマースの流れに乗っている。

今月初めには、ライフスタイルに特化した動画主体のソーシャルコマースプラットフォーム「Trell」が、Mirae Asset、H&M Group、LB Investments がリードしたシリーズ B ラウンドで4,500万米ドルを調達した

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

インドのフードデリバリユニコーンZomatoがIPO、直前にTiger Globalらから5億6,230万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドのフードデリバリ企業 Zomato は、14日の IPO に先立ち、アンカー投資家から5億6,230万米ドルを調達した。Zomato の株式を取得した投資家は、New Worl…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドのフードデリバリ企業 Zomato は、14日の IPO に先立ち、アンカー投資家から5億6,230万米ドルを調達した。Zomato の株式を取得した投資家は、New World Fund、Tiger Global、シンガポール政府、Mirae Asset、Baillie Gifford、Fidelity などだ。

Image credit: Zomato

同社の提出書類によると、これらのアンカー投資家は、1株あたり76ルピー(約110円)の価格で Zomato の株式を引き受けている。Zomato は、一般公募の価格帯を1株あたり72ルピー〜76ルピー(約106〜110円)に設定している。Zomato は IPO 後評価額6,436億ルピー(約9,500億円)で、上場により最大937億ルピー(約1,380億円)の調達を目指している。上場後の資金調達額は約20億米ドルを見込んでいる。

先週開催されたバーチャルカンファレンスでは、同社は、事業が新型コロナウイルス感染拡大の影響からまだ回復していないことを明らかにした。3月31日に終了した会計年度の第3四半期および第4四半期において、Zomato は取扱高が、それぞれ4億600万米ドルおよび4億5,100万米ドルだったことを報告した。また、最終四半期に過去最高の取扱高を記録したことも指摘した。

Zomato は、インドのユニコーンとしては初の上場を目指している。一方、Flipkart、Paytm、Nykaa、PharmEasy などの有名どころを含め、インド国内のスタートアップ企業が今後数ヶ月のうちに上場の準備を進めている。

<これまでの軌跡>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

インドのオンライン決済大手Paytm、年内にIPOへ——調達額は3,300億円、インド史上最大規模に【Bloomberg報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドの大手デジタル決済プロバイダー Paytm は、今年末の新規株式公開で約2,180億インドルピー(約3,300億円)の調達を目指していると、Bloomberg がこの件について…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドの大手デジタル決済プロバイダー Paytm は、今年末の新規株式公開で約2,180億インドルピー(約3,300億円)の調達を目指していると、Bloomberg がこの件について説明を受けた関係者の話を引用して報じた。

CC BY-SA 2.0: via Flickr by Sasha India

詳細:

  • Paytm は、今年11月頃にインド史上最大となることが予想される上場を目指している。
  • 同社の時価総額はおよそ250億米ドルから300億米ドルを目標としており、5月28日に開催される取締役会で IPO を承認する予定だ。

背景:

  • Paytm には現在、2,000万以上のマーチャントパートナーがいて、月間取引数は14億件に達している。
  • 今回の IPO の動きは、新型コロナウイルスの感染拡大がインド国内のデジタル決済に拍車をかけたことで、Paytm は2021年第1四半期に最高業績を達成したと、同社 CEO の Vijay Shekhar Sharma 氏が述べたのを受けてものだ。

<Paytm のこれまでの軌跡>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

シンガポール政府系Temasek、インドのスキルアップ支援スタートアップUpGradに1.2億米ドルを出資

SHARE:

インドを拠点とするエドテックスタートアップの UpGrad は、シンガポールの政府系ファンド Temasek Holdings から1億2,000万米ドルという巨額の出資を受けた。これは、UpGrad が調達した初の外部投資だ。UpGrad は、この資金を、チームのさらなる強化、グローバル市場での事業拡大、技術・製品能力の強化に充てる予定。 今回の資金調達の一部は、インドにおける大学院およびポソド…

左から:Phalgun Kompalli 氏、Mayank Kumar 氏、Ronnie Screwvala 氏
Image credit: UpGrad

インドを拠点とするエドテックスタートアップの UpGrad は、シンガポールの政府系ファンド Temasek Holdings から1億2,000万米ドルという巨額の出資を受けた。これは、UpGrad が調達した初の外部投資だ。UpGrad は、この資金を、チームのさらなる強化、グローバル市場での事業拡大、技術・製品能力の強化に充てる予定。

今回の資金調達の一部は、インドにおける大学院およびポソドクの学位ポートフォリオ拡大と、2026年までに20億米ドルの収益目標を達成するための事業の拡大に充てられる。UpGrad の共同設立者らは、共同声明の中で、次のように語っている。

今回の資金調達は、インドを世界の教育の中心地にするという目標を達成するために、世界的な拡大とインドへのより深い浸透に向けた当社の取り組みをさらに後押しするものだ。

UpGradは、インドで最も影響力のある人物の一人である Ronnie Screwvala 氏が、Mayank Kuma 氏r、Phalgun Kompalli 氏とともに、2015年に設立した。Screwvala 氏は、単なる起業家ではなく、映画の制作・配給の大御所であり、慈善家でもある。

同社の目標は、社会人、学生、企業が、データサイエンス、マネジメント、法律など、非常に需要の多いコースでスキルアップできるようにすることだ。

同社のプログラムは、IITs(インド工科大学)、Jindal Global Law School、Duke CE、Deakin University、Liverpool John Moores University などのトップ大学との提携により設計されている。同社のプラットフォームには4万人以上の有料学習者が登録しており、85%以上のプログラム修了率を誇っている。

Temasek は、主に通信、エネルギー、金融などの大規模な分野で事業を展開する企業に投資している。最近では、シンガポールのReefknot、中国のフードテックファンド Bits x Bites(食芯資本)、EV Growth のインドネシアを対象とした2億5,000万米ドルのファンドなどに投資している。

【via e27】 @E27co

【原文】

ソーシャルコマース「Meesho」、ソフトバンクなどから3億米ドルを調達——インドで今年4社目のユニコーンに

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドの起業家と消費者のためのオンライン・マーケットプレイス「Meesho」は、最新のラウンドで3億米ドルを調達したと発表した。 詳細 リードインベスター:ソフトバンク・ビジョン・フ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドの起業家と消費者のためのオンライン・マーケットプレイス「Meesho」は、最新のラウンドで3億米ドルを調達したと発表した。

Image credit: Meesho

詳細

  • リードインベスター:ソフトバンク・ビジョン・ファンド2
  • 本ラウンドに参加した既存投資家:Prosus Ventures、Facebook、Shunwei Capital(順為資本)、Venture Highway、Knollwood Investment

最新情報

  • 今回の投資により、Meesho の時価総額は21億米ドルに達したと、同社は発表している。これにより、インドのスタートアップとしては、インシュアテックの Digit、ヘルステックの Innovaccer、オンライン建設マーケットプレイスの Infra Market に続き、今年ユニコーンの地位を獲得した4社目となる。
  • 同社は今回調達した資金を、技術、製品、ビジネスなどのチーム全体の人材強化に充てる予定だ。
    Meesho は、10万人以上の登録サプライヤーと関わり、50億ルピー(74.6億円相当)以上の収入を起業家にもたらしているとしている。
  • Facebook が支援する e コマース企業 Meesho は先月、インドネシアでの事業を終了すると発表した
  • 同社は、販売者を支援するための政策やツールを改善し、1億もの中小事業者のために単一のデジタルエコシステムを構築することを目指している。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

B Capital、インドとインドネシア向けに4億米ドル超のファンドを組成——中国でも投資活動を開始

SHARE:

Facebook の共同創業者 Eduardo Saverin 氏が創業したグローバル VC である B Capital Group は、インドとインドネシアでの投資活動の拡大を計画している中、新たな投資カテゴリとして4億1,500万米ドルのファンドをクローズしたと発表した。「Elevate」と名付けられたこのカテゴリは、B Capital のポートフォリオの中で、業績の良いレイターステージスター…

Photo credit: B Capital Group

Facebook の共同創業者 Eduardo Saverin 氏が創業したグローバル VC である B Capital Group は、インドとインドネシアでの投資活動の拡大を計画している中、新たな投資カテゴリとして4億1,500万米ドルのファンドをクローズしたと発表した。「Elevate」と名付けられたこのカテゴリは、B Capital のポートフォリオの中で、業績の良いレイターステージスタートアップにフォローオン資金を提供する。

B Capital にとって今回のファンドは、正式にレイターグロースステージのスタートアップへの投資に特化した最初のファンドであり、アーリーステージから IPO まで、企業のライフサイクル全体をサポートできるようにするというミッションの次のステップとなる。新ファンドの設立により、同社の運用資産(AUM)は19億米ドルに達した。

また、B Capital は1日、中国で正式に事業を開始することを発表した。中国では、ジェネラルパートナーの Daisy Cai(蔡薇)氏が責任者となり、アーリーおよびグロースステージの地元テクノロジー企業に投資するチームを統括する。この新組織は香港を拠点とする。

B Capital は2015年の設立以来、アメリカとアジアにオフィスを開設し、グローバルな業界でデジタル革新を推進する60社以上のアーリーおよびグロースステージの企業に投資している。共同創業者の Raj Ganguly 氏は、発展途上にある中国の B2B テクノロジー市場における機会について言及した。

中国の過去20年が消費者向けインターネットの台頭であったとすれば、次の20年は、ヘルスケア、銀行、保険、工業などの伝統的な産業におけるデジタルトランスフォーメーションの時代になるだろう。

中国の大手企業10社の中で、真に企業規模の技術ソリューションを提供しているのは Huawei(華為)だけだ。エンタープライズ・テクノロジーの次のマーキー・ネームが今まさに開発されているのだから、我々は今が中国に進出するのに適した時期だと考えている。次の Salesforce や Oracle を中国で見つけられるのではないかと期待しているし、すでにそのような可能性を秘めた企業をいくつも視野に入れている。

新たにジェネラルパートナーに就任した Cai 氏は、約10名の投資専門家からなるチームを率いる。彼女は、SoftBank Vision Fund でパートナーを務めた後、B Capital Group に参加した。これまでに、Goldman Sachs や Bakdu Ventures(百度風投)に所属していたことがある。

B Capital の中国チームは、中国の急速なデジタルトランスフォーメーションを促進する、データドリブンでソフトウェア定義型のビジネスへの投資を検討している。また、B Capital には、新興企業の市場参入や商業化を支援し、投資を成功させてきた実績があるため、ヘルスケアも戦略的に重視している。(Cai 氏)

B Capital Group は中国への進出と並行して、インドとインドネシアへの投資を拡大しているが、これは、アジアで最も急速に成長している2つのテクノロジーハブの成長に参加するためだ。

インドネシアでは最近、EC プラットフォーム「Ula」が2,000万米ドル調達したシリーズ A ラウンドで、また個人向け金融プラットフォーム「Payfazz」が5,300万米ドル調達したシリーズ B ラウンドでそれぞれリードインベスターを務めた。

また、インドでは、中小企業向けフィンテック「Khatabook」、物流関連「BlackBuck」、スクーターや自転車のシェアリングを行う「Bounce」、包装資材の B2B マーケットプレイス「Bizongo」など、主要スタートアップを支援している。

【via e27】 @E27co

【原文】

インドの配車サービス大手Ola、Temasekやソフトバンクなどから3億米ドル超調達か——実現すれば、時価総額17億米ドル超【Entrackr報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 「Ola Electric が3億米ドルを超える新たな資金調達を行うべく、既存投資家の参加に加え新たな投資家と後期段階の話し合いを行っている」と、この件に詳しい3人の人物の話を引用し…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Ola Electric が3億米ドルを超える新たな資金調達を行うべく、既存投資家の参加に加え新たな投資家と後期段階の話し合いを行っている」と、この件に詳しい3人の人物の話を引用して、Entrackr が報じた

Ola が建設を計画中の世界最大のスクーター工場(イメージ図)
Image credit: Ola

詳細:

  • シンガポールの政府系投資会社 Temasek が1億2,000万〜1億5,000万米ドルを出資し、ソフトバンクや Tiger Global などの既存投資家が残りの資金を負担する。
  • Ola Electric の時価総額は、この資金調達ラウンドの後、17億米ドルを超えると見られる。

背景:

  • Ola Electric は現在、240億ルピー(約360億円)を投資し、インド東部のタミル・ナードゥ州(Tamil Nadu)に世界最大のスクーター工場を設立する計画を立てている。
  • Ola Electricは2019年3月、Tiger Global や Matrix India などから40億ルピー(約60億円)を調達した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】