BRIDGE

タグ Indigogo

日本人チームによるArduino互換基板「PocketDuino」プロジェクトがIndiegogoで進行中

SHARE:

PocketDuinoはオープンソースハードウェアであるArduinoをベースに設計されたAndroid端末に接続できるArduino互換基板で、現在日本人チームがIndiegogoで資金を集めているプロジェクトです。 PocketDuinoの特徴の一つとしてセンサーデバイスとの接続の容易さがあります。アルコールセンサーなどのセンサを制御するための開発者が利用しやすいライブラリを用意することで、例…

PocketDuinoはオープンソースハードウェアであるArduinoをベースに設計されたAndroid端末に接続できるArduino互換基板で、現在日本人チームがIndiegogoで資金を集めているプロジェクトです。

PocketDuinoの特徴の一つとしてセンサーデバイスとの接続の容易さがあります。アルコールセンサーなどのセンサを制御するための開発者が利用しやすいライブラリを用意することで、例えばアルコールセンサの場合はAndroid Javaで3行のコードを書くことでArduinoからセンサーの値を取得できます。

このようにPocketDuinoを使うことで、一般的なAndroid端末に内蔵されていないセンサーを外付けし、Androidアプリと連動させることがより簡単に実現できます。PocketDuinoチームはこうしたセンサー連携アプリケーションを、開発者が最低限のハードの知識のみで実装できるようにすることを目指しているそうです。

PocketDuinoは一般的なArduino同様、プログラムの書き込みにWindows PC/Mac/Linux PCを利用できます。この他、PocketDuinoならではの特徴としてAndroid端末からの書き込みが可能な点があります。ブラウザ上でArduino開発環境を再現するcodebenderと、専用の書き込みアプリを使用することでAndroidのブラウザ上でプログラムを開発し、Arduinoへの書き込みが可能です。

Android端末からプログラムを書き込めることで、Androidアプリ開発者はAndroidアプリだけではなくPocketDuinoの中身まで管理できます。例えばAndroidアプリ内にArduinoのスケッチを内包することによって、遠隔ユーザが開発者と同じハードウェアを用意すればアプリを動作させることができます。

今回IndiegogoではPocketduinoに加えてアルコールセンサーも配布しますが、これらを持っていればユーザはAndroidにPocketDuinoを接続するだけで、他のユーザーが開発した様々なアプリをすぐに楽しむことが可能になります。

最近「Internet of things」というワードが改めて知られるようになってきましたが、未だ「Internet」と「Things」の間、つまりソフトウェアとハードウェアの溝は深いです。

PocketDuinoチームはソフトウェアのハードウェアの溝を埋めることができるこのプロダクトを通じて、新たなハードウェアスタートアップ、新たなプロダクトがより多く生まれるきっかけを提供したいと考えているそうです。

彼らはPocketDuinoが成功した後にアメリカでの起業を検討しています。新しいプロダクトをどんどん生みだすことに魅力を感じ、またPocketDuino以外にも、解決すべき課題に合わせた第2、第3のハードウェアを開発していく予定だとか。

今回のIndiegogo上でのプロジェクトは2014年6月まで続けられます。1ドルを投資することでPocketDuinoの最新情報をメールで受け取ることができます。39ドルを投資することでPocketDuinoを、55ドルでPocketDuinoとアルコールセンサーのセットを入手できます。(Early birdのディスカウントあり)

----------[AD]----------

食品の鮮度をチェックできるデバイス「PERES」がIndigogoで資金調達中

SHARE:

食品の鮮度をチェックできるポータブルデバイスPERESが、Indigogoでのクラウドファンディングを実施中。開発元は「世界初の電子鼻ガジェット」と謳っている。 牛肉、豚肉、鶏肉、魚などの食品に「PERES」を向けてボタンを押すだけで、その食品が新鮮かどうか、健康を害するかどうか、食中毒のリスクがあるかどうかなどを調べることが可能。測定したデータはBluetoothで接続したスマートフォンに送られ…


食品の鮮度をチェックできるポータブルデバイスPERESが、Indigogoでのクラウドファンディングを実施中。開発元は「世界初の電子鼻ガジェット」と謳っている。

peres

牛肉、豚肉、鶏肉、魚などの食品に「PERES」を向けてボタンを押すだけで、その食品が新鮮かどうか、健康を害するかどうか、食中毒のリスクがあるかどうかなどを調べることが可能。測定したデータはBluetoothで接続したスマートフォンに送られ、アプリから食品の状態を確認できる。

peres02

本体には温度、湿度、アンモニア、揮発性有機化合物を測る4つのセンサーを搭載し、食品の揮発性有機化合物の量を検出。さらに温度と湿度も加味してサンプリングした食品の安全性を判断するとしている。

PERESの開発チームは、イギリスでは毎年700万トンもの食品が廃棄されているという事情に加え、毎年先進国に住む人のの3人に1人が食中毒などにかかる可能性があると指摘。また、プロジェクトのCEOとその妻がひどい食中毒を経験したことをきっかけに、このプロジェクトがスタートしたとしている。

現状すでに科学研究は完了し、特許出願中とのこと。入手するには120ドル(約12,000円)以上の出資が必要で、日本からも出資可能(15ドルの送料が別途かかる)。2014年7月に最初のプロダクトが出荷予定だ。

peres03

食品の安全性に敏感な日本においては、デバイスの信頼性やリスクが懸念されるため、日本での独自販売は難しそうに思えるものの、非常に斬新なプロダクトだ。



----------[AD]----------