THE BRIDGE

タグ インフォグラフィック

インフォグラフィックデザインツール「Piktochart」がユーザ数40万人を突破、新バージョンを発表

SHARE:

私たちは6月に、オンラインインフォグラフィック作成ツールPiktochartのユーザ数が30万人を達成したことを記事で取り上げた。そして同社共同設立者であるAi Ching氏は、Piktochartのユーザ数が現在40万人を突破したことを先日教えてくれた。同氏は月間アクティブユーザ数については明らかにしなかったが、1万人以上が有料ユーザであるという。これにより、同スタートアップは利益率5割を維持す…

piktochart-screenshot

私たちは6月に、オンラインインフォグラフィック作成ツールPiktochartのユーザ数が30万人を達成したことを記事で取り上げた。そして同社共同設立者であるAi Ching氏は、Piktochartのユーザ数が現在40万人を突破したことを先日教えてくれた。同氏は月間アクティブユーザ数については明らかにしなかったが、1万人以上が有料ユーザであるという。これにより、同スタートアップは利益率5割を維持することができ、黒字をキープしている。

Piktochartの新バージョンは見た目が可愛らしくなったほか、いくつかアドオンが追加された。形やブロックを動かすのがスムーズになり、より直感的なデザインツールのインターフェースとなっている。ユーザはPiktochartを使って、インフォグラフィクにオンラインでこのように見えるスライドを入れることができる。

個人的には、作業がリアルタイムで保存される自動保存機能が気に入っている。画像のダウンロードもわかりやすくなり、誰でもできる。チャートを追加するのも簡単になった。インフォグラフィックにただドラッグ&ドロップするとチャートにデータを入れるためのエクセルシートがポップアップされるのだ。

piktochart-creator

無料版は6つのテーマから構成されている。Pro版ユーザは100以上ものテーマから選ぶことができる。さらにPiktochartは現在、サイトに埋め込み可能なインタラクティブ型のイラストをデザインすることができ、インフォグラフィック以上のものを提供しているようだ。Piktochartはとても使いやすい。だが、もし使い方にわからないところがある場合、ここのリソースリンクをチェックすれば段階的に使用法がわかるようになっている。

マレーシア拠点のPiktochartは、昨年私たちが主催したArenaスタートアップピッチコンペで準優勝した。Ai Ching氏によると、同社は利益を上げているため資金調達には急いでいないという。同氏は次のように続けた。

「ユーザ数が100万人に近づいたら投資してくれるパートナーを探す予定です。私たちはまだ製品開発、特に、異なるインプット・アウトプット形式で実験を行っているところです。」

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

携帯電話がオフラインにおける人同士の会話をなくす?[インフォグラフィック]

SHARE:

NeoMam Infographic Agencyがモバイルコミュニケーションに関するインフォグラフィックを作成した。それによると、電話よりもテキストメッセージが好まれるという。直接会っての会話も減少している。よくテーブルに座って自分と同じように携帯をいじっている人を見かけないだろうか?周囲との直接的なコミュニケーションを避けるために携帯を使うふりをしてしまってはいないだろうか? あまりにも悲しい…

NeoMam Infographic Agencyがモバイルコミュニケーションに関するインフォグラフィックを作成した。それによると、電話よりもテキストメッセージが好まれるという。直接会っての会話も減少している。よくテーブルに座って自分と同じように携帯をいじっている人を見かけないだろうか?周囲との直接的なコミュニケーションを避けるために携帯を使うふりをしてしまってはいないだろうか?

あまりにも悲しい。それでもなぜ携帯を使用するのだろう?このインフォグラフィックでは69%の人がモバイルデバイスのおかげで生産性があがっているとも示している。

この興味深いトピックについての続きは下の画像をクリックしてほしい。

Have-Phones-Killed-the-Conversation

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

香港は中国の新たなテクノロジーのハブか?[インフォグラフィック]

SHARE:

以下のインフォグラフィックはHotelClub.comにいる香港チームによって作成され、現在Silicon Harbourで勢いにのっているテックスタートアップカルチャーから刺激を受けたものだ。 著者は中国にある4つのテクノロジー都市(北京、上海、深圳、香港)を比較し、インターネットの利用、アクセス、検閲の面で香港のポテンシャルを見出した。 香港市民の90%がネットを利用しており、隣都市の深センが…

以下のインフォグラフィックはHotelClub.comにいる香港チームによって作成され、現在Silicon Harbourで勢いにのっているテックスタートアップカルチャーから刺激を受けたものだ。

著者は中国にある4つのテクノロジー都市(北京、上海、深圳、香港)を比較し、インターネットの利用、アクセス、検閲の面で香港のポテンシャルを見出した。 香港市民の90%がネットを利用しており、隣都市の深センが2位に続き、上海は予想外に低く最も少ない割合(66.2%)であることが示されている。

スタートアップや起業家にとって興味深いのは、中国本土では新規事業の登録に30~60日もかかるというのに、香港ではたったの2日間で完了してしまうということである。さらに、香港のスタートアップシーンでは、政府支援、コワーキングスペース、事業低迷の可能性などについての情報が公開されている。

著者はこのインフォグラフィックを次のように力強く締めくくっている。

「近年の爆発的な成長と急速な発展により、香港はアジアのハイテクハブとして最も急上昇している都市となった。世界のテクノロジーリーダー都市に仲間入りする日も近いだろう。」

インフォグラフィックのダウンロードはこちらから。

Is Hong Kong The New Tech Hub Of China?

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

メッセージアプリLINEの軌跡を表現したインタラクティブなインフォグラフィック「Time ‘LINE’」

SHARE:

SD Japanでは日本・アジアのモバイルメッセージングアプリ市場の動向を追い続けている。メジャーどころではLINE、KakaoTalk、WeChat、Cubie Messengerなどが挙げられる。各国のナショナルメッセージアプリなど、小さいプレイヤーを上げれ始めると、このフィールドはきりがない。その中でも、つい先週世界2億登録ユーザーを達成したLINEは、数多に存在するメッセージアプリの中でも…

Screen Shot 2013-07-29 at 1.42.36 PM

SD Japanでは日本・アジアのモバイルメッセージングアプリ市場の動向を追い続けている。メジャーどころではLINE、KakaoTalk、WeChat、Cubie Messengerなどが挙げられる。各国のナショナルメッセージアプリなど、小さいプレイヤーを上げれ始めると、このフィールドはきりがない。その中でも、つい先週世界2億登録ユーザーを達成したLINEは、数多に存在するメッセージアプリの中でも頭ひとつ抜けている存在だと言えるだろう。

そこで、SD JapanではLINEの2億登録ユーザーを達成した記念に、LINEが誕生した2011年から登録ユーザー数2億人を達成するまでの軌跡を、インタラクティブなインフォグラフィックで表現した。先日、英語版にて掲載したインフォグラフィックの日本語版だ。

インフォグラフィックではダウンロード数の達成時や関連サービスのローンチ、マーケティングなどの点をマイルストーンにして、タイムライン形式にしてある。ご興味のある方は以下のリンクからご覧ください。

 

「タイム”LINE”」はこちらをクリック

作成者:Takuya TsuchiyaRick Martin

----------[AD]----------

LINEの歴史を一望できる、インタラクティブな「LINE年表」を作成しました

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 このサイトではメッセージアプリ「LINE」の歩みを紹介してきた。チャットアプリは日本で広く有名となり、海外でもそのユーザー数を拡大させている。 最近、私たちは日本のIT産業についてわかりやすく伝えるために「Japan Internet Map」を作成した。2番めのインタラクティブな制作物は、LINEの年表だ。2011…

line timeline

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

このサイトではメッセージアプリ「LINE」の歩みを紹介してきた。チャットアプリは日本で広く有名となり、海外でもそのユーザー数を拡大させている。

最近、私たちは日本のIT産業についてわかりやすく伝えるために「Japan Internet Map」を作成した。2番めのインタラクティブな制作物は、LINEの年表だ。2011年のローンチ以来、企業としての主なアップデートと先日の2億人ユーザーを突破したマイルストーンまでを紹介している。

引き続き、こうした情報をリッチな表現で伝えることについて実験的な取り組みを行なっており、出来る限り詳細な情報とリンクを提供することを目的としている。しかし、吹き出しのデザインをしたり、スタンプの画像を追加する作業は楽しいものだった。特にリターンは求めていないが、もし気に入ってくれたのであれば、友人にシェアしてほしい。それが私たちがこうした少し時間のかかる作業を行う上での良いインセンティブになる。

いつでもフィードバックをお待ちしているので、いつでもどうぞ!

インタラクティブなLINE年表を見るにはコチラをクリック

----------[AD]----------

中国eコマース高級品市場、2013年に270億ドル規模へ [インフォグラフィック]

SHARE:

eコマース業界においては中国がアメリカを追い抜いて世界トップになる中、同国のeコマース市場規模は2013年に2960億ドルになると見込まれている。eコマース業界において、最も興味深く国際的な分野の1つは中国の高級品販売市場だ。 ワシントン拠点のObserver Solutionsが発表した新たなレポートによると、同国のオンライン高級品販売の市場は本年度に270億ドルになると推測されている。 同レポ…

China’s-Luxury-E-Commerce-Marketeコマース業界においては中国がアメリカを追い抜いて世界トップになる中、同国のeコマース市場規模は2013年に2960億ドルになると見込まれている。eコマース業界において、最も興味深く国際的な分野の1つは中国の高級品販売市場だ。

ワシントン拠点のObserver Solutionsが発表した新たなレポートによると、同国のオンライン高級品販売の市場は本年度に270億ドルになると推測されている。

同レポートの筆者は、中国のオンライン高級品販売に関する数字と主要企業の概略を示したインフォグラフィックも作成し(下記参照)、その中で、まだ中国に参入していない高級ブランドが同市場に参入すべき4つの理由をまとめている。

ここ数年当ブログで紹介してきた通り、中国で最も高級で著名なeコマースサイトには、Net-A-Porterなどの世界的なオートクチュールのブランドから、中国のスタートアップで繁盛している高級ワインストア、高級品のタイムセールを提供するVipShopなど、たくさんの様々な優良企業が存在している。インフォグラフィックは以下の通りだ。

China’s-Luxury-E-Commerce-Market-to-Be-Worth-27-Billion-in-2013

こうしたインフォグラフィックをもっと見たい方は、インフォグラフィックシリーズで以前の記事もぜひチェックしてほしい。


情報公開:レポートの筆者Julia Q. Zhu女史は、当サイトにも頻繁に寄稿している。さらなる情報は当社の倫理指針ページを参照してほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

日本のネット、モバイルの注目プレイヤーを一望できるインフォグラフィック「Japan Internet Map」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週、SD Japanはウェブサイト内に新しいJapan Internet Mapを発表した。チームによる実験的な取り組みとして実施したものだが、おそらく読者のみなさんには楽しんでもらえるのではないだろうか。このインタラクティブなプレゼンテーションは、日本のインターネット、モバイル産業における注目のプレイヤーを広くチ…

Japan Internet Map
Japan Internet Map

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週、SD Japanはウェブサイト内に新しいJapan Internet Mapを発表した。チームによる実験的な取り組みとして実施したものだが、おそらく読者のみなさんには楽しんでもらえるのではないだろうか。このインタラクティブなプレゼンテーションは、日本のインターネット、モバイル産業における注目のプレイヤーを広くチェックすることができる。

The Japan Internet Map

SD Japanの英語版では海外の読者に伝えるとき、日本のテック、スタートアップ産業は見つけるのに苦労するブラックボックスのようだ、という話を繰り返し耳にしてきた。筆者は2月から数ヶ月に渡って英語サイトを運営してきて、少しはブラックボックスとなっていた部分を照らすことができたのではないかと思う。が、今後もさらに行なっていく予定だ。

このJapan Internet Mapは、まだまだ足りない部分が数多くあり、まだ読者にさらなる良い体験を提供したいという私達の試みの最中だ。私達はフィードバックを嬉しく思うし、ポジティブに受け止める。良き仲間であり、インターナショナルなテック系メディアである The Next Web からの言及はとても嬉しい。

私たちは常に読者のみなさんが SD Japan についてどのように思っているかについての聞きたいと思っている。ぜひためらわずにいつでもみなさんのアイデアや考えをコメントしてほしい。

----------[AD]----------

大きな可能性を秘めたパキスタンのスタートアップエコシステム [インフォグラフィック]

SHARE:

Adam Dawood氏はパキスタンを中心に活動するベンチャーキャピタル兼コンサルタント会社、DYL Venturesの共同設立者である。同氏のフォローは@adamdawoodへ。 最近パキスタンのインターネット業界に関する記事を連載しているが、同国がどのようにそしてなぜ、急成長するインターネットの転換期の真っ只中にいるのかがよく分かるインフォグラフィックを作成した。 統計上の人口1億8000万人…

Adam Dawood氏はパキスタンを中心に活動するベンチャーキャピタル兼コンサルタント会社、DYL Venturesの共同設立者である。同氏のフォローは@adamdawoodへ。


Pakistans-startup-ecosystem-in-2013

最近パキスタンインターネット業界に関する記事を連載しているが、同国がどのようにそしてなぜ、急成長するインターネットの転換期の真っ只中にいるのかがよく分かるインフォグラフィックを作成した。

統計上の人口1億8000万人より、実際はそれよりはるかに多い人口を抱え、またモバイル・モバイルインターネット利用が急成長するパキスタンでは、大多数のユーザがオンラインサービスを快適に使用している。

このトレンドが継続し、先ごろのハッカソン(政治的腐敗を正すために起業家が集まった)のようなスタートアップイベントが開催されることによりユーザの絆が強まるにつれ、これらの機会がコラボレーションやアイデアを共有するさらに大きなコミュニティの誕生につながることになるだろう。

そして、指導者や投資家からなるこのコミュニティは、Convoのような世界に通用するスタートアップがシリコンバレーではなくパキスタンで起業するようになるように、Faizan Buzdar氏のような起業家がパキスタンでスタートアップを育て上げるのを支援することができる。

以下が、人口統計、コワーキングスペース、主要ベンチャーキャピタル、また早くから成功したRozee.pkPakwheels.comといった会社の統計情報などのインフォグラフィックだ。チェックしてみてほしい。

Pakistan-Startup-Ecosystem-Potential-2013-INFOGRAPHIC
(Photo credit: Water and Sanitation Hackathon Pakistan on Facebook)

情報開示:Daraz.pkに創業当時から携わっているDawood氏はかつて半年以上プロダクトマネージャーを務めていた。詳細については当社の倫理指針を参照いただきたい。

こういった面白いインフォグラフィックをもっと見たいという人は、インフォグラフィックシリーズの過去のエントリをチェックしてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

急成長を続けるアジア市場の人々はどのようにモバイルを利用しているか [インフォグラフィック]

SHARE:

アジアを狙うのであれば、モバイルについての状況を知ることは必須だ。ボストンを拠点とするモバイルテクノロジーカンパニー Jana の先導により、私達がアジアにおけるモバイル利用の状況を知る助けになるインフォグラフィックが紹介された。 Jana が先導して実施した調査によれば、ソーシャルメディアのアプリたちは、一般的にアジアの途上国でモバイルのアプリで利用しています。たとえば、インドネシアにおけるアン…

jana infographic

アジアを狙うのであれば、モバイルについての状況を知ることは必須だ。ボストンを拠点とするモバイルテクノロジーカンパニー Jana の先導により、私達がアジアにおけるモバイル利用の状況を知る助けになるインフォグラフィックが紹介された。

Jana が先導して実施した調査によれば、ソーシャルメディアのアプリたちは、一般的にアジアの途上国でモバイルのアプリで利用しています。たとえば、インドネシアにおけるアンケートの回答者の87%は、自分たちのモバイルにソーシャルメディアのアプリを持っている。二番目に共通で所持しているモバイルアプリはゲームだ。

JANAはモバイルがどのように利用されているのかを調べるために、バングラデシュ、インド、インドネシア、パキスタン、そしてフィリピンにベトナム3000人以上もの調査を行った。彼らの調査結果はインタラクティブなインフォグラフィックで見ることができる。

(via World Bank Dataviz

----------[AD]----------

在宅勤務が思った以上に不利益になりうる根拠を示したインフォグラフィック

SHARE:

※編者注:以前、Sd Japanでは「(ほぼ)すべてのスタートアップが在宅勤務にするべき理由」という記事を掲載した。読者のみなさんには今回の記事と照らし合わせ、会社の規模や文化、業態に合った最適なワークスタイルを選択してほしい。 在宅勤務は魅力的かもしれないが、ひどく非生産的な場合もある。 YahooのMarissa Mayer女史が200人ほどの社員に対し在宅勤務を禁じた時、様々な論議が巻き起こ…

Working_From_Home

※編者注:以前、Sd Japanでは「(ほぼ)すべてのスタートアップが在宅勤務にするべき理由」という記事を掲載した。読者のみなさんには今回の記事と照らし合わせ、会社の規模や文化、業態に合った最適なワークスタイルを選択してほしい。


在宅勤務は魅力的かもしれないが、ひどく非生産的な場合もある。

YahooのMarissa Mayer女史が200人ほどの社員に対し在宅勤務を禁じた時、様々な論議が巻き起こった。彼女が在宅勤務を禁止した理由と根拠は、在宅勤務者がオフィス勤務者ほど生産性が良くないということだった。同社の在宅勤務者のなかには、Yahooから給料をもらう一方で、自分達自身のビジネスを行っていた人もいたようだ。

仕事と私生活のバランスを柔軟に保つことのできた在宅勤務を廃止し、厳格な就業時間を定めるこの新しい方針をYahooの社員は嘆いたが、インターネットプロバイダーORGが作成したインフォグラフィックによると、在宅勤務を認めない方がいいのかもしれないことが分かる。

その理由は理解できる。FacebookやTwitterの投稿にうつつを抜かさず、集中して仕事をするには多くの自制心が必要だからだ。その他の問題点は何だろう?インタビューに答えた2万4000人のうち、25%の人が「機密情報にアクセスできないこと」を指摘し、26%の人が「インターネットの接続が悪い」と述べている。

雇用主の側から見れば、社員の在宅勤務を認める企業がより一層増えている理由はコストの節約だろう。だが、オフィスで他の社員と一緒に働くことに関して言えば、悪い点よりも良い点のほうが多いのかもしれない。

例えば、オフィスの社員同士の繋がりを育てるというのも良い点の1つだ。結局のところ、私達は良い社会的な繋がりがあってこそ繁栄する生き物なのだ。在宅勤務はそういう社会的繋がりを取り去ってしまうのだろうか?

Workfromhome

(Image Credit: Philip J Brittan/Getty Images)

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------