THE BRIDGE

タグ Innovation Works(創新工場)

Kai-Fu Lee(李開復)氏率いるファンドInnovation Works(創新工場)が、6億7,500万ドルを調達——名前もSinovation Venturesに

SHARE:

Google の元エグゼクティブで、かつて存在した Google 中国オフィスの代表だった Kai-Fu Lee 氏が、自身のファンド Innovation Works(創新工場)に6億7,500万ドルを調達した。 2013年の診断で癌闘病中とされた台湾生まれの Lee 氏が、業界に戻ってきた形だ。 Lee 氏が2009年に共同創業した Innovation Works は、中国スタートアップの投…

kai-fu-lee

Google の元エグゼクティブで、かつて存在した Google 中国オフィスの代表だった Kai-Fu Lee 氏が、自身のファンド Innovation Works(創新工場)に6億7,500万ドルを調達した。

2013年の診断で癌闘病中とされた台湾生まれの Lee 氏が、業界に戻ってきた形だ。

Lee 氏が2009年に共同創業した Innovation Works は、中国スタートアップの投資にむけ、2つの新たな財源を確保したことになる。今朝の Wall Street Journal によれば、アメリカドル建ての3億ドルファンドと、中国人民元建てのファンドだ。ファンド名も、Sinovation Ventures に変更する最中にある(編注:中文名は「創新工場」のまま)。

Lee 氏のファンドは、中国の Android アプリストア Wandoujiya(豌豆荚——今夏、Alibaba=阿里巴巴が買収したと報じられた)や、数十億ドル規模の IPO を控える自撮りアプリの Meitu(美図)など、中国のホットなアプリ開発会社から資金提供を受けている。

<関連記事>

Innovation Works が投資しているポートフォリオのスタートアップは現在、約300社に上る。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Kaifu Lee(李開復)氏のInnovation Works(創造工場)がLeTV(楽視)の子会社に投資、「Super TV(超級電視)」に関心を寄せる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 記憶力のいい読者なら、この見出しを読んで「待てよ。前にも聞いたことがあるな。」と思ったかもしれない。その通り。 既にご報告した通り、Kaifu Lee(李開復)氏は数ヶ月前、Innovation Works(創造工場)のテレビ事業への関心を示し、LeTVに投資する予定であると発表した。現在、LeTV(楽視)のCEOであるJia Yueting(賈躍亭)氏が取…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

記憶力のいい読者なら、この見出しを読んで「待てよ。前にも聞いたことがあるな。」と思ったかもしれない。その通り。

既にご報告した通り、Kaifu Lee(李開復)氏は数ヶ月前、Innovation Works(創造工場)のテレビ事業への関心を示し、LeTVに投資する予定であると発表した。現在、LeTV(楽視)のCEOであるJia Yueting(賈躍亭)氏が取引成立を公式発表し、その詳細を知ることができた。

Innovation Worksは、LeTVの子会社のひとつに投資している。LeTV Zhixin(楽視致新)というその会社は、LeTVのテレビ運営においてハードとソフトの両面を担っている。(LeTVの「super TV(超級電視)」の構築で、LeTVの動画ストリーミングサイト運営は含まない。)極秘合意であるため、Innovation Worksが会社の何%を所有しているのかは不明だ。しかしLeTV Zhixinの代表者によると、投資ファンドは既に準備済みで取引は完全に終了しているという。

LeTVはテレビのハードウェアとソフトウェア両面に長い間取り組んできたが、同社COOによれば、Appleがスマートフォンでやったことをスマートテレビ市場で実現しようとしているらしい。LeTV Super TVハードウェアはまだお披露目されていないため、デバイスの革命的なポテンシャルについてはまだわからない。しかしKaifu Lee氏の注目度と投資が、LeTV Zhixinが何か面白いものに取り組んでいることを表している。それが登場するまで少し待とう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国のインキュベーター「Innovation Works(創新工場)」が第2ラウンドの資金調達で1.5億米ドルを獲得

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のインキュベーター「Innovation Works(IW=創新工場)」は、最近第2ラウンドの資金調達「Innovation Works Development FundⅡ」で1億5000万米ドルを調達したと発表した。昨年9月、IWは第1回のインターネットにフォーカスした資金調達で、総額1億8000万米ドルを獲得している。IWはまた、上海支店が間もなくオ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のインキュベーター「Innovation Works(IW=創新工場)」は、最近第2ラウンドの資金調達「Innovation Works Development FundⅡ」で1億5000万米ドルを調達したと発表した。昨年9月、IWは第1回のインターネットにフォーカスした資金調達で、総額1億8000万米ドルを獲得している。IWはまた、上海支店が間もなくオープンすることも明らかにした。

Innovation Worksは、2009年後半に前Google ChinaのトップであるKai-Fu Lee(李開復)氏がアーリーステージのハイテク投資に焦点を当てて設立した。その50の投資ポートフォリオのうち、18はシリーズA投資を獲得し、2つはシリーズB獲得を狙っている。現在、3つのプロジェクトが失敗に終わっているが、それでもIWは95%の成功を導いたことになる。

数日前Kaifu Lee氏は、インキュベータが、投資するスタートアップの株を保持しすぎているという噂を打ち消そうと奔走していた。Lee氏は、50の投資ポートフォリオに関してIWは平均17.6%のシェアを持っていると主張している。

Lee氏は、中国のスタートアップに仕向けられる大きな罠は、多額の出資をするエンジェル投資家だと話す。自分の企業に対する起業家たちのコントロールを奪い、優れたベンチャーキャピタルへの可能性を閉ざす。例えば、彼は最近Tencent Weibo(騰訊微博)にて次のように述べている。

「2つの優良プロジェクトに出会ったが、どちらもエンジェルの資本が投入されていた。私たちにシリーズAラウンドで手を差し伸べることを求めてきた。最初はとても嬉しかったが、後になってエンジェル投資家がこれら2つのプロジェクトの75%を保持し、持ち株の希薄化を拒否していることを知った。これはエンジェルがすることではなく、起業家にとっては悪魔の仕業に思える」。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

中国のInnovation Works(創新工場)が「IW Fund II」に1億4,800万米ドルを調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Li Kaifu(李開復)氏のInnovation Works(IW)(創新工場)による2回目のIW Fund(IW Fund II)への取り組みについて耳にしていたが、北京拠点の同社がIW Fund IIに1億4,800万米ドルを確保したとDow Jonesが報道した。初回の資金調達で、2回目は今年末ごろに行われるようだ。 IW Fund IIは、IW F…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Li Kaifu(李開復)氏のInnovation Works(IW)(創新工場)による2回目のIW Fund(IW Fund II)への取り組みについて耳にしていたが、北京拠点の同社がIW Fund IIに1億4,800万米ドルを確保したとDow Jonesが報道した。初回の資金調達で、2回目は今年末ごろに行われるようだ。

IW Fund IIは、IW Fund Iと同じ手法で行われる。Innovation WorksのパートナーであるChris Evdemon氏は次のように語った。

「IW Fund IIはIW Fund Iとまったく同じ戦略をとっています。例えば、消費者向けインターネット、モバイルインターネット、クラウドコンピューティングなどのスタートアップを支援し、それらのほとんどは中国国内市場向けにプロダクトを構築しています。支援するスタートアップのほとんどに対し、シードステージからそれ以降に至るまでの投資を行い、選ばれたチームにはシリーズBの資金調達を含む上のステージまでフォローすることもしています。シードステージそして中国市場は、IWが付加価値を最大化しようとしている分野ですが、だからと言って海外市場向けのプロダクトやサービスを構築している中国のスタートアップに投資しないというわけではありません」。

Fund Iから継続してFund IIに出資した投資家もいる。残りの資金はアメリカやイギリスから調達される。Evdemon氏の説明によると、そのほとんどが「ファンド・オブ・ファンズ、年金基金、寄付基金、財団、大手ファミリー・オフィス」だという。

(詳細などはこちらの記事へ:How Innobation Works Works

「出資者の名前は、今年中に行われる最終資金調達が完了するまで公表できない」と同氏は付け加えて述べた。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Innovation Works(創新工場)李開復氏が考える中国の起業家精神とは?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Innovation Works(創新工場)のCEOで創設者であるLee Kai Fu(李開復)氏は、この土曜日(原文掲載日:10月24日)に清華大学で講演をおこなった。モバイルインターネットのトレンドについての、彼の考えを共有するのに加え、Innovation Worksをどのように動かしているかについて話した。Lee 氏や彼のチームによる内部情報や魔法の…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Innovation Works(創新工場)のCEOで創設者であるLee Kai Fu(李開復)氏は、この土曜日(原文掲載日:10月24日)に清華大学で講演をおこなった。モバイルインターネットのトレンドについての、彼の考えを共有するのに加え、Innovation Worksをどのように動かしているかについて話した。Lee 氏や彼のチームによる内部情報や魔法の公式のリークを期待してはいけない。彼は、彼のファンドがどのように機能しているか、起業家がゼロから何かを生み出し、ビジネスをスケールしていく上で役に立てることを紹介した。

Lee氏は、投資環境が以前と変化していることを説明した。その流れは、開発やプロモーションに必要な費用や時間を、十分に確保できる柔軟なクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア・マーケティング、そしてオープンソース・コンセプトによるものだと述べた。同氏は、150万人民元(約23万5千米ドル)あれば、創業者はチームを編成してプロダクトのコンセプトを約9か月試すことができ、典型的なチームとして、CEO 1人、CTO 1人、ユーザーエクスペリエンス担当のデザイナー1人と開発者7人で構成される、と説明している。

同氏の意見では、起業家にとって今一番よい分野はモバイル・インターネットで、投資家にとってはアーリーステージに投資するのが最適なのだそうだ。

Lee氏は、起業家はほとんどの時間をプロダクトの構築に費やすべきだと述べている。どこにも所属しない起業家は通常、会計、法務、人材採用や許可登録などの管理業務をこなさなくてはならず、それらの業務はプロダクトの構築に集中できなくしてしまう。

しかし、Innovation Works では、起業家はそれらの管理業務を気にしなくてもよい。Innovation Works が面倒を見てくれるからだ。彼らには、社内デザイナー、事務所、負担を軽減してくれる法務のコンサルタントもいる。

プロダクトの開発に関しては、Innovation Works は「リーンスタートアップモデル」を採用している。Innovation Worksに支援されている起業家は、ユーザデータを集めるために必要最小限の機能を備えたプロダクト(MVP)を市場に出すよう求められる。Lee 氏は、 MVPの開発には3か月が必要で、起業家が認識している問題が解決されるならば、そのMVPに欠陥があってもそれは問題ではないと強調した。

ここで大事なのはユーザのデータを集め、徐々にプロダクトの改良を繰り返していくことだ。例えば、単純なABテストがある。もし起業家が、何色のフォントを使えば良いのかを決めかねている場合、半分のユーザにA色を、残り半分のユーザにB色を使うのだ。データの結果から、もしA色がよければ(閲覧時間の長さや直帰率)、A色を採用するべきである。開発学習測定のプロセスを続けることで、製品の完成度を高めていくのだ。私が理解では、Innovation Works は投資をする際に、2つの基準を細かく見る。

  1. 産業分野における爆発的成長が見られるかどうか
  2. ビジョンを左右するであろう有能な起業家かどうか

(その他の 基準などもクリアして)上記2つの基準に達すれば、Innovation Works は喜んで出資をし、起業家はプロダクトを開発し、低価格で販売して、データを集めてプロダクトを改良することができる。プロダクトが認められれ ば、Innovation Worksが再びそのスタートアップに投資をすることもある。

Lee氏は、経験の少ない若い中国人が、よい起業家になれるか、ということには懐疑的だ。当然このコメントには、司会者や観客からかなり大きなリアクションがあった。司会者は、スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグなど、学校中退/新卒から起業家になった人の名前を数多く挙げた。

中国にもそのような有能な人がいるかもしれないが、可能性はかなり低いと述べる一方で、今のところ、実績のある創業者もしくは職務経験のある創業者に投資する方が賢明であると、Lee 氏は感じている。同氏は、野心のある若い起業家に対し、自身の事業を始める前にまず経験を積むよう促した。経験の少ない人が、Lei Jun(雷軍)氏のような経験豊かな起業家に立ち向かうのは、至難の業だとLee 氏は述べている。

さらに同氏は、中国の起業家は、Tencent(騰訊)、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)などの大手企業にも注意を払う必要があり、それらの企業は同じように機会を見つけて、どっと押し寄せて来るかもしれないと語っている。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------

Innovation Works(創新工場)が初めてインターネットに特化した1億8千万ドル規模のファンドを設立

SHARE:

【原文】 アメリカとヨーロッパの経済が不安定化するなか、世界にとって希望の光となっているのはアジア、もっと端的にいえば世界第2位の経済規模をもつ中国だ。 このような国際的に起こりつつあるパワー・シフトは、利益の多い中国市場で地盤を築こうとしているあらゆる企業に見ることができる。ただ、大手の海外企業は文化的に中国へ馴染もうとしきたが、その多くは失敗しつつある。最近のGrouponは明らかにその一例だ…

【原文】

アメリカとヨーロッパの経済が不安定化するなか、世界にとって希望の光となっているのはアジア、もっと端的にいえば世界第2位の経済規模をもつ中国だ。

このような国際的に起こりつつあるパワー・シフトは、利益の多い中国市場で地盤を築こうとしているあらゆる企業に見ることができる。ただ、大手の海外企業は文化的に中国へ馴染もうとしきたが、その多くは失敗しつつある。最近のGrouponは明らかにその一例だ。そのため、賢い者は中国をよく知る相手と提携するのが良いということを学びつつある。最も有名なインキュベータであるY Combinator でさえ中国でやっていくのは大変に違いない。

開発段階のテック系に投資をする中国のインキュベータのうちで最も有力とされるInnovation Works(創新工場)は、今日、1億8千万米ドル規模の巨大なファンドを設立した。大口出資者にはYuri Milner やRon Conwayが含まれている。DSTのYuri Milner は FacebookやZynga、Grouponに巨額の資金を注入して以降、投資界で有力な存在となった。Conwayは「スーパーエンジェル」の一人であり、GoogleやPaypal、Twitter 等へ出資するとともに、Innovation Worksへは個人的に出資している。彼は次のように言う。「ここ何年も私は多くのアメリカ企業を設立段階から支援してきた。私は李開復氏(元Google中国CEO)のInnovation Works(創新工場)が中国で同じようなチームが作られるのを見て以来、非常にわくわくするようになった。私は個人的に、Innovation Worksに投資し、シリコンバレートップの投資家の多くに投資することを勧めた。Innovation Worksはすでに素晴らしく、早い段階で結果を示し、成功し続けることを楽しみにしている。」

Innovation Works Development Fund(IWDF; 創新工場開発投資基金)と呼ばれているファンドは、特に中国のインターネットに焦点を絞った、米ドルベースの初めてのファンドである。この新しいファンドは募集以上に申し込みがあり、Innovation Works の影響力と、中国のネット系企業に対する確信を物語っている。Innovation Works は約34の企業に対して出資及び起業支援を行っており、そのうちで9の企業は有力なベンチャー・キャピタルからのシリーズAファイナンスに成功した。

他のファンド参加者は以下の通りだ。WI Harper、Silicon Valley Bank、 Baillie Gifford、Sequoia Capital、IDG-Accel、Foundation Capital、Mohr Davidow、Chunghwa Telecom、Singapore Telecom、Mediatek、Foxconn、New Oriental、SAP、Bertelsmann、Motorola、Autodesk、アメリカとカナダの年金基金、Ron ConwayやYuri Milnerといった投資家界の有力者、そしてYahooやGoogle、YouTube、Facebook、Amazonなど有力インターネット関連会社の新旧経営陣。

Innovation Worksから生まれた会社をご存じないなら、DianDian(点点)やUmeng(友盟)、Doodle MobileXing Cloud(行雲)について、過去に我々が書いた記事をご覧頂きたい。

【via Technode 】 @technodechina

----------[AD]----------