THE BRIDGE

タグ intraix

2017年、アジアで注目すべきクリーンテクノロジーのスタートアップ13社

SHARE:

アジアはクリーンテクノロジーを必要としている。というのも、アジアに居住する44億人のうち、7億人が電気を使用することができず、17億人近くが安全な飲み水を有していない。また、森林伐採は地球上のどこよりも早い速度で進んでいる上、ほとんどの国が自然災害の影響を大いに受けやすい地域に位置していることからも、アジアの環境問題は深刻だ。 問題は電気と水だけではない。アジア開発銀行による研究では、2030年ま…

Image credit: Pixabay

アジアはクリーンテクノロジーを必要としている。というのも、アジアに居住する44億人のうち、7億人が電気を使用することができず、17億人近くが安全な飲み水を有していない。また、森林伐採は地球上のどこよりも早い速度で進んでいる上、ほとんどの国が自然災害の影響を大いに受けやすい地域に位置していることからも、アジアの環境問題は深刻だ。

問題は電気と水だけではない。アジア開発銀行による研究では、2030年までに農業分野は、減少し続ける水資源を使いながら食料を100%増で生産する必要があり、10億台以上の車やバイクからアジア都市全体の大気汚染の80%を排出し、さらに2035年までに世界の二酸化炭素排出量の46%を排出することになると予測している。

しかし幸いなことに、アジアのスタートアップ企業が問題解決に向けて乗り出し始めている。以下、13社をご紹介しよう。

Husk Power Systems

電力を主力とした包括的な農村開発へのフォーカス

Husk Power Systems は、バイオマスガス化器で籾殻を処理して発電する特許技術を開発した。ビジネスモデルは農村地の電化であり、地域の資源や小型発電機を利用して、住民たちが充分に管理可能な分散型発電および送電をベースにしている。現在、Husk Power Systems は84箇所のローカル発電所を設置済みで、インドのビハール州全土における300以上の村で、20万人以上に電力を供給している。

Transkinetic

自動車の動きを利用し電力化および収益化

2013年に設立されたシンガポール拠点のスタートアップ Transkinetic は、Movnetic と呼ばれる特許技術の創案者および管理者である。この技術の中核をなしているのは、スマートスピード防止帯だ。これは、上を通る自動車の運動エネルギーを吸収してクリーン電力に変換するというもので、Movnetic システムによって送電および管理を行う。Transkinetic は主にシンガポール国立大学工学部などの研究パートナーと協力関係を結んでおり、複数の政府機関や国内ベンチャーキャピタルから出資を受けている。

HiGi Energy

より身近なクリーンエネルギーを創出

HiGi Energy はフィリピンを拠点とするスタートアップで、ホテイアオイ(別名ウォーターヒヤシンス)を、調理用の代替エネルギーとなる豆炭へと変換している。人口1億人のうち65%が未だ薪や木炭を使用しているフィリピンで、同社は繁殖力の強いホテイアオイを使って木々の伐採を削減すると共に、川や湖の浄化を目指している。同社はシリコンバレーで開催された2016 Global Entrepreneurship Summit にて表彰されている。

Karma Recycling

地球を救い、良いカルマを得よ

2013年に設立されたモバイル機器下取り再分配業者である Karma Recycling は、ガジェットや電子機器の再販、リサイクル、修理調整および適切な廃棄を通して、電子廃棄物による悪影響を最小限に留めることを目指している。現在、9億5,000万台以上のデバイスが使用されているインドを拠点とする同社は、クリーンエネルギーのベンチャーキャピタルである Infuse Ventures の出資を受けている。

EcoWorth Tech

革新的な水の浄化技術

EcoWorth Tech はシンガポールを拠点とするスタートアップで、Carbon Fiber Aerogel(CFA:炭素繊維エアロゲル)と呼ばれる物質を開発した。これは、様々な産業から排出される液状の産業廃棄物を浄化し、下水管へと流すことを可能にする物質である。同社はそのプロセスと商品が環境に優しいことを売りにしている。CFA は古紙などの自然素材から作られており、再利用可能な上、生ゴミの再生利用や工業用水の処理、石油流出時の汚染除去などに利用される。同社はシンガポールの南洋理工大学のスピンアウトとして2016年に設立された。

RAD Green Solutions

バイオメディカル廃棄物処分のための、革命的な非焼却システムを開発

フィリピン南部の都市ダバオに拠点を置く RAD Green Solutions は、数名のエンジニアからなるチームによって設立され、Pyroclave と呼ばれる環境に優しく低コストな廃棄物管理システムを開発した。このシステムは、Pyrolysis と呼ばれるプロセスにより、酸素を使わず極度の高温を用いて医療廃棄物を分解する。副産物が少なく、二酸化炭素を50%にまで抑えつつ効率的にすべての固形物質を炭素化するのが、焼却処理とは異なる点だ。同社はこの技術で多数の賞を受賞しており、直近ではフィリピンの科学技術省による2016 National Invention Contest and Exhibit にて次点者として表彰された。

BlueRen

プラスチック廃棄物を建設的に用いる最良案

旧社名 Karboneum として知られる BlueRen は、プラスチック製のボトルや袋などのゴミから、カーボンナノチューブを生み出す処理プロセスを開発した。鋼と比べ100%増の強度を持ち、優れた電気伝導体でもあるカーボンナノチューブは、光学機器、電子機器、エネルギー蓄積、そしてナノテクノロジーに利用可能だ。同社によると、プラスチックの再利用を除き、ナノチューブの生産プロセスでは事実上二酸化炭素は一切排出されず、有毒ガスを発生させることもない。同社は2016年9月にシンガポールで開催された CleanEnviro Summit にも参加している。

Zenatix

エネルギー消費を極限まで最適化

2013年に設立されたインド拠点のスタートアップである Zenatix は、エネルギーの監視および制御のための IoT 商品を提供している。同社はセンサーやスマートエネルギー計器を使ったシステムを開発しており、これを用いてデータ収集を行い、クラウドサーバを通して分析エンジンにフィードする。そして分析エンジンによって発せられたコマンドを元に、アラートを発したり電子機器を制御したりできる。同社は B2B での事業を行っており、エンジェル投資家や Blume Ventures によって出資されている。

Cleverheat

エネルギー消費を分析、コストを削減

Cleverheat は、太陽熱を利用した代替的冷却システムを開発している企業だ。同社が提供するサービスには、冷却のニーズを評価した上でコスト削減につながる代替案の提案や、冷却コスト削減のための再生可能エネルギーの融合、さらにはモニタリングやエネルギー最適化のためのデータ収集および分析などがある。フィリピンを拠点とする同社は最近、持続可能エネルギーソリューションに焦点を当てた Impact Hub によるフェローシッププログラムへの参加企業に選ばれた。

Avant Garde Innovations

電力を持たない10億人に電力を

2013年に設立された Avant Garde Innovations は、2015年になってようやく正式に事業を開始したばかりだ。同社は、代替エネルギーの提供を通して、インドの国家電力網への依存を減らすことを目標に掲げており、住居用、商業用、農業用などに使用可能な小型の風力タービンを手の届く価格で提供している。100%再生可能なエネルギーに特化する世界初のスタートアップだとする同社は国際的な知名度を得ており、国連のクリーンエネルギーリストにも記載されている。

Intraix

エネルギー消費データを理解する

2012年に設立された Intraix は、エネルギー効率を改善し消費コストを削減するためのソリューションを提案することに焦点を当てている。同社は大企業から飲食料品関連企業、さらには住宅まで様々なユーザのために幅広い商品を展開しており、エネルギー消費のモニターや報告などのサービスを提供している。2016年、同社は Wi-Fi ルーターをスマートホームのハブへと変える、スマートホーム技術を搭載した USB サイズの商品 KLUG を発表した。

BMB Solutions

持続可能かつ豊かな生活環境への道を切り拓く、インパクトある社会的革新を提供する

アテネオ・デ・マニラ大学の卒業生らによって設立された BMB Solutions はコミュニティ主導型の企業で、様々な工夫が凝らされた低コスト多機能組み立て式自転車、Big Mike Bike を開発した。この自転車は様々な部品を組み合わせることで、発電機、蓄電器、送水ポンプ、浄水システム、シュレッダー、フードプロセッサー、洗濯機など幅広い役割をこなす。現在同社は The Spark Project のスタートアップコミュニティの一部である。

Eco2 Green Data Center

不可能なデータセンターが現実に

マレーシアで設立された Eco2 Green Data Center は、グリーンデータセンター機器を製造している。同社は IT 機材を沈めることができる冷却材を開発することで、環境に悪影響を及ぼすデータセンター技術の問題に関して警鐘を鳴らしている。この冷却材の使用により、エネルギーコストを50%削減、二酸化炭素排出量を50%削減、そしてサーバーの信頼度および寿命を30%増加することが可能となる。同社は最近 Global ICT Excellence Awards 2016において Chairman’s Award を受賞したばかりで、現在 Eco2認定ハードウェアにポートフォリオを拡大中だ。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

未来感をチャージしよう:IoT Asia 2016で披露されたクールなデバイスをチェック

SHARE:

モノのインターネット(Iot:Internet-of-Things)にまつわるカンファレンスを訪れて、狼狽したり畏敬の念を抱いたりすることなくただ立ち去ることなんて、誰にもできないと思う。 Singapore Expo で行われた IoT Asia 2016も例外ではなかった。新しく発表されたどのモデルを見ても、人類がもはや引き返すことのできない地点に高速で向かっているという思いは、さらにはっきり…

Vivian Balakrishnan — シンガポール外相.人民行動党(PAP).彼はスマートネーション推進オフィス担当相でもある.Image Credit: Ying Communications
Vivian Balakrishnan氏 — シンガポール外相.人民行動党(PAP).彼はスマートネーション推進オフィス担当相でもある.Image Credit: Ying Communications

モノのインターネット(Iot:Internet-of-Things)にまつわるカンファレンスを訪れて、狼狽したり畏敬の念を抱いたりすることなくただ立ち去ることなんて、誰にもできないと思う。

Singapore Expo で行われた IoT Asia 2016も例外ではなかった。新しく発表されたどのモデルを見ても、人類がもはや引き返すことのできない地点に高速で向かっているという思いは、さらにはっきりと感じられるようになった。

でも、この不安な気持ちは何を示唆しているのだろうか?

それは、片手ではとても数えきれないほどのIoTセンサーだ。

良識ある人々は驚くかもしれない。控えめな予測に従ったとしても、シンガポールはもうすぐ IoT センサーの海に飲み込まれてしまうという。エアコンに車、電灯、オフィス、ペットや家畜にいたるまで、何もかもが IoT センサーという時代だ!

ということで、私たちの生活は着実にウェブと深く絡み合うようになってきている。私たちが行い感じる全てのことは、知ってか知らずかにかかわらず、センサーやデータ解析、広告ソフトウェアにモニタリングされているのだ。

このことは私たちにとってどんな意味があるのだろう?電波を防ぐアルミ製の服を着て、窓を閉め、ガス灯で生活するべきなんだろうか?

いや、違う。IoT Asia 2016で出会ったエキスパートたちによれば、IoT の時代は人とモノとがより良くつながれるようにするだけでなく、新しい形態のビジネスやコミュニティの発生も見られるようになるというのだ。IoT のソリューションが現実の深刻な問題や課題を解決することになる。

開会のスピーチで、Intel の東南アジア担当マネージングディレクター、Prakash Mallya 氏はこう語った。

IoT は実に衝撃的な変化の最先端にあり、ファッションやスポーツ、音楽などにその影響が見られています。IoT は消費という経験を完全に変えようとしています。

このスピーチで同氏は、IoT の威力を利用して表現力を高めている歌手、レディ・ガガの動画を紹介した。デジタル技術による衣装やメイクアップをリアルタイムで変化させ、IoT のリングでステージ上のスクリーンに投影するイメージを操作する様子が映し出された。

会場には素晴らしい IoT デバイスも展示されていた。多くは一般的な消費者向けだったが、大規模な工業用途や企業向けに開発されたものもあった。

参加者は、多国籍企業大手や大学が企画したプロジェクトに在籍する学生、政府系研究機関から支援を受けたスタートアップ企業、海外企業などと多彩だった。

ではその5点を紹介しよう。

KLÜG Home

KLUG_Home1

KLÜG Home はシンガポールのスタートアップ企業 Intraix(A*STAR が支援している)が開発した製品だ。家庭およびオフィス向けの IoT デバイスで、エアコンの使用を最適化し、消費を減らすことができる。

Intraix の共同設立者、Darrell Zhang 氏は一般の消費者を念頭に置いてデザインしたというから、カスタム化を求める愛好家やテックギークの興味は引かないかもしれない。

エアコン消費のモニタリングを開始するには、手のひらサイズの KLÜG Air デバイスをエアコン(複数でも良い)の上に置き、KLÜG Home およびスマートフォンのアプリと同期させるだけでいい。

すると5分以内にアプリが自動的に情報(累積した費用や湿度、温度など)をダウンロードする。まるでプラグアンドプレイだ。

KLÜG Air はユーザの好みを記憶し、スマートフォンアプリをエアコンのコントローラに同期させて設定を最適化させることもできる。Zhang 氏の説明によれば、Fitbit のようなウェアラブル端末と同期させることで、ユーザが睡眠週間などの情報を KLÜG Air に送ることもできるという。Amazon Echo や Apple Home Kit でも利用できるため、音声でエアコンをコントロールすることもできる。

IoT Billing Solutions

ぱっと見には魅力を感じられないかもしれないが、Selcomm が注力する IoT Billing Solutions は IoT エコシステムの要所をおさえている。

IoT や M2M システムのセンサーやメーターから収集したビッグデータの処理と決済に特化しており、企業は簡単に収益を上げることができる。これらの IoT センサーには ETC やその他の料金収集システムなどがある。

IoT Billing Solutions はデバイス管理の手順を自動化・効率化してくれる。例えば、ユーザが大きな工業用プリンタを購入した場合は、IoT センサーは自動的にプリンタの状態についてのレポートを送り、メンテナンスが必要になればサプライヤーに知らせてくれるといった具合だ。

LUX Photonics Consortium

テクニカルになり過ぎないように(実際は非常にテクニカルなので)、LUX Photonics Consortium を紹介したい。NTU(Nanyang Technological University:南洋理工大学、シンガポール)の支援を受けており、3D ディスプレイや細胞内医療用画像から環境発電まで、フォトン(光子)を利用した様々なアプリケーションを専門としている。どんなものか見てみよう。

NTU_Photonics

右上の緑の物体がわかるだろうか。私の身体の3D モデルだ。

Microsoft の Kinect Camera と複合サーマルイメージングソフトウェアを使用して、このテクノロジーは私自身の身体の興味深い統計的数値、つまり肩幅や体積、腰回りなどを教えてくれた。それも Kinect と向き合い20秒ほど回転するだけで。私の3D モデルは少し雑だが、それは「素早く回転しすぎた」ためらしく、ちょっと失敗である。

この技術は非常に幅広い分野に応用できるだろう。特に医療やファッション業界で利用できると考えられる。

Neural_fiber_optic

IoT センサーは光ファイバーのような小さなものにも設置できる。上の図が示すように、医療研究の分野で利用できる可能性は大きい。薬剤の試験では、IoT 対応の光ファイバーのプローブを被験者に取り付けることで、より効果的に被験者をモニタリングし、試験を進めることができるだろう。

Fibre_Optics1

映画『マトリックス』で世界の覇者であったマシンに似たところがあるとしても、本当にただの偶然だろう。

「Bus Lai Liao」

Bus Lai Liao」はシンガポールのスラングで「バスが到着した」という意味だ。Team Stitches による学生プロジェクトで、シンガポール国立大学の Yi Ming 氏と Kai Lin 氏、それに Ngee Ann Polytechnic(技術専門学校)の Jia Jun 氏がメンバーだ。Intel Edison Technology がサポートしている。

下の写真に写っているのが実際にバス停に設置されている IoT デバイスで、障がいを持つ人や高齢者が簡単にバスに乗れるようにしている。

BusLaiLiao

例えば、目の見えない人なら、このデバイスの点字を触って乗る予定のバスの番号を確認し、対応するボタンを押して選択する。

するとデバイスはそのバスの番号を音声出力し、その人が乗りたいと思っているバス番号(選択した番号)の次の便がこのバス停に来た時に知らせてくれるのだ。

耳の聞こえない人には、この同じ機能が画面表示で提供される。

今のところ、これを製品として販売する予定はないという。しかし Team Stitches は製品化の可能性を除外してはいない。

Intelli-Signage

Intelli-Signageは A*STAR が支援しており、IoT センサーからのターゲティング広告送信を専門としている。先進的な Age and Gender Recognition System(AGRS:年齢/性別識別システム)を備えており、対象者の性別と年齢層に基づき、関連する広告を表示してくれる。

New_Shoes

このシステムは HD ウェブカムと年齢層識別アルゴリズムだけを使って情報を引き出すことができる。標準的なライティング下において、識別の正確性は性別で80%、年齢層で75%だという。

Crowd_counting_sensor

上の写真のデバイスは群衆の数を測定するビデオ解析センサーだ。同時に複数の顔を解析することで測定を行う。数え違いを防ぐための、同じ顔を判別する機能には実に驚かされた。

結論

どれも非常に素晴らしいテクノロジーばかりだというのに、IoT はいまだ初期段階にある分野だ。誰かの発明が廃れる一方で、別の誰かは大成功する可能性がある。

「IoT はひとつの行程だ」、とは IDC Asia Pacific の副社長で Mobility and IoT 部門のトップである Charles Reed Anderson 氏によるスピーチでの言葉だ。現在もてはやされている技術のいくつかは、数年で時代遅れになってしまう可能性があるという。

ひとつ確信を持って言えるのは、IoT センサーは数年前と比べて格段に安くなっており、今後あちこちで現れてくるだろうということだ。

接続性と自動化への過剰な依存が人類の堕落に結実するかどうか、といった話は社会科学者に任せておこう。

普通に使う分には、それを享受しようじゃないか。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのIntraix、スマートインテグレーション社と提携し、日本の住宅向けにHEMSを展開

SHARE:

【原文】 シンガポールを拠点とするスタートアップ Intraix は、今年の6月までに、東京、奈良、沖縄の住居に HEMS(住宅向け電力管理システム)を展開するため、日本の Smart Integration 社(子会社のSOUSEI株式会社へリンク)との提携を発表した。Intraix のシステムを使えば、ユーザは楽しく容易に電源消費を管理でき、iOSアプリやウェブで消費状況を閲覧でいる。 この提…

【原文】

intraix-logo-300x201シンガポールを拠点とするスタートアップ Intraix は、今年の6月までに、東京、奈良、沖縄の住居に HEMS(住宅向け電力管理システム)を展開するため、日本の Smart Integration 社(子会社のSOUSEI株式会社へリンク)との提携を発表した。Intraix のシステムを使えば、ユーザは楽しく容易に電源消費を管理でき、iOSアプリやウェブで消費状況を閲覧でいる。

この提携により、Intraix は初年度に5千〜8千軒、次年度に1万4千軒の住居へのシステム導入を目標としている。このシステムは、電気代の予算化・消費予測機能のほか、電気メーターから収集したデータを同社独自のデータ分析エンジン「Green Voice Algorithm」へ送信する機能を持っている。

Intraix の共同創業者 Darrel Zhang は、日本国内で「当社のシステムの導入するにあたり、(Smart Integration 社の)力に信頼と自信を持っている。」と語った。乃村一政氏が創業しCEOを務める、Smart Integration 社は東京に本拠を置き、重要な販売チャンネルや住居システムのインテグレータとの関係が深い。Intraix のソリューションの展開・再販に関し、既に日本国内8社の地域代理店と契約を締結している。

日本には数社エネルギー分野での競合が存在するが、Darrel によれば、Intraix のシステムはユーザが「Green Credits」を貯めることができ、それを景品に交換できるなど、面白いソーシャル要素を取り入れている点が他社と差別化できている。「週間節電チャレンジ」なるプログラムも提供するそうだ。このような景品の要素を持つ HEMS 競合は存在しないというのが、Darrel の考えだ。

Intraix は、シンガポール、マレーシア、インドネシアでは、ビルやデータセンター向けのスマート・エネルギー・モニターを提供している。昨年、福岡で開催された明星和楽に参加した読者は、Intraix がこのイベントでピッチした10社のうちの1社であったことを覚えている人も居るだろう。

Intrax の住居向け HEMS については、以下のプロモーション・ビデオで詳しく知ることができる。

----------[AD]----------

電力消費の節約を手助けする「Intraix」

SHARE:

【原文】 世界中の都市が同時刻に消灯するアース・アワーについて聞いたことがある人も多いだろう。より多くのエネルギーを節約し、”環境に優しい”ライフスタイルを実現したいと願う人はたくさんいる。でもどこから始めたらいいのかわからないのが実際のところ。 この問題の解決を目指すのが、Software-as-a-Service (SaaS)のスタートアップ「intraix」。住宅、家計、中小企業がエネルギー…

【原文】

世界中の都市が同時刻に消灯するアース・アワーについて聞いたことがある人も多いだろう。より多くのエネルギーを節約し、”環境に優しい”ライフスタイルを実現したいと願う人はたくさんいる。でもどこから始めたらいいのかわからないのが実際のところ。

この問題の解決を目指すのが、Software-as-a-Service (SaaS)のスタートアップ「intraix」。住宅、家計、中小企業がエネルギー消費量を軽減できる低コストの家庭用エネルギー管理システムだ。

人々は気候変動を認識しており、エネルギー消費を減らす取り組みをしたがっていると話す共同創業者のBryan Lee氏。しかし、そのエネルギー消費問題に対してどうアプローチしていいのかがわからない。現在の解決策はあまりに高価で、多くの世帯が使えるほど実用的ではないのが現状だ。

Bryanは詳細について語った。

Green Voice−私たちのデータ解析のアルゴリズムに秘密が隠されています。

機器ごとにスマートプラグをインストールしてハードウェアのコストをかけることなく、主要のエネルギー計量データを測ることで個別機器の電力の内訳をだします。伝統的なホームエネルギー管理システム(HEMS)から脱し、手頃な価格のHEMSによってこれまでより60%のコスト削減をしながら家事ができます。

Intraixのインセンティブは、節約した電力をあらゆるお金に変換できることにあります。機器の割引や公共料金の払い戻しなどに使うことができるグリーンクレジットを得ることが可能です。

シンガポールに拠点を置く同スタートアップは、NUS海外カレッジ(NOC)卒であるBryan Lee氏とDarrell Zhang氏の2人によって設立され、昨年こどもの日に設立した。

Darrellは以前に、建物の電力効率のソリューションを主とするOptirasという会社を設立しており、建物の電力を分析することで電力の節約を目指していた。彼もBryanと同様、地元の電力会社で電気の専門家として働いた経験を持つ。

現在彼らのサービスは3つのプランを用意している−Free、Pro、そして企業向け。ベータユーザによるグループテストを実施しており、今後6ヶ月くらいを目処に商業施設やショッピングモールへの展開を目指す。(原文掲載3月5日)

以下に、動画を見ることができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------