BRIDGE

タグ ios

ライター必見のおすすめライティング用モバイルアプリ5つとチュートリアル映像

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 この記事は最近お気に入りのテックツールを紹介するシリーズ(RSS)の一部だ。読者の皆さんと同じように私たちも新しいテクノロジーが大好きで、いつも試したいと思っている。ここである程度シェアできれば嬉しい。皆さんの意見もぜひ聞かせてほしい。 日本に住んでいれば、満員電車で立っていることがどういうことかおそらく理解できるだ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

この記事は最近お気に入りのテックツールを紹介するシリーズRSS)の一部だ。読者の皆さんと同じように私たちも新しいテクノロジーが大好きで、いつも試したいと思っている。ここである程度シェアできれば嬉しい。皆さんの意見もぜひ聞かせてほしい


日本に住んでいれば、満員電車で立っていることがどういうことかおそらく理解できるだろう。ほとんどの人はその間、モバイルゲームをしたり友人にメールをしたりして過ごす。だが、その気になればかなりの仕事を片付けることも可能だ。最近モバイル用で、簡単にライティングができるアプリがかつてないほど多く登場している。筆者の仕事は主に執筆と編集なので、これは大変ありがたいことだ!

これらのアプリの多くはMarkdownと呼ばれるテキストフォーマットを使用している。もしMarkdownに詳しくなくても気にしなくていい。MarkdownはHTMLに簡単に変換できるプレーンテキストマークアップ言語だ。ウェブに掲載する執筆を(つまり、最終的な形式がHTMLの場合)しているならMarkdownで書くことをお勧めする。とても読みやすく、編集者の観点から見てもなくてはならないものだ。

また、モバイルデバイスで書いている場合、実にありがたい。以下の2つのドキュメントを見てほしい。HTMLが右で、同じ内容をMarkdownにしたものが左だ。どちらが読み・書き・編集しやすいだろうか?モバイデバイスではどちらが読み・書き・編集しやすいだろうか?

Markdown vs HTML
Markdown vs HTML

それでは、モバイルデバイスで文書を書くためのお気に入りのツールをいくつか紹介していこう。いずれも価格は数ドルだが仕事で役立つことを考えればその価値は十分ある。加えて、新たなツールを使いこなせるようになるのはいつでも楽しいことだ!

1. TextExpander Touch 2.0

textexpander-touch

上の図が示すようにHTMLと比べMarkdownはかなり打ち込みやすいが、わずかではあるがさらに容易にすることができる。

例えはiOSでは”[“や”]”キーを入力するのが面倒なことがある。TextExpander Touch(あるいはTextExpander for Mac)を使ってこれを様々な方法で回避することができる。このアプリはどのようなテキスト拡張にも使用できるが、筆者が利用しているものをいくつか [1] に示しておいた。

  • ・当ブログ上にある共通のキーワードのタグリンクを作成する
  • ・クリップボードのURLからMarkdownのレギュラーリンクを作成する
  • ・IDとパーマリンクを利用しblockquoteを作成する
  • ・日本語の単語向けのhelp/hoverテキストを使用して略語タグを追加する

作業方法は、私が作った以下のデモ動画をチェックしてほしい。ここで使用したスニペットバンドルが欲しければ、こちらからダウンロードし、用途に合わせて変更できる。でもネット上には自由に利用できるアプリが沢山あるので、常に自分専用のツールを用意することが可能だ。

2. Drafts

drafts-app
筆者は実際にDraftsを使ってこの記事を書いた。なので同アプリがこのリストに載るのは当然のことだ(上のデモ動画で使われているのもこのエディターだ)。Draftsは、素早く何かを書きたいときに便利なテキストエディターだ。アプリを立ち上げると空白のページが開きすぐ入力できる。

書き終えたメモは、Facebook、Twitter、eメール、Evernote、Dropboxあるいは他のテキストエディターなどほとんどのところへ送ることができる。この最後の機能は頻繁に利用しているが、Draft Actionsには自分のテキスト上で使える幅広い機能がある。最近記事にした「data diet」で行ったように、自分自身のテキストエディタで書くこともできる。汎用性が高いので、このリストの中では私が一番気に入っているアプリといっていいだろう。

3. Nebulous Notes

nebulous-notes

Nebulous Notesはもう1つの強力なテキスト編集ツールだ。Nebulousの機能のスゴさに初めて気づいたのはFederico Viticci氏の記事を読んでからだ。筆者のお気に入りの機能の1つはカスタムマクロを作成し、ソフトウェアキーボード上に新たなキーとして追加できることだ。1つのキーを押すだけで自分の名前を入力することができる。

もちろん取り消し、やり直し、テキスト検索、テキスト選択アシスト機能などのさらに素晴らしい機能もある。当然ながら筆者はマクロ機能をMarkdownの入力支援に使っているが、ユーザが好きなように利用することができる。

以下の概要を簡単に紹介したデモ動画を見てほしい。

4. Byword

byword-iphone

Text Expander、Drafts、Nebulousは働き者といった感じのテキストエディターだが、時には美しいと感じるエディターを使いたくなるものだ。そんな時に最適なのがBywordだ。このアプリにはiOSMac版があり、iCloudあるいはDropboxを使って両者間でシンクできる。デスクトップとモバイルの両方を使っている場合、どこにいても同じ作業中のファイルを使えるようにするためにはBywordは最高だ。

Mac版Bywordの素晴らしい点はMarkdownシンタックスのハイライト機能だ。ヘディングあるいはボールドのテキストの色を濃く表示したり、MarkdownリンクのURLなどを薄くあるいは隠してくれる(以下参照)。iPhoneやiPod Touchではシンタックスはハイライト表示されないが、Mac版を頻繁に使用している筆者にとってBywordは依然として欠かすことのできないモバイルツールだ。フルスクリーンでByword上でテキストを入力したことがないのなら、それはかなり無駄な人生を送ってきたといってもよい。これはちょっと大袈裟かもしれないが、何しろすこぶる良いツールなのだ。

byword-fullscreen-mode-620x387

5. Poster

poster-iphone

SDのようにWordPressを使って公開していればWordPressがモバイルデバイスで作業するには使い勝手が一番いいシステムではないことにおそらく気づいているだろう。しかし筆者は、きまってモバイルデバイスからSDのサイトにアクセスしなければならないことになる。時には電車の中から記事を編集したり、あるいはMacBookがそばになくて深夜に編集をしたりするためだ。

PosterはWordPressのインターフェースとして非常に優れている。またMarkdownの入力にも対応しているところがさらに素晴らしい。しかし、筆者が本当に気に入っているのは主にPosterのすっきりしたレイアウトとデザインだ。タグやカテゴリーの追加、パーマリンクの編集、すぐに公開するのではなくドラフトとして保存などの機能のようにカスタムフィールドにアクセスすることができるのももちろん役に立つ。

WordPressを使用しているならこのアプリは必須だと思うが、PressSync Proというほぼ同様の機能を持った日本製のアプリがある。筆者の見たところ、これもまた質の高いアプリだ。

※ PosterはWordpressに買収され、App Storeでダウンロードできなくなった。

poster


  1. このアプリはeメール用の定型メッセージのテンプレート集というような単純なことにも使用できるので、モバイルデバイスでは特に役に立つ。筆者はライブブログイベントで自動的にリンクしたタイムスタンプを挿入するのにもこれを使用している。まだExpander Touch 2.0の「fill in」機能をすべてのテキストエディターがサポートしているわけではないことに注意してほしい。Draftsは対応しているので、購入する理由としては十分だろう。

----------[AD]----------

中国ソーシャルメディアの投稿を英語に翻訳する、香港発「Surround App」がiOS版アプリをリリース

SHARE:

これまでSd Japanでは何回かに渡って、香港発のスタートアップ「Surround App」について紹介してきた。 Sina Weibo(新浪微博)のコンテンツを英語に翻訳してくれる同アプリは、中国語圏の情報が気になるけれど、中国語はそれほど得意ではない人にとって待ち望んでいたソリューションだ。 先日、Android版がリリースされたことを報じたが、ついにiOS版も、昨日5月23日についにリリー…

surroundapp-logoこれまでSd Japanでは何回かに渡って、香港発のスタートアップ「Surround App」について紹介してきた。

Sina Weibo(新浪微博)のコンテンツを英語に翻訳してくれる同アプリは、中国語圏の情報が気になるけれど、中国語はそれほど得意ではない人にとって待ち望んでいたソリューションだ。

先日、Android版がリリースされたことを報じたが、ついにiOS版も、昨日5月23日についにリリースされた。

中国版Twitterとも呼ばれるマイクロブログ、Sina Weibo(新浪微博)の登録ユーザは、昨年時点で3億人を突破。実に26万社もの中国企業が Weibo(微博)のアカウントを持っていること知ったら、このソーシャルメディアに関心を持たないわけにはいかないだろう。

surroundapp

SurroundApp は中国のソーシャルメディアのタイムラインに翻訳機能をつけることができる。最初に翻訳を開始するのは Sina Weibo からだ。静的なコンテンツ箇所は英語のラベルで置き換えを行い、投稿やコメントの翻訳には翻訳APIを使用する。

同スタートアップは、香港のスタートアップ・アクセラレータ「AcceleratorHK」のDemoDayで発表された。同チームは、HK Acceleratorからシード投資で約1万5000米ドル、オフィススペースを提供され、そして技術的な指導を受けている。

先日、イスラエル発の英語学習アプリ付き英文チェッカー「Ginger(ジンジャー)」の記事が大きな反響を読んだ。今回ご紹介したSurround AppやGingerのようなサービスがあれば、オンラインにおける言語による障壁がさらに下がり、フラット化が進んでいくことにつながっていくのではないだろうか。

Surround AppのiOS版アプリはコチラから、Android版はコチラからダウンロードできる。

Surround App Translation 2

----------[AD]----------

中国がいかにして2012年のモバイルインターネットを推し進めているか [チャート]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 段階的であるが非常に大規模なモバイル・インターネットへの移行については、アジアが先導している。近年、アジアのモバイルインターネットにおけるトラフィック量は192.5%成長しており(下図)、他の地域を大きく上回っている。これらを促進しているのは中国で、10億人以上のモバイル加入者と、スマートフォンや3G接続といったモバイルウェブを使用する中流階級の急成長と相まっ…

【翻訳 by Conyac】【原文】

段階的であるが非常に大規模なモバイル・インターネットへの移行については、アジアが先導している。近年、アジアのモバイルインターネットにおけるトラフィック量は192.5%成長しており(下図)、他の地域を大きく上回っている。これらを促進しているのは中国で、10億人以上のモバイル加入者と、スマートフォンや3G接続といったモバイルウェブを使用する中流階級の急成長と相まった結果である。

ここで中国が果たす役割をひも解いてみよう。アプリからモバイルOS、ライフスタイルへ、人気の高いUC Browserの開発元であるUCWeb[1]の新しいレポートから考察する。このインフォグラフィックはStatcounter社のデータを使用している。Ciscoの予測によると(UCWebから引用)、アジアの成長率からすると、2015年にはアジアでのモバイルインターネットトラフィックが最も多くなるという。

Ciscoの見解を裏付けるこのグラフは、2015年には中国のモバイル利用者が非常に多く、モバイルによるウェブ上のクリックや決済が多数発生することを示している。

もはや否めないのは、今年の初めに中国では既にモバイルインターネットユーザの数がデスクトップパソコンの利用者数を抜いており、転換期に行き着いたということだ。

もちろんモバイルコマースのようなものを成功させるためには、全ての人々がモバイルウェブに参加する必要がある。手頃なスマートフォンの存在はその問題の核心であり、中国の携帯メーカーはとりわけ、価格が1000元(158米ドル)以下で契約無しで使える代替機器を製造することに長けている。これは魅力的なことであり、Androidアプリの世界への扉を開くのだ。

社会経済がより公正なスマートフォンの価格帯を必要としていることで、中国で商品を流通しているNokiaが維持されてきたが、同社の古いSymbian携帯の消費者間での需要は依然として急速に減少している。

中国はAndroidの国であり、2012年の第2四半期では、中国のスマートフォンのうちiPhoneのシェアはわずか7.5%で、Androidが大きなシェアを占めている(アメリカでは対照的に、スマートフォンのうち34%がiPhoneである)。Samsung、Lenovo、Coolpad、Huawei、ZTEの売り上げのほとんどはAndroid携帯によるものである。

文化の違いを考える

このような中国のモバイルインターネットの勢いにも関わらず、注視すべき大きな違いが、特にアプリのデベロッパーにとって存在する。このブログでは、中国人消費者がよく使用する、サードパーティーアプリを販売する様々なストア、特にAndroid向けのものについてしばしば取り上げてきた。

アメリカ人消費者がiTunesやGoogle Play、Amazon(おそらく少々の著作権侵害を含むのだろうが)に固執しているのに対して、中国人のスマートフォンユーザは様々なところからアプリを探しているようだ。一見して、AppleやGoogleの巨大なエコシステムに組み込まれることよりも好ましいのだろう。

中国やアジアでの他の展開としては、UCWebの指摘によると、多くの市場(日本や韓国を除く)ではアプリへお金を払うことに嫌悪感を持つことが多く、広告によるアプリの無料化もしくはアプリ内での購入によるフリーミアムモデルが必要となる。

中国やその他の地域での日常生活パターンにおいてモバイルウェブが重要な役割を担うといっても、欧米に比べて多くの人口は都会に住んでいる。ということは、携帯とウェブが通勤の一部になり、より長時間画面に触れることができることを意味している。

またアジアや中国でのソーシャルアクティビティはよりオープンになる傾向があり、したがってアプリやウェブが中国社会のオープン化の重要な要素を担うようになる。

これはウェブブラウザメーカーからの意見だということを心に留めてほしいのだが、最後の論点は携帯ブラウザーは必需アプリとして、アメリカ人より中国人にとってなくてはならないものになっているということである。

ブラウザメーカーは、アジアでのブラウザの利用者に対して、アプリを起動した際にAppleのモバイル用のSafariのように黒い何もないページや、Google Chromeのようなブックマークの羅列を表示するのではなく、幅広いコンテンツを提供する必要があることを認識しておくべきである。

1. 2012年10月の中国・アジアにおけるUCWeb携帯インターネットレポート

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------