THE BRIDGE

タグ iPal

視線の動きだけで動画や写真撮影可能がおしゃれなスマートグラス「iPal」

SHARE:

視線の動きだけで前方の写真や動画が撮影可能なスマートグラス「iPal」が登場、現在出荷に向けて開発中だ。 iPalの見た目はグーグルグラスのような近未来的なデザインではなく、普段から違和感なく着用できそうな黒ぶち眼鏡。 搭載された4つのカメラにより、眼の動きをコンピュータビジョン技術で追跡し、「その人が視ている場所」をカメラで自動的に撮影できる。 ウィンクやまばたき、じっと見つめるといった視線の動…


20140831_ipal

視線の動きだけで前方の写真や動画が撮影可能なスマートグラス「iPal」が登場、現在出荷に向けて開発中だ。

20140831_ipal2

iPalの見た目はグーグルグラスのような近未来的なデザインではなく、普段から違和感なく着用できそうな黒ぶち眼鏡。

搭載された4つのカメラにより、眼の動きをコンピュータビジョン技術で追跡し、「その人が視ている場所」をカメラで自動的に撮影できる。

20140831_ipal3

ウィンクやまばたき、じっと見つめるといった視線の動作でカメラのコントロール可能。

20140831_ipal4

このiPalでは、ライブやスポーツ観戦時等、写真を撮影するためにカメラを持ち出すには煩わしいシチュエーションにはもちろん、

20140831_ipal5

家の中で抱いたまま、子供を見る母親の視点の映像をそのまま家族に送ることもできる。

20140831_ipal6

iPalはi2iという会社のファウンダーのDr. Masoud Vaziri氏が試行錯誤を重ねながら開発された。

iPalの基本スペックは以下のとおり。

  • 2つの5メガピクセルのHDカメラを搭載
  • 動画の解像度は720ピクセル(HD)
  • 視野角は120度
  • タッチスクリーンのコントロールモジュール
  • Android、iOS、Windowsデバイスと接続可能
  • ローカル容量は8GB、最大32GBのSDカードスロットの追加容量
  • Wi-Fi、Bluetoothで接続
  • 1回の充電で2時間の動画撮影、24時間の写真撮影が可能
  • 自動ズーム搭載
  • 2つのマイク

iPalは2014年6月にクラウドファンディングサイトIndigogoで出資者を募り、5万ドル(約500万円)のプロジェクト成立金額に対し、2倍となる10万ドル(約1000万円)の出資を集めた。出資者に対しての出荷は2014年12月になる予定だ。



----------[AD]----------