THE BRIDGE

タグ Jet.com

ミレニアル世代向けCostcoーー「時間の先買い」「リピート顧客」「価格アルゴリズム」 有料会員制コマースから生まれた3つの戦略軸

SHARE:

ピックアップ : Lightspeed, China Growth Capital Co-Lead $50M Round In Membership E-commerce Firm Black Fish 有料会員制コマース企業で最も顕著な例に「Costco」が挙げられるでしょう。年会費4,400円(個人会員の場合)を支払うこと利用出来る大型スーパーです。 Costcoの収益モデルの主軸は年会費徴収…

ピックアップ : Lightspeed, China Growth Capital Co-Lead $50M Round In Membership E-commerce Firm Black Fish

有料会員制コマース企業で最も顕著な例に「Costco」が挙げられるでしょう。年会費4,400円(個人会員の場合)を支払うこと利用出来る大型スーパーです。

Costcoの収益モデルの主軸は年会費徴収にあります。先に年会費を徴収することで、売上を事前に立てることができます。この売上を資本に大量に商品を仕入れ、顧客に大口商品を安く販売する仕組みです。

筆者は米国のCostcoに何度か足を運んだ経験がありましたが、巨大な空間に様々な商品が箱やブロックごとにまとめ売りされている光景に圧巻され、ある種のエンターテイメント要素を感じました。奥に進めば進むほど何か掘り出し物があるかもしれない好奇心がくすぐられたのを覚えています。

Costcoモデルの変遷

実店舗を軸に展開させるCostcoの強みは、体験コンテンツとして小売事業を展開する点と、配送コストを自社で抱える必要のない点にあります。一方、ECへの進出を断ち切っていることから、店舗への移動を不便に感じる層を獲得できません。そこでCostcoと同様の体験を求めるEC需要を獲得しようとする企業が誕生します。

この需要に応え、2013年に登場したのが「Boxed」です。“ミレニアル世代向けCostco”と称されるように、大口商品しか販売をしません。2018年8月、日本の小売大手「イオン」がリード投資をして、1億1000万ドルの調達をしました。Costcoとの大きな違いは会員費用を徴収しないECを展開した点にあります。

当時からAmazonがEC市場を席巻をしていましたが、大型商品を大量に仕入れて販売するホールセールはしていませんでした。この点を物流の最適化とモバイルファーストの戦略で参入したのがBoxedです。現在はより配達網を最適化させるため、自社物流拠点の構築や倉庫内にロボットを導入することで、さらなる成長が期待されます。

Boxedの狙いはリピート顧客の囲い込みです。大口商品は決まってトイレットペーパーや飲料水などの生活用品であり、顧客が安く買える店舗を見つけられれば、他社に顧客を奪われることはあまりありません。こうして顧客のリピートを念頭に商品を販売することで、高いLTVから収益を立てることが戦略的に計画できます。

追随するように2015年に現れたのが「Jet」です。ローンチ当初は年会費50ドルでサービスを展開。商品を大量に買えば買うほど値引きされることで人気を博しました。

筆者も利用したことがありますが、最大の特徴が買い物を楽しくさせるUIです。商品をカゴに入れるたびに、購入者が現在いくら得をしているのか、値引きをされているのか何度も表示されます。リアルタイムディスカウント感を味わえる点が醍醐味です。お得感を随時訴求することで、ついつい消費者も念のため多めに買っておこうという心理を掴まれてしまうのです。

Jetは大量に仕入れることで安く販売できるコストコのモデルを踏襲をしているものの、ECだからこそ発生する「配送コスト」の課題に直面しました。

Boxedは大口販売に特化しており、Amazonは損失は気にせずとにかく顧客を囲い込む大胆な戦略を採用していました。一方、Jetは小売販売から大口販売まで幅広く展開していたたため、AmazonとCostco、Boxedと直接競合する立場にありました。

また、小売の配送は梱包ボックスに空きや無駄が発生することから、配送コストがかさむ問題が発生します。創業当初から2000万ドルもの大型調達をしていたものの、商品を安く販売しても、売り続けるほど在庫及び配送コストがかかってしまっては廃業待ったなしです。

この課題を解決すべく、秀逸な価格アルゴリズムを開発した点にJetの競合優位性が伺えます。カゴに入った商品量に合わせて値引き額を微調整させているのです。従来、梱包ボックスの重さや大きさによって配送コストは変わってしまいます。

そこで、梱包ボックスに隙間なく商品を詰めて、コストを最低価格にまで抑えるための計算を瞬時におこなう仕組みを確立したのです。多数の商品の組み合わせの中から、どの組み合わせであれば配送コストを抑えられ、かつ利益を確保できるのかといったダイナミックプライシング技術を開発した点にJetの強みがあります。

このアルゴリズムはAmazonやBoxedより優れており、年会費を徴収せずとも顧客が納得する値引き提案ができ、かつ収益化が可能であると判断したことから、ローンチからたった2カ月で会員制度の廃止へと至りました。

次なるCostcoモデル市場は中国

Costco_004

ここまで紹介してきた各々の企業戦略は全く違います。Costcoは会員制にすることで「時間の先買い」に成功しました。こちらの記事でも紹介されているように、Costcoは儲ける対象を販売商品を通じてではなく、前払金として収益を立てられる会費に置いたのです。

一方、Boxedは会費制度を導入しない代わりに「リピート顧客」の囲い込みに特化。まず、自社倉庫を緻密な戦略の上で全米各所に設立させることで、どの地域に配送してもなるべく配送コストを抑えられる物流整備に重きをおきました。物流網を整えることで、全米のどの地域に配達したとしてもコストを最低限に抑えられます。先述した8月の資金調達を通じて物流コストをさらに下げられれば、リピート顧客から得られる収益額もこれまで以上に上がるでしょう。

Jetは「価格アルゴリズム開発」によってAmazonにも対抗できる優勢性を獲得しました。技術力を評価され、WalMartに買収されたのがその証拠でもあります。

さて、最後に簡単に紹介したいのが、新たに登場したプレイヤーが中国版Costco「Black Fish」です。2018年8月に5,000万ドルを調達。ミレニアル世代向け、年会費44ドルの会員制ECを展開。提供企業の商品や旅行パッケージをディスカウント価格で購入できます。商品をSNS上でシェアすることで安く商品を購入する機能もあります。

Black FishはまさにCostcoの「時間の先買い」する戦略を採用。運営元会社がファイナンス企業であることから、会員情報を獲得することでカードローン事業など幅広いビジネスに活用できます。先述した3企業とは別収益軸があるとはいえ、これからBoxedのようにリピート顧客獲得へ走るのか、Jetのようにアルゴリズム開発に動くのかに注目が集まります。

もし読者のみなさんがCostcoに代表される会員制EC事業を考えた際、どの戦略を選択すべきか考慮しておくべきでしょう。

----------[AD]----------

輝きを失うユニコーンクラブ:第3四半期の新規ユニコーンは9社にとどまり、評価額合計の伸びはプラス300億米ドルに落ち込む

今期の資金調達の特徴は、資金調達が非常に遅いことと取引が全体的に少なかったことである。 2016年第3四半期に35のユニコーン企業が38の資金調達イベントで総額83億8,000万米ドルを調達した。ここからわかるのは、資金調達が弱含みで減速していることであり、金額(2015年第3四半期には170億米ドル)、資金調達のイベント数(61対38)いずれにおいても前年同期比で減少している。 企業価値の成長と…

Image Credit: Yosuke Muroya
Image Credit: Yosuke Muroya

今期の資金調達の特徴は、資金調達が非常に遅いことと取引が全体的に少なかったことである。

2016年第3四半期に35のユニコーン企業が38の資金調達イベントで総額83億8,000万米ドルを調達した。ここからわかるのは、資金調達が弱含みで減速していることであり、金額(2015年第3四半期には170億米ドル)、資金調達のイベント数(61対38)いずれにおいても前年同期比で減少している。

企業価値の成長という面からみれば、19のラウンドで上昇し、18は評価額に変化なし、そして1つだけ減少したラウンドがあった。それは Wandoujia(豌豆荚)で、前回の評価額10億米ドルから80%減少した額で買収された。全企業の評価額合計の推移では、304億2,000万米ドルのプラス成長(第2四半期は750億米ドル)を守っているが、ユニコーンクラブ(10億米ドルの評価額に達した企業)の健全さが失われつつあることを示唆している。

Above: A high-resolution Unicorn Club landscape from VB Profiles is available here. (Disclosure: VB Profiles is a cooperative effort between VentureBeat and Spoke Intelligence.)

Above: A high-resolution Unicorn Club landscape from VB Profiles is available here. (Disclosure: VB Profiles is a cooperative effort between VentureBeat and Spoke Intelligence.)
VB Profilesによる高解像度のユニコーンクラブ・ランドスケープはこちら. (VB ProfilesはVentureBeatとSpoke Intelligenceが協同している取り組みである.)

第3四半期に新たにユニコーンとなった9社

Ubtech Robotics:Ubtech は初期シリーズ B ラウンドで CDH Investment から1億米ドルを調達した。中国のインテリジェント人型ロボットメーカーである同社は、教育やエンターテイメントにさらなる応用事例を広げようとしている。

OfferUp:アメリカに本拠を置く同社は Warburg Pincus 主導のシリーズ C ラウンドで1億1,900万米ドルを調達し、10億ドルの企業価値を達成した。地元バイヤーとセラー向けのモバイルベースのマーケットプレイスである同社は2015年に突如登場し、この資金でユーザエクスペリエンスの改善と新規市場の開拓を狙う。

Deliveroo:食品デリバリーを手がける同社は2億7,500万米ドルを調達し、競争の激しい食品デリバリー市場で投資家をひきつける数社の仲間入りを果たした。

U51.com:中国のフィンテックアプリを手がける同社は Tiantu Capital 主導のラウンドで3億1,000万米ドルを調達した。このアプリはクレジットカードの支払いの整理、ウェルスマネジメント商品への投資、オンラインでのローン申し込み、その他個人信用ベースでの金融サービスを提供している。

Compass:不動産プラットフォームを手がける同社は7,500万米ドルのシリーズ D ラウンドの後、新規市場への成長と、家の売買や賃貸のシームレスで気の利いたユーザエクスペリエンスを消費者とエージェントに提供することに注力する。

Unity:DFJ 主導のシリーズ C ラウンドで1億8,100万米ドルを調達して評価額が15億米ドルに達した Unity は、2D、3D、VR、AR ゲームとエクスペリエンスを製作する最大の開発プラットフォームで、インディーズからトリプル A(300万本以上販売するトップセラー)のゲームにまで使われている。

Quanergy:自動運転車のセンサーを開発するシリコンバレー発の同社は9,000万米ドルを調達し、評価額は16億9,000万米ドルに達した。同社の LiDAR センサーは、自動運転車を開発する5つの自動車メーカーに既に採用されている。

Hike:インドでの WhatsApp のライバルとなる同社は、Tencent 主導のシリーズ D ラウンドで1億7,500万米ドルを調達し、14億米ドルの評価額に達した。設立して4年となるメッセージングアプリの同社はソーシャルメディア企業としてインド初のユニコーンとなった。

Go-Jek:インドネシアに本拠を置くユニコーン Go-Jek は5億5,000万米ドルを調達し、Uber や Grab と競合している。Go-Jek は調達後で13億米ドルの評価額となり、20万人のバイクドライバーを擁し1日に66万7,000件の予約があるとしている。

1件の IPO と2件の買収

Nuantix は9月にIPOで2億3,790万米ドルを調達したと発表している。カリフォルニアに本拠を置きデータセンターのインフラ提供を手がける同社は、昨年12月に IPO のための手続きを開始したが、数ヶ月の間進捗が止まっていた。同社は IPO 当日に50億米ドルの評価額となっており、2014年8月における前回の評価額から30億米ドルの増加となっている。

Jet.com は数週間にわたる買収の噂の後、Walmart に30億米ドルで買収された。Jet.com の CEO である Marc Lore 氏はその地位に残り、Walmart のアメリカでの e コマース事業に注力する。Jet.com の技術により Walmartでは、(e コマースの)注文をリアルタイムで処理し、適切なベンダーに割り振ってコストを低く抑え、また大規模発注による値引きを実現する。

中国の Android アプリストアである Wandoujia は Alibaba(阿里巴巴)に買収され、同社のモバイルビジネスを手がけることとなった。Wandoujia は一時10億米ドルの価値をつけていたが、Huawei(華為) や Xiaomi(小米)といったスマートフォンメーカーが自社のアプリストアをオープンして激しい競争で苦しんだ後、たった2億米ドルで買収されることになった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国のバイオテック・スタートアップIcarbonx(碳雲智能)、設立半年でバリュエーションが10億ドル超

SHARE:

ユニコーンは希少なはずではないか? どうやら中国では違うようだ。中国にはもう次のテックユニコーンが控えている。バイオテック・スタートアップの Icarbonx(碳雲智能)は月曜日(4月11日)、シリーズ A ラウンドにおいて10億米ドルの評価を受けたと発表した。以前投資している Vcanbio(中源協和)も参加した Tencent(騰訊)率いるラウンドは、1億5,400万米ドル規模であった。 20…

icarbonx-750x450

ユニコーンは希少なはずではないか? どうやら中国では違うようだ。中国にはもう次のテックユニコーンが控えている。バイオテック・スタートアップの Icarbonx(碳雲智能)は月曜日(4月11日)、シリーズ A ラウンドにおいて10億米ドルの評価を受けたと発表した。以前投資している Vcanbio(中源協和)も参加した Tencent(騰訊)率いるラウンドは、1億5,400万米ドル規模であった。

2015年10月下旬に設立された Icarbonx は、半年も経たぬ間に10億米ドルの評価に達したことになる。これは最速のユニコーンというわけではなく、アメリカの e コマース会社 Jet.com はたった4ヶ月で10億米ドルの評価を得たが、これに迫る勢いだ。

しばしば見られる流星のごときスタートアップの登場は、素晴らしいアイデアと幸運によるところが大きい。同社は、世界最大の遺伝子配列解明技術企業 Beijing Genomics Institute(華大基因)の前 CEO である Wang Jun(王俊)氏によって設立された。彼は人工知能とビッグデータを使って健康管理ソリューションを生み出し、医学の飛躍的進歩を遂げるため、バイオテック、AI/ビッグデータの専門家を交えたチームで Icarbonx をスタートさせた。

去年10月、人工知能は中国のテックシーンでさほど注目されてはいなかった。しかし、Lee Sedol (李世乭、이세돌)氏と AlphaGo の対戦のようなイベントが注目を集めたため、近頃は誰もが人工知能の話題を取り上げBaidu(百度)Alibaba(阿里巴巴) といった大手企業も参入してきている。

現在は、Icarbonx への投資を通じて Tencent(騰訊)もアクションを起こしている。

Icarbonx は、設立者の Wang Jung 氏が掲げるワンストップショッピングを提供している。データを収集し、プラットフォームを構築することによって人生のあらゆる場面、あらゆるステージからデータ(遺伝子データを含むが、これに限らず)を掘り起こし、人工知能ベースの分析プラットフォームでそのデータに意義を見出そうというものだ。

スマートハードウェアで追加データ、デジタル/医学サンプルを保管してデータへのアクセスを維持し、ユーザにとって必要になりそうなものを人工知能が提案してくれ、その提案に基づいたサービスにユーザがアクセスできる O2O プラットフォームも備えられている。

しかし、Icarbonx の大局的な目的は大量の健康関連データを集めて分析し(もちろんユーザの同意を得たうえで)、データパターンから突破口を探ることだ。そのためにも同社は企業や組織によるデータへのアクセスと分析を許可しており、すでに病院から製薬会社まで様々な組織と提携したという。

Wang Jun 氏は中国のテックニュースサイト Netease Tech(網易科技)にこのように語った

すべての人の生活データをデジタル化し、解読したデータから価値ある教訓を得ることが全人類の生活の質の向上につながると思っています。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Jet.comが3.5億ドルのシリーズBの資金調達、口頭契約で追加で1.5億ドルの調達も

SHARE:

<ピックアップ>Jet.com Raises $350 Million and Expects $150 Million More 先日、資金切れ寸前だと話題になっていたAmazonキラーとして名高いJet.com。噂通り資金調達が無事完了したようです。3.5億ドルの資金調達と、Re/codeの記事によると口頭契約で追加で1.5億ドルの資金調達ができつつある、と報じています。 今回の調…

Jet.com

<ピックアップ>Jet.com Raises $350 Million and Expects $150 Million More

先日、資金切れ寸前だと話題になっていたAmazonキラーとして名高いJet.com。噂通り資金調達が無事完了したようです。3.5億ドルの資金調達と、Re/codeの記事によると口頭契約で追加で1.5億ドルの資金調達ができつつある、と報じています。

今回の調達含めて10億ドル以上もの資金調達を行ったことでユニコーンの仲間入りを果たしたJet.com。しかしながら、資金切れ寸前と噂されるなど積極的な資金の活用が次につながる投資となっているのかを心配する声も一部あがっています。

「ファイナンスの面において厳しい側面もあるが、すでに100万を越える出店者が集まっており、何も問題ない」とコメントするCEOのMarc Lore氏。「積極的な人材登用と高いパフォーマンスとビジネスモデルを組み込んでいるので期待してほしい」と語っており、現状の批判を一掃している。

via Re/code

----------[AD]----------

Amazonキラーとして7億2000万ドルを調達したJet.comが資金切れ寸前、新たな調達の噂も

SHARE:

<Pick Up> Hyped-up Amazon killer Jet, which has raised $720 million, is reportedly close to running out of cash ウォールストリートジャーナルの記事によると、Amazonキラーとして騒がれるJet.comがキャッシュ切れ寸前だとか。湧いて出るかのごとく資金を使い混んでいるらしく…

Jet.com

<Pick Up> Hyped-up Amazon killer Jet, which has raised $720 million, is reportedly close to running out of cash

ウォールストリートジャーナルの記事によると、Amazonキラーとして騒がれるJet.comがキャッシュ切れ寸前だとか。湧いて出るかのごとく資金を使い混んでいるらしく、新たに5億ドルを調達するという噂が聞かれている。

記事によると、昨月時点のJet.comのキャッシュ残高は6,300万ドルだった。広報担当者は、今年のホリデーシーズンのマーケティングは控えめに行うとコメントしているものの、11月と12月には7,600万円の現金流出を予定している。

北米のコマース企業として、最初の12ヶ月で最多額のエクイティ・インベストメントを獲得したJet。今回の新たな調達に関して、当初、投資家とは20〜30億ドルの評価額で話をしていたが、結局、10.5億ドルほどの評価額での調達になりそうとのこと。

Jet.comは、7月のローンチ時、初日に100万ドルの売り上げを記録。ローンチ1ヶ月後の売り上げは、SearsやBest Buyなどを抜いてマーケットプレイスとして第4位に。ユーザーが買い物かごに入れた商品に応じて、リアルタイムに商品価格を調整する技術を売りに、Web上の他のコマースより最大15%の価格を約束するとしていた。

ところが、3ヶ月が経った10月にはビジネスモデルを変更。唯一の収益源になるはずだった50ドルの会員制度をなくし、コストコモデルから注文ごとに収益をあげるモデルへとピボットしている。

via. Business Insider

----------[AD]----------