BRIDGE

タグ jinjer

HRプラットフォームのjinjerが労務管理機能「jinjer労務」をリリース

SHARE:

ネオキャリアが開発する人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォーム「jinjer」が、「採用管理」「勤怠管理」につづいて、「労務管理」の機能「jinjer労務」をリリースした。 労務管理といえば、数々のスタートアップピッチで優勝を飾っている「SmartHR」と同じ領域だ。「jinjer労務」も、従業員の入退社における書類の作成や、社会保険の加入手続きなど、煩雑な作業をweb上で簡単…

jinjer

ネオキャリアが開発する人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォーム「jinjer」が、「採用管理」「勤怠管理」につづいて、「労務管理」の機能「jinjer労務」をリリースした。

労務管理といえば、数々のスタートアップピッチで優勝を飾っている「SmartHR」と同じ領域だ。「jinjer労務」も、従業員の入退社における書類の作成や、社会保険の加入手続きなど、煩雑な作業をweb上で簡単に行うことができる。

総務省が提供している電子政府(e-Gov)の外部連携APIと連携していることで、従業員の入退社時に必要な社会保険の加入による煩雑な書類の手続き等もweb上から行うことができるようになっている。

「SmartHR」と最も異なるのは、「jinjer」が他の領域もカバーしているサービスという点だろう。今年の1月より順次提供を開始している「採用管理」「勤怠管理」の機能では、導入社数が1000社を突破しているという。

「jinjer労務」の利用料は社員1人当たり200円となっており、「jinjer勤怠」導入企業は無料提供となっている。機能間でのユーザのやりとりや無料での提供という点に、「jinjer労務」のアドバンテージがありそうだ。

一方の、「SmartHR」は改善速度や細かなカスタマーサポートにも定評がある。特化しているがゆえの強みと、横断的に提供しているがゆえの強み。どちらがユーザに支持されるのか、注視したい。

ネオキャリアが人事領域のデータマネジメントプラットフォーム「jinjer」を発表、従業員のマスターデータ作成を目指す

ネオキャリアが人事領域のデータマネジメントプラットフォーム「jinjer」を発表、従業員のマスターデータ作成を目指す

SHARE:

就転職・派遣・求人広告といった人材サービスを展開してきたネオキャリアが、新たに人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォーム「jinjer (ジンジャー) 」の提供を開始した。 「jinjer」は、クラウドで人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォーム。これまで人事に関するデータは「数値化」「可視化」されてこなかったが、「jinjer」はこの領…

jinjer

就転職・派遣・求人広告といった人材サービスを展開してきたネオキャリアが、新たに人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォーム「jinjer (ジンジャー) 」の提供を開始した。

「jinjer」は、クラウドで人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォーム。これまで人事に関するデータは「数値化」「可視化」されてこなかったが、「jinjer」はこの領域の課題解決に取り組む。

jinjer

「jinjer」では、まず新卒、中途採用管理システムの提供から着手。今後、社内人事管理や、勤怠管理など、人事に関するサービスを複数展開していく予定だ。これまではバラバラに管理されていた人事に関するデータを、シームレスに管理できるようにするため、人事の業務コスト削減にも繋がる。

「Jinjer」は、ネオキャリア1社のみで提供するわけではない。採用・人事関連サービスを提供している他の事業会社とも連携を図る。リリースのタイミングでは、FiNCとフロムスクラッチの2社との業務提携を発表しており、今後提携先は増えていく予定だ。

ネオキャリア専務取締役副社長 加藤賢氏
ネオキャリア専務取締役副社長 加藤賢氏

ネオキャリア専務取締役副社長の加藤賢氏は、「人と会社の数が増えているときは人材マッチングビジネスでよかった」と人材領域に起きている変化について語る。

加藤氏「私たちは、2000年に大学を卒業して起業しました。その際、縁あって出資を受けたのが人材会社で、以来人材領域で事業を展開してきました。リーマン・ショックも乗り越え、改めて業界を俯瞰して見たときに、人材会社の価値について考えたんです。「一体、自分たちの介在価値はなんなのか」と。

これまでは、人も増えれば会社も増える。その中で最適なマッチングをすることに価値がありました。ですが、これから先は、人口も減り、働く人も減る。そうなると、これまでの採用部分だけサポートするというのは価値が減っていくのではないか。そう考えるようになり、もう一歩踏み込んでいかないといけないと考えた結果、「jinjer」の開発にいたりました」

働く人が減っていく社会では、企業にとっていかに人材を定着させるかが重要だ。だが、人事においてはどの採用ツールから入社した人が活躍しているのか、といった情報が分断され、満足に管理できないでいた。

分断されていた領域をつなぎ、人事情報の可視化していくことで、人事部の役割が変わってくるのではないか、そう考えたネオキャリアによって「jinjer」は生み出された。

加藤氏「これまでネオキャリアとしては、採用のサポートをしてきました。「jinjer」でも、採用管理の領域からサポートしていきます。すでに、約500社からお申し込みいただいていて、今年の3月から利用がスタートする予定です。その後、勤怠管理や社会保険、マイナンバーの管理などにも展開していきます」

社員の定着率を上げる、会社と従業員のエンゲージメントを高める。こうしたアプローチは、人が会社を辞めなくなっていくため、採用を支援する既存事業と矛盾する点もある。「そこは覚悟した上でチャレンジしていく」と加藤氏は語る。「jinjer」を通じて様々な角度から人事関連サービスを提供していくことで、ネオキャリアが目指すのは従業員データをストック化すること。

加藤氏「これまで従業員データは必要とされたタイミングだけしか管理されず、その後は捨てられてきていました。こうした従業員に関するデータをストック化していきたいと考えています。たとえば、100名規模の会社が1000社「jinjer」を導入すると、従業員データの数は10万人規模。こうしたデータを通じて、将来的にはBtoCの領域にも取り組んでいきたいと考えています」

プラットフォームを構築していくためにも、様々なサービスに利用可能な従業員のマスターデータを作成することが必要だ。そのためにも、従業員データの取得が必要であり、まずは会社に導入してもらうことが重要になる。

加藤氏「人事部門には予算がないので、単にツールを開発しても導入してもらうにはハードルがあると考えています。そのため、「jinjer」の採用管理に関しては無料で提供していきます。勤怠管理や社保、マイナンバーなどは、一アカウントあたりを月額数百円などで利用してもらう予定です。

ただ、数年単位で見ても、これだけでは利益が出ないと想定しています。ネオキャリアには、既存事業というキャッシュエンジンがあるため、数年は掘り続けるつもりで事業を展開していきます。初年度の導入企業の目標は3000社、2020年には100万人の従業員データを集めることを目標にしています」

「HR業界にふさわしいサービスにしたい」と語る加藤氏。注目を集めているHR業界において、「jinjer」がどのような影響をもたらすのか注目だ。