BRIDGE

タグ Jobbatical

世界40カ国のスタートアップの現地仕事とタレントを繋げる「Jobbatical」が200万ドルを資金調達

SHARE:

働き方が変わり、人々の働くことへのマインドセットが変わりつつある今、企業にとっての人材プールは「世界」であると言っても過言ではありません。それを象徴する一つのスタートアップが、2015年6月に取材した「Jobbatical(ジョバティカル)」です。人材は、世界中のスタートアップの現地オフィスで、短期(最低1年間)の仕事に就くことができます。 そんなJobbaticalが、3月2日、200万ドルの資…

Team Jobbatical in Malaysia
「Jobbatical」のチーム(左から2人目が創業者のKaroli Hindriksさん)

働き方が変わり、人々の働くことへのマインドセットが変わりつつある今、企業にとっての人材プールは「世界」であると言っても過言ではありません。それを象徴する一つのスタートアップが、2015年6月に取材した「Jobbatical(ジョバティカル)」です。人材は、世界中のスタートアップの現地オフィスで、短期(最低1年間)の仕事に就くことができます。

そんなJobbaticalが、3月2日、200万ドルの資金調達を実施したことを発表しました。リードインベスターは、Union Square Ventures、Saul Klein、Robin Kleinのロンドンを拠点とするあらなたベンチャーキャピタル「 LocalGlobe」、また既存投資家である 「Smartcap」です。

今回調達した資金は、JobbaticalのプロダクトとそのUX向上のために活用されます。40ヵ国にまたいで運営するJobbaticalのプロダクトチームは、2016年には3倍に増える予定。また、急成長する東南アジア地域の需要に対応するため、新たにシンガポールに拠点を構える予定もあります。

Jobbaticalの案件ページ
Jobbaticalの案件ページ

例えば、現在サイトに掲載されているジョバティカル(研究休暇の意味)には、香港におけるバックエンドデベロッパーの募集、ペナン州でUX研究員、ベトナムにおけるデジタルマーケティングマネージャー、上海のコンテンツライターの募集などがあります。テクノロジー業界におけるグローバルな才能のマーケットプレイスが、Jobbaticalなのです。

昨今、人々が持つスキルは持ち運びが可能な「ポータブル」なものであるだけでなく、グローバル紙幣と化しています。特にミレ二アル世代においては、仕事のために海外に引っ越すことも許容するように。事実、PWCによる調査では、この世代の70%が「キャリアのどこかで海外で仕事をしたい」と回答しています。

2014年6月に、エストニアの首都であるタリンで産声をあげたJobbatical。これまでに、累計3万人を超える「海外で働きたい人」の人材が集まっています。立ち上げ初年度、40ヵ国を超える1,200社以上の企業がJobbaticalを活用。応募の数は7,000件を超え、マッチングの成立件数は300件を突破しました。Jobbaticalのチーム自体も、その採用の半数を自社プラットフォーム上で行っています。

テクノロジーのメッカであるシリコンバレーをシリコンバレー足らしめるものは、そこに優秀な人材の宝庫があること。

「Jobbaticalのゴールは、世界中に次世代のシリコンバレーを構築する後押しをすることです。リズボン、クアラルンプールなどなど、採用の意思決定から物理的なバイアスを取り除くことで、人々はパスポードではなく、あるべきスキルの有無によって採用される世界が実現するはずです」

 

仕事に応募する時のディールブレイカー、採用担当者の頭にこれが浮かんだらアウト【寄稿】

旅行する。仕事をする。自分の目で世界を見る。才能あふれるプロフェッショナルと、インスピレーションに富んだスタートアップのキャリアアドベンチャーとを繋ぐプラットフォーム。本記事は、Mediumに投稿された記事をJobbaticalに許可を得て翻訳したものです。元の英語記事もどうぞ。Twitterは、@Jobbatical。 未来の雇用主になるかもしれない企業担当者が、あなたの履歴書を見た時(それがj…

Jobbatical-logo旅行する。仕事をする。自分の目で世界を見る。才能あふれるプロフェッショナルと、インスピレーションに富んだスタートアップのキャリアアドベンチャーとを繋ぐプラットフォーム。本記事は、Mediumに投稿された記事をJobbaticalに許可を得て翻訳したものです。元の英語記事もどうぞ。Twitterは、@Jobbatical


Jobbatical-woman-in-red-shirt

未来の雇用主になるかもしれない企業担当者が、あなたの履歴書を見た時(それがjobbaticalでもそれ以外の仕事でも)、あなたはこう感じて欲しいはずだ。「すごく賢そうだわ!」とか「素晴らしい経歴の持ち主だ」とか「私たちにピッタリな人材だわ」などなど。

*jobbatical(ジョバティカル)とは、「sabbatical」という研究休暇を意味する言葉と「job」を掛け合わせた造語

でも、どれだけ丁寧で詳細に書かれたスキルや価値をも、一気に拭い去ってしまうかもしれない質問がある。

その質問とは、

Jobbatical-do-they-even-know-what-we-do
この人、私たちの事業内容を理解してる?

もし、これが未来の雇用主の頭をかすめたなら、あなたがその仕事に就く可能性は限りなく低いだろう。(これをどう巧妙に避けるかについては続きを読んでほしい。)

Jobbaticalに応募してくれた人で、スキルや経験は文句なしなのに、私たちの事業内容についてたった一つとして具体的に触れることがない人がいると、胸が張り裂けそうになる。

デジタルマーケティングには詳しくても、音楽のイノベーションにインスピレーションを感じているか?

グロースハックの方法は知っていても、そのスキルを新しいスタートアップ投資のモデルに活かしたくてウズウズするか?

近しい分野の営業経験はあっても、フィットネスの革命的ソリューションにワクワクしているか?

旅行をしたいかもしれないけれど、みんなにとって引っ越し作業に伴う手間をもっと楽にしたいと思っているか?

答えはイエスかもしれないし、ノーかもしれない。あなたの履歴書を読んだ雇用主には、あなたがそう伝えない限り、それを知る由がない。彼らのビジョンや夢という彼らの日々のチャレンジや祝福の元となるものを知らない、またそれに共感しない人をどうして採用するだろう?

Jobbatical-giphy

あなたには、私たちが言おうとしていることがわかるはずだと思う。また、この要素はjobbaticalに応募する時にはより一層大切になる。なぜなら、jobbaticalの応募では、あなたは世界中の才能ある人と競い合っているから。将来の雇用主に対して、あなたを採用すべきだと地球の反対側(またはそれ以外の場所)から説得する必要がある。

だから、必死になることなく競合に先手を打つための3つの戦略を共有しようと思う。3つのリストに目を通して、あなたの意見を聞かせてほしい。

戦略:良い、もっと良い、最高。[そして3冠制覇]

Jobbatical-Good

彼らのビジョンになぜ共感するのかを説明する。

それがいかなる仕事でも、応募する時に最低限やるべきことがこれだ。彼らのビジョンを自分の言葉で言い直し(彼らのWebサイトからコピペするということではなく!)、そのビジョンを現実にするためになぜチームに参加したいのかを伝える。こうすることで、彼らのミッションについてきちんと調べていることがわかるだけではんく、彼らと同じページにいることを伝えることができる。

Jobbatical-Better

自分の過去の体験と、彼らの大きなビジョンやゴールをひも付ける

あなたがWebデザイナーなら、彼らは当然、募集している職種に適したデザイン経験を持っているかを知りたがるだろう。でも、スタートアップや企業としての彼らの究極のゴールは、ただ魅力的なWebサイトを持つことだけではない。むしろ、Webサイトは、自分たちが提供する価値でユーザーや顧客をエンゲージするための強力なツールだと言える。

もし、彼らの大きなビジョンが、「人々の◯×△についての考えを変えること」なら(それが地元ならではの旅行体験でも、バーチャルリアリティのセラピーでも、“つまめる”コンテンツでも)、あなた自身のこれまでの体験と、そのコンセプトをどうひも付けられるかを考えよう。

仮にそれが仕事に直接関係しなくても、未来の雇用主にアピールすることができる。あなた自身も熱心な旅行者であること、VRの支持者であること、またはコンテンツに貪欲であること。これはどれも極めて重要なディティールだ。 

Jobbatical-best

未来の雇用主に対して、関連性が高い新しい何かを紹介する

小さなスタートアップに所属する人が、貴重な時間を割いてあなたの履歴書に目を通す時、間違ってもその時間が無駄だったとは感じてほしくないはずだ。例えば、実用的で役に立つ、願っては彼らのあなたへの親近感が高まるような何かを共有してはどうだろう。

それは、素晴らしい記事かもしれないし、驚くべき統計かもしれないし、その分野に関連するものなら何だってありえる。例えば、彼らがそのブログで、ヨーロッパで開かれる夏季フェスティバルについての記事(私たちなら必ず読む!)を公開したのだと知ったなら、パート2やパート3に加えられる祭りについて情報を提供したっていい。

または、彼らが最新バージョンのツールを試験運用しているなら、それを自分でも試してみて、インサイトを簡潔にまとめた内容をフィードバックしてもいい。あなたが詳しい新市場に参入しようとしているなら、現地で組めるかもしれない戦略的なパートナーシップについて、または現地で参加すべきカンファレンスについて提案してもいいだろう。

あなたの提案が実際に採用されるかどうかはわからないが、入社する前から、あなたがすでに彼らのビジョンに寄り添った考え方の持ち主であることは伝わる。そして、チームに参画し、貢献する準備ができていることも。

Jobbatical-triple-crown

3つとも実施する

なぜ彼らのビジョンがあなたを奮い立たせるのかを伝え、あなたの過去の経験をひも付けて、また何か新しいものを提供しよう。ここで鍵を握るのは、それをパワフルに、そして明瞭にすることだー彼らに15分もの内容を読ませようとしてはいけない。どうせ読まないだろうから。ただその場で、自分が同類の人間であることを表現し、「彼・彼女は僕らのことをよく理解している」と思わせよう。

もちろん、ただ熱意を持っていることだけでは仕事は得られないーそれを支えるためのスキルが必要だ。でも、あなたがすでに職務概要を注意深く読んでいることは誰も疑わない。あなたの履歴書に情熱という要素を加えることは、アイスクリームサンデーのてっぺんにさくらんぼを乗せるようなもの。それはあなたをただ有力な候補者にするだけでなく、採用するチャンスを決して見過ごしてはいけないと感じさせてくれる。

Jobbatical-quote

未来の雇用主に、あなたが事業内容を把握し、それに共感していることを疑わせるようではいけない。どれか一つ、またはすべての戦略を取り入れて、彼らを驚嘆させよう。また、あなたにまさにぴったりな仕事を探しているなら、その選択肢をここで見てみてほしい。

(翻訳:三橋ゆか里)

旅するだけじゃ物足りないーー世界30ヶ国以上のスタートアップで短期仕事が見つかる「Jobbatical」

SHARE:

テクノロジーの進化によってあらゆる垣根が取り払われる今、IT業界における人材競争は増す一方です。場所、時間、雇用形態など、さまざまな側面で私たちの働き方は変わりつつあります。ファウンダーを含むメンバーが、その時々で世界中のあらゆる場所を拠点にして遠隔で仕事をする「Buffer」。こうした型破りな企業に優秀な人材が集まるのは、彼らが新時代の働き方を体現しているからに他なりません。 集まる仕事は、30…

エストニアを拠点とする「Jobbatical」のチーム
エストニアを拠点とする「Jobbatical」のチーム

テクノロジーの進化によってあらゆる垣根が取り払われる今、IT業界における人材競争は増す一方です。場所、時間、雇用形態など、さまざまな側面で私たちの働き方は変わりつつあります。ファウンダーを含むメンバーが、その時々で世界中のあらゆる場所を拠点にして遠隔で仕事をする「Buffer」。こうした型破りな企業に優秀な人材が集まるのは、彼らが新時代の働き方を体現しているからに他なりません。

集まる仕事は、30ヶ国から200件以上

今回ご紹介するのは、2014年8月にベータ版としてリリースされた「Jobbatical(ジョバティカル)」です。世界中の才能ある人を、世界中のスタートアップと繋げることをミッションに掲げています。ここで言う「繋げる」というのは、最短1年間の短期移住をして現地のスタートアップで仕事をするというもの。

今いる場所から遠隔で仕事をするのではなく、現地に出向いてその企業の中で働くという新しい働き方を提案するJobbatical。最低でも1年間現地で暮らすことで、観光だけに留まらない体験をすることができると言います。現在、30ヶ国以上200件以上の仕事が掲載されています。また、登録している人材の数も5,000人を超えています。

国外のタレントを欲する企業にとって、Jobbaticalを使わない手はないかもしれません。現在、仕事の投稿などは、その写真からコピー作成まですべてJobbaticalが企画。例えば、マレーシアで働くことをどう伝えれば、国外の人材にとってその仕事がより魅力的に写るのかを考えて掲載しています。ベータ版として運営される現在は、この企画料も無料。将来的には課金することも検討しています。

シンガポール、ドイツ、エストニアなどが人気

シンガポールのアドテク企業がQAエンジニアを募集
シンガポールのアドテク企業がQAエンジニアを募集

Jobbatical上に掲載される職種で多いのは、ソフトウェアエンジニアが半数以上。その他にマーケティング・ビジネス開発・営業・UX/UIエンジニア、プロダクトマネージャーなどの職種も。行き先として人気なのは、シンガポール、ドイツ(ベルリン)、香港、エストニアなどです。

過去最も人気だったのは、ジャカルタのフード系スタートアップ「AbraResto」のコミュニティマネージャー募集案件と、アムステルダムの旅行系スタートアップ「Alien Adventure」のガイドを審査する仕事だとか。他にも、ベトナムでエンジニアになる、スロベニアの首都リュブリャナでマーケティングをする仕事など幅広い職種が登録されています。

今回、お話を伺ったのは、Jobbaticalでグローバルマーケティングを担当するIsabel Hiramaさん。彼女はバージニア出身のアメリカ人と日本人のハーフ。彼女自身も「マーケティングができるネイティブな英語スピーカー」というJobbaticalの募集要項を見つけたことをきっかけにエストニアに在住しています。

「短期間で仕事をしながらアドベンチャーに出るような感覚を魅力に感じたの。どの仕事もだいたい1年ほどの期間。移住してフルコミットするのはさすがにハードルが高いけれど、現地に1年もいれば、旅行者ではなく現地に住む人としての体験ができるでしょ」

エストニアの女性として資金調達を行った2人目のCEO

Jobbatical-CEO
CEOのKaroli Hindriksさん

Jobbaticalを創業したのは、エストニアの女性起業家として資金調達をした2人目だと言われるKaroli Hindriksさん。23歳でエストニアのMTVのCEOに就任し、その後もさまざまなメディアの立ち上げをするなど素晴らしい経歴の持ち主。

彼女がサービスの構想を得たのは、2014年3月に「sabbatical」(研究休暇を意味する言葉で、サービス名称のJobbaticalもこの言葉をもじったもの)を取得してマレーシアに出向いた時のこと。

ビーチでゆっくりするのも悪くないと考えていたものの、1週間もすると手持ち無沙汰に。旅をしながら短期間の仕事ができないかネットで検索しましたが、農家でボランティアといったものばかりでビジネススキルを活かすものが見つかりませんでした。その後、シリコンバレーに行く機会があった彼女は、現地のスタートアップに直談判して6ヶ月間の仕事を獲得。個々人が探すのではなく、そうしたマーケットプレイスがあるべきだと考えました。

「自分の国を1年間離れて、地球の反対側に行って仕事をする。そんな働き方ができるようになるべきだと考えたの。私たちの長期的なゴールは、「Jobbatical」という言葉が辞書に登録されること。それくらいに、人々にとって一般的な働き方にしていきたいわ」

起業家的素質がある人材が見つかる

Jobbatical

最近では、各国のスタートアップや企業だけでなく、NPOやソーシャルエンタープライズなどによる仕事も増えていると言います。また近い将来には、人材のキュレーションまですべてJobbatical側が行い、マッチングするような仕組みも提供する予定。

「世界中を飛び歩く人」を意味する「Global Trotter」。まさにそうしたGlobal TrotterをターゲットにするJobbaticalですが、Global Trotterには起業家的素質があるため、スタートアップなどで仕事をするのにとても相性がいいと話すIsabelさん。旅行好きな人には、新しいものへの好奇心が多かったり、変化を好む人が多い。慣れ親しんだ環境を変えて未知の世界に飛び込み、新たにスタートするという起業家精神を備えた人材が見つかると言います。

生活のあらゆる要素が電子化され、確定申告もものの5分で終わってしまうエストニア。このオンラインをうまく取り入れた生活にちなんで、「E-stonia(イーストニア)」などと呼ばれることも。そんなエストニア発のJobbaticalが、私たちの働き方をより一層変えてくれることに期待したいと思います。