THE BRIDGE

タグ JOBKUL

チャットで転職相談アプリ「ジョブクル」が完全成果報酬で一律70万円の人材紹介サービスを開始

SHARE:

2014年12月、スマイループスはチャットで転職相談ができるアプリ「ジョブクル」がリリースした。今でこそチャットは盛り上がってきているが、「ジョブクル」がリリースされた当時はまだ流れが来るより前のことだ。 Android版アプリのリリース等はあったものの、サービスがリリースされて以降、「ジョブクル」の動きは静かだった。今回、久しぶりに「ジョブクル」が新たな動きを見せた。完全成果報酬で一律70万円の…

jobkul

2014年12月、スマイループスはチャットで転職相談ができるアプリ「ジョブクル」がリリースした。今でこそチャットは盛り上がってきているが、「ジョブクル」がリリースされた当時はまだ流れが来るより前のことだ。

Android版アプリのリリース等はあったものの、サービスがリリースされて以降、「ジョブクル」の動きは静かだった。今回、久しぶりに「ジョブクル」が新たな動きを見せた。完全成果報酬で一律70万円の人材紹介サービスを開始したのだ。

転職希望者と転職エージェントのマッチングからスタート

「ジョブクル」は、リリースした当初、ユーザが業種、職種などの自分の簡単な経歴を登録すると、自分に合った転職エージェントがマッチングされる。エージェントにはチャットで転職の相談ができ、転職先の提案がもらえるというスマホアプリだった。

転職者のマッチングはしばらくうまくいっていたのだが、ある問題が起きた。転職希望者はチャットで気軽に相談したい一方、転職エージェントはすぐに会うことを求めてしまいがちで、ギャップが生じていたという。さらに、転職者をスルーしてしまうこともあったそうだ。

そこで「ジョブクル」は、2015年10月くらいから、直接自分たちで直接相談に乗り始めた。「これが大きな転機になりました」とスマイループス代表取締役の仲子拓也氏は語る。

「ジョブクル」はチャットで希望者のヒアリングを行い、希望にあった求人案件を外部サイトのものまで含めてレコメンドするようになった。

スマホで転職を可能にするための改善を重ねる

次第にチャットで応募する人も出始めた。次に課題となったのが、スマホからチャットだけで応募しようとしたときに、職務経歴書が送れないというものだった。これはどの転職サービスも抱えている課題で、スマホシフトにおけるボトルネックとなっていた。

「ジョブクル」は職務経歴書を作成するために必要な情報をチャットでヒアリングし、ヒアリングが終了したら職務経歴書が完成するよう機能を改善していった。スマホで対応する転職エージェントも中に抱えるようになり、今ではスマホに特化した転職エージェントとなっている。

仲子氏「エージェントが直接希望者と会っていくと、よくて日に4、5人しか会うことができません。それがチャットだと150人ほど1日で対応ができます。これだけ多くの希望者に対応していくことができれば、転職市場に浸透しているビジネスモデルとは異なる仕組みで勝負できます。今回スタートした、完全成果報酬で一律70万円というサービスは、スマホチャットをベースにしたからこそ可能になったものです」

と仲子氏は語る。これまで転職業界は、エージェントの人件費をカバーするためには、高いマージンに設定する必要があった。「ジョブクル」が実現しようとしている仕組みが回れば、前提から変わってくる。

サービスの改善を地道に積み重ねる

取材時に転職エージェントが利用する管理画面を見せてもらったが、チャットをする相手の情報や送るメッセージのテンプレート、マッチしそうな求人案件などが表示されていた。アプリだけではなく、管理画面のほうもどんどん改善していっているという。

チャットを軸にした不動産賃貸サービス「ietty」を取材した際にも感じたことだが、早くからチャットを利用している企業ほど、昨今のAIやチャットボットの流れを冷静に見ている。彼らが実践するのは、人の手によるオペレーションの改善を重ね、パターンが見えてきたものから順次自動化に取り組んでいくというものだ。

今後、「ジョブクル」はユーザとのコミュニケーションが増えていくことで、ますます精度が磨かれていくことだろう。

スマイループス、自分にマッチした転職エージェントにチャットで相談できる転職アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」をリリース

----------[AD]----------

人材系スタートアップのsmiloops、動画採用選考ツール「エントリームービー」をエン・ジャパンに事業譲渡

SHARE:

チャットで転職相談が可能なアプリ「ジョブクル」を開発・運営する人材系スタートアップsmiloopsが、運営していた動画採用選考ツール「Entry Movie(エントリームービー) 」をエン・ジャパンに事業譲渡した。 「エントリームービー」は、書類選考(エントリーシート)の代替となる動画採用選考ツール。エン・ジャパンはsmiloopsから「エントリームービー」の事業を譲渡されることで、エン・ジャパン…

Entry Movie

チャットで転職相談が可能なアプリ「ジョブクル」を開発・運営する人材系スタートアップsmiloopsが、運営していた動画採用選考ツール「Entry Movie(エントリームービー) 」をエン・ジャパンに事業譲渡した。

「エントリームービー」は、書類選考(エントリーシート)の代替となる動画採用選考ツール。エン・ジャパンはsmiloopsから「エントリームービー」の事業を譲渡されることで、エン・ジャパンが従来から提供している適性テストに加え、新たな採用選考ツールの1つとして、企業の採用支援に活用していく予定。

smiloopsが「ジョブクル」より前にリリースしていた「エントリームービー」の元となる事業案は、仲子拓也氏が参加していたインキュベーションプログラム「Incubate Camp 6th」で登場していた。

関連記事

今後、「ジョブクル」にリソースを集中させていくsmiloopsの動きに期待したい。

----------[AD]----------

転職エージェントとチャットで相談できる転職アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」のAndroid版がリリース

SHARE:

昨年12月にスマイループスがリリースした転職相談アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」のAndroid版が本日リリースした。「ジョブクル」は、自分に合った転職エージェントとチャットで転職について相談でき、求人の提案をもらうことができる転職相談アプリ。 「ジョブクル」はサービスリリース後、離脱率の低下を目的とした登録UIが注目を集めた。スマイループス代表の仲子拓也氏は、この登録フローのUIを「1Pag…

ジョブクル

昨年12月にスマイループスがリリースした転職相談アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」のAndroid版が本日リリースした。「ジョブクル」は、自分に合った転職エージェントとチャットで転職について相談でき、求人の提案をもらうことができる転職相談アプリ。

「ジョブクル」はサービスリリース後、離脱率の低下を目的とした登録UIが注目を集めた。スマイループス代表の仲子拓也氏は、この登録フローのUIを「1Page1Question UI」と呼んでいる。このUIにより、低い離脱率を達成しているそうだ。

仲子氏「チャットであることの気軽さのためか、会員登録後に実際エージェントに相談する確率も高いものになっています。」

まだ数字は明らかにできないとのことだったが、スマホに最適化した転職サービスの滑り出しは上々なようだ。

ユーザの継続率や実際に「ジョブクル」を通じて仕事が決まる割合はどの程度になるのかなど、今回のAndroid版をリリースした後、同サービスからどのような成果が生まれてくるのかを引き続き注視したい。

----------[AD]----------

スマイループス、自分にマッチした転職エージェントにチャットで相談できる転職アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」をリリース

SHARE:

LiB、「Talentio」を運営するハッチ、Wantedly、ビズリーチによる「キャリアトレック」など、今年は転職系サービスのニュースの多い年だった。2014年も残り2週間を切ったタイミングで、人材領域のITスタートアップ、スマイループスが転職相談アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」を本日リリース、このマーケットに参入した。 スマイループス代表取締役の仲子拓也氏は、約1年前に開催された「Incu…

jobkul top

LiB、「Talentio」を運営するハッチ、Wantedly、ビズリーチによる「キャリアトレック」など、今年は転職系サービスのニュースの多い年だった。2014年も残り2週間を切ったタイミングで、人材領域のITスタートアップ、スマイループスが転職相談アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」を本日リリース、このマーケットに参入した。

スマイループス代表取締役の仲子拓也氏は、約1年前に開催された「Incubate Camp 6th」に出場。当時は、人材動画データベース「Job Crew」というサービスを発表していた。その後、スマイループスは動画採用選考ツール「EntryMovie.com」リリースし、今回の「JOBKUL」のリリースに至った。スマイループスは、ANRI、インキュベイトファンドから資金調達を実施している。金額非公開だが、数千万円規模とのことだ。

「Incubate Camp 6th」への出場から1年を経てリリースされたサービス「JOBKUL」は、ユーザが業種、職種などの自分の簡単な経歴を登録すると、自分に合った転職エージェントがマッチングされる。エージェントにはチャットで転職の相談ができ、転職先の提案がもらえるというスマホアプリだ。

JOBKUL(ジョブクル)

既存の転職情報サイトは、仕事の一覧が表示されるが仕事の詳細はわからず、かといって転職エージェントに依頼するのは面倒という課題があった。スマイループスは、まず自分に合った転職エージェントに出会うことが重要だと考えたという。

「転職には、検索軸がない」と仲子氏は語る。転職を検討する際、どういったワードで検索すればいいのかはわかりづらい。そのため、人と出会うことで物事が動く、そう仲子氏は考えているという。

仲子氏「インターネット全体で、スマホによる再定義が起きています。転職系サービスはまだその動きを見せていない。中古品の売買においてヤフオクが存在していたところにメルカリが登場したように、転職もよりライトな感じになっていくと思います」

情報量が多い商材に対して、専門家がチャットで相談に乗ってくれ、条件に合うものを提案してくれるサービスといえば、レコメンド型不動産サービスの「ietty」を思い浮かべる。スマホへシフトする動きと、専門家にチャットで相談するというスタイルは相性がいい。他の領域でもこうしたサービスは登場するかもしれない。

「JOBKUL」は現在、20社のエージェントが参加している。今後、專門としている領域ごとにエージェントの参加を促していく方針だ。「JOBKUL」は初年度で1000名の転職決定を目標としている。現在は、iOS版のみの提供となっているが、Android版は来春リリース予定。

----------[AD]----------