BRIDGE

タグ JUBILEE WORKS

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」開発のJUBILEE WORKS、日韓VCらから約5.3億円を調達——ユーザ数は500万人を突破

SHARE:

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を開発・提供する JUBILEE WORKS は1日、日韓のVC数社および個人投資家から約5.3億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。今回のラウンドに参加したのは、韓国 Kakao 傘下の K Cube Ventures、西武しんきんキャピタル、東映アニメーション、Cognitive Investment、および名前非開示の個人投資家…

TimeTree
Image credit: JUBILEE WORKS

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を開発・提供する JUBILEE WORKS は1日、日韓のVC数社および個人投資家から約5.3億円を調達したと発表した。調達ラウンドは不明。今回のラウンドに参加したのは、韓国 Kakao 傘下の K Cube Ventures、西武しんきんキャピタル、東映アニメーション、Cognitive Investment、および名前非開示の個人投資家。

これは JIBILEE WORKS にとって、2016年10月に実施した、K Cube Ventures、西武しんきんキャピタル、東映アニメーション、SMBC ベンチャーキャピタルなどからの総額2.1億円の調達に続くものだ。

<関連記事>

2015年4月にローンチした TimeTree は、iOSAndroid に対応する共有カレンダーアプリだ。日本語を含む13言語に対応し、家族や恋人、サークルや仕事のチームでの予定共有を簡単にできることが特徴。2016年2月に登録ユーザは100万人、同年8月に200万人、そして公開から27ヶ月目を迎えた2017年7月に500万人を突破したことを明らかにしている。

今回の調達を受けて、JIBILEE WORKS ではサービス拡大のための開発、人材確保を強化し、「TimeTree を単なるひとつのカレンダーサービスではなく、世の中の時間をつなげ、人々が場所や相手やコンテンツを軸に自分にあった未来の時間を選択できるような、サービスプラットフォームへと進化させていきたい(プレスリリース)」としている。

----------[AD]----------

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を開発するJUBILEE WORKS、日韓のVC数社から2.1億円を資金調達

SHARE:

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を開発・提供する JUBILEE WORKS は17日、韓国 Kakao 傘下の K Cube Ventures、西武しんきんキャピタル、東映アニメーション、SMBC ベンチャーキャピタルなどから総額2.1億円を調達したと発表した。同社は今回調達した資金を使って、サービス強化のための人材確保と、サービス拡大のための組織的実験を続けていくとして…

timetree-desktop-mobile_featuredimage

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を開発・提供する JUBILEE WORKS は17日、韓国 Kakao 傘下の K Cube Ventures、西武しんきんキャピタル、東映アニメーション、SMBC ベンチャーキャピタルなどから総額2.1億円を調達したと発表した。同社は今回調達した資金を使って、サービス強化のための人材確保と、サービス拡大のための組織的実験を続けていくとしている。

2015年4月にローンチした TimeTree は、iOSAndroid に対応する共有カレンダーアプリだ。日本語を含む13言語に対応し、家族や恋人、サークルや仕事のチームでの予定共有を簡単にできることが特徴。公開10ヶ月目となった2016年2月に登録ユーザは100万人を突破、今年8月には200万人を突破しているので、この半年間でユーザ獲得のスピードは約7割加速したことになる。

2015年には、日韓で「App Store Best of 2015」、日中韓で「Watch App Store Best of 2015」を受賞、日中韓に加え台湾・香港・マカオの計6地域の App Store では「ベスト新着App」に選出。今年5月には、スケジューラを PC やタブレットからでも利用できる Web 版をベータ版としてローンチしている。

----------[AD]----------

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」が、ローンチから10ヶ月で100万ユーザを突破

SHARE:

共有カレンダーアプリを開発する JUBILEE WORKS は、同社を代表するアプリ「TimeTree(タイムツリー)」がサービス開始から10ヶ月で100万ユーザを突破したと明らかにした。 TimeTree は、カカオジャパンの前代表であるパク・チャジン(朴且鎭/박차진)氏が深く関与し2015年に始めたサービスで、現在、日本が60%、次いで韓国、台湾、アメリカの順にユーザが増加している。 Time…

timetree_featuredimage

共有カレンダーアプリを開発する JUBILEE WORKS は、同社を代表するアプリ「TimeTree(タイムツリー)」がサービス開始から10ヶ月で100万ユーザを突破したと明らかにした。 TimeTree は、カカオジャパンの前代表であるパク・チャジン(朴且鎭/박차진)氏が深く関与し2015年に始めたサービスで、現在、日本が60%、次いで韓国、台湾、アメリカの順にユーザが増加している。

TimeTree は、子供の学校のスケジュールや課外活動のスケジュールなど、家族間でスケジュールを共有することができ、出張、会議、会食など、チーム単位予定表の共有も可能だ。すべてのメンバーが1つの共有カレンダーに予定を記入するため、グループのスケジュールを簡単に把握することができ、メンバー間でスケジュール調整が必要な場合には、アプリ内でコミュニケーション環境が提供される。また、キープ機能により、まだ日が決まっていないスケジュール、メモ、To Do などを格納でき、他のユーザとリアルタイムでスケジュールを調整することが可能だ。

TimeTree は、韓国、日本、中国、台湾、香港、マカオの6つの地域でベスト新規アプリとして推薦を受けており、2015年末には、韓国と日本で「App Store Best of 2015」に選ばれた。

(2016年3月11日更新:原文修正に伴い、下線部を追記し訂正線部を削除)

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------