THE BRIDGE

タグ Kabam

Alibaba(阿里巴巴)がKabamに1億2000万米ドルを出資し、ゲーム分野に進出

SHARE:

Wall Street Journal によると、Alibaba(阿里巴巴)は、サンフランシスコに本拠を置く Kabam に1億2000万米ドルの資金提供を行った。同社はゲームオタク向けの無料マーケット用ゲームを主に開発している。この投資により Alibaba は Kabam の取締役会の一員となり、またAlibaba の 小売部門 Taobao(淘宝)やチャッオアプリ Laiwang(来往)等の…

kingdomcamelot

Wall Street Journal によるとAlibaba(阿里巴巴)は、サンフランシスコに本拠を置く Kabam に1億2000万米ドルの資金提供を行った。同社はゲームオタク向けの無料マーケット用ゲームを主に開発している。この投資により Alibaba は Kabam の取締役会の一員となり、またAlibaba の 小売部門 Taobao(淘宝)やチャッオアプリ Laiwang(来往)等のアプリ経由で、ファンタジーをテーマとした多くのゲームを中国のモバイル市場で販売する権利も手に入れた。

Kabam の CEO である Kevin Chou 氏によると、Alibaba の投資によって中国やアジアに同社のゲームを配信することができ、「即座にインパクトをもたらす」ことになるという。

Kabamは、Kingdoms of Camelot や The Hobbit: Kingdoms of Middle-earth のようなモバイルストラテジーゲームを作っていることで知られている。この2つのゲームは1億米ドル以上の利益を生み出した。同社は The Fast and the Furious や The Hunger Games シリーズのような映画のライセンス権に基づくさらなるゲームに力を入れていく予定だ。

Alibaba のゲーム分野への投資は、中国のポータル大手 Tencent(騰訊) が以前使った戦略と同じだ。Tencent は複数参加型の人気オンライン戦場ゲーム League of Legends を開発した Riot Games に2億3100万米ドル、Gears of WarやUnreal Tournament 等のアクションゲームを開発した Epic Games に3億3000万米ドルの資金提供を行った。

Kabam と Alibaba は資金提供に関する詳しい情報をいまだ明らかにしていない。Kabam が Alibaba に協力し中国のユーザ向けに Kingdoms of Camelot のローカライズに手を貸すかどうかは現時点ではまだ不明だ。Candy Crush Saga のような普遍的テーマのゲームに比べ、アーサー王の伝説を題材にしたゲームを使っての売り込みは難しいため、中国の新たなユーザを獲得できるかどうかは Alibaba のアプリの人気次第だ。

関連ニュースとして、Alibaba は9月に新規株式公開を行い 200億米ドル以上の資金を集める見込みだ。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

【読者限定の参加方法付】「gumiとkabamの提携話もここから」ー招待制カンファレンスB Dash Camp in Osakaが10月7日から開催

SHARE:

テクノロジー系イベントの季節がまたやってくる。 先日開催されたサイバーエージェント・ベンチャーズ主催のRising Expoに引き続き、今週末にはインキュベイトファンド主催の「Incubate Fund Days」が開催されるし、10月にはB Dash Ventures主催のB Dash Camp 2013 Fall in Osaka、11月から12月にかけてはテク系メディア主催のイベントやInf…

B_Dash_Ventures

テクノロジー系イベントの季節がまたやってくる。

先日開催されたサイバーエージェント・ベンチャーズ主催のRising Expoに引き続き、今週末にはインキュベイトファンド主催の「Incubate Fund Days」が開催されるし、10月にはB Dash Ventures主催のB Dash Camp 2013 Fall in Osaka、11月から12月にかけてはテク系メディア主催のイベントやInfinity Ventures Summitも予定されている。

本誌では春の開催シーズンに引き続きこれらカンファレンスを追いかける予定だ。

ところで、これらのカンファレンスは大体(メディア主催は除くが)招待制になっており、特にスタートアップにとってはなかなか参加しようにもきっかけが掴めない方もいるかもしれない。

たまたまなんだが、本誌では10月7日と8日に開催されるB Dash Camp 2013 Fall in Osakaの招待コードを主催のB Dash Ventures(以下、BDV)から入手した。本誌のこの記事を読んだと伝えた上で応募して、BDV側の「審査」を通ったら招待されることになるそうだ。

対象はこちらのプログラムにある二日間のカンファレンスに参加して業界キーマンたちとネットワーキングしたい経営幹部の方か、デモピットやピッチに参加して投資家の注目を集めたいスタートアップのいずれかだ。B Dash Campの内容についてはこちらに前回参加した時の記事があるので参照されたい。

BDVによれば10月のイベントでは海外からの来客が多いそうで、全体の3割ほどはアジア圏からやってくるらしく、前回セッションに参加したgumi代表取締役の國光宏尚氏によれば、先日発表されたkabamとの提携話もここでの出会いがきっかけになっているのだとか。

端的に言えば、キーマンが一気に集まる便利な機会なのだ。

スタートアップ向けのピッチ大会では初日に一次審査を実施し、通過した10組が二日目に登壇するらしい。スタートアップの募集要項などは一切公開されておらず、自分が該当すると思ったらまずは応募してみるのもいいかもしれない。何が起こるか分からないのがスタートアップだ。

気になる方は以下の方法をご覧頂きたい。

応募方法:下記宛先に「SD Japanを読んで応募しました」というタイトルで下記内容をお送りください。実際に招待される場合は連絡が届くそうです。なお、当然ですが招待といってもプレゼントではないので、所定の参加費がかかりますのであしからず。

宛先:event[at]bdashventures.com

送付内容
◎氏名/役職
◎会社名(URL等の情報)
ーー
◎ピッチ/デモピットに参加の場合はその旨
◎サービスの概要

----------[AD]----------

Kabamとgumiが提携、日本国外でiOSとAndroid向けにPuzzle Trooperを共同展開

SHARE:

先頃、アメリカの Kabam は、東京のモバイルゲームメーカー KLab と国際展開についての提携を発表し、日本で注目を集めた。 この提携に先立ち、Kabam は日本のモバイルゲーム会社の世界進出支援を目的として、5,000万ドルのファンドを数ヶ月前に設立している。そして今回、日本のゲームメーカーと2つ目の提携を発表したことから推測すれば、Kabam はもう時間を無駄にしたくないのだろう。今回の提…

gumi_kabam_logos

先頃、アメリカの Kabam は、東京のモバイルゲームメーカー KLab と国際展開についての提携を発表し、日本で注目を集めた。

この提携に先立ち、Kabam は日本のモバイルゲーム会社の世界進出支援を目的として、5,000万ドルのファンドを数ヶ月前に設立している。そして今回、日本のゲームメーカーと2つ目の提携を発表したことから推測すれば、Kabam はもう時間を無駄にしたくないのだろう。今回の提携先は gumi だ。

Kabam と gumi の両社は、Kabam をパブリッシャーとする形で、iOSAndroid 向けに gumi のゲーム Puzzle Trooper をローンチした(私の知る限り、Android 版は数カ国でのみ利用可能)。言うまでもなく、パズルゲームとRPGのハイブリッドで無料のアプリだ。

両社の提携は日本国外のマーケティングと配信に限定されたものになっている。その証拠に、例えば、Puzzle Trooper は現時点で日本では提供されていない。

しかしながら、Puzzle Trooper はシンガポールの gumi Asia で開発されたゲームなので(関連記事)、厳密に言えば、Kabam は日本コンテンツを輸出するわけではない。同ゲームは言うまでもなく Puzzle & Dragons の影響を受けており、グラフィック、サウンド、ゲーム性の点ではよく出来ているが、日本らしさを感じることはできない。

しかし、Puzzle Trooper は今後、Kabam と gumi が共同リリースするゲームの最初の一つに過ぎず、今後、日本らしいタイトルも展開されるだろう。(ちなみに、今日1時間ほどゲームで遊んでみたが、ぜひ試してみることをお勧めしたい。実に楽しい。)

puzzletrooper_screenshot

【原文】

----------[AD]----------