タグ カカオピッコマ(旧カカオジャパン)

キャラクター制作やマーケのMinto、カカオピッコマなどから6.6億円を調達——ウェブトゥーン、Web3事業拡大へ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 昨年10月、ベタックマやビジネスフィッシュなど、メッセージングアプリなどで利用されるキャラクター制作で知られるクオンと、マンガやアニメ分野のマーケティング会社 wwwaap が合併し、Minto という会社が生まれたのは既報の通りだ。この合併は、クオンが持つアジアを中心としたネットワークを通じて、wwwaap のクリ…

左:「ピッコマ」、右:Minto のキャラクター達
Image credit: Kakao Piccoma, Minto

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

昨年10月、ベタックマやビジネスフィッシュなど、メッセージングアプリなどで利用されるキャラクター制作で知られるクオンと、マンガやアニメ分野のマーケティング会社 wwwaap が合併し、Minto という会社が生まれたのは既報の通りだ。この合併は、クオンが持つアジアを中心としたネットワークを通じて、wwwaap のクリエイターが作った作品の流通が可能になること、また、クオンは自らが制作したキャラクタ以外にも、サードパーティーが制作したコンテンツの流通を助ける役割を担えるようになると伝えた

奇しくもこの記事では、韓国を起源とする「ウェブトゥーン」の波が日本市場にも伝播し、この流れを掴んだ「ピッコマ」を運営するカカオジャパン(2021年11月、カカオピッコマに社名変更)の時価総額は8,000億円を超えたことをお伝えした。この時点では、Minto にとってカカオピッコマは競合であるのか、仲間であるのか、はっきりしていなかったのだが、どうやら手を組むことにしたようだ。

Minto は10日、カカオピッコマ、三井住友海上キャピタル、みずほキャピタル、オー・エル・エム・ベンチャーズ(IMAGICA GROUP の投資子会社)から約6.6億円を調達したと発表した。三井住友海上キャピタル、みずほキャピタル、オー・エル・エム・ベンチャーズは、2019年2月に実施したラウンド(シリーズ B ラウンド相当と推定)に続くものだ。今回のラウンドを受けて、累計調達額は約14.6億円に達したことになる。

新会社が生まれた時、読者の中には、Minto という新社名から同社が Web3 事業に進出する可能性を感じた人もいたはずだ。今年2月には、Web3 関連の事業に複数携わる箭内実氏が Minto に事業開発担当として入社している。Minto はカカオピッコマからの資本を受け入れたことで、ウェブトゥーンだけでなく、Web3 プロトコル「BORA」を開発する Meta Bora や、ブロックチェーン「Klaytn」を開発した Ground X など、韓国 Kakao 関連企業と Web3 事業でも連携する可能性が高まるだろう。

Minto は5年前、カカオトークでのスタンプ事業でカカオピッコマと協業を始めており、この協業が後に韓国における Minto のキャラクターのヒットに繋がったという。Minto は昨年ウェブトゥーン制作スタジオ「Minto Studio」を開設、カカオピッコマとウェブトゥーンの共同制作を始めており、また、ウェブトゥーンを使った広告やマーケティングにおいても、Minto の旧 wwwaap のチームが持つマンガを使った SNS マーケティングの力が発揮されるとみられる。

Minto は昨年、メタバースプラットフォーム「The Sandbox」と提携、The Sandbox 上でオリジナル NFT 販売、同社がキャラクター開発した NFT プロジェクト「CryptoCrystal」との連携、同社のクリエイターネットワークから生まれた NFT コンテンツ展示などを開始した。今年4月からは、NFT 総合マーケットプレイス「LINE NFT」 でも、オリジナルキャラクターや人気クリエイターのコンテンツの NFT 作品の販売を始めている。

この分野では、昨年、アニメイト傘下に入ったロケットスタッフが、ウェブトゥーンを日本市場で開拓する事業に着手している

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


音声認識で手軽にキャンペーンに参加!カカオジャパンがスタンプラリーアプリ「Stac」をリリース

SHARE:

メッセージアプリKakaoTalkを日本で提供する株式会社カカオジャパンは本日、起動するだけでお得なスタンプラリーに参加できるスマートフォン用アプリ「Stac」のサービスをスタートした。 「Stac」は、電通が開発したClick AD®音声認識技術を利用することで、お店やイベント会場のほか、ユーザの日常生活の中の様々なシーンで、簡単にスタンプラリーに参加できるようになる。 店舗などは、集客ツールと…

StacメッセージアプリKakaoTalkを日本で提供する株式会社カカオジャパンは本日、起動するだけでお得なスタンプラリーに参加できるスマートフォン用アプリ「Stac」のサービスをスタートした。

「Stac」は、電通が開発したClick AD®音声認識技術を利用することで、お店やイベント会場のほか、ユーザの日常生活の中の様々なシーンで、簡単にスタンプラリーに参加できるようになる。

店舗などは、集客ツールとしてStacを利用して効果的なスタンプラリーキャンペーンを展開することが可能になる。

このサービスをどのように使うのかについては、以下の解説動画を見てほしい。

Stac present

特定の音声が流れている地点で、Stacのアプリを起動するとスタンプラリーに参加したことになり、特典をゲットすることができる。ちなみに上の映像中の音声を認識することもできるようになっており、上の映像を音声アリで流しながらアプリを起動すると、メッセージアプリのKakaoTalk上で使用できる動くスタンプをゲットできる(右の画像参照)。

アプリ内では開催中や開催予定のキャンペーンが表示されるようになっており、キャンペーン終了前の通知機能や開催時の通知機能もあるため、集客にも貢献すると考えられる。音声を流すだけでキャンペーンの設計が可能になるため、音声を流せるメディアであれば、テレビ、ラジオ、屋外ビジョン、Webなどのメディアとの連携も行うことができる。

可聴音域だけではなく、非可聴音域も認識が可能らしく、無音の環境でもスタンプラリーが展開できるとのこと。アプリを利用するユーザは、スタンプラリーに参加する前に自身の属性をアプリに登録する必要がある(といっても性別と生まれた年と月くらいだが)。そのためキャンペーンを実施する側は、キャンペーンに参加したユーザの属性を知ることも可能になっている。

Stacはサービス開始と同時に全国のローソンでスタンプを集めるとウチカフェスイーツの「あんこや 豆大福」がもらえるキャンペーンをスタートしており、7月には福岡ソフトバンクホークスのキャンペーンの実施も予定している。そのほかにも、現在、デジタルサイネージ利用による実証実験、電車の車内アナウンス実証実験、渋谷大型ビジョンを使用した実証実験などなど、数々の実証実験を行なっているという。カカオジャパンは、「Stac」の活用シーンを拡大を目指し、今後も実証実験を重ねていく。

同アプリを試してみたい方は、iPhone版はコチラから、Android版はコチラからダウンロードできる。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録