タグ KAMINASHI

ノーコードで現場をデジタル化、「カミナシ」がシリーズAで約11億円調達——ALL STAR SAAS FUND、Coralから

SHARE:

現場改善プラットフォーム「カミナシ(以前は KAMINASHI)」を開発・運営するカミナシは4日、シリーズ A ラウンドで約11億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ALL STARS SAAS FUND(BEENEXT が運営するファンド)と Coral Capital など。 ALL STARS SAAS FUND と Coral Capital の両者は、共にシードラ…

カミナシ代表取締役の諸岡裕人氏(中央)、今回のラウンドに参加した投資家の皆さん。
Image credit: Kaminashi

現場改善プラットフォーム「カミナシ(以前は KAMINASHI)」を開発・運営するカミナシは4日、シリーズ A ラウンドで約11億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ALL STARS SAAS FUND(BEENEXT が運営するファンド)と Coral Capital など。

ALL STARS SAAS FUND と Coral Capital の両者は、共にシードラウンドに続くフォローオン出資(シードラウンドでは、それぞれ BEENEXT と 500 Startups Japan として)。なお、シードラウンドを含めて累計調達額や約12.7億円であるとのことから、2018年のシードラウンドから今回のシリーズ A ラウンドまでの間に、約1.2億円を調達していることが推定できる。

カミナシは2016年12月の設立(当時の社名はユリシーズ)。代表取締役の諸岡裕人氏の実家は航空機の機内食製造工場を営んでおり、諸岡氏のここでの体験から KAMINASHI が生まれることになった。当初は、食品工場をターゲットに、食品の安全を担保するための煩雑な帳票記録をデジタル化することを意図して開発されたが、現在ではさまざまなサービスに利用されているという。

「カミナシ」のレポート結果
Image credit: Kaminashi

当初は食品工場で通用すると思って作ったサービスだが、飲食チェーンでは HACCAP 取り始めたら記録が必要になる、病院では施設巡回の際に必要になる、といった具合に多くの現場で必要になることがわかり、(当初の Vertical SaaS)ではなく Horizontal SaaS に転じて展開してきた。

紙だと記録する行為が形骸化してしまう(例えば、結果を反映せずに○やチェックを記入敷いてしまうなど)が、カミナシだとユーザが選んだ回答に応じて、それ以降の質問を動的に変化させることができる上、間違った入力には NG を出して是正措置のマニュアルを表示することもできる。記録が3クリックで終わる上、自動的にレポート化なされるので、導入現場からは ROI を算出しやすくなった、と言われる。(諸岡氏)

以前は「食品工場の〝紙記録ゼロ〟を目指す」というタグラインだったが、現在はさまざまな現場で「ROI のみならず、教育コストなども考え、標準作業を現場の皆が対応できるようにしようよ」というメッセージで販売しているという。いわゆるノーコードツールであるためシステム部門の関与が不要となり、導入現場には3ヶ月間で7回のオンボーディング機会をカミナシから提供する。

カミナシ側ではカスタマサクセス部門で進捗状況を可視化し、その内容を導入企業の総務部門などに定期的にフィードバックしている。手厚いフォローアップが受けて、現在では、ホテル、飲食チェーン、スーパーをはじめ、サービスの正式開始から8ヶ月で14業界の70社に導入されている。月次140%で成長を続けており、これは日本のトップ SaaS に匹敵するスピード。(諸岡氏)

カミナシでは今回調達した資金を使って、生産工程に代表される、より複雑度の高い現場業務フローのデジタル化の推進、IoT センサー、AI などの最新技術との連携、他の現場向けサービスとの API 連携などを実現するとしている。

食品工場の〝紙記録ゼロ〟を目指す「KAMINASHI(カミナシ)」がβローンチ、500 Startups JapanやBEENEXTなどから5,000万円をシード調達

SHARE:

東京に拠点を置くスタートアップのユリシーズは16日、シードラウンドで 500 Startups Japan、BEENEXT、名称非開示の1社から総額5,000万円を調達したと発表した。あわせて同日、食品工場に特化した現場データを集計・管理する SaaS「KAMINASHI(カミナシ)」をβローンチした。KAMINASHI は、食品工場の現場で手書きで行われている帳票記録をデジタル化するサービスだ。…

ユリシーズのメンバーと、今回のラウンドに参加した投資家の皆さん
Image credit: Ulysses

東京に拠点を置くスタートアップのユリシーズは16日、シードラウンドで 500 Startups Japan、BEENEXT、名称非開示の1社から総額5,000万円を調達したと発表した。あわせて同日、食品工場に特化した現場データを集計・管理する SaaS「KAMINASHI(カミナシ)」をβローンチした。KAMINASHI は、食品工場の現場で手書きで行われている帳票記録をデジタル化するサービスだ。例えば、温度計の計測温度を紙で記録していたものを、データとしてクラウドに自動保存することで業務の効率化を図る。

ユリシーズは2016年12月の設立。代表取締役の諸岡裕人氏の実家は航空機の機内食製造工場を営んでおり、諸岡氏のここでの体験から KAMINASHI が生まれることになった。

KAMINASHI
Image credit: Ulysses

機内食製造工場では、万一クレームがあったときに食品の安全を担保するために、1工程あたり30〜40種類程度の帳票を恒常的に記録している。諸岡氏は1日の製造工程がひと段落してから、記録された帳票をチェックする業務に就いていたが、工場では日本語の読み書きが必ずしも得意ではない外国人労働者も多く、ミスなどの確認作業で、毎日チェック作業が終わるのは夜の11時や11時半になっていたのだという。

今日のようなデジタルな時代にもかかわらず、食品工場の IT 化が進まない理由の一つに莫大なコストがある。2020年の東京オリンピックを前に厚生労働省は国際的に統一された努力目標の HACCP(ハサップ、危害要因分析重要管理点)による管理手法を義務化しているが、食品工場が独自システムを構築するには最低でも1億円程度の費用がかかるため、結果として手書きの帳票による管理手法が続いているのだそうだ。

KAMINASHI
Image credit: Ulysses

WiFi さえあれば、導入できます。食品業界全般で利用できますが、メインターゲットとしているのは食品工場。ユリシーズには、給食工場、食品工場、飲食デリバリ大手などから問い合わせをもらっています。(中略)

製品を一品だけやっているところはこれまでも機械化しやすかったのですが、多品種少量生産をやっている工場はそれが難しかったので、KAMINASHI が刺さりやすい。種類が多いところは機械に頼れず、人間が記録しているからです。惣菜関係を製造する食品工場とかは、特に相性がいいですね。(諸岡氏)

ユリシーズは今回調達した資金を使って、生産性管理に関する新機能の開発やサポート体制の強化を図るとしている。